西川善司の大画面☆マニア第231回~59,900円のDMM 50型4K液晶は値段以外もいろいろ凄い。HDMI 4K増強!?

 久々の大画面☆マニアでは、59,900円の50インチで4Kの液晶ディスプレイとして注目を集めているDMMのDME-4K50Dを取り上げました。



 うまくハマる映像は結構綺麗ですが、そこからずれると途端に荒削りな部分が顔を出します。

 使う側が、この製品を相当に理解した上で活用しないと評価が分かれてしまう製品かも知れません。

 60fps換算で、約1フレーム遅延程度で済んでいますし、ゲーム用途にもまずまず使えるかと思います。

d01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第231回
59,900円のDMM 50型4K液晶は値段以外もいろいろ凄い。HDMI 4K増強!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1045771.html

 本格的な映像鑑賞にはちょっとつらい色領域があるのが残念ですが、大きなPCモニターとしてつかうとか、プレゼンテーションなどを行ったり、その他の情報ディスプレイ的に活用するというのであれば問題ない製品かと思います。

 次期モデルがあるとすれば、色彩表現の見直しを行い、疑似でもいいのでHDR信号に対応してくれれば、評価は高まるかと思いますね。

 そうそう。Webサイトには「補間フレーム挿入対応倍速駆動搭載」とありますが、僕が評価した範囲では、この機能の働きは確認されませんでした。

yosoku.jpg

 もしかすると、補間フレーム挿入ではなくてオリジナルフレームの二度振り表示の誤記だと思うので、削除するか訂正した方がいいような気がします。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

CES2017レポートリンク集

今年もCESはAV WATCHにレポートを寄稿しています。

今年は大画面系、映像系のネタが豊富でした。

日本市場投入予定確実な日本メーカー勢の有機ELテレビの新発表もありましたし、プロジェクタのネタもたくさんありました。

二大韓国メーカーのLG対サムスンの「トム&ジェリー」的な戦いはCESの風物詩となっていて今年も面白かったですね。

それと、8K時代を迎えるにあたり、HDMI滅亡説が流れていた中でのまさかのHDMI2.1発表。ほとんどHDMIの皮を被った別モノですが、I/Fチップが仲を取り持つ形で表向きの互換を維持し、「19ピンのHDMI端子」という物理インフラの延命を図ります。

ただし、8KはYUV422以上はロッシー圧縮を噛まさないと伝送できません。というか、NHKが「もう8KはYUV420のビデオ信号だけでいいや」という妥協を見せてきた感じがなんとなく、今回の仕様から窺えますね。


lg28.jpg
LGが壁紙型有機ELテレビを披露。IPS液晶TVはNANO CELL技術でRGB LED並の広色域に
このエントリーをはてなブックマークに追加

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1037659.html


DSC_0301.jpg

パナソニック有機EL、高画質の秘密はプラズマ技術? 220度で6KのHMD

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1038014.html


dg12.jpg

「画面から音を出したかった」。新しい体験のためのソニー有機ELテレビ「A1E」

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1038097.html


h01.jpg

HDMI 2.1とは何か。8K/60Hzや動的HDRだけでない、次世代ディスプレイにもたらす変化

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1038124.html


s1377.jpg
これは欲しい! ソニーの新超短焦点4Kプロジェクタ「VZ1000ES」の新高画質体験
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1038505.html



HMDいらずのVR体験!「PROJECT ARIANA」、壁の“模様消し”などプロジェクタ新提案
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1038503.html


d0639.jpg
OLED vs QLED? LGとサムスンがCES 2017でも激突! PCディスプレイもHDRへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1038895.html

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

ついに4K化! 西川善司、人生3台目のビデオカメラにソニー「FDR-AX55」を選ぶ

 意外にも初めてするビデオカメラレビューです。

 といっても、スタイルが普通のレビューと違って、自分の仕事スタイルの解説、自分のビデオカメラ来歴から、なぜ「FDR-AX55」となったのか…を解説するようなコラム的レビューです。

fdr_ez01.jpg
ついに4K化! 西川善司、人生3台目のビデオカメラにソニー「FDR-AX55」を選ぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/review/minireview/1021665.html

 かなり個人的な方向性のレポートだったのですが、意外と好評だったようで、結構多く読まれたようです。

 まぁ、固定スタイルの単品レビューではない、ブログっぽいスタイルのレビューもたまにはいいのかも知れませんね

 なぜ、機能的にはほぼ同じ下位モデルの「FDR-AX40」ではなかったのか…についても記事の方で解説しています。

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第221回~プロジェクタも4K HDR時代。30万円台で4K対応のエプソン「EH-TW8300W」

西川善司の大画面☆マニア。
今回は久々のプロジェクタです。

dg01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第221回~プロジェクタも4K HDR時代。30万円台で4K対応のエプソン「EH-TW8300W」
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1016671.html

