2009年,本格始動するGPGPUの世界・前編~GPGPUって何?

 4gamer.netの久々の連載再開です

 流行るかどうかは別にして、2009年は、GPGPUのプラットフォームが出揃います。

 1つは、一番乗りで一番普及率と知名度が高いNVIDIA CUDA。
 2つ目は、永遠のライバルATIのStream。
 3つ目は、マイクロソフトのDirectX演算シェーダ
 4つ目は、アップル主導で規格化が進められているOpenCL

gpgpu_10.jpg
西川善司の3Dゲームエクスタシー
「2009年,本格始動するGPGPUの世界・前編~GPGPUって何?」

http://www.4gamer.net/games/076/G007660/20090123016/

 この4つのGPGPUプラットフォームの詳細は後編に回し、4Gamer.netでは初めてGPGPUと言うキーワードの解説に望むので、まずは前編で基本事項をまとめてみました。

 物理シミュレーションをGPGPUで実装してゲームに盛り込むことが理想論としてよく語られますが、ゲームの仕様というものは、想定される最低マシンスペックに合わせて決定されることが常なので、GPGPUによって全てのゲームの物理シミュレーションがすぐに底上げされるかというとそれは難しいでしょうね。

 PC版「ミラーズエッジ」はNVIDIA CUDAベースのPhysXアクセラレーションに対応していることが取り沙汰されていますすが、破壊時の破片が多く出たり、布が破れたりする程度で、ゲームの根幹となる部分の物理シミュレーションは、CUDAの使用/未使用で変わりません。

 「底上げ」が始まるのはGPGPUプラットフォームのデファクトスタンダードが確立してからでしょうかね。
 PCプラットフォームに限定しちゃうと、使い勝手に疑問符が残るもののDirectX演算シェーダが本命ということになるのかな…。やっぱり。

 ただ、デファクトスタンダードが確立したとしても、やはりGPGPUパフォーマンスはGPU性能に依存してしまうので、例えばAIにしろ、物理シミュレーションにしろ、GPGPUで実装する際にスケーラブルなパフォーマンスが得られるように設計しないとダメでしょうね。

 ただ、AI、衝突、破壊って、ゲームルールのクリティカルな部分だから、ここをスケーラブル実装にして許されるのだろうか?

 もう発想を変えて、ゲームの面白さが、ハードの性能の善し悪しに依存してもいいみたいなことになればいいのかな...話脱線気味(笑)



オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (4) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第113回:International CES特別編

 その他の映像機器関連の技術をまとめてみました。

●立体視
 今年のCESで印象的だったのは、大手メーカーがこぞって立体視関連の技術展示を精力的に行っていたことです。

 パナソニックはブルーレイソフトに立体視規格を盛り込もうとしてがんばっていましたし、ドルビーは既存のブルーレイ規格で立体視を行おうとするソリューションを発表していました。
 サムスンも2D映像から3D映像に変換する興味深い展示を行っていましたし、なんだかもう、立体視祭り状態です。

 ただ、立体視の技法そのものについては、従来の眼鏡立体視やレンチキュラーレンズやマイクロレンズを使った裸眼立体視といった、昔ながらのもので特に目新しいものはなく、それよりは「立体視を身近な存在にする」ということに各メーカーは躍起になっていたと感じました。

ces_dg03.jpg
西川善司の大画面☆マニア第113回:International CES特別編
2009年に注目したい映像最新技術
~3D、有機EL、次世代高精細パネル、超解像~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090120/dg113.htm

●有機EL
 有機ELは韓国勢もがんばってはいますが、あまり急いで製品化しようという意志は感じられませんでした。

ces_dg18.jpg
 ソニーからも、XEL-1の次が出てきませんし、有機ELは、しばらく、このまま停滞ムードが続くのかも知れません。
 まぁ、テレビ製品は価格競争がものすごいのでプレミアムな位置づけの有機EL製品は「景気回復を待ってから…」ということなのかも知れません。
 ソニーには早く27V型のアレを出して欲しいんですけどねぇ

