西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(3)映像制作新時代の到来か。ゲームエンジンを映像制作に用いる新発想

 色々あって1年あいてしまいましたが、新連載としてスタートした「西川善司の試験に出るゲームグラフィックス」の第3回はいきなりゲームグラフィックスではないという。

 ただ、ゲームエンジンを使った映像制作というのが業界で大流行しているので、それを取り上げることにしました。

 この分野でかなり先行しているのがフルCG映画「キャプテンハーロック」を製作したことでも有名なマーザ・アニメーションプラネット株式会社です。

 マーザはUnreal Engine4のほか、UNITY5でも映像制作に挑戦しており、今回はその話題をも取り扱っています。


西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(3)映像制作新時代の到来か。ゲームエンジンを映像制作に用いる新発想
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/210/G021013/20150814057/

 ちなみに、2015年7月より放映が始まったテレビドラマ「デスノート」に登場する悪魔リュークを始めとするCGパートも、Unreal Engine4ベースだったりします。

 こうした商業映像作品にまでUE4の採用が進んできているのは「UE4を用いて映像制作を行い、それで収益を得たとしてもEPIC GAMESにロイヤリティを支払う義務がない」と言うことが明言されたことが大きく影響していると思われます。

 UE4でゲームを作って売るとその販売収益額に応じた成功報酬型のロイヤリティ徴収がありますが、UE4で映像制作で映像を売って収益を得てもそれがないのです。

 これはEPIC GAMESとして、UE4を使えるエンジニアやアーティストを業界に増やし、いわゆるデファクトスタンダードを狙ったビジネスモデルにシフトしたためだと思います。

 もちろん大手とのライセンス契約は従来通り続けているようですが、それ以外の草の根レベルからは「だれもかれもがUE4を好む」という状態のエコシステムを構築してしまおうという戦略なのでしょう。

 UNITYもこの「映像制作への進出」への意識を高めているようなので今後の展開に目が離せません。

 近い将来、「子供向けの毎週のテレビアニメはゲームエンジンベース」なんてことになってるかもしれません。

 下は、上の映像がリアルタイム映像であることを示すために公開された、ランタイムを別視点で実行し、さらに木々の葉々を桜の花に変更したバージョンの動画です。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (1) | trackbacks (0)

ジュラシックワールドを見てきた

SIGGRAPH2015で「ジュラシックワールド」のメイキングを見て、幼児がまたがるトリケラトプスがじつは 四つん這いのオッサンにCG被せたものだったという笑劇の事実に感動したこともあり、本編を見てみた。

今回のジュラシックワールドは、ジュラシックシリーズ4作目なんだよね。
前作の「3」はなんと2001年だったから実に14年ぶりの新作。



今回は映画の世界ではあの惨劇から22年が経過している設定。
ジュラシックパーク3は、世界設定上、表沙汰になってない事件のはずだけど、とはいえ、「2」でサンディエゴの街にティラノサウルスがやってきてたくさん人が死んじゃった事件があったはずなのに、よく、また恐竜パークを作るよね…とは思う。

ただ、あれか。原発の恐怖をあれだけ思い知らされたのに、4年後にさっさと再稼働させちゃう我が国よりは長く我慢したとはいえるかな(笑)

1と2ではティラノサウルスがボス恐竜として描かれて、「もう、ティラノ最強なのね はいはい」と飽きられ気味だったので、3では、スピノサウルスを登場させたんだよね。ボクも恐竜オタクが少し入っているので、当時は「おお!! いいチョイス」とおもった。1,2で大暴走したティラノサウルスが、スピノサウルスにボコボコにされる様子は感動したもんです。「3」の冒頭付近のそのシーンだけでも「買い」かなとは思うんだけど、3は物語的には、強すぎるスピノサウルスの収め方を思いつかなかったらしく「火を怖がって逃亡」というオチを付けて消化不良だった。




で、今回のジュラシックワールドでは、どの恐竜を登場させるのかと思ったら、様々な種を合成して作った新種のキメラ恐竜ときた。体温を調整して赤外線カメラを騙し、カメレオンのような擬態能力があり、ヴェラキラプトルなみの知性を備え、ティラノサウルスを超える凶暴性を備えているという設定。

「そんなことしたら何でもありじゃん!」という観客の声に応えるかのように、劇中、インジェン社の研究者は「何を言うか、ここにいる恐竜は最初から全て遺伝子操作で作り上げられたものたちじゃないか」「お前らが、もっと強い恐竜を、もっと歯の多い恐竜を…というからそれに答えただけだ。私は悪くない」と制作者側の思いを代弁するカットはなかなか笑えます。

