【Backspace.fm】Z-side #020:【ネタバレ要注意】「スター・ウォーズ - 最後のジェダイ」ネタバレ大戦

Backspace.fmの西川善司回(Z-Side)の今回は、みんなで「スターウォーズEP8最後のジェダイ」にネタバレ上等であれこれ好き放題に語り合う回となりました。


【Backspace.fm】Z-side #020:【ネタバレ要注意】「スター・ウォーズ - 最後のジェダイ」ネタバレ大戦
backspace.fm/episode/z020/

ミレニアムファルコンは溝の中を飛びたがり、ファーストオーダーも反乱軍も頭の悪い戦争をするというのがスターウォーズの面白さなのですが、今回もその点において素晴らしかったです(笑)
ラジオ | comments (1) | trackbacks (0)

【プレイバック2017】初Appleやカメラ、スマホに散財。4Kプロジェクタを(本当に)買った by 西川善司

 恒例のAV WATCHk「1年を振り返る」企画です。

 今年の散財遍歴を語りました。

 4Kプロジェクタは5年ぶりの大型散財でしたね。

z05_o.jpg
【プレイバック2017】初Appleやカメラ、スマホに散財。4Kプロジェクタを(本当に)買った by 西川善司

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/pb2017/1098635.html

 2017年はゲーム機がいろいろと発売された年でもありました。
 すっかり定着してしまった任天堂Swicthも2017年発売でしたし、ミニスーファミ、Xbox One X、改良型PSVR、マイチェン版PS4 Proとけっこういろいろと出ました。

 個人的に予想外の出費だったのは、iPad ProとGalaxy Note 8ですかね。
 共に満足げにつかってはいますがお高い製品でした。

 2018年はすこし、散財をセーブしていきたいと思っています。




オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

バイオハザード7のサウンドチームがそのメイキングを実演。効果音に必要なのは糸こんにゃくとローション,洗面器!?

 MUTEK.JPというイベントの中で公開された「バイオハザード7」のサウンドメイキングセッションのレポートです。

 あまり、競合メディアが取材にきていなかったので、実害はあまりなかったですが、この原稿は11月初旬に入稿していたものなので掲載に二ヶ月近くもかかったことになります。


バイオハザード7のサウンドチームがそのメイキングを実演。効果音に必要なのは糸こんにゃくとローション,洗面器!?
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/346/G034629/20171113086/

 内容としては、映画のサウンドメイキング用いられているフォーリーサウンド収録の話や、ミュージックコンクレートと呼ばれるサウンドクリップベースの作曲による環境音楽系の話題などについて語られています。

 今では「そうだった」ということを覚えている人が少なくなっていますが、もともと西川善司は、コンピュータミュージック畑の専門家だったので(笑)、この手の話題は興味深く、そして懐かしく聞かせていただきました。

 レポートに熱が入り気味なのは、そんな理由からです。

オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

スクウェアエニックスの「ファイナルファンタジーXV」の開発メンバーらが執筆した「ゲームエンジニア養成読本」が出版に

技術評論社から、スクウェアエニックスの「ファイナルファンタジーXV」の開発メンバーらが執筆した「ゲームエンジニア養成読本」が出版されました。

著者は長谷川勇氏、佐藤達磨氏、南野真太郎氏のお三方です。

昨今、FFXVの取材が続いたこともあってメンバーとは親交が深くなったことで、献本を頂きました。



ゲームエンジニアとして必要な知識の紹介、そしてUnreal Engine4を使ってのゲーム開発の取り組みなども紹介されています。

個人的に特に面白いと思ったのが、5.2章のマルチスレッドプログラミングについてのところです。ここではジョブスケーラのマルチスレッド化などに触れられており、昨今のマルチコアCPU前提のゲーム開発においては必須のソフトウェアアーキテクチャの概念です。「ミューテックスの回避」などについても言及されていますが、このあたりは超リアルタイム志向のゲームでは、一般的なアプリケーションとは違った思想が求められます。

Kindle版もあるようですね。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

【西川善司のモバイルテックアラカルト】第46回: iPad ProにGAMEVICEを合体させてゲーム専用機風に活用してみた!

 iPad Proに対応した本格ゲームコントローラー、GAMEVICE「GMV-GV161」の評価レポートです。

 iPad Proをゲームコントローラで挟んで任天堂Switchみたいにしてゲームをプレイできるコントローラで、実はLightning接続なので「ペアリング不要」「遅延なし」…と予想外によくできています。

 記事ではGAMEVICEコントローラ本体の機能紹介の他、実際に幾つかのゲームをボクがプレイし、その様子の動画を紹介して、使用感についても触れています。


【西川善司のモバイルテックアラカルト】第46回: iPad ProにGAMEVICEを合体させてゲーム専用機風に活用してみた!
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://gamedeets.com/archives/333010

