ブリヂストンタイヤ、レグノ「GR-XT」をレビューしました

 クルマ好きが講じて、最近ではCARWATCHでもちょこちょこと仕事をさせてもらっていますが、今回は、ブリヂストンのハイエンドタイヤ、REGNO GR-XTのレビューと開発者インタビューをさせてもらいました。

top_gr_Xt.jpg
REGNO GR-XT|タイヤだけで車はここまで変わるのか!
テクニカル・ジャーナリスト西川善司も納得の先端技術
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://ad.impress.co.jp/special/bridgestone1104/

 GR-XTはREGNOブランドなので、コンフォート系のタイヤです。

 ブリヂストンと言えば、自分の愛車のRX-7(FD3S)にRE-01Rを履いていた時期がありますが、あれはPOTENZAブランドでスポーツタイヤでしたから、今回評価したGR-XTはまったく正反対のイメージのタイヤということになります。

 本当は愛車のセブンに履かせて、試乗インプレッションをしたかったのですが、GR-XTには17インチ/255/40のようなスポーツカー向けサイズ設定がないので叶わず。結局、ベンツE250の広報車を借り受けての評価となりました。



 噂の3Dヘルムホルツ消音器の効果は確かに凄いですね。

 ベンツE250の標準タイヤと比較して聴感上の騒音レベルが全然違います。
 REGNOブランドは、乗り心地と静粛性を重視する個人タクシーの装着率が高いとのことですが、それに納得も行きます。

 3Dヘルムホルツ型消音器の仕組みや効果については記事の方を参照してくださいませ。

 ちなみに、GR-XTの開発担当者は女性でしたよ。

gr-xt_pict11.jpg

 そうそう、GR-XTは購入後、その性能に満足行かなかった場合、30日以内ならば他のタイヤに無償で履き替える(差額返金にも対応)ことができる、ロッテリアの絶妙バーガーみたいなキャンペーンをやっています。

 性能に自信がないとゼッタイできない凄いキャンペーンですよね。
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

CRYSIS2を一足早くプレイしました!

 発売日が延びましたが、ついに4月1日に「CRYSIS2」が発売されます。

 CRYSIS2は、その開発元CRYTEKが自社開発して商用エンジンとして展開しているCRY ENGINE3を用いた自社開発ゲームとして注目されていますが、数々の謎を残して終わった「CRYSIS1」の続編としても期待されています。

 メーカーよりPS3 TESTをお借りして、一足早く、ゲームをプレイさせて頂きまして、レビューを書きました。

 詳しいゲーム内容については記事の方を参照してください。

crysis2.jpg
最強のパワー、スピード、特殊能力 ナノスーツで己を“武器”とせよ! CRYSIS 2 ~クライシス2~このエントリーを含むはてなブックマーク
http://ad.impress.co.jp/special/ea1104/console/

 ボクはPS3版をプレイしたんですが、グラフィックス表現のレベルはかなり高く、間違いなくPS3ゲームとしてはトップレベルのグラフィックスが実現出来ていると思います(PS3版はクリア。Xbox360版とPC版は未プレイ)。

 前作は南国の島、今作は大都市ニューヨークが舞台でがらりとロケーションは変わっていますが、通して屋外ビジュアルのリアリティにこだわってきたCRYTEKだけあって、その情景としてのパノラマ感、スケール感、サラウンド感は見事としかいいようがないです。

 CRYTEKが自ら開発した疑似大局照明技術「Light Propagation Volume」を駆使した効果もなかなかのもので、天球から柔らかく照らされる日影の部分の淡い陰影がとても特徴的です。

 あと、サウンドのクオリティがいいですね。
 ちゃんと敵のいる方から音がしますし、環境音もちゃんと360度、的確に鳴ってくれるので映像と音の一体感も素晴らしいです。

 画面から消えたオブジェクトについても、その音像についてはちゃんとその画面外の的確な位置で音が鳴ってくれるので、再びそのオブジェクトが画面に入ってきたときにも違和感がないんですよね。
 この優れた音像設計は一人称ゲームとしての没入感に相当貢献していると思います。



 物語の方は、今作では、前作で振りまかれた数々の謎解き(種明かし)がメインになっています。

 今作は、主人公が前作と違っていて、しかも前作の主人公が出てこないので、全ての謎が解決したわけではないんで、「今作で完結」という感じでもなく、まだ続く感じはしました(個人的見解)。

 そういえば、GDCの時にCRYTEKのメンツに「前作のイカ星人は今作でなんで出てこないの?」と聞いたら「今作の人型エイリアンは同じエイリアンでも別種族なんだよ」みたいな説明をしてくれました。

 前作のイカ星人は下等種族なのかな?

