SION2の曲をアレンジミックスして下さった方からメールを頂きました

 古くから西川善司を知る人は、Z-MUSICとか、ゲーム音楽とか作っていた人だよね…という認識の方が多いかと思います。

 そんな時代の作品を今でも聞いてくれる人が居てくれるようで、とても嬉しいわけですが、先日、音楽関係のプロとして活躍されているOKBさんから、「アレンジしてみました」というメールを頂きましたので、そのリミックス版を紹介させていただきます。



 この曲は「SION2」というゲーム向けに作曲した「SMART BOMBER2」という曲ですね。
 「2」があるということは「1」もあるわけですが、それは「SION1」向けに書いた曲でした。
 この時は、当時は工学部の大学生で学業もやっていたので、1ヶ月ちょっとで何曲も書き下ろさなければならない仕事は大変でした。そこで、量産効果の高い「シングルリフでメロディをアドリブで書き下ろす」という手段で作りました(笑)
「1」も「2」も楽譜としてのリフは同じですが編曲しなおして、メロディをキーボードで適当に弾いてできたのが「2」です。

 このリミックス版は、アレンジャーのOKBさんのオリジナルリズムと、原曲から拡張されたメロディラインが盛り込まれていて、よりダンサンブルな曲になっていていい感じです。

 シングルリフから作ったボクが書いた曲としては、SIONシリーズ向けではないですが、「Can You Beat Me?」というのもあります。「SmartBomber」との共通点が見出せるかと思います(笑)

 こちらもアレンジがしやすい曲かもしれません。
 また何かできたら教えてください!
音楽 | comments (1) | trackbacks (0)

「シン・ゴジラ」のポスターが、拡張現実(AR)対応だったの知ってた?

 「シン・ゴジラ」が大ヒット中ですが、「シン・ゴジラ」のポスターが、拡張現実(AR)対応だったの知ってました?

sin_gd165604_-18.jpg
【西川善司のモバイルテックアラカルト】第23回
『シン・ゴジラ』の映画ポスターはAR対応だった!
A440のプロモーションにARを応用する取り組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://gamedeets.com/archives/165604

 今回の「西川善司のモバイルテックアラカルト」では、このAR対応のプロモーション/マーケティングについて取材した内容をまとめています。

 制作を担当したA440社の皆さんはPSVITAでARをやっていた面々です。「ミクミクホッケー」とかね。

 とにかく、シン・ゴジラを見に行ったら大判のポスターの前でスマホをかざしてみましょう。映画館を破壊してゴジラがやってくるARが楽しめますよ。やり方などは記事を参照あれ。

 ちなみに、ボクはまだ「シン・ゴジラ」を見に行ってはいませんが、「ゴジラを山手線で転ばして毒入りジュースをゴジラに強制吸引させるんだぜ」…という大嘘だけは友達から聞きました。

 そんなことあるわけないと思うので今度見てきます(笑)
オンライン仕事 > GameDeets | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「S660で楽しむ、ドラレコマニア」第1回:西川善司、セカンドカーとして中古の軽自動車を購入する

お待たせしました。

CarWatchで「ホンダS660×ドライブレコーダー」の新連載、「西川善司のS660で楽しむ、ドラレコマニア」が始まりました。

DSCN2214.jpg
西川善司の「S660で楽しむ、ドラレコマニア」
第1回:西川善司、セカンドカーとして中古の軽自動車を購入する
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://car.watch.impress.co.jp/docs/longtermreview/s660_driverecorder/1012001.html

「西川善司の日産GT-Rライフ」は、お陰様でGT-Rオーナー達やGT-R購入希望者の方々に今でもとてもよく読まれていて、8月某日に開催されたR35 GT-Rオーナーズミーティングでは数えきれない人達から「参考にさせていただきました」とご挨拶を頂きました。

「あんなに購入者目線の記事は見たことがない」など、涙が出そうなほどの嬉しい言葉も頂きましたが、これまでやってきた連載で読者の方々にここまで感謝されたことはありませんでした。

今回の新連載も、それに近い成果が残せるよう頑張っていきたいと思います。
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (1) | trackbacks (0)

