西川善司の大画面☆マニア第232回~ついに出た有機EL REGZA「65X910」。色、動きのキレ、デザインにみるテレビ近未来

 2017年。ついに、日本メーカーから有機ELテレビ製品が登場します。
 東芝、パナソニック、ソニーの3社からでるのですが、実は、全てLG Displaysの有機ELパネルを使っています。

 発売一番乗りは東芝のレグザ、X910です。

 その大画面☆マニアがこの回です。

r04.jpg
西川善司の大画面☆マニア第232回
ついに出た有機EL REGZA「65X910」。色、動きのキレ、デザインにみるテレビ近未来

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1052081.html

 コントラスト感、とくにHDR表現は美しいですね。
 暗部から明部までの色破綻はほとんどありません。
 ただ、東芝も認めているように液晶モデルの方が表現色域はX910より広いそうです。

 これは、LGの有機ELが、白色有機EL画素にカラーフィルターを組み合わせ、しかも、輝度補償のために白色サブピクセルを導入しているためだと推察されます。

 焼き付き低減のために若干の遅延が介入しますし、今のところ「有機ELバンザイ」とならないのは事実のようです。

 ソニーも最高画質は、これから発売するLG有機ELパネル採用の有機ELテレビではなく、昨年発売した液晶テレビのブラビアZ9Dの方だと力説しています。

 ただ、遅延は微妙にあったとしても、画素の応答速度は液晶の数百倍も速いので、動画の切れはいいです。
 「1フレームの遅延なんかどうでもいい。とにかく動画の切れが重要」という人には有機ELはお勧めですね。
 あと、LG有機ELパネルの発光原理の関係上、最近の液晶テレビと比べて暗いので、明るい部屋での視聴には向きません。そこも要チェックです。プラズマテレビを思い出すといいかもしれませんね。



 ちなみに、量販店で行われる液晶テレビとLG式有機ELテレビの画質比較は液晶テレビの方の輝度を大部、落として行われています(笑)

 アバックなどの店頭試聴会とかで「テレビの輝度を両方とも標準設定に戻してもらえますか」とかいうとイベントスタッフからとても嫌がられますので注意してくださいね(笑)。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (1) | trackbacks (0)

【西川善司のモバイルテックアラカルト】第34回: ついに発売された任天堂Switchについて改めて考察する(1)~任天堂Switch本体についての海外報道編

 任天堂Switch発売後の海外報道をまとめた記事です。

graygd248981_-5.jpg
【西川善司のモバイルテックアラカルト】第34回: ついに発売された任天堂Switchについて改めて考察する(1)~任天堂Switch本体についての海外報道編
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://gamedeets.com/archives/248981

 色々な情報が出てきてはいるものの、意外に、統一感がないという。



オンライン仕事 > GameDeets | comments (0) | trackbacks (0)

共著で新しい書籍、出します

共著で新しい書籍、出します
詳細は追って、お知らせいたします。

もう脱稿しているので本当に出ます。



予約受付中です!
書籍 | comments (2) | trackbacks (0)

日産GT-Rオーナーズミーティング第10回全国大会

 3月26日、日産GT-Rのオーナーズミーティングの第10回全国大会が行われました。

 不思議なことなのですが、トヨタ軽自動車メディアのGazoo.comからレポート依頼を受けましたので、自分もオーナーと言うこともあり、行ってまいりました。
 場所は愛知県のラグーナテンボスです。昔はラグーナ蒲郡と呼ばれていたところです。

gtr1.jpg
100台の日産GT-Rが集結!第10回R35GTRclub全国Meeting in ラグーナテンボス
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_170331.aspx?MAKER_CD=B&CARTYPE_CD=78&GENERATION=11

 天候には恵まれず曇天と小雨の行ったり来たりの中でしたが、100台のR35 GT-Rが集まりました。

 結構珍しいモデルや、GT-R nismoの姿もあり、GT-R談義に花が咲きました。

 今をときめく新鋭YouTuber乃木坂女社長こと「ぴちきょ」さんも、同行。撮影しながらiPhoneで編集するという早業で、もう、帰りの高速道路でこの時の取材のYouTube作品をアップしておりました。

 そのYouTubeはこちらでございます。



 撮影カメラは、大人気ソニーのDSC-RX100M5です。
 ちなみに、ボクも最近買いました。このカメラ。
 高画質なハイフレームレート撮影が面白いです。

| comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第231回~59,900円のDMM 50型4K液晶は値段以外もいろいろ凄い。HDMI 4K増強!?