疑似4K表示対応、HDR表示対応で30万円台後半

4K能力はやや限定的ですが、フルHD機の上位モデルとして見れば悪くないかも。

遅延も約1フレームでプロジェクタとしては速いレベル

4K表示能力には過度な期待は禁物ですが、フルHDプロジェクタ「+α」機としては優秀かと思います。

なにしろ2500ルーメンはクラス最高レベルで、とにかく明るい。

リビング兼ホームシアターというおうちには特にお勧めです。


オンライン仕事 > AV WATCH | comments (2) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第218回:ブルーレイも4K/HDR時代。Ultra HD BDのHDR画質をREGZA Z20Xで検証

 ついに日本でも発売が開始された4KブルーレイことUHDブルーレイ。

 4Kテレビは昨年モデルからほとんどがHDR対応になりましたが、高価なUHDブルーレイ対応レコーダーがパナソニックからでているのみで、安価な
プレイヤーがいまだないため試聴環境は非常に限定的ですが、なんにせよ「始動」したことは喜ばしいことです。

dgm04.jpg
西川善司の大画面☆マニア第218回
ブルーレイも4K/HDR時代。Ultra HD BDのHDR画質をREGZA Z20Xで検証

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160513_756954.html

 今回は、アメリカで400ドルで発売されているサムスンのUHDブルーレイ・プレイヤーを用いて、UHDブルーレイを視聴するテストを行いました。

 意外と新発見も多く、感銘を受けた点、課題を感じた点などをまとめてみましたので参考にしてください。

 マイチェンPS4でUHDブルーレイ対応にならないかなぁ(笑) 
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第217回:超短焦点「LSPX-P1」に見る新たなプロジェクタの可能性

 昨年のCES2015で電撃的に発表され、今年のCES2016で製品版がお披露目になったソニーの超短焦点プロジェクタ「LSPX-P1」の製品レビューです。

 他誌では「新しいプロジェクタの活用法」という視点でのレビューが多いかと思いますが、大画面☆マニアではあえて、普通のプロジェクタとしても評価してみました。

dg_p16.jpg
西川善司の大画面☆マニア第217回
超短焦点「LSPX-P1」に見る新たなプロジェクタの可能性
壁やテーブルに大画面投写。“暗いが上質”な映像

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160219_743891.html

 非常に意欲的な製品で、これからの発展性に期待が持てます。

 100ルーメンの絶対輝度性能はどうしても暗いとしかいいようがないですが、暗室であればちゃんと見られます。

 リビングシアター用途は無理ですが、「生活に潤いを与える、家庭内モバイル情報ディスプレイ」としては良いと思います。

 シアター用途的プロジェクタとしての価値まで求めるのだとすると、輝度はもっと高い方がいいですし、現在のスマホがないと全機能が使えないところとか、ワイヤレスHDMIユニットがないと外部入力が出来ない点などを改善すべきかと思います。

 ただ、投射距離を気にしなくていいという使い勝手はこれまでとは違う層のユーザーを開拓していけるはずです。

 今後にも期待していきたいですね。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のCES 2016レポート集(3)

 今年のCESはVRに関連する展示が盛り上がっていました。
 この記事では、そうしたVRに関連した動向をまとめています。
 なんといってもたくさんあったのは360°全天全周撮影カメラの新製品群です。
 そのあたりも取材出来た範囲で紹介しています。
 あと、実際にVRコンテンツを体験しての所感レポートや、へんてこなVR周辺機器(?)の突撃体験レポートも実践しています。


西川善司の大画面☆マニア第215回
CES会場に溢れるVR HMD/360度カメラを一挙紹介! SFからヒマラヤまでコンテンツも体験

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160115_739075.html


 4KがHDMI2.0aで一段落したかと思えば、はやいもので業界はもう8Kをどうするかの議論に入っています。
 やっかいなのは4Kの時と違って、8Kでは色々な技術要素が未完成、未確定のまま「8KへGo!」と見切り発車されているところです。
 この記事では、いまだ詳細が決まっていない「8K映像をどう伝送するか」という話題を取り扱っています。
 本命は「光伝送」だと言われていますがはたして…。
 ちなみに、今の光伝送技術は段違いに高速になっています。
 1990年代に慣れ親しんだ、あのS/PDIF式の光ケーブルによるオーディオ伝送とは、別次元の速さになっています。

dg05.jpg
西川善司の大画面☆マニア第216回
8K映像は1本のケーブルで送れるのか? 8K伝送を取り巻く最新動向

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160118_739175.html
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のCES 2016レポート集(2)