インターネットラジオ(ポッドキャスト)に出演しました

 毎度のことですが、インターネットラジオ(ポッドキャスト)に出演しました。

 いつものBackspacefmもそうなんですが、アップルユーザー向けポッドキャストとして著名なAppleClipの方に初出演を果たしました。

 Apple製品を使ったことがないボクがこれに出るというのはなかなか凄いことですよね(笑)
 テック系カワイコチャン(死語)として有名な弓月ひろみさんの美声も楽しめます!

mainimage383.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://campaign.otsuka-shokai.co.jp/appleclip/ac/no383.html

mainimage384.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://campaign.otsuka-shokai.co.jp/appleclip/ac/no384.html


Z-side #009: 西川善司が語るE3からSIGGRAPH、そしてゲーミングラップトップへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://backspace.fm/episode/z009/
ラジオ | comments (0) | trackbacks (0)

べーしっ君 完全版 (立東舎)を読んで思ったこと

 べーしっ君・完全版を読んでいて思ったのだが、自分の人格が、かなりべーしっ君に近いことが判明して驚愕して震えている。



 西川善司とべーしっ君の共通点として以下が挙げられると思う

・「ヘボい」ことを徹底的に追求している
・生活の基本をダジャレに頼っている
・変な擬音を多用する
・困ったときには●ンコ関連のシモネタで落とす
・「~ぞなもし」の使用頻度が高い
・照れ隠しの締めが「イヤーン」
・実は顔も結構似ているんじゃないだろうか

 いつの間にか、自分が生けるべーしっ君になってしまっていたとは。

 荒井 清和先生、恐るべし
漫画 | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のモバイルテックアラカルト】第22回: 「コンテンツ東京2016」に行ってきました

「コンテンツ東京2016」のレポートですが、目玉はやはり、ソニーの超小型レーザープロジェクタですかね。


西川善司のモバイルテックアラカルト】第22回: 「コンテンツ東京2016」に行ってきました
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://gamedeets.com/archives/154710

 デバイス自体は2014年に発表され、このデバイスを採用した製品はアメリカのソニーからモバイルプロジェクタが「MP-CL1」として先行発売されていましたが、日本でも登場してくるようです。

 しかも、プロジェクターなのにIMUを搭載して登場するという。

 ソニーが提案する「プロジェクタ×モーショントラッカーの組み合わせで切り拓く非HMD型VR」の世界については記事の方どうぞ。
オンライン仕事 > GameDeets | comments (0) | trackbacks (0)

「Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧! ジサトラ PCゲーマーの集い」に登壇します。

旭エレクトロニクス主催のゲーミングイベント「Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧! ジサトラ PCゲーマーの集い」のステージに16:30から登壇します。

お題目は「西川善司の最新ゲーミング講座&GTX1080徹底解説」です。

とかいっておいて、実は注目は同時開催の「ストリートファイターV」の乱入台です。

このストV、乱入台、基本は、週アス編集部のちゅーやん氏との対戦になるんですが、西川善司とやりたいと言う人にはお相手します。
また、ちゅーやん氏が休憩されている間はボクがお相手します!!
勝っても負けても週アスグッズがもらえるらしいです。

本テーマの自作PC系イベントお目当てにいっても良し!
ストリートファイターVの腕自慢に来られてもよし!

自分の講演よりも、乱入台がとても楽しみです。

そうそう。
イベント中、もの凄く高価な自作PCパーツがあたるのじゃんけんタイムがあるそうです。
商品名を2つほどおしえてもらいましたけど、「やっべ、それ当たったら、それきっかけで一気にゲームPC、アップグレードしちゃおうかなぁ」という気になるほど豪華でした。

jisa00_600x338.jpg
Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧!
「ジサトラ PCゲーマーの集い」

日時:7月2日(土) 13:00~18:30
場所:秋葉原UDX GALLERY NEXT2(地図
主催:旭エレクトロニクス
協賛:日本ギガバイト、日本マイクロソフト
出演者:プロゲーマーDustelBox選手、テクニカルライター西川善司氏、声優吉岡麻耶さん、週刊アスキー ジサトラメンバー
http://ascii.jp/elem/000/001/179/1179821/
講演 | comments (0) | trackbacks (0)

今年もE3は4Gamerに寄稿します

 COMPUTEX2016に引き続き、今年もE3は4gamer.netに寄稿いたします

 ボクの記事一覧はこちらです。

西川善司の4Gamer.net寄稿記事リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/words/000/W00064/
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (4) | trackbacks (0)

