西川善司の大画面☆マニア第102回:超解像技術とはなにか?

 福山雅治が「世界初、超解像技術搭載。東芝レグザ」と涙を流して叫んでますが、今回の大画面☆マニアでは、この一昔前のギャル語みたいな"超"の付くキーワードについて解説しました。

 なんでも、商品に与えるキャッチコピーにおいて、不毛な競争を割ける目的と紳士協定的な側面から「超」を付けるのはやってはならないそうなのですが、「超解像」技術については、もともと、東芝が考えたものではなく、学会で用いられている立派な技術用語なので用いたのだそうです。

 そう、「超解像」は女子校生が考えた言葉ではないんですね。

 「超解像」は「超だりぃ」とは異質だというわけです。

daigamen_スライド19.jpg
西川善司の大画面☆マニア第102回:超解像技術とはなにか?
~ 各社が取り組む新映像技術を解説 ~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081030/dg102.htm

 最近、光ディスク関係では散々だった東芝も、液晶テレビのレグザは好調だと言うこともあってか、超解像技術に関しての取材は二つ返事でOKされ、研究所の方と超解像LSI開発の方までを呼んでくれました。

 詳しくは記事の方を参照して欲しいのですが、かいつまんでいうと、超解像技術とは単なる解像度変換ではなく、一画素に落ち込んでしまった、より高い解像度の映像情報を、解析して甦らせる技術ということになります。
 その復元方法に各社の工夫があるんですね。

 下は東芝の超解像技術の実際の比較写真です。実機からの撮影になります。

超解像 OFF
resolution+_off.jpg

超解像ON
resolution+_on.jpg

 記事でも触れていますが、この様子だと、日立も近いうちにWoooに超解像技術を搭載してくるでしょうね。ソニーBRAVIA、パナソニックVIERA、シャープAQUOSも、そのうち、やってくるはずです。

 そうそう、現在、評価用に、超解像搭載の最新REGZAを借りているのですが、昔のゲーム映像に対して効かせても、結構面白かったです。
 ディテールが鮮明になり情報量がちょっと上がったような映像になります。wiiやPS2以前の世代の非ハイビジョンゲーム機と超解像を組み合わせるのも面白い活用といえるかもしれません.



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

RX-7でカーナビ広告企画やりました

 インプレスが車のニュースサイト「CarWatch」をスタートさせたことは知られていますかね。
 あのPC Watch,Game Watch,AV Watchでお馴染みのWatchシリーズに車のニュースサイトがスタートしたのです。是非見て上げてください

 んでもって、その広告企画としてパナソニックのカーナビ「Strada CN-HW830D」の評価をさせてもらいました。

stradatop04.jpg
もはやミドルクラスを超越した高性能 ワイドVGAモニターで "ナビ" も "AV" も新次元へ Strada CN-HW830D
http://ad.impress.co.jp/special/strada0810/

 今回の評価で特筆すべきなのは、量産モデルを借り、実際に自分の愛車に搭載して評価できたことです。
stradapict001.jpg
 自分の愛車にはもともと某社の2001年のHDDカーナビ(ただし、地図データは2006年に更新)が搭載されていたので、これを取り外し、実際に換装しています。

 もともと使っていた2001年型の自前カーナビは当時としてはハイエンドモデルでした。そして今回評価したCN-HW830Dはミドルクラスです。

 しかし、ハイエンド機とはいっても7年前。ミドルクラスとはいえ、機能的には遙かに今のCN-HW830Dの方が上でした。

 まず、グラフィックスが美しくなっていて液晶の解像度も上がっていてとにかく地図が見やすくなっています。

 そしてテレビの画質が良くて感銘を受けました。
 搭載されている2基の地デジチューナーのそれぞれが受信したデータの整合性をとって高品位放送受信する2×2チューナーシステムになっていて、テレビの受像画像がとにかく綺麗なんです。電波状態によってフルセグとワンセグで画質は変わりますが、ワンセグ画質でも自前の旧ナビよりも各段に受像は安定しているので不満がないです。

