あのまりあさんがDS-10作品集を発表していました

 DTMの世界に足を突っ込んでいた方ならば、あのまりあさんをしらなければ「もぐり」でしょう。

 GS音源普及の影の立役者といっても過言でないミュージシャンであられます。

 そんなお方がDS-10作品集を発表されていました。

 その昔、満開製作所の電脳倶楽部にも、ボクの方から依頼してあのまりあさんの楽曲を収録していただいたこともあります。

 音源のポテンシャルを使い切る打ち込みのテクニックも素晴らしいのはもちろんのこと、個人的には、音楽性の高いメロディ生産能力に神々しさを感じます。

 最近のご本人とのやりとりによれば、「当時のMIDIデータとかは、自分でも管理してないんで、手元にはないんですよ。ネットに散らばってるとは思いますが」というクールな姿勢。

 ひー。かっこよすぎる。

 たぶんですけど、ボクはほぼ全曲所有していると思うんで宝物にします!

 そんな大先生的なお方とコンタクトがとれたこと自体、幸せなのですが、それに輪を掛けて嬉しいのが、あのまりあ氏が、ニンテンドーDSのDS-10で打ち込んだ楽曲が聴けることです。

 楽曲はここにアップロードされています。

 全曲、素晴らしい出来映えです。

 DS-10はKORGのアナログシンセをニンテンドーDSに実装したDTMソフトです。
 そう、ニンテンドーDSでDTM出来てしまうユニークなソフトなんです。



 あのソフトをあのまりあ氏が使うと…!

 しのごのいわずに聴いて見るべし。

 どれも素晴らしいですが、特に、ファンク系の01.First Antenna 17.Dance on airが、GS音源で活躍されていた頃を彷彿させるキャッチーなメロディで、当時のファンの方はウキウキさせられることでしょう。

 ちなみに、当時のあのまりあさんの楽曲で、ボクが今も変わらず一番好きなのは、この曲「Welcome to 夏Island」です。
(あのまりあさんの楽曲は転載配布が許されています)

http://www.z-z-z.jp/zenji/Welcome_to_夏Island.mp3

 とてもいい曲ですよ。これがSC55一台で鳴っているという事実に驚愕ですね。

 また、ボクが初めて出会ったあのまりあさんの曲は「Mega Pulse」でした。この曲です。

http://www.z-z-z.jp/zenji/MegaPulse.mp3

 なんて展開が攻撃的で、それでいて、メロディが美しいんだろうと思って、それ以来ファンになりました

 あのまりあさん自身も管理していない過去の作品集は、検索してみたところ、以下のところにありました。

http://gmo-sc.hp.infoseek.co.jp/midianomaria.htm

http://www.page.sannet.ne.jp/m_okano/midi/midi.html

 持ってない人は今のうちにダウンロードしておかないとですね。

 また、番外編チックですが、 ここに

http://www.medias.ne.jp/~kg-kaga/mjuKK/midi.html

「Welcome to 夏Island」をμKKさんという方がMSXの音源で鳴らしたものがあります。コピー曲ですがとても面白く、それで完成度も高いです。

 あのまりあさんのオフィシャルサイトはここのようなのですが、楽曲置き場としてしか使われていないようです。

 あのまりあさんが、どんなお方か知りたい人は、このインタビューをご覧になるといいと思います。
音楽 | comments (2) | trackbacks (0)

日本勢無冠。GDCレポート in CG WORLD

 今月発売号のCG WORLD 6月号にGDC2009レポートを寄稿しました。



 基調講演の内容と、IGDAのGDC09報告会で講演したような今世代の3Dゲームグラフィックスのトレンドを解説しています。

 それにしても、今年のGDC2009のGAME OF THE YEAR 2008で、「メタルギアソリッド4」などの日本タイトルがノミネートされながらも、日本タイトルが全く部門賞すらも取れなかったのは衝撃的でしたね。

 ちなみに、日本タイトルがなんの賞も取れなかったのは、GDCのAWARD創立以来、初めてのことなんだそうです。悲しい..