 久々の大画面☆マニアでは、59,900円の50インチで4Kの液晶ディスプレイとして注目を集めているDMMのDME-4K50Dを取り上げました。



 うまくハマる映像は結構綺麗ですが、そこからずれると途端に荒削りな部分が顔を出します。

 使う側が、この製品を相当に理解した上で活用しないと評価が分かれてしまう製品かも知れません。

 60fps換算で、約1フレーム遅延程度で済んでいますし、ゲーム用途にもまずまず使えるかと思います。

d01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第231回
59,900円のDMM 50型4K液晶は値段以外もいろいろ凄い。HDMI 4K増強!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1045771.html

 本格的な映像鑑賞にはちょっとつらい色領域があるのが残念ですが、大きなPCモニターとしてつかうとか、プレゼンテーションなどを行ったり、その他の情報ディスプレイ的に活用するというのであれば問題ない製品かと思います。

 次期モデルがあるとすれば、色彩表現の見直しを行い、疑似でもいいのでHDR信号に対応してくれれば、評価は高まるかと思いますね。

 そうそう。Webサイトには「補間フレーム挿入対応倍速駆動搭載」とありますが、僕が評価した範囲では、この機能の働きは確認されませんでした。

yosoku.jpg

 もしかすると、補間フレーム挿入ではなくてオリジナルフレームの二度振り表示の誤記だと思うので、削除するか訂正した方がいいような気がします。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司が斬る! (後編) ~ Z-side出張版 ~ #264

サンフランシスコでのドリキンさんとの雑談をまとめたもの


西川善司が斬る! (後編) ~ Z-side出張版 ~ #264

この時、実は、ホテルについて1時間後くらいで、時差ボケというか眠気が凄かったんで、なんか眠そうですねワタシ。
一般 > 動画 | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司が斬る! (前編) ~ 後藤の巣作り ~

 我々が海外出張でどんな感じで仕事しているかを公開!

 特に後藤さんの巣作りは衝撃です! 


西川善司が斬る! (前編) ~ 後藤の巣作り ~
お笑い | comments (1) | trackbacks (0)

【西川善司のモバイルテックアラカルト】第33回: HUAWEI Mate 9のカメラ性能に驚かされる!

 最近、スマホのレビューが多いこの連載ですが、ついにHuaweiのMate9の評価をしました。

 カメラ機能が秀逸です。

 いや、下の美形フィルターはただのお遊びですが(笑)、暗いところでも綺麗に撮れたり、悪条件でもフォーカスが合いやすく、たしかに人気な理由も分かります。

mate9beauty.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://gamedeets.com/archives/232921

 プロセッサの性能も高いので動作もサクサクなんですが、個人的には5.9インチという画面サイズが惜しいんですよね。

 0.1インチプラスマイナスするならば、なぜ6.1インチにしなかったのかと(笑)

 まあ、ボク的には見送りの端末になりましたが、Huaweiは7インチのファブレットの新しいのが出るでしょうから、そちらに期待したいと思っています。

オンライン仕事 > GameDeets | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(5)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,中編

試験に出るゲームグラフィックス第5回は「The Tomorrow Children」の中編です。

今回のテーマは影生成や、表面下散乱、リアルタイム映り込みなどの特殊効果です。
前編で取り扱った「ボクセルコーントレーシング(VCT)ベースのライティングシステム」を理解しておくことが前提となっていますので、復習もよろしくお願いします。


西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(5)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,中編
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/269/G026934/20170126085/

今回は大部、独自の素材を作っていただきました
本編では「Signed Distance Field」とか「「Jump Flooding Algorithm」とか言うキーワードも出てきます。

今後こういう概念がいろいろな方面で役に立つことがあるかもしれません。

オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

【オートサロン2017】レイズの2017年新作ホイール「TE037 DURA」「TE37 SAGA」開発者インタビュー

 車関係では1月はホイール関連の取材が続きました。

 自動車技術というと電子系、機械系の技術が主役といった感じですが、実は、ホイールも「デザインと製造」そして「合金の技術」が連携して成り立っている製品で、技術的な視点で見ても面白い分野です。

rays_0703.jpg
東京オートサロン 2017】2017年新作ホイール、一気レポート
「TE37」最新モデルや“サンドイッチ組み”3ピースホイールなどを紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2017autosalon/1039226.html

 RAYSの新作ホイールに関しては、別枠で取材させてもらいました。

rays_AK0I4766.jpg
【オートサロン2017】レイズの2017年新作ホイール「TE037 DURA」「TE37 SAGA」開発者インタビュー
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://car.watch.impress.co.jp/docs/topics/1041776.html

 新作ホイールは超超ジュラルミン製なのですが、ジュラルミン系は強度を上げるために銅が配合されたアルミ合金なので、腐食とかが心配で、メンテナンスとか大変じゃないのかなぁ…とか思っていたのですが、杞憂でした。

 その理由は記事をどうぞ。
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)