●高解像度パネル
テレビ製品のフルHD化が浸透してきたと思ったら、今度はその上を行く800万画素クラスの高解像度パネルの話題が台頭してきました。

ces_dg23.jpg
 コンテンツもないので、メーカーもあまり真剣に普及を考えてはいないようですが、大型画面サイズのプレミアム製品や業務用製品としては2009年以降、製品化がありそうです。

●超解像技術
 東芝から始まった、失われた映像情報を復元する解像度変換技術「超解像技術」ですが、今年のCESでは、各メーカーが独自の超解像技術の提示を行ってきました。
 韓国勢も内容はブラックボックスですが、関連技術展示をやっていましたし、超解像は2009年以降ブームになりそうです。
 非リアルタイムですが、注目の超解像技術はやはりMotionDSPでしょう。

ces_dg40.jpg
ces_dg41.jpg
 時間軸方向に探索するため、リアルタイム系とは異質な画質向上が実現されます。
 時間方向のノイズも解像度を散らさずに低減できるので地デジのブロッキーな映像もきれいに出来そうですし、ハードディスク・ビデオレコーダーにこの機能を積んだら面白そうですよね
 MotionDSPのスタッフと話したところ、すでに日本の家電メーカーからのコンタクトがあったとか。
 どこが一番乗りでやってくるのかな...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第112回:International CES特別編

 今回のCESで、液晶関連の技術でホットトピックだったのは

・LEDバックライト
・4倍速240Hz駆動
・薄型化


の3つですかね。

ces_dg_01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第112回:International CES特別編
CESに見た液晶関連最新技術
~LEDバックライト、240Hz駆動、極薄モデルなど~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090116/dg112.htm

●LEDバックライト
写真はシャープのRGB-LEDバックライトの直下型のデモの様子を撮影したものですが、意外にも白色LED直下型のLEDバックライトが勢力を強めていました。

ces_dgp02.jpg
サムスンとLGはそうですし、日本勢でもパナソニックが白色LED直下型を採用していました。ハイエンドがRGB、ミドルクラスが白色…という感じに落ち着くんですかね。

●4倍速240Hz駆動
ソニーが世界初の4倍速240Hz駆動技術を採用しましたが、これに倣って、他社も4倍速240Hz駆動技術の導入を開始しました。

ces_dg_41.jpg
ただ、東芝を初めとして、その多くが、2倍速120Hz駆動にバックライト明滅による疑似インパルス表示を組み合わせた疑似4倍速240Hz駆動技術になっていました。
それぞれに一長一短がありますが、詳しくは記事の方を参照してください。

●薄型化
今年のCESで公開された液晶ディスプレイで、最も薄かったのはサムスンの最薄部6.5mmの白色LEDの導光型バックライトを採用した試作モデルでした。

ces_dg_14.jpg
ビクターの最薄部7mmをわずかに破っての世界最薄記録達成はお見事。
大画面サイズ競争はパナソニックの150V型で決着してしまったので、韓国勢は薄型記録に燃えていますね...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第111回:International CES特別編

 映像パネルシェアとしては今や液晶の1/7しかないプラズマ。
 パイオニアが自社製造パネルから撤退しましたし、日立も今やテレビ製品ラインナップのメインは液晶にしてしまいました。

 日本勢でプラズマテレビを頑張っているのはいまやパナソニックだけになってしまいました。

 韓国勢のサムスンとLG電子もまだプラズマを頑張っています。

 もはや、シェアの逆転はいまとなっては難しい状況ですが、ここにきて、プラズマは、最後のフルスパートを見せるかのように、たくさんの技術革新を披露しました。

ces_dg01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第111回:International CES特別編
CESで見るプラズマ最新事情
~革新を続けるパナソニックと追い上げる韓国勢~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090113/dg111.htm