さらに、物語の鍵を握るイケメンヒーロー役は元軍人の恐竜使いという設定で登場する(笑)。なんと、彼はヴェラキラプトルを手懐けられる能力の持ち主。以前テレビで見たバナナワニ園の飼育員のインタビューでの「タマゴから育ててるのに、隙を見せるとすぐにオレを食べようとしてくるんだ、コイツラ」という発言を彼に聞かせたいところだが、彼の信条は「恐竜との信頼関係さ」だそうな。



この二つの新設定は賛否はありそう。

1つめの遺伝子操作のキメラ恐竜なんだけど、これは個人的にはまだ早いと思ったかな。

棲息時代を考慮しなければティラノサウルスに対抗できる恐竜としては他に、アロサウルス、ギガノトサウルス、カルカロドントサウルス 、マプサウルス、アルバートサウルス、ゴルゴサウルス、ダスプレトサウルス、アクロカントサウルス、アベリサウルスとかがいる。3に登場したスピノサウルスは魚食ってたと言われる種類で、たぶん、本物はティラノサウルスに勝てるわけはないんだけど、そういう部分は別にいいんだよね、脚色で。だから3のスピノサウルスは格好良かったし。

ちなみに、劇中では全く語られていなかったけど、今作のキメラ恐竜にはギガノトサウルスの遺伝子も入ってるという設定なんだって。あーあ、もったいない。単体で登場させれば良かったのになぁ。

そういや、ギガノトサウルスは、ゲーム「ディノクライシス」でティラノサウルスをボコボコにしたよね。



2つめの恐竜使いの設定は、今作の「結局、曖昧な信頼関係しか気づけなかった」というオチは良かったと思うので今作限りだったらいいけど、次回作以降も続くんだといやかなぁ。

結局、今作で最強として描かれていたのは水棲恐竜のモササウルスで、今作で暴れ回るキメラ恐竜を仕留める役割を果たすわけだが(3のスピノサウルスみたいに消息不明にはならない)、モササウルスみたいな大型の水棲恐竜で、ああいったワニ型フォルムのヤツラには他にもクロノサウルス、リオプレウロドンとかがいるけど、ショニサウルスみたいな魚竜系の恐竜を今後、出してみるのもいいかも? と思ったり。 ただ、映画的にはジョーズみたいになりそうだけど(笑)

とにかく、今作「ジュラシック・ワールド」はオススメの映画です。
IMAXの3D対応劇場で見ることをお奨めします。

映画 | comments (0) | trackbacks (0)

【特別企画】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ(特別編)

CarWatchの連載「西川善司のGT-Rライフ」が1年ぶりに復活です。

復活第一回目は、「ソニーのアクションカムをドライブレコーダー的に活用する」というネタです。

フルHD基準モデルの「HDR-AS200V」と4K撮影が可能な「FDR-X1000V」をGT-Rに搭載して撮影し、その画質を評価すると共に、ドライブレコーダーとして運用できるのかを検証しています。

gt-r__P1020009.jpg
【特別企画】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ(特別編)
アクションカムをドライブレコーダーとして活用できるのかを検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://car.watch.impress.co.jp/docs/special/20150807_713645.html

今後は、諸般の事情から、ドライブレコーダーネタの割合が多くなるかも知れません。

適度にそれ以外のネタも入れていく予定ですが、「あれ?ドラレコのネタ、またか」と気が付いた人は優しく微笑んで下さいませ(笑)

オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

書籍「売れるゲームのUI/UX 制作現場の舞台裏」の執筆に参加しました

 MDN刊のゲーム技術関連書籍「売れるゲームのUI/UX 制作現場の舞台裏」の執筆に参加いたしました。

ゲームのUI/UXの過去(歴史)、現在(トレンド)、未来(動向)の話題の章をまるまる執筆させて頂きました。

uiux_619SC6dPFhL.jpguiux_61l+vErsU7L.jpg
売れるゲームのUI/UX 制作現場の舞台裏
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.mdn.co.jp/di/book/3215303018/

 ボクの書いた部分はおまけみたいなもので、メインのコンテンツはヒット作のUI/UXの取材記事です。

 よかったら手に取ってみて下さい。

 発売日は9月1日になっていますが、今年のCEDEC2015で先行発売になると聞いています。また、CEDEC会期中に、発売記念イベントもやるらしく、ボクも顔を出すことになるかも知れません。

 本書は印税方式での契約ではなかったので、いくら売れても歩合でのインカムはありません。なので安心してお買い求め下さい(笑)

書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

北米からAQUOS撤退。AQUOSブランドは中国HISENSEへ売却

シャープAQUOS、北米から撤退とな!
なんとAQUOSブランドは中国のHisenseへ売却されるとも!
厳しい決断だな。

来年のCESのあそこの場所はHisenseになるのかな!?

sharp_sharp01.jpg
シャープ、北米テレビ事業撤退。Hisenseにブランド供与へ
“AQUOS”や“クアトロン”ブランドなど

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150731_714461.html
一般 | comments (0) | trackbacks (0)