 こうしたエイリアンの社会性構図みたいなことは続編で語られるんでしょうか…。

 次回作では、世界観の解説ブックみたいなのを付録で付けてくれたらいいなと思います。

 CRYTEK/EAさん、次回作で検討お願いします。
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (2) | trackbacks (0)

ASIMO、まだ被災地に派遣できるほど発達しておらず

「ASIMOを原発に派遣しろ」という思い立ちは、実はみんなが抱いていたようで、ホンダがこの要望に対して正式見解を示した。

ASIMOの被災地派遣に関するご要望を多数頂いております。貴重なご意見ありがとうございます。ASIMOは、将来、人の役に立つべく開発をして参りましたが、残念ながら現状では、ご要望をいただいた様なことができる技術には至っておりません。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

http://twitter.com/#!/HondaJP/status/48574987212292096

 技術的にまだまだなのかあ。

 計器類が全くアテにならなくなった原発内部の調査のために、カメラ担いでラジコンロボットとして活動するくらいはできそうかなぁ、と思ったんだけど。

 まぁ、確かに、原発現場で、こんなことになっても困るしなぁ。

一般 | comments (4) | trackbacks (0)

在日英国大使館が示した原発危機のワーストケース。

英国大使館が3/15に執り行ったワーストケースに関しての考察会見。
日本メディアでは報じられていない極めて冷静なワーストケース分析。

ワーストケースを示して、それでも安心だぞ、という論調が素晴らしい。
嘘か本当かの判断は我々にはできないけど(笑)

-------------

英政府主席科学顧問Sir. John BeddingtonがChief spokesmanを務め、数名の原子力に関する専門家が参加。

起こりうるワーストケースシナリオ。放射性爆発に続き原子炉1基の完全なメルトダウンが起こる。健康被害防止に必要な待避範囲は最大50km。もっと悪い2基ないしそれ以上の原子炉喪失の状況でも、被害が1基喪失シナリオに比べて遙かに大きくなることはない。

現在の待避範囲20kmは現在の放射能レベルに対しては適切。もし海水注入による原子炉冷却が維持されるならばワーストケースシナリオ回避の可能性が高まる。もし新たな大規模地震と津波があれば冷却作業が中断されるのでワーストケースシナリオ実現の可能性は高まる。

結論を言えば東京の住民に健康被害が起きる可能性はないと考える。そのためには放射能レベルが現在の何百倍も高まる必要がある。我々の意見ではそうした事態は起きない。この評価は妊婦と子供を念頭に置いている。健常な成人が被害を受けるのはさらに高い放射レベルである。

風向きは関係ない。東京は十分に遠いからだ。海水注入が10日間維持されれば原子炉コアが冷却され状況はかなり良くなる。日本側が提供した情報は独立した複数の機関によってモニターされており、放射能レベルに限り情報は正確と判断されている。

今回の状況はチェルノブイリ事故、つまり被覆されていない炉心がメルトダウンを起こし、爆発し、何の制御もないまま数週間にわたって火災が続いた状況とは大きく異なる。同事故さえ待避範囲50kmで健康被害防止には十分であった。

チェルノブイリ事故の被害を拡大したのは食物の放射能汚染が測定されずまた人々に警告もされなかったために、人々が汚染された食物、穀物、牛乳、水をその後何年にもわたって摂取したからである。事実が隠蔽された同事故に比べて情報が公開されている福島の事故は対照的である。

ヨウ素剤の摂取について。これは待避区域内にいたとか原子炉区域内で働く作業員など、放射性物質を吸収した人か、汚染された食品や水を摂取した人のみが必要とする。ヨウ素剤の長期摂取はどんな場合でも健康に良くない。

引用元。

http://clip.kwmr.info/post/3896045912
http://togetter.com/li/112353
一般 | comments (2) | trackbacks (0)

地震後。

 AM2時。

 ちょっとクルマを動かす用ができたので自宅周辺の国道をぐるりと回ってみたが、ホントに24H営業のガソリンスタンドがみんな閉まっていて、唯一やっていたガソリンスタンドには30台くらいの渋滞。

