西川善司の大画面☆マニア第246回~20万円を切る4K/HDRプロジェクタ登場! BenQ「HT2550」のリアル4K的実力

 4Kテレビの世界では一部の例外モデルを除けば4Kといえばリアル4K解像度パネルを使った製品なのですが、プロジェクタの世界ではいまだ「リアル4K対疑似4K」の世界が広がっています。

 たとえば下は、リアル4KプロジェクタしかリリースしていないソニーのWebサイトに掲載されている「疑似4Kよりリアル4Kの方がいいぞ」アピール図解です。

y_vw245_native4k.jpg

 疑似4Kを主軸に展開しているのはJVC KENWOODやエプソンです。
 下はJVC KENWOODのWebサイトに掲載されている疑似4Kの図解です。

e-shift_technology.jpg

 疑似4Kは映像パネルを強誘電液晶などを活用して半画素分斜めにずらした映像を時分割重ねで投写することで解像感の増強を図ります。

 で、今回評価したBENQのHT2550は、なんと「半画素ずらし」じゃなくて「全画素ずらし」を行って「疑似なのにリアル」な投写を行う4Kプロジェクタなのでした。

ht2550b01_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第246回
20万円を切る4K/HDRプロジェクタ登場! BenQ「HT2550」のリアル4K的実力

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1110142.html

 「疑似なのにリアル4K」な投写メカニズムはとても興味深いものでした。

 これは確かにDLPでしか実現が難しそうな技術です。

 あくまで今回の評価から考察したメカニズムですが、どうやら「1画素を3方向にずらして投写する」のですが、時分割カラーのDLPではずらして投写した画素にまでフルカラー表示ができないためか、フルカラー投写される画素は1ピクセルのみで、あとの3画素は二色混合の誤差拡散的な描画で妥協するようなのです。

 以下はその様子を1000倍スローで撮影してみた動画です。



 面白いですよね。

 HT2550次隊は、まだちょっと荒削りな印象がありますが、BENQとTIはこの技術で4K/HDRプロジェクタ入門機の展開に力を入れていくらしいので、今後にも期待です。

 また、BENQは、このモデルについても、実勢価格の低価格化を進めていくらしいので、10万円台半ばくらいまでは比較的短期間で到達しそうです。

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (1) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第245回~ついに我が家も大画面4K/HDR。VPL-VW745を買った&17:9スクリーンも導入

 今回の大画面☆マニアはVPL-VW745の活用応用編です。

 「VPL-VW745の設置の際に気を付けるべきことは?」
 「16:9ではなく17:9のスクリーンを選択する意味とは?」

などをまとめています。

 3840×2160ピクセル解像度ではなく、4096×2160ピクセル解像度を採用した4Kプロジェクタ製品に向けた17:9スクリーンが最近続々でてきていますが、これをどう活用するかの指南は、これから4Kプロジェクタを導入しようとする人には参考になるのではないかと思います。

 記事では「中古のVPL-HW50や旧型のスクリーンはいくらで買い取って貰えるのか?」みたいなことにも触れています(笑)


西川善司の大画面☆マニア第245回
ついに我が家も大画面4K/HDR。VPL-VW745を買った&17:9スクリーンも導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1106512.html

 最近のスマートスピーカーブームに乗っかって、今回のホームシアター構成を「Alexa ホームシアター付けて/消して」に対応させてみました。

 それが上の動画です。

 来客時にどや顔でデモする際に使っています(笑)

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (1) | trackbacks (0)

4K/HDRプロジェクタ導入で直面した18Gbps伝送問題。光ファイバーHDMIを検証

 4K/HDR/60p時代に突入し、18Gbps HDMI伝送が比較的身近になってきた今、問題となりつつあるのが「長尺ケーブルで映像が映らない」「あるいは点滅する」といった現象です。「うちはフルHDなんで」というひとも、もし3D映像を見ていて画面が鑑賞中に一時的に消えたりしたら、既にHDMIケーブルがその伝送する信号帯域に対応しきれていない可能性があります。

 今回書いたこの記事は、大画面☆マニアではないのですが、けっこう大画面ファンには重大なテーマで、リアル4Kプロジェクタを導入したボクもついに、今年、この問題に直面することになりました。

 これを解決するために、導入したのが光ファイバーHDMIケーブルです。

adt04_o.jpg
4K/HDRプロジェクタ導入で直面した18Gbps伝送問題。光ファイバーHDMIを検証
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/minireview/1103387.html

 詳細は記事をご覧頂きたいですが、ちゃんと使える一方で、AVアンプ側にある程度のフェイルセーフ的な機能があるとさらに安心して使えます。

 ボクが購入したのはエーディテクノ社製です。



 実は、Amazonなどを検索すると他にも光ファイバーHDMIケーブルはいろいろと出ていることがわかります。10.2Gbps対応までの製品があるので注意が必要ですが、ボクが調べて見た感じでは、下記のものが18Gbps対応を謳っているようです。