 この賞レースは、ユーザー投票でもなく、売上本数でもなく、世界中のゲーム開発者達によって投票されるのが特徴です。
 世界市場を相手にしたタイトルで決められはしますが、決して欧米びいきじゃないんですよね。
 過去には日本ではセールス的には特大ヒットというわけでもなかった「ICO」が2部門受賞したこともあり、ゲームの本質的な部分に関して評価されるのが特徴となっています。

 その意味で、日本勢がなんの賞も取れなかったのは残念です。「無限回廊」などは携帯ゲーム機部門にノミネートされていていけるかと思ったのですが、ダメでした。

 ちなみに、今年のGAME OF THE YEARは「Fallout3」が受賞し、部門賞を最も多く取ったのは「Little Big Planet」(四冠)でした。

 世界市場的な視点で見ると、なるほど、「納得」というかんじですね...

 来年は「バイオハザード5」あたりがせめて部門賞くらいは獲って欲しいところですけど…。

CGWORLD130_GDC2009_final_ページ_1.jpg
雑誌仕事 > CG WORLD | comments (0) | trackbacks (0)

ATI RADEON HD4770を発表

 ATIがRADEON HD4770を発表しました
 世界初のTSMC40nmプロセスによるものです。

 久々にATIの発表会に行ってきまして、簡単ですが記事を書きました。

rv740_002.jpg
AMD,40nmプロセスで製造される初のGPU,「ATI Radeon HD 4770」発表。1万円台前半で約1TFLOPSを実現
http://www.4gamer.net/games/089/G008959/20090425004/

 ベースアーキテクチャはRADEON HD4800シリーズですが、内部ロジックをリファインしてシェーダを640基に減らして、動作クロックを750MHzに引き上げて性能を稼ぐ設計になっています。

 日本での販売想定価格は1万4000円前後なので、メインストリームクラスのGPUですが、性能換算で行くと約1TFLOPS(960GFLOPS)ですから、ほぼ1年前のハイエンドのRADEON HD4800シリーズと同等の性能です。

 ATIは先にRADEON HD4890を発表していますし、2009年はDirectX10.1世代のRADEON HD4xxx系で乗りきる感じなんでしょうかね。

 なお、ATIのプロダクトマネージャは「DirectX11世代GPUについては第三四半期にアナウンスしたい」と言っていました。

 ものが出てくる可能性は高いとは言えませんが、Windows7に同調した株価対策的なアナウンスは本当にその時期にやってきそうですね.



オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

3Dマニア第60回 表面下散乱によるスキンシェーダ(4)~表面下散乱とスキンシェーダ(2)

 皮下散乱を擬似的に再現するのには、拡散反射の陰影結果をテクスチャ座標系でブラーを掛けるのが常套手段とされますが、これだけでは蝋人形みたいだということで、NVIDIAはブラー径を変えてぼかし具合の違う複数の結果を、透明度を変えて合成する手法を考案しました。

3dm60_002l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第60回
表面下散乱によるスキンシェーダ(4)~表面下散乱とスキンシェーダ(2)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/060/index.html

 人間の皮膚は脂質層、表皮層、真皮層の三層からなりますが、NVIDIAのこの手法は、各層における皮下散乱を模擬的に再現していることになるんだそうです。

 ゲームのリアルタイムシーンには重すぎるオーバーキルな処理ですが、リアルタイムレンダリングによるカットシーン(ムービーシーン)のキャラクタのアップカットとかには案外、現行機でも行けそうな気がしますね。

 詳細は記事を参照して欲しいですが、上の写真は左が単相モデル、右が三層モデルです。

 いちおう、右の方がリアルでしょ?...という論旨なのですが、どっちでもいいよ! とかいう意見もありそうですよね(笑)



オンライン仕事 > マイコミ | comments (2) | trackbacks (0)

草彅事件はクレヨンしんちゃんの呪いである

 今回の草彅剛全裸事件で、公開予定だった草彅剛主演の映画「BALLAD 名もなき恋のうた」の公開が危機にさらされているが、これがクレヨンしんちゃんの呪いだという説が浮上してきている。

 この「BALLAD 名もなき恋のうた」という映画は、知っている人も多いと思うが、実はクレヨンしんちゃんのアニメ映画「クレヨンしんちゃん,嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写リメイク版なのだ。

 でもって、オフィシャルサイトにこんな記述があるのだ。
http://www.ballad-movie.jp/intro.html

clayonsin.jpg

clayonsin2.jpg

お尻も出しません!

でも草彅君は映画公開前にお尻出しちゃいました!