 深夜にも、ガソリンの列が出来ていた。スゴっ!
 こんなバカみたいな列に並びたくもないのでスルー。
 で、帰りにコンビニに寄ったら、本当に何もなかった。

 amazonをチェックしてみたら単一電池2本を5000円くらいの値付けしている業者も出てきていた。

 海外紙では「災害下でも日本人はマナーがいい」とか賞賛されているようだが、金が絡むと汚い部分も露呈するなー

 原発危機問題。昨日の15日、地元の埼玉は平常時の数十倍の放射線を観測したらしい。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031600024

 原発自体の報道は充実してきているが、二号機の爆発に伴い、800人いた原発職員のうち750人が避難したことはあまり大きく報じられていない気がする。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00701.htm

 4基ある危機状態の原発をわずか50人で冷却作業をしていることにはかなり無理がある。

 多分不眠不休の作業だろうし、先日の注水ポンプのガス欠チェックミスのような人為的なミスの続発が心配だ。防護服着用でも1人あたり、数十分の連続活動しかできないと報道でやっていた。

 ホンダのアシモが量産できていたら、原発の危機回避活動に参加させられたのに…。基本的な操作ならばさせられると思うし、連続で現場に出場させられそうだし…。

 この原発問題、海外での反応がかなり過敏だ。
 在日フランス大使は関東圏からの脱出を命じられたそうだし、さらに昨日より韓国や台湾の空港で、日本からの渡航者に対して放射線検査する仕組みを導入したとのこと。

 アメリカも追従したら今後のアメリカ出張が面倒だ。

 それと、かなり気になるニュースが。

 NASAが、今回の地震が地球規模に影響を及ぼしたことを発表したのだ。
 なんでも今回の地震で地球の自転が早くなったらしい。
http://www.news24.jp/articles/2011/03/14/10178246.html

 原稿の締め切りが早くなった!?…と焦ったが、わずか「100万分の1.8秒」だとのこと。

 とにかく、自分のような被災地外の人間は、パニックを起こさずに、なるべく冷静に、省エネに気を遣いつつ、日々の自分の仕事をこなしていくことが日本のためになることと信じて頑張っていくしかない。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

レーザープリンタが壊れた→買い替えることにした

 長年使い続けてきたレーザープリンタLP-8300Fがついに使い物にならなくなった。

 地震のせいというわけではなく、寿命がたまたまこの時期にやってきたと言うだけだと思う。

 使い物にならなくなったのは用紙フィーダー部分で、紙をまともに吸い込めなくなってしまった。

 LP-8300Fは用紙フィーダーが2スロットあるのだが、カートリッジ型フィーダーは毎回用紙を3枚から5枚くらいを巻き込んでしまって中で詰まるようになり、手差しフィーダーも同様。ただ、手差しフィーダーは1枚ずつ手送りすれば使えるが、印刷枚数が多いときにはそれも面倒だし、手差しのタイミングが遅いとエラーになるので、もったいないと思いつつも「もはや使い物にならない」と判断した。

 しかし、印字コアの部分は健在だし、よく保ったと思う。
 さすがエプソンと言ったところか。

 確か、トナーは2-3回変えたかな。

 購入したのは確か1997年で、使い始めた頃はWindows NT4.0マシンと接続していたから、もうかれこれ約14年間くらい使い続けたことになる。

 で、結局、またエプソンから選ぶことにしたのだが、当時は10万円位したレーザープリンタも今やA3印刷対応で4万円しないほどまでに安くなった。

 今回はA3/カラー対応のLP-S5000を選択。Amazonで43,240円。



 Amazonでクリックしてから、あとから発見したのだが、NTT-Xでクーポンを活用すれば34800円で買えるようだ。

 ゲゲ安すぎ!!