 こうした製品達が、今回の記事で取り扱ったエーディテクノ製と同等性能かどうかは保証しませんが、試してみる価値はあると思います。

 Amazonだと返品の制度もありますしね。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

なんだこれは!? パナソニックが提案する2025年のAR/MRライブが凄い

 今年のCES2018で、一番謎めいた展示だったのがパナソニックブースの未来シアター展示でした。

 非常にお金をかけたコンテンツなのですが、アーティスティックすぎてとても謎めいていたのです。

nazo_pana05_o.jpg
なんだこれは!? パナソニックが提案する2025年のAR/MRライブが凄い
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1101309.html

 音楽や映像も素晴らしいのですが、パナソニックの何を示しているのかが全く分からず、来場者はほぼ全員置いてけぼりだったので、「一体どういう展示なのか」について話も聞いています。

 来年の展示で、今回のブースで意味深に広げられた風呂敷「ロボとピーターの恋物語」は完結するのかが気になります。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第244回~4K、5K、21:9。PCディスプレイにもHDRの波。NVIDIAが65型大画面を提案

 最近、HDR対応の波はパソコン用のディスプレイ機器にも波及してきていますが、DisplayPortなどを統括するVESAが、新しいHDR規格を提唱しました。

 と言っても、映像フォーマットを提唱したのではなく、「そのディスプレイ機器のHDR表示性能」の目安みたいな「グレード規格」です。

 HDR400、HDR600、HDR1000という3規格が提唱され、数字が大きいほど高品質になっています。そのあたりのことをまとめたのがこちらです。

hdr600_z0169_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第244回
4K、5K、21:9。PCディスプレイにもHDRの波。NVIDIAが65型大画面を提案

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1101944.html

 この他、LGのパソコン向けディスプレイの新製品ラインナップ、そしてNVIDIAの65インチ大画面のSHIELD搭載ゲーミングディスプレイなどの話題を取り扱っています。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第243回~善司、ラスベガスで騙される。LGのレーザー4Kは30万円台? VIVE PROも体験

 CES2018編もついに終盤です。

 この回では、お買い得感あるLGの4Kレーザー光源DLPプロジェクター、新型HTC VIVEの2018年モデル、そして、何やら怪しい「人体冷凍保存」企業のブースレポートです。

 最後のは大画面関係ないじゃないか、って話ですが。

 下の動画はHTC VIVEの体験コーナーの映像ですが、よく観察してください。
 何やら様子のおかしい男が映っているので!!


西川善司の大画面☆マニア第243回
善司、ラスベガスで騙される。LGのレーザー4Kは30万円台? VIVE PROも体験

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1101884.html

 ちなみにこの記事の見出しの「善司、騙される」などは担当編集者が面白がって付けたものですが、なかなかよい「引き」になったようで、こういうタイプのコラムの割にはけっこう読まれました。

 基本記事の見出しは、著者が原案を出して編集者がそれを参考にしつつ適当に決めています。

 今回の見出しは、編集さんがなかなかいい味を出していたと思います。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

2018年のLGはAIテレビに注力。新プロセッサ「α9」で高画質化される有機ELテレビ

 韓国勢に限ったことではないですが、2018年は、「みんな大好き元年表現」に倣うならば「AI家電元年」ということができるかもしれません。

 韓国二大家電メーカーのサムスンとLGは、共に、それぞれが発売するあらゆる家電をそれぞれのAIプラットフォームで連携できる戦略を発表しました。

 まあ、最近流行のスマートスピーカーが提供するようなシナジー効果を冷蔵庫や洗濯機にまで拡大していくような話ですね。

 下のレポートは、ボクが書いたCES2018の記事としては最初のものになります。

alpha9_lg15_o.jpg
2018年のLGはAIテレビに注力。新プロセッサ「α9」で高画質化される有機ELテレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1100153.html

 それと、韓国勢が申し合わせたように発表したのが新世代映像エンジンです。

 話を聞く限り、ソニーや東芝の映像エンジンとアプローチがそっくりなのですが、最初はフォロワーであったとしても本気を出し始めると凄いメーカーなので、侮れないところはあります。

 そういえば関係者に聞いた話で、おもしろいのがありました。

 サムスン、LGは共に、同じ企業グループで、映像パネル開発部門とテレビ製品開発部門をもっていますが、互いに全く連携できていない、というのです。

 これって、日本企業でも全く同じことがありました。

 で、まぁ、これを改めていかないと…と頑張りはじめたようです。

 大企業の先端技術部門同士ってどこも仲良くできないもんなんですねぇ。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第242回~激しさを増す“サムスン 対 LG”。サムスンが「マイクロLEDテレビ」を'18年に投入!?