これが呪いでなければ一体何なのか。

え? うん。そうです。ただのこじつけです



映画 | comments (0) | trackbacks (0)

PSP2かあ…。

PSP2の情報が漏れ聞こえてくるなー。

関係者をそれとなく突くとごにょごにょしてるし、忠誠度の低い海外系サードパーティにも話が行ったからこそ、ここまで各方面から聞こえてくるということだろうし。

ま。今年のE3では何らかの発表があるんでしょうね

有機ELディスプレイ採用でタッチスクリーン採用で加速度センサーも搭載? UMD廃止?

GPUはiPhoneと同じPowerVR系?

ふうむ...

まぁ、ソニー(SCE)としては本当はPS3にテコ入れしたいところだけど、盛り上がりは断然PSPの方にあるんで自然な流れと言えば自然なのかな。

うちのPSPはメディアプレイヤーとしては大活躍だが、ゲームはずっとも「じぴったん」が刺さったままだ(笑)

ちなみにPSP-3000の最安値ってここ?



ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)

雨宮の足、買いました

 某日、スーパーオートバックス戸田のRE雨宮イベントに行きました。

 RE雨宮っていうのは、RX-7チューニングの老舗というか総本山みたいなチューニングショップです。
 イニシャルDという漫画がありますが、あの漫画に出てくる主人公のライバル役の高橋啓介は、RE雨宮チューンが施されたRX-7に乗っているのは、セブン乗りの間ではちょっと有名な話(笑)
 RE雨宮自身もシャレで、漫画に登場する高橋啓介仕様のレプリカ車を制作して420万円(車両状態とチューニング状態からするとお買い得だった)で販売したことがあります。

 これ↓
taka_176873955_215.jpg

 あれは誰が買ったのかなぁ。問い合わせ殺到だったと聞くけど。


 さてさて。
 うちのセブンは、最近はそうでもないですが、昔のハードな走り方が経年を早めたのか、サスペンションが抜けてしまいまして(抜けていても車検は通るし、乗り心地が悪いだけですが)、サスペンションの買い換えを半年くらい前から画策していたのです。
(ちなみにそれまで使っていたのはアペックスのN1 DAMPER for Circuitです)

 今回はイベントで332,700円のDG-5・RE雨宮スペックがスタビブリッジバーとセットで278000円とお買い得で、決めてしまいました。

 リアのブッシュも経年でガタが来始めていたので、RE雨宮の純正ロワリンク用ピロボールも一緒に購入。

 もうちょっと負けて下さい攻撃で、DG-5、スタビブリッジバー、ピロボール、工賃+アライメント調整付きで327,000円でした。けっこういいでしょ?

 ただ、まぁ、ボクの2009年の贅沢はこれで終了です(笑)

 装着は追って後日行うことになりましたので、愛車に付いてからの乗り心地インプレッションはまたいずれ。

dg5.jpg

 雨宮サイトにも載りました。

http://www.re-amemiya.co.jp/bbs/の#13018

 サイトを見る感じだと、このイベントで、結構、DG-5が売れたようですね。

 あと、雨宮さんのスタッフが購入後、急にとても親切になって(ははは。でも、いいことだと思います)、GTレプリカのエアロを付けたセブンのデモカーを運転していいよ、ということでちょっと試乗させてもらいました。

rerace_090411_01.jpg

 手前のこれ。うへへ。たぶん400馬力以上出ているヤツです。

 クラッチのミートはうちのよりやりやすかったですし、エンジンもブン回しても静か。馬力が出ているから加速ピックアップも凄い。
 これにはクァンタムのサスが入っていたのですが、前後16kg/mm以上のバネとは思えない、いい感じでしたよ。
 そのあとRX-8の電子スロットルをいじってあるヤツも運転させてもらいました(奥にあるヤツ)。
 同乗走行はけっこうありますが、なかなか自らデモカーを運転する機会はないので、いい経験になりました。

 最後にスタッフの堀さんに愛車のセブンを運転してもらってインプレッションをしてもらいましたが、エンジンの調子もいいし、「足回り以外はOK」のお墨付きをもらいました。

 もう新車購入後7年目のロートル車ですが、まだ当分はセブン一本でいきます!



| comments (0) | trackbacks (0)

最近はもう曲作ってないです

質問を受けたので。

曲は最近は作っていませんね

Oh!X終了後のオリジナル曲はいくつかありますが、人に聞かせられるのは以下の3つくらいです。(MP3、音が鳴ります)

コミカルレースゲーム向けBGM「Can You Beat Me?」(SC88)