 あとCDを録音してハードディスク側にミュージックライブラリを構築するHDD MUSIC機能が搭載されているのはもちろん、嬉しかったのが、SDカードにコピーしたMP3,WMAをCD-HW830D側にコピーできる点。つまり、パソコンで構築した音楽ライブラリをカーナビ側にそっくりクローニングできるんですよ。
 iPod連携機能も搭載されていますが、PC派の自分としては個人的にはiPod連携よりも進んだ音楽機能と感じました。

 速度自動取り締まり機(オービス)のデータは「ORBIS DATA for Pana-Navi」などのユーザーコミュニティで無料提供されており、オービス対策もバッチリなようです(こちらは諸事情でさすがに未評価です)。

 CN-HW830Dはミドルクラスなので音声リモコンには対応していませんが、画面を触って操作できるタッチパネル式なので、操作性はよい方だと思います。

stradapict00.jpg 結局、あーだ、こーだと触っているうちに、説明書片手に、埼玉県さいたま市から群馬県の榛名山まで行ってしまいました。わはは

 ちなみに、カーナビの本質機能は上位のハイエンドモデルである「Strada Fクラス」のCN-HW1000D/CN-HX1000Dと同等だそうで、Fクラスとの格差はオーディオ回りの機能に集中しているとのこと。つまり、カーナビの機能をメインに考えている人にはCN-HW830Dは丁度良いモデルで、おあつらえ向きといえます。

 せっかく使い慣れてきたのに、もうそろそろ取り外して返さなければならないのが悲しいです....



オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

勘違い日本ゲームファンに送る

 最近はちょっと消極的でしたが、ボクの研究しているテーマに「勘違い日本」というのがあります。

 研究していると言っても積極的に見つけてただ笑っているだけなのですけど。

 最近は日本の正しい情報が伝わっているせいか、大きく外した物が少なくなってきたのですが、それでも数年に一回楽しい物が出てきます。

 EAから発売される「COMMAND&CONQUER RED ALERT3」はまさしく「勘違い日本」界の久しぶりの巨人です。

 COMMAND&CONQUERといえば16ビットパソコン時代からある、アメリカのリアルタイム・ストラテジー・ゲームの古典シリーズで、日本で言えば「大戦略」シリーズに相当するような作品です。

 時代設定は結構コロコロと変わり、作品によってSFだったり現代戦だったりするんですけど、今回はかなりはっちゃけた設定になっています。

 なんとソ連が開発したタイムマシンによりアインシュタインが殺され、第二次世界大戦の結果が変わり、ゲーム世界としてソ連と日本が力を付けてしまった架空の未来世界が描かれます。

 で、日本軍はオタク文化と軍事文明が融合したぶっ飛んだ文明観の兵器が目白押しで、これに加えて、アメリカ人の大好きな漢字テクスチャをいっぱい貼り付けた楽しいビジュアルになっています。

 主力兵器となるロボット兵器はガンダムとマクロスとトランスフォーマーを掛け合わせたみたいなやつらになっていますし
RA3_Tengu2.jpgRA3_KingOni1.jpg
   
 そして、戦艦にいたっては、最近何かと攻撃的な松本零士が怒り出すに必要十分なデザインです。

RA3_Shogun2.jpg

 今年のE3ではちょっとしたインタビューをこの作品の開発スタッフにしたのですが、そのときも「僕たちチームの中には日本のアニメや漫画がすきな奴らが一杯いて軍事ユニットとしてアレも出したいコレも出したいと話題に尽きなかったよ」ととても楽しそうに語っていました。基本的に多くのユニットに元ネタがあると考えて良さそうです。

 ただ、歩兵ユニットについては日本のアニメ文化へのオマージュとか、そういうのは完全になくて、純潔なアメリカン色の強い「勘違い日本」の味わいが色濃くでています。

 まさに、正統派の「勘違い日本」という風情です。

 たとえば、一騎当千の歩兵ユニットですが、ツインテールの女子高生のカッコをしています。

yuriko.jpg

 開発スタッフは「彼女はキル・ビルのゴーゴーをモチーフにしてエスパーにした」と言っていました。
 キル・ビルがすでに「勘違い日本」ジャンルなので、これを元ネタにしたということはいわば勘違い日本の二段活用となり、もう"日本"が取れて、すでにただの「勘違い」の領域に片足が踏み入っています。