 毎年、恒例となっている「サムスン対LG」対決レポートを今年も。

 まぁ、日本の読者はそんなに関心は高くないだろうな、と思いつつも、北米というか世界的な家電製品の動向を見るにあたって、本流はもはや韓国勢という感じなので、一応レポートするようにしています。

 映像機器やその他の家電製品に関しても、この2社が世界シェアナンバーワンとツーですからね。

 ただ、ここに来て「変化の兆し」も見えてきています。

 近年、実はテレビ製品に関しては、エントリークラスは中国TCLが躍進していて、ハイエンドクラスに関してはソニーが奮闘を続けているのです。

DSC_02591_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第242回
激しさを増す“サムスン 対 LG”。サムスンが「マイクロLEDテレビ」を'18年に投入!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1101020.html

 知っている人も多いでしょうが、サムスンはテレビに関しては、有機ELをあきらめてしまいました。

 LGパネルを使ってサムスンが有機ELテレビを作ることはプライド的にあり得ないので、昨年からサムスンはまさかの「有機ELテレビは大したことない」キャンペーンを展開していました。さすがに同じキャンペーンを二年続けるわけにも行かず、今年、サムスンは液晶でも有機ELでもない「マイクロLED」テレビの発売を予告しています。

 これは2012年にソニーが試作機をCLEDISとして発表したことで話題になったアレと同じ方式です。

 たしかに有機ELパネルの次は「マイクロLED」という流れは有望視されているので技術的視点で見ると面白そうではあります。

 ただ、今年発売予定のヤツは146インチという画面サイズですし、安く見積もって数百万といったかんじですね。

 とにかく、安泰ではなくなりつつあるサムスンの「暴れ」(≒反撃?)に2018年は注目です。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第241回~8Kだけじゃない! ブラックアウト回避やeARC、あなたの知らないHDMI 2.1の世界

 CES2018では、HDMIのプレスカンファレンス、HDMIブースとVESA(DisplayPort)ブースが地味ながら見応えがありました。

 そうしたHDMI2.1の地味な新機能を紹介したのがこちらの記事ですが、「へー、これいいじゃん」と思える機能がけっこうあります。

FormatDataRatetable.jpg
西川善司の大画面☆マニア第241回~8Kだけじゃない! ブラックアウト回避やeARC、あなたの知らないHDMI 2.1の世界
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1100970.html

 あと、HDMI2.1のキーテクノロジーの1つである「DSC」についての実動デモを公開していたのもなかなか面白かったです。

 上の画像は、主要映像フォーマットの一覧表ですが、ご存じの方も多いように、HDMI2.1の伝送速度は48Gbpsに引き上げられますが、当初欲しかった帯域(144Gbps)に全然手が届いていません。なにしろ次世代映像規格は8K/120fpsまで定義しちゃいましたからね。

 で、どうするかというとHDMI2.1では「圧縮して送る」というアクロバットを導入することにしました。これがDSCと呼ばれる圧縮技術なのですが、なんと非可逆圧縮です。

 ついにHDMI2.1では「デジタル映像データをデジタル伝送しても劣化するフェーズに突入」するのです。

 どのくらい劣化するのかについても今回の記事でレポートしています。

 ちなみに上の画像の「Ultra#」と赤字で書かれたスピードモードにはDSCが強制介入します。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第239回~10,000nitの高輝度でも自然な色と階調。ソニー新映像エンジン「X1 Ultimate」の実力

 もっとも進んだ映像エンジンの1つが、ソニーの「X1」です。

 現行の「X1 Extreme」の後継として今回のCESで発表されたのは「X1 Ultimate」です。

 このあたりの定番のボケとして「X1 Turboではないです」とかみたいなのをやると、「Turboなんていう名前ダサい」みたいなことをいわれ「ボクがTurboという名前を予想して外した」みたいな批判を受けるんですね。

 もはや、「このTurboネタ」は8ビットパソコン時代を生きた世代にしか伝わらないネタとなってきたことに一抹のわびしさを感じます...。

x247_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第239回
10,000nitの高輝度でも自然な色と階調。ソニー新映像エンジン「X1 Ultimate」の実力

このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1100466.html

 いきなり話が本質からずれていますが(笑)、X1 Ultimateは、現行のX1 Extremeを「来たる8K時代」を見据えて開発したものらしいです。

 逆説的に考えると、2018年はソニーも8Kテレビを出すんでしょうか...。

 記事では、従来のX1 Extremeと何が違うのかを中心に解説しています。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)