 ちなみに、このGAMEVICEコントローラ、上で「任天堂のSwitchみたいに」という表現を使いましたが、こうした画面をコントローラで挟み込むデザイン自体の特許自体は、GAMEVICE社の方が先に申請をしていたようで、なんとGAMEVICEは任天堂を特許侵害で訴えているんですよね。この係争の行方も気になるところです。

オンライン仕事 > GameDeets | comments (0) | trackbacks (0)

我が家に「Xbox One X」がやってきた! 4K&HDR対応ゲームのすごさをあらためて体験

遅ればせながら、西川善司的Xbox One Xレビューです。

写真のXbox One Xが埃っぽいという指摘(笑)。
そうですね、これ新品じゃなくて評価機なんで、もともとごぎたなかったんですが、それを拭きもせず撮影した結果ですね(笑)

いかにも「おうちで使っている感の演出」というふうに捉えてくださいまし。

xbx_006.jpg
【(善)後不覚】我が家に「Xbox One X」がやってきた! 4K&HDR対応ゲームのすごさをあらためて体験
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/990/G999025/20171220013/

さて、記事では4Kゲーミングの他、RGB101010出力がなぜかデフォルトになるUltra HDブルーレイ再生機能の話とか、4K/HDRのゲーム映像が1時間録画できる話とか、録画した4K/HDR映像はWindows PCにもって行けるとか、ゲーム以外の話題にも触れておきました。

Xbox One X、電源内蔵で小さいのがいいですね。

オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

JDI,画素密度約800ppiのVR HMD専用超高精細液晶パネルを発表。第2世代VR HMDは有機ELではなく液晶がメインに?

 シャープを除けば、ほぼ最後の日本の映像パネルメーカーJDIが、VR-HMD専用液晶パネルを発表しました。これに関して実際に発表会を見に行ってレポートしたのが下の記事です。

 発表された液晶パネルは3.6インチサイズで解像度は1920×2160ピクセル。画素密度は800ppi超です。

 Oculus Rift、HTC VIVEに採用されていた有機ELパネルは1080×1200ピクセルだったので、解像度的には約3倍以上高いものになります。というか、RiftやVIVEの有機ELパネルはペンタイル配列だったので緑サブピクセルしかフル解像度分存在しなかったので、JDIが発表したパネルは実質的には4倍近く高解像度だと言ってもいいと思います。

jdi_vr_002.jpg
JDI,画素密度約800ppiのVR HMD専用超高精細液晶パネルを発表。第2世代VR HMDは有機ELではなく液晶がメインに?
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20171213130/

 2018年以降の新世代VR-HMDでは、有機ELパネルの高解像度化が見込めないことから液晶化の流れが来ると言われていましたが、今回の発表は、これが現実になりそうな動向の1つといえそうです。

 ちなみに、シャープも昨年と今年、1000ppiクラスのVR-HMD専用液晶パネルの試作品を発表していますね。

 詳細は記事の方をどうぞ。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第237回~AQUOS 4Kが画質もOSも一新! よくしゃべるAIoTテレビ「LC-50US5」

 シャープの4K AQUOSの上から2番目のモデルのUS5シリーズを取り上げました。

 エッジ型バックライトを採用したモデルですがHDRに対応しています。

sh05_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第237回
AQUOS 4Kが画質もOSも一新! よくしゃべるAIoTテレビ「LC-50US5」

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1096561.html

 画質性能的にはスタンダードなモデル…といった印象ですが、COCORO VISIONというAIエージェントが搭載されていて、やたらしゃべりかけてくるのが特徴です。

 Amazon Echo、Google Homeのような「AI搭載のしゃべる家電」は当面「流行り物」といった感じでいろいろ展開しそうですね。


オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

「ゲームの画質が良くなる」と謳われるHDMIケーブル,その実力は?

 アメリカのベンチャー企業マルセイユ(Marseille)社が発売した映像エンジンチップ内蔵のHDMIケーブルの紹介です。

 Gaming Editionはジャギー低減、Cinema Editionは超解像処理的なことをやるHDMIケーブルでした。

mar_014.jpg
「ゲームの画質が良くなる」と謳われるHDMIケーブル,その実力は?
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20171201096/

 ちょっと残念なのは、4Kには対応していないところと、このケーブルを4K機器に接続すると、フルHD接続にまで制限されてしまうところですね。

 ここが拡張されると、もう少し汎用性が上がるのですげれどねぇ。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

大画面☆マニアではなく大仮面★マニアとして出演します

PC WATCH編集長が急病で中止という噂です(笑)


突然ですが、明日12/7木、Impress eスポーツ部のTwitch配信に、西川善司が(色んな意味で)乱入させて頂くことになりました。

20:00からです。
明日は大画面☆マニアではなく大仮面★マニアとして出演します。

ImpressWatchのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する
オンライン仕事 > PC WATCH | comments (0) | trackbacks (0)