RA3_RocketAngel1.jpg
 空飛ぶ機動歩兵のロケットエンジェルなんかは、日の丸と兜(カブト)の角だけが日本のアイデンティティで、あとは何が何だか分かりません。

もし、ガッチャマンがぐれて千葉辺りで暴走族を始めたらこんな感じですかね

RA3_Shinobi2.jpg
 日本といえば忍者なわけですが、こんな忍者は、JRの改札を通る前に取り押さえられるでしょう。

 ユニット名は「SHINOBI」ですが、これほど「名は体を表す」の意味からかけ離れたデザインも凄いです。
 吐血して胸と両手首を怪我して流血している通り魔っていう風貌ですよね。
 いや、ほんと、褒め言葉として、わくわくするデザインです。

RA3_Tankbuster2.jpg
 「日本といったら笠をかぶった歩兵だろ、ジョニー」
…という感じで、安直に戦国時代の足軽兵を未来化してしまったかんじなのが、こちら。

 銃器のパワーパイプが笠のてっぺんに接続されているデザインが涙を誘います。機能美を追求してこうなったのだとしたら、グッドデザイン賞をあげたいです。
 しかし、こんなのが攻め入ってきたら、敵も「近所でおめでたいことがあったのかな」くらいにしか思わないでしょう。

 「勘違い日本」デザインとしてはこの上なく100点満点に近い秀逸なデザインだと思います。

 と、まぁ、そういうわけで、かなり楽しそうなゲームです。
 ここで紹介したユニットの実際のゲーム中でのグラフィックスはここで見られますので、興味がある人は是非ご覧ください。

 あと、日本語マニュアル付き英語版が今週、10月27日に発売されますので、是非買ってプレイしてみてください。

 さらに、おまけですが、「勘違い日本」ゲームについて高い網羅性を持って紹介しているサイト「Jap In the Box」は、かなりおもしろいのでこの手のテーマにビビっと来ちゃった人はそちらも行ってみてください。最近は更新が止まっているのが残念ですけどねぇ。




ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)

3Dマニア第36回 ジオメトリシェーダ(7)~ジオメトリシェーダを活用した新表現(3)

 カプコンのPC版「ロストプラネット」のDirectX10パッチから有効とされた、ジオメトリシェーダを活用したライン生成によるモーションブラーのお話を取り上げています。

3d36009l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第36回
ジオメトリシェーダ(7)~ジオメトリシェーダを活用した新表現(3)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/036/index.html

 カプコンのMTフレームワークチームは、最初、DirectX10/GeForce8000系のジオメトリシェーダを活用して何かをやろうとして、色々と実験をしたらしいのですが、期待よりもジオメトリシェーダのパフォーマンスが低くて、あまりたくさんの頂点数を増大させる処理は当時は向いていないと判断したそうです。

 そこで、何をするか、と考えたときに、それほど頂点を増大させずに、ビジュアル効果としてインパクトが大きいものとして、ラインベースのファー(毛皮)とラインベースのモーションブラーを思いついたのだとか。

 2.5Dモーションブラーでは、オブジェクトのポリゴンエッジの所でブラーが立ち消えている感じになってしまいますが、ジオメトリシェーダを使ったラインベースのモーションブラーでは、これが目立ちにくく躍動感のあるブラーが表現できています。
 記事中には、カプコン提供の両手法のスクリーンショットを比較提示しているので是非見てみてください.



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

バイオハザード・ディジェネレーション

 ゲームのバイオハザード4と来年発売の5を補間するストーリーが描かれているというフルCG映画の「バイオハザード・ディジェネレーション

10100636581.jpg

 先週から新宿ピカデリーなどで上映されているが、結構な大作なのに全国ロードショーじゃないのが不思議だったので、きっとブルーレイかDVDを出すんだろうなー、と思っていたら、どうやら本当にでるらしい

 ソニーピクチャーズが絡んでいるようなのでPS3での有料映像コンテンツとしての配信もあり得るのかな。

 まぁ、ボクとしては普通にブルーレイで出してくれるのが一番嬉しいんだけど。




映画 | comments (0) | trackbacks (0)

ネットブックについて

 各社から、いろいろとネットブックが出ているけど、自分的には絶対にインターネット端末として割り切っては使えずに、ミニノートPC的に使いたいと思ってしまうことは確実。