某コンテストで入選した曲のサンバアレンジバージョン。コミカルアクションゲーム向け「Along the Seashore」(SC88)
(もともとはアコギの曲だったが、モンスターレアーのクイーカとスティールドラムのユニゾンに感動してサンバにアレンジした)

某お蔵入りしたギャルゲー(笑)プロジェクトのオープニング曲として依頼された曲。ボーカルが入る予定だったのでメロディは仮入れ「未完のため曲名無し」(SC88)。

 もうこれ以来、曲は作ってないですね~。

 Oh!X終了後はサラリーマンになって寮に入ってしまったのもあって、それ以降はシンセに触れる機会も減っちゃいました。

 でも、まだ、MIDI音源とかシンセはとってあります。

 KORG M1,WAVESTATION A/D,U220,R8M,S330,M3R,SVC-350,あとマイナーな音源モジュールいくつか…、エフェクタ、ミキサ各種。
 売っても二束三文にしかならないので記念に積んであります(笑)
音楽 | comments (3) | trackbacks (0)

懐かしい。SION2プレイ映像

プレイ映像も上がっていましたね



懐かしいなぁ(笑)

どこかで書いたかもしれないですが、ゲーム中の爆発PCM音は味噌汁のお椀をマイクに被せてボクが「ちゅどーん」と口でしゃべったものを録音し、その後、エフェクタとか畳み込みを使ってあんな感じにしています。

手作り感満載(笑)

ボコーダーボイスは畳み込みを使ったか、もしかしたらローランドのSVC-350(アナログボコーダ)を使ったかと思いました。何いってんだかわかんないという意見がありましたが、まさにその通り、適当にしゃべってますんで雰囲気です(笑)

その他の効果音はFM音源ですが、効果音には2CHを割いていたと思います。
学校いきながら、1ヶ月足らずで曲を作って打ち込んで、サウンドエフェクトプログラム書いて効果音作って…ええ、あの頃のパワーはもうないですね。今は。ははは。



音楽 | comments (1) | trackbacks (0)

あの頃の善司。SION BGM集(笑)

友人から教えてもらいました。SION2のBGM集です。



懐かしいですね。
ボクがまだ「音楽の人」(笑)だった頃の曲達です。

この内蔵音源バージョンの楽曲は、1曲目のタイトル曲だけは高橋哲史(マイミク)さんの曲で、それ以外の曲は全部ボクの作曲で、打ち込みを進藤慶到くんがやってくれました。
(SC55版はボクが打ち込みまでやっています)

 SC55版はこちらです。



 SC55版はボス曲の打ち込みが間に合わず、フロッピーディスクのデュプリの締め切りが来て、SC55版ではボスシーンでは前ステージのSMART BOMBER2が鳴りっぱなしになりましたっけ(笑)
 隠れ曲のSION1のステージ1のSC55版の打ち込みとかやってたら間に合わなかったという(こっちも収録間に合わず)。
 まぁ、内蔵音源版がちゃんとしていればいいやということで、お咎めはほとんどなかったですけど、個人的には残念でしたね。

SION1も教えてもらいました。



SION1はZ-MUSICが登場する前の、シャープのOPMDRVに対してPCM音をYコマンドで鳴らすというIOCS書き換え型のOPMDドライバでの実装でした。
 だからFM音源はハードウェアモジュレーションだけでほとんど素で鳴らす必要があったので、変態的なエンベロープな音色に(あえて)していました。ドラムキットもボスコニアンのまんまですよね(笑)

 にしても、みんな、あの頃パワーあったよね
 ボクも確か大学院生で、突然、依頼されて2-3週間の間で作曲と打ち込みまでしなくちゃいけなくて…大変だったけど、楽しかった。通学電車の中でメロディとか考えてました(笑)

 今でも、Z-MUSICのこととか、覚えている人がいて、「あ、西川さん。Z-MUSICのひとですよね」といわれることがあって恥ずかしいです。

 いじめないでね。

 ちなみにサイトロンからボクのSION2の曲も含むX68000ゲームミュージックが収録されたCDも出ています。


GAME SOUND LEGEND SERIES
「LEGEND OF GAME MUSIC ~CONSUMER BOX~」
発売日 : 2006年03月24日
品 番 : SCDC-00497~00506
仕 様 : 9CD+1DVD
価 格 : ¥17,640 (税込) ¥16,800 (税抜)
※X68000楽曲については選曲監修をボクがやっていてコナミの「生中継68K」とかも入ってます!!
音楽 | comments (1) | trackbacks (0)