PS4発売前に書いた性能強化版PS4の登場予測記事が最近になってまた読まれているらしい(笑)

 PS4が発売される1年前の2013年2月に「PS4は、発売後、比較的短い時間感覚で順次、機能アップがなされていくだろう」という大胆な予測記事を、当時のボクは仮説として書いていたわけですが、この記事が掲載されたときは、「日本は来年発売だろ?」「発売もされていないのに何言ってんの?」「空気読め」「バカかこいつ?」「死ね」とか散々言われまくったものです(笑)。

ps4_mc_007.jpg
西川善司,PS4にまつわる6つの疑問に答えるそぶりをしてみる
~PS4はPS4.1,PS4.2と進化する!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130224001/

 なにしろ、当時は検索エンジンのBINGで「西川善司」を検索すると「関連キーワード」に「西川善司 死ね」が出てきたくらいですからね(下)。

sinenishi.jpg

 自分の名前を検索して「もしかして…」の奨励検索キーワードに「死ね」が出てきたら、女子中学生だったら自殺するレベルですよ(笑)
 もうただのオッサンなんで、死なないですけども。

 まぁ、当時も「鬼が笑うぜ」的にけっこう読まれた記事でしたが、最近、この3年も前の記事がまたよく読まれているようです。

 最近、PS4の機能強化版の登場の噂が絶えないからだと思います。

 で、もって、本当に、あの予測が本当になってしまいました…。

ps4_001.jpg
4K対応版PlayStation 4,SIEがその存在を認める。
「ただしE3 2016では登場しない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20160610145/

 PS4の進化にまつわる記事としては、最近ではソニー社内でも好評だというお言葉を頂いた、あの「西川善司が懲りずに伊藤さんを問い詰めるが、巧みに受け流される」インタビューシリーズをまた、近々やりましょうかね。

DSC_2708.JPG
西川善司の3DGE:PlayStation事業の戦略軍師,SCE伊藤雅康氏に聞く,PS4進化の方向性。高性能版PS4は登場するのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20151021121/

DSC_3343.JPG
[GDC 2016]PSのハード&ソフトを統括する伊藤雅康氏に聞く。PlayStation VRと将来のPS4について
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/251/G025118/20160316151/

 そうそう。

 もう一つ、2016年1月1日の元旦に無責任に予測した、任天堂のNXの記事がありましたね。

 ただ、あれは「犯人は男性。さもなくば女性」的な推測なので、当たっても、あまり誉められたモノではないですが。

 でも、あの任天堂ですからね。

 「犯人はニューハーフ」という答えを用意しているかも知れません(笑)

nx_004.jpg
西川善司の3DGE:2016年新年企画。
任天堂次世代機の姿を公開特許文書から推測する

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/990/G999026/20160102001/

 任天堂の次世代機NXは、NVIDIAのTEGRA(おそらくPASCAL世代のGPUを統合したTEGRA)が採用のようですが、単純に今度のTEGRAの性能値を過去の性能増加率で推し量ると1.0TFLOPS~2.0TFLOPSの間といったところになりますね。

 性能的には、現行型のPS4,Xbox Oneに拮抗しそうな感じではありますが…、PS4は前述したような流れで性能を強化してしまいますし、Xbox OneにもSCORPIOという性能強化版の噂がありますからね。

 今回も任天堂の新ハードは「競合には性能的に一歩及ばず」といった感じになりそうです。

 もっとも任天堂はWiiの時から「性能は競合達と競わない方針」ですからその点で驚く人はいないでしょうけれども。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (5) | trackbacks (0)

X68000「SION」シリーズの作者が送るアドベンチャーゲーム

 シャープのパソコン、X68000シリーズの伝説的なゲーム「SION」シリーズ。

 ボクも楽曲提供と、効果音制作、音源ドライバのチューニングなどで参加させていただきましたが、あのSIONシリーズの作者が、インディーゲーム作家になってスマホ用ゲームをリリースしました。


夏恋 karen 〝好き〟から始まる物語
http://hamazakifactory.wix.com/karen
このエントリーをはてなブックマークに追加

 だいぶ作風の違う、ノベル系アドレベンチャーゲームになっているようですね。

 古い友人が今でもX68スピリットに燃えて何かを制作し続けていることに、大きな悦びを感じます。

 興味があれば是非。
一般 | comments (1) | trackbacks (0)