シリコンスタジオのMizuchi美人「YURI」さんの謎に迫る

 「リアルタイムレンダリングエンジン「MIZUCHI」にキャラクタ表現用機能を搭載する」…というプロジェクトから始まって、今では

 「3Dスキャンではなくハンドモデリングにて、実在人間に近い人間の3Dモデルを表現する」
 「しかも、それをリアルタイムレンダリング(ゲームグラフィックス)として描画して、その実在の人間感を破綻させないことを目指す」
 「最終的にはこれを動かしてアニメーションさせてVRで対面できるようにする」

と言うところにまでゴールを設定したシリコンスタジオの開発チーム。

009.jpg
シリコンスタジオのMizuchi美人「YURI」さんの謎に迫る
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://jp.gamesindustry.biz/article/1605/16052601/

 今は、「動きなし」で、リアルタイムレンダリングさせるところまで来たようです。ひとまずの完成は、8月開催のCEDEC2016で見られるとか。

 意外にも、誰も挑戦してこなかった「日本人の美熟女」のリアルタイムレンダリング。
 このユニークなプロジェクトに隠された秘密が公開されました。

 4gamer.netの「試験に出るゲームグラフィックス」に寄稿してもよかったのですが、いろいろあって、GameIndustry.bizに掲載されています。
オンライン仕事 > GamesIndustry.biz | comments (0) | trackbacks (0)