 近年のCESでは、家電関連では、北米シェアナンバーワンのLGとサムスンの存在感が凄いですね。
 コンベンションセンターの一番目立つところの看板は両社が抑えていますし、セントラルホールのコンコース内の一番目立つ出入り口も両社の看板で彩られ、あたかもLGブース専用入口、サムスンブース専用入り口の様相を呈しています。
 ただ、この韓国二大メーカーは互いに仲が悪いのが有名で、毎年のように面白いエピソードを作ってくれます。この記事では今年起こった面白事件についてもレポートしています。まさに「トムアンドジェリー」のような2社です。


【CES】西川善司の大画面☆マニア第213回
16:9から21:9に変形する液晶TVなど、サムスン/LGブースをチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160109_738360.html


 AMDブースは、想像していたものよりも随分と内容が濃かったです。
 HDMI対応のFreeSyncがあったり、HDMI1.4でハイダイナミックレンジ出力に対応させるデモを実践していたり。
 SCEは「PS4のHDR対応」についてモチベーションが高いのですが、なるほど、4Kでなくてよいのであれば技術的にはフルHDでHDR出力ができるからなのですねぇ。

DSC_1050.jpg
AMD、RadeonでHDMI 1.4ベースのHDR出力が可能に。PCゲームでもHDR表示へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160111_738399.html


 大画面☆マニアのCES2016プロジェクタ編です。
 例年よりはプロジェクタネタが集まりました。
 TIはやっと1インチ未満のDMDチップを出してきたので、今年は4Kホームシアタープロジェクターの新製品が色々と出てくるはずです。まぁ、大分後発になってしまいましたが。
 それと、業務用になりますが、キヤノンのLCOSプロジェクタの新製品の映像がきれいでした。ホームシアター機も出せばいいのになぁと思いました。
 CEREVOのロボットプロジェクタも紹介しています。

dg03.jpg
西川善司の大画面☆マニア第214回
DLPも4Kに。キヤノンの8K展示やロボなどプロジェクタ新時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160114_738740.html
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のCES 2016レポート集(1)

 今年もラスベガスの家電ショウ「CES 2016」に行ってまいりました。

 最初に書いたのは早朝8時から開催されたLGのプレスカンファレンスのレポートです。

 アメリカでは、LG SIGNATUREというプレミアムブランドを展開するという戦略表明がメインの発表会でした。

lg11.jpg
LG、4K/HDR有機ELテレビなどプレミアムブランド「LG SIGNATURE」。8K液晶も
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160106_737703.html


 続いてレポートしたのはソニーの超高精細LEDバックライト技術の「Backlight Master Drive」(BMD)についてです。

 簡単に言えば液晶パネルを極限まで自発光映像パネルに近づけるための技術です。

dg102.jpg
【CES】西川善司の大画面☆マニア第211回
液晶が自発光に見える? ソニーBMDの脅威の高画質
有機ELに肉薄? 薄型でHDRの新技術も

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160108_738075.html


 続いて、大画面☆マニア的パナソニックブースレポートです。
 2014年に有機ELパネルの自社開発を断念したパナソニックですが、今年、LGの有機ELパネルを使って、VIERAブランドとして有機ELテレビを発売するようです。
 この他、パナソニック独自のレーザーバックライト技術のデモも見てきました。

DSC_9615.jpg
【CES】西川善司の大画面☆マニア第212回
8Kレーザーバックライト液晶/湾曲有機ELの実力は!?
UHD BDと新HDR+4K TVを体感。新型NSXにも試乗

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20160109_738314.html
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第209回~液晶を忘れる映像体験。一新の4K画質「REGZA 58Z20X」

 久々の大画面☆マニアは、4Kレグザの最新モデル「Z20X」を取り上げました。

dg01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第209回
液晶を忘れる映像体験。一新の4K画質「REGZA 58Z20X」
地デジ画質に感動。1080/120Hz対応でゲーム対応も進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20151204_732748.html

 詳細は記事を参照して欲しいですが、個人的に注目ポイントをまとめるとこんな感じです。

(1)映像エンジンが刷新。
→これまで品質面で難があった倍速駆動用の補間フレーム生成の品質が向上。やっと常用レベルになった

(2)直下型バックライトの駆動方法にアナログ技術を導入。
→これまでPWM式であったために暗く光らせることが苦手だったが、これが改善。
おそらく他社製を含めて、もっとも暗部階調が優秀なバックライト制御になった

(3)1080p/120HzのHDMI入力が可能に。
→PCゲームなどでフルHD解像度の120fpsの表示が可能となる。
ゲーム専用モニター的な活用が可能に。

 これらの機能は、レグザでもZ20Xの専用機能になっています。
 今後の展開も楽しみです。
 個人的にはモニター的に活用できる40インチ台のモデルも欲しいですねぇ。

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (2) | trackbacks (0)