 今年のCESにおいて、プラズマ勢の技術トレンドは以下の3点にあったように思えます。

●薄型
 液晶も薄型がブームになっているので当然、プラズマも…というながれです。

ces_dg41.jpg
 試作レベルではパナソニックが、50V型サイズの厚さ8.8mmのプラズマを展示していました。


●サブフィールドの600Hz化
 ご存じの人も多いと思いますが、プラズマは明滅頻度で階調を作り出しています。細かくいうとDLPとは違いますが、時間積分型階調生成という根本原理の意味ではDLPと同じということもできます。

ces_dg32.jpg
 これまでこの階調生成のためのサブフィールドが480Hzだったのですが、各社こぞって600Hzに引き上げてきました。

●発光効率向上
 保護膜、蛍光体改善、希ガスレシピの革新などで発光効率が向上しています。
 プラズマは物理的な制約というか構造上、開口率が上げられないため高解像度パネルにすればするほど暗くなるという弱点があったのですがこれが発光効率の向上で改善されてきました。もう、「プラズマは眩しすぎない」というあの逃げの売り文句には頼らなくて済みそうです(笑)

ces_dg03.jpg

 同一開口率で同一輝度を実現する場合、消費電力の低減にもなるので、エコ性能も進んだことになりますね...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第110回:International CES特別編

 Dolbyとdtsっていう2つの企業は申し合わせたように同じようなテクノロジーを同時期に発表してきます

 今回のCESでは、5.1CH,7.1CHのサラウンドサウンド再生時に、上下方向の音像移動表現のための仮想チャンネルを追加するDolby Pro Logic IIzとdts NEO:Xが発表されていました。

dolby_dg01.jpgdts_dg06.jpg
西川善司の大画面☆マニア第110回:International CES特別編
白熱するDolby対dtsの多チャンネル戦線
~Dolbyは現行規格で実現できる3D技術も~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090112/dg110.htm

 こうした再生時のエフェクト仮想チャンネルの追加というのは各社のAVアンプが独自に音場プログラムでもっていたのですが、今回はDolbyとdtsがそれぞれ自社製音場プログラムを開発して発表したと言うイメージでしょうか。

 対応AVアンプは、まずは、オンキヨーから発売されると見られますが、両社が同時に似たような技術発表を行うのは、開発した技術が搭載されるオーディオ製品のスケジュールに合わせてのことなんでしょうかね...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第109回:International CES特別編

 今年のCESにおいて、プロジェクタの話題の中心は超小型プロジェクタだったといえます。

 例年、セントラルホールのロビーからの入り口の一番いい場所にはDLPの開祖、テキサスインスツルメンツ(TI)がブースを陣取っていたのですが、今年はブース出展を辞退してしまいました。
 (ちなみに、その場所の後釜はLG電子です)

 DLPは業務用ではまだ頑張っていますが、ホームシアター向けの単板式DLPプロジェクタは液晶陣営の価格破壊の影響が強かったんでしょうか、いまや一部のハイエンドユーザー向けの商品となりつつあります。

 やはりフルHDモデルのリーズナブルの価格なでの投入が遅れたのがまずかったんでしょうかね。

 しかし、DLPも転んでもただでは起きません。

 DLPは、今度は超小型のマイクロプロジェクタ市場に乗り出ました。

dg06.jpg
西川善司の大画面☆マニア第109回:International CES特別編
携帯やiPodにプロジェクタが内蔵される時代が来る!?
~超小型などプロジェクタ最新事情編~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090111/dg109.htm

 PICO DLPプロジェクタと命名された超小型プロジェクタが、これまでDLPプロジェクタ関連製品を手がけてきたLG電子、サムスンがこぞって製品化を進めてきています。

 面白いもので、あるジャンルが盛り上がりそうになると、かならず、対抗勢力も台頭してくるんですね。

 このマイクロプロジェクタ・ジャンルにはLCOSとレーザーMEMSがライバルとして登場してきました。

 新興のMicrovision社が開発したレーザープロジェクタは、映像をレーザースキャンで描き出すユニークなものです。
 瞬間的に投射しているのは一本のレーザービームですから投射レンズがないんですね。
 だからフォーカス合わせが必要ない。