 今やレーザープリンタはトナーを買い替えるより本体を買い替える方が安いと言うが、ホントだな。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

こんなタイミングでオール電化の営業電話

 地震被害情報のテレビに釘付けの日曜日の昼、電話が鳴ったのでとると

「お得なオール電化に興味ございませんか。光熱費が大変お得なんですが。」

 原発がクラッシュして、近々、輪番停電も計画されているというのに、冗談みたいな営業電話だ。

 むしろこの地震で、電気とは別供給されるガスの方が頼りになる…と言う意見も出てきそうだぞ。
一般 | comments (2) | trackbacks (0)

今回の地震の被害状況

(善)宅、埼玉県さいたま市西区の状況。

まだ全部確認できていないが、家の周りを確認したが外傷はない様子。

電気も通ってるし水道も出る

DSCN9206.JPG
スチールラックが倒れて積んであったものが倒れた
奥のブラウン管は「アサルト」(システムII)プレイ用で、もともと縦設置だったので、今回の地震の影響によるものではないです(笑)

DSCN9212.JPG
ご自慢の8画面環境(うちブラウン管4つ)は倒れず。
ただ、一番軽いLGのモニタが飛んでいったが、ベゼルが割れた以外は動作無事。軽さが功を奏したか。

DSCN9210.JPG
天吊りのプロジェクタはちょっと傾いたくらいで無事。
自分で吊ったわりには頑張った!

DSCN9208.JPG
ガンプラの崩壊を確認した(笑)

DSCN9207.JPG
食器棚から食器が飛び出して一部割れた。

DSCN9209.JPG
そして…46インチのレグザZX9000が倒れて割れてしまった !!
重心の高さが仇になったか。
一般 | comments (4) | trackbacks (0)

シャープ、エリア駆動をついにUV2Aパネルに対して復活採用か!?

 先頃発表された今春モデルには採用がなかったようですが、今年1月、ラスベガスで開催されたInternational CES 2011では、シャープはエリア駆動を復活させる宣言をしました。

 そして、シャープブースにはその展示デモが行われていました。

 AQUOS QUATTRON WATCHの最新回はこの話題を取り扱いました。

DSC_0079.jpg
AQUOS QUATTRON WATCH第8回: CES 2011に見た新世代AQUOSパワーこのエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.watch.impress.co.jp/aquoswatch/truestory/8-ces2011.html

 ただ、全製品に復活させるということではなく、コストを掛けやすい3D対応の上級モデルに適応していくようです。

 International CESでは、70インチの北米向け製品の3D対応のデモ機が展示されましたが、同じ70インチモデルでも2D専用機にはエリア駆動は採用されないようです。

 UV2A×エリア駆動の無敵の組み合わせは、3D視聴時のクロス低減の狙いが強いのかも知れません。

 エリア駆動というと、ハイコントラスト性能ばかりに目が行きますが、実は、ナノ秒からマイクロ秒オーダーの制御で高精度にスキャニングが掛けられると言うメリットのほうにも大きな価値があり、これがクロス低減に効果的なんですよね

 シャープとしては、UV2A単体でコントラスト性能は十分と考えているようなのですが、立体視時の画質性能についてはまだまだ向上させていきたい考えなのでしょう。

 詳しいことは記事に書きましたのでそちらをどうぞ~



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

週間ファミ通にインタビューされて載りました

 現在発売中の週刊ファミ通3月17日号でNGPの特集をしていますが、自分がなぜかNGPのスペックを考察する…という主旨のインタビューを受けました。

 3ページにわたる内容になっています。

fami3.jpg

 現在、ソニーとしてはNGPの広報戦略としては"潜る"状態となっていて、表門を叩いてもなかなか取材応対をしてもらえないようです。

 たぶんE3のタイミングまで新しい情報は出さない…という方針なのでしょう。

 そんな感じでこちらにおはちが回ってきたようです。



 そうはいっても、すでにGDCでNGPについて様々な開発者向けの情報が出てきて、かなり実像は見えてきましたね。

 後のエントリで紹介しますが、このあたりのことはGAMEWATCHのGDCレポートに書いていますのでそちらをどうぞ。

 NGPは、これまでのソニーハードのような「スペック重視」というよりは、新しい遊びとサービスをリーズナブルに提供するために頑張ろうとしている感じです。

 コードネーム「ゲームキューブ1.5」と言われたWiiや、スプライトベースのハードに申し訳程度のジオメトリエンジンを載せたニンテンドーDSがあそこまでヒットしたわけなので、今や「ゲーム(機)はスペックだけじゃない。いかに楽しい体験をユーザーに届けられるかが重要」ってことは証明されつつあるわけで、色んなセンサーとI/Fが盛りだくさんのNGPはその意味で楽しみなハードです。
雑誌仕事 > 週刊ファミ通 | comments (0) | trackbacks (0)