3Dマニア第19回セルフシャドウ付き視差遮蔽マッピング

今回が法線マップ/バンプマッピング関連編の最終回となります。

次世代バンプマッピングともいえる視差遮蔽マッピングはもう一工夫するとセルフシャドウがキャストできるようになります。

3dm_003l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第19回
バンプマッピングの先にあるもの(3)~セルフシャドウ付き視差遮蔽マッピング

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/019/index.html

うまく調整しないとへんなエイリアシングが出るようですが、視線を掠めるようにして見た場合にちゃんと立体的に見え、さらに影まで付くビジュアルはなかなか感動的です。
EPICが付けた「バーチャル・ディスプレースメント・マッピング」という名前にも恥じない効果だとおもいます(笑)

まぁ、ただ、いくら見た目の凹凸が正確でも、ゲームエンジンなどでは、他者オブジェクトとの判定はやはりポリゴン単位となるでしょうから、凹凸と他者との接触時のビジュアルは不自然になりそう気はしますが.


オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

表示遅延を2フレーム短縮した2452W

担当したEIZO FlexScan HD2452Wの広告企画第二弾です

ゲームモニタとしての訴求を強めているEIZO FlexScan HD2452Wですが、先代2451Wと比較して、表示遅延に対して徹底した取り組みを行っています。

2451Wに対して、ゲームモードでは、2452Wは60分の2秒の表示遅延の短縮を実現しているんですね。

今回は音楽ゲームのビートマニアで、実際のその表示遅延の少なさを検証してみました。

bm_pict07.jpg
高速表示性能はゲームプレイにおける生命線である
~FlexScan HD2452W beatmania IIDX 14 GOLD をプレイ

http://www.watch.impress.co.jp/nanao2/

遅延の少なさは実際、かなりいい線まで言っていると思います。

高画質化ロジックを全キャンセルさせる「スルーモード」ではI/P変換までキャンセルされますが、液晶パネルの応答速度を高めるオーバードライブ回路は生きているので残像も最低限で、ブラウン管と比較しても引け目は感じないレスポンスでプレイできます。

PCディスプレイとゲームモニタの両方を探している人には強く勧めたいですね。

広告企画はまだ続くので7月くらいまで今の実機は借りられるとのことですが、返すときが名残惜しくなりそうです….





オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (0) | trackbacks (0)

6月1日の日曜日、上野公園で愛車を展示します

6月1日の日曜日、国立科学博物館で「ロータリーエンジン40年展」のフィナーレ・イベントが行われ、自分の車を今回も博物館前に並べてもらえることになりました。

前回の模様はこちら

DSC_0021.JPGDSC_0076.JPG

■国立科学博物館「ロータリーエンジン40年展」
開催期間: 2008年4月22日~6月1日(休館日は月曜日。ただし、日・月曜が祝日の場合は火曜日)
場所: 国立科学博物館(上野本館)
〒110-8718東京都台東区上野公園7-20 ◇ ハローダイヤル:03-5777-8600
アクセス:http://www.kahaku.go.jp/visitor_info/ueno/access.html
開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)。ただし、金曜日は9:00~20:00(入館は19:30まで)。また、4月26日~5月6日の期間は9:00~18:00(入館は17:30まで)。
入場料: 一般・大学生:600円(20名以上の団体は300円)、小・中・高校生:無料。


歴代ロータリーエンジン車の展示開始は10時からで、何十台もの歴代ロータリーエンジン車が並べられます。

午前と午後には一回ずつ、マツダのスタッフによるロータリーエンジンの解説付き解体ショーが博物館内で行われます。

これは非常に貴重なのでファンにはお勧めです。

博物館内の入場は通常通りの入場料金ではいることになりますが、上野公園敷地内の歴代ロータリーエンジン車の展示は無料で見られます。

ボクは集合時間の9時前後には敷地内にいます。
暇な人は遊びに来て、ぼくの車を見つけてみてください。
あと、ボクを見かけたら声かけてね。

上下の写真は4月の同名イベントの時のものです。

DSC_0040.JPG



| comments (2) | trackbacks (0)

べーしっ君の第四巻探しています

アスキーコミックス、荒井清和著の「べーしっ君」の第四巻探しています
1~3まで持ってて四巻買い忘れていた(笑)
10年以上たって気がついた。

ボクのヘボイズム・ギャグのバイブルです。

もう、どこにも売ってないのはいいけど、オークションで買い手なしで8000円近くで出品されているのは笑った。



探しています | comments (0) | trackbacks (0)