 よくコンサートイベントとかでレーザー照明が壁にベクトルグラフィックスを描き出すような演出がありますが、あの原理でフルカラーの操作映像を作り出すんです。

 ちなみに、こんな感じ。

dg38.jpg

 LEDバックライトを使ったプロジェクションよりも高輝度なので、マイクロプロジェクタとしては現実的なソリューションとなるかもしれません。

 この分野も注目していかなければですね...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第108回:International CES特別編

 シャープは82V型の液晶ディスプレイを発表していました。
 テレビじゃなくてディスプレイです

dg02.jpg
 パナソニックの150V型プラズマに現実味はないですが、82V型ならばAQUOSブランドのテレビにしてもよかったと思うのですが…。
 ソニーのブラビアには70V型がありますしね。

 あと、隠れた目玉商品としてはシャープが超低価格なフルHDのDLPプロジェクタを出していたことです。

dg03.jpg
 型式番は「XV-15000」 実売にして25万円。
 日本での発売がないと言われてしまいましたが、今、円高ですし、欲しい人はアメリカに旅行したときに買ってきてしまうというのもいいかも!?

dg27.jpg
西川善司の大画面☆マニア第108回:International CES特別編
シャープが価格破壊フルHD DLPプロジェクタ
~ ビクターは磁石で貼り付けOKな32V型液晶 ~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090110/dg108.htm

 個人的に注目度が高いと感じたのは、重さ5kg、薄さ7mmの磁石で貼り付けて設置できてしまうというビクターの32V型の液晶テレビ試作機。
 5kgならば壁補強をしなくてもなんとか取り付けられるでしょうし、ビジネスの現場や業務用モニタとしても活躍しそうな予感がします

 ちなみに、ビクターは現在テレビ製品がヤバイのです。

jvc.jpg
 というのもWEBサイトを見ても、ごらんのように、もうほとんどか製造完了となっていて製品ラインナップがないんです。

 キャッチコピーの「これ以上、ない」というのが自虐ギャグに思えてしまうほど。

 そんな中、ビクターが力を入れつつあるのが、他がやらないような個性的なテレビ製品というわけです。

 つまり、価格競争では勝てないので、付加価値とか特異性で消費者に訴えるわけですね。
 その意味合いでは、こうした突出したコンセプトの製品はいいですよね。
 記事中でも紹介したAdobeRGB対応テレビというのもその一つだといえます。

 ビクターは、技術はある会社なので、ほんと、頑張って欲しいんですよね...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第107回:International CES特別編

 ラスベガスから帰ってきて丁度一週間が経って、これでInternational CESの仕事が一段落した感じです。

 今回のCESでは合計7本のレポートを上げました。

 ここは備忘録も兼ねているので、一本ずつ振り返っていこうと思います。

 最初に書いたのはソニー編でした。

 立体視システムや有機ELなどが注目を集めていましたが、大画面☆マニアとしてはソニーのHCFL技術に興味をそそられました。

dg16.jpg
西川善司の大画面☆マニア第107回:International CES特別編
ソニーブースに見た次世代テレビ技術
~ 曲がる有機EL、HCFLバックライトのエコBRAVIA ~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090109/dg107.htm

 最近では、LEDバックライトが注目されていますが、一般的な液晶ディスプレイ(液晶テレビ)のバックライトには冷陰極蛍光管(CCFL)が使われます。

 これに対して新ブラビアV5では熱陰極蛍光管(HCFL)が採用されているのです。

 HCFLはCCFLよりも太くて消費電力が高くて、しかも熱電子を放出するフィラメント式なので寿命にも難点があります。

 ただ、得られる輝度はCCFLよりも高いんです。

 ソニーはこの発光効率の良さに着目し、小径化、省電力化、フィラメント改善などを行い、液晶のバックライトに実用化させたんですね。

sony hcfl publicity_reviced20090109.jpg
 この新HCFLの発光効率のおかげでバックライトの本数が減らせることができ、その結果として、40%の省電力が実現されたようです。

 経年で輝度変化がどうなるかが気になりますが、いずれにせよ、今後、液晶バックライトとしてのHCFLの動向には注目していかなければならないでしょう.



