レグザ×『LOST PLANET 3』クリエイター×開発者 対談|液晶テレビ|REGZA:東芝

 先週、カプコンから「ロストプラネット3」が発売されました。

 「DmC:デビルメイクライ」もそうでしたが、今作も、海外スタジオがUnrealEngine3を使って開発したものになります。

 「DmC:デビルメイクライ」はビジュアルテイストが一新されたことで賛否がありましたが、ゲーム自体はかなりよくできていました。

 今回の「ロストプラネット3」も同様で、かなり従来作とはテイストの異なる、ハードコアなSFアクションゲームになっています。


 テーマは原点回帰だそうで、時代設定も初代「ロストプラネット」よりも過去の時代に設定されています。

 当然、主人公はイ・ビョンホンではありません。

 しかし! 今回の主人公はかなりニコラス・ケイジに似ています(個人的