オレ、誕生日おめでとう

5月28日。誕生日を迎えました。

実は5月28日…というか5月末って、この業界人の誕生日の方が多いんです。

同業者のテクニカルライターの大原雄介さんも5/28ですし、あのPC WATCHでも活躍中のビックガイ、ミスターKこと笠原一輝さんも5/28が誕生日です。

某国民的車ゲームのあのゲームスタジオから独立してソフトウェアスタジオを立ち上げたOh!X仲間の瀧康史君は一日違いの5/27が誕生日です。

その他にもOh!Xがらみで某半導体メーカー勤務の方も5/28が誕生日です。

不思議な偶然ですよね…。
一般 | comments (1) | trackbacks (0)

考楽火月星=座頭市広場!?

映画版「バイオハザードIII」のラストシーン付近で変な日本語を発見

東京メトロの「夜空雪風」線の「考楽火月星」駅らしい。

実在しない路線の実在しない駅名を作った上で、さらにそこに適当な漢字を当てるというハリウッドのいつもの超手抜き体質は見逃してあげるとしても...

DSC_0001.JPG

考楽火月星 が Zatoichi Square つまり 座頭市広場ってのが解せない…。

どっから湧いたアイディアなのか。
制作者がTウィルスに汚染されているんじゃあるまいな




映画 | comments (0) | trackbacks (0)

おもしろTシャツを着た世界の記者達

某カンファレンス会場にいたおもしろい人達。

DSC_0382.JPG
背中に牛丼と書かれたTシャツを着た某国の記者

DSCN1884.JPG
偽ニンテンドーTシャツを着た某国の記者。
髭がマリオライクなのはワザとですよね。
カメラ向けたらノリノリでポーズ。
どんな意味、これ?って聞いたらわかんないって(笑)
誰か意味分かる人いますか?
一般 | comments (2) | trackbacks (0)

トラブルあったが無事帰国

サンタクララより帰国しました。

成田行き飛行機に乗り込んだがしばらく発進するようすもなし。

そしたら機内放送が。
「オイル漏れが止まらないので飛行をキャンセルします。速やかに降りてください」

なぬ~

降りたら列ができていて、空港内の飲食物店で食事ができるクーポンをくばっていた

エアラインスタッフの話ではホテルを用意して送迎する…らしい

ミスターKとバーガーショップでハンバーガーを買っていたら空港内アナウンスが
「成田行き、キャンセルをキャンセルします。すぐ乗り込んでください」

ウゲ~

乗客みんながそれぞれにファーストフードを手にゲートへランニング(笑)

オイル漏れは気のせいだった(笑)らしい

不安

それが気のせいじゃないだろうな!?

そしたら機内放送が再び

「当機のパイロットは契約社員でありまして14:25まで離陸できませんと彼が降りてしまい飛べません。早く席に着いてください」(逆ギレ)

アメリカン航空侮りがたし(笑)
しかし「早く席に着かないと…」という脅しを耳にしたのは修学旅行以来だな

成田に着陸したときには拍手が(笑)

どんなアドベンチャーやねん
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

3Dマニア第18回、バンプマッピングの先にあるもの(2)

法線マッピングのプチ改良版が視差マッピングならば、今回紹介した視差遮蔽マッピングはさらにその進化形です。

いうなれば、微細凹凸の相互遮蔽までに配慮したバンプマッピングといえるかもしれません。
EPIC GAMESはこの視差遮蔽マッピングをバーチャルディスプレースメントマッピングというふうに言ってましたが、そういう言い方もありかもしれませんね。

3d_004l.jpg

西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス
バンプマッピングの先にあるもの(2)~視差遮蔽マッピング

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/018/index.html

いずれにせよ、プログラマブルシェーダ3.0以降はポリゴンに対して視線を潜らせて…というアプローチのレイキャスティングが積極活用されて1つのトレンドにもなってきているようです。
さらに、そこから一回、レイをバウンスさせてレイトレーシング的な処理までをやるテクニックも出てきていますし。

次回は、そんなかんじで一回バウンスさせて、その先の遮蔽までをみて微細凹凸のセルフシャドウまでを出す…という技術を紹介します.



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

ストロボのディフューザなくした

いま、取材でサンタクララにいるのですが、

DSCN1874.JPG

初日にストロボのディフューザーカバー(バウンスアダプター)なくしてしまった。

買ったばかりだったのに。

ぱっと見、検尿のコップみたいだけど、3000円もしたのに…。

当分、輪ゴムティッシュだな…


とほほ
一般 | comments (0) | trackbacks (0)