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

ケン・オガワ、誘導ミサイルを乗りこなす!の巻

 フロムソフトウェアから1月29日に発売されるXbox360用の新作タイトルの広告企画をやりました。

 このゲーム、ゲームとしての面白さは下の記事を読んで貰うとして、個人的には、フロムソフトウェアとしては珍しいくらいのぶっ飛んだキャラクタ像が強烈で魅力的でした。



 ゲームタイトルは「NINJA BLADE」です。

ninbla.jpg
本年度大注目のNINJAアクション巨編 NINJA BLADE(ニンジャブレイド)- Game Watch
http://ad.impress.co.jp/special/ninja-blade/

 舞台は近未来、東京。
 正体不明のウィルスが東京住民をモンスター化!


 この設定は「よくあるパターンじゃん」と言われそうですが、これに立ち向かうのが日系アメリカ人のバイリンガル忍者と言う設定は珍しいはずです。

 名前はケン・オガワ。

 なんか、"やや売れ"しそうなピン芸人みたいな名前ですが、忍者です。

 忍者と言えばクチを隠しているイメージですが、ケン・オガワは"口出し"で、SM嬢みたいなマスクをしています。

aka_animesongs.jpg
 わかりやすくいうと、こんな感じです(笑)

 普段の会話は英語で、相棒なんて黒人のラッパーみたいな陽気なブラザー忍者です。

 欧米人が思い描く忍者像ってのは亀忍者に代表されるように突拍子もないものが多いですが、それにケン・オガワは負けていません。

 とにかく行動が個性的!

nin_img_photo16.jpgヘリでの出撃時は中に乗らずに逆さに張り付きます。
(お子チャマが真似しないか心配です)

 手裏剣もでっかくて円盤投げみたいに投げるし、

nin_img_photo18.jpg
誘導ミサイルをスケボー変わりに乗りこなすし、
(よい子は真似しちゃダメーっ!!)

nin_img_photo21.jpg
刀をイチローのヒッティングポーズで振りまわすわ、とにかく自由

 セリフもいちいちかっこつけた、クサいセリフをいう。

 ただ、ストーリー展開はとても悲壮感溢れるものなのです。

 自分もかなり過酷な運命を背負って戦っているはずなのに、それを微塵も感じさせない明るさ。この時代には必要なキャラクター像かもしれません(笑)

 とにかく、最近のゲームキャラクターでは珍しい、アホ格好いい忍者だと思います。

 勘違い日本センスの逆輸入って感じで作られたNINJA BLADE。
 アクションゲームとしてもかなり面白いんで是非...
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (0) | trackbacks (0)

3Dマニア第46回 HDRレンダリング(6)~HDRレンダリングの歴史と動向(2)

 HDRレンダリングにとってDirectX9/SM3.0と言う時代は「一杯いろんなことができそうで、実はけっこうなにもできない」という微妙な時代だったと振り返ることができます。

 そんな時代の産物であるGeForce 7800 GTXと設計を同じくするGPUを積んでしまったPS3はちょっと不幸でした。

 ハイテク集団の小島プロ・開発チームもPS3用「MGS4」におけるHDRレンダリングの実装では頭を悩ませたようです。

3dm46_001l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第46回
HDRレンダリング(6)~HDRレンダリングの歴史と動向(2)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/046/index.html

 おもうにプレイステーションシリーズのハードウェアは毎回GPUに関しては、なんというか、「残念な」歴史を引きずってきていますね。
 PS2は絶対的にビデオメモリが不十分でしたし。

 PS4はそれなりに開発が進んでいると各方面からまことしやかな情報が(笑)聞こえてきますが、今度は、GPUは何になるんでしょうか。

 順当な適当なGPUメーカーのGPUを載せるのか…
 はたまた、PS3開発段階でほぼ完成しながらも、諸事情で搭載が見送られてしまったというCELLプロセッサベースのGPUという可能性もありますね。CELLの特許情報にも載っていたアレの進化形みたいな。

 次世代3Dグラフィックスはソフトウェアレンダリングに回帰するとも言われていますから、その線も十分「あると思います」。

 果たして...



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)