 なので、現行の各社から出ている製品にはあまり魅力を感じない。

 やはり、どうしてもPC的に活用してしまうはずなので、画面は1280×768ドットくらいは欲しい。ネットブックの画面は10インチで1024×600ドットのものが多いけど、LOOX-TなんかのB5ノートも10インチで1280×768ドットや1280×800ドットあたりだったので部材的にはあるはず。まぁ価格的に高くなるから価格重視のネットブックでは1280×768ドットパネルとかが使えないんだろうけども。

 光学ドライブが内蔵されていないことは別にいいけど、しかし今はどうしてもHD映像との遭遇率が高いので、HD映像の再生は普通に出来るGPUパワーは欲しいと思う。

 あとバッテリー。ネットブックってモバイル用途を謳っているのにバッテリー駆動時間は短い。そして大容量バッテリーの設定がない製品や、交換バッテリーの購入ができない製品も多い。やはり、オプションでバッテリーをラインナップして欲しい。それと、バッテリーが複数持てるのであれば、別にSSDじゃなくてHDDでも今は十分だと個人的には思う。

 まぁ、全然ネットブックじゃないけど、今、欲しいのはソニーのVAIO TYPE-Zかなぁ。



 画面解像度も申し分ないし、バッテリーについても充実しているし、GPUパワーもけっこう欲張り仕様。

 だけど、コイツ、価格が高すぎて、ちょっとおいそれと自分には買えない。

 なんというか、製品寿命として3年未満の今のパソコンに、あまり15万円以上のコストを支払う気になれないんだよな。

 ネットブック並の価格にしてくれとは絶対言わないから、VAIO Type Z的なスペックやコンセプトで、10万前後の製品がどこからかでないかなー。

 無理か(笑)



一般 | comments (3) | trackbacks (0)

世界初!オールキャップで飲み口付き!!

東名高速の某サービスエリアの入り口に、世界初!オールキャップで飲み口付き!!という大きい立て看板が。
081020_1702~0001.jpg

どれどれと覗いてみると
081020_1701~0001.jpg

調整中

立て看板の方、引っ込めておけばいいのに。

でも、結局、「世界初」のキーワードに弱くて、つい見に行ってしまったことに気づく自分。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

3Dマニア第35回 ジオメトリシェーダ(6)~ジオメトリシェーダを活用した新表現(2)

 ジオメトリシェーダの活用事例紹介というよりは、最近の3Dゲームグラフィックズでよく利用されているオブジェクト・モーション・ブラー(OMB)についての紹介をしました。

 個人的に、OMBを使ったタイトルで最もインパクトを受けたのはカプコンの「ロストプラネット」でした。

 爆発と爆風、破片が放射状にモーションブラーを発生させて飛び散る様が、当時は、なんとも新しい表現と感じたものです。

3d35_001l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第35回
ジオメトリシェーダ(6)~ジオメトリシェーダを活用した新表現(2)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/035/index.html

 OMB実現のキーポイントはベロシティマップの生成にあるわけですが、ただ、前フレームと現在フレームの移動情報から算出した速度値分布として生成しただけではブレのダイナミックさがもの足りません。

 各社&各エンジンでは、このベロシティマップの独自の加工処理(コネコネ)が独自の隠し味を盛り込んでいます。
 例えば、独CRYTEKのCRYSISでは、ベロシティマップをガウスボカシで速度方向にぼかすという大胆かつ、それでいて効果の高い方法を実装していました。

 ただ、あんまり糸を引くようなブラーは残像のように見えるし、ゲームも遊びにくくなるのでバランス調整が大変そうです.



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

値下げしました! 千昌夫

すかいらーくのレジ前の物販セクションにて

081011_1246~0001.jpg

値下げしました!! 全品 500円

残ったのが千昌夫

刻の涙を見たような気がした



一般 | comments (0) | trackbacks (0)

セレブな残飯処理

某ファミレスの駐車場に停めてあった営業車両のドア側面に釘付けに

081011_1243~0001.jpg

なんだ! セレブな残飯処理って!

セレブ081011_1243~0002.jpg

叶姉妹がやっているのか?
一般 | comments (0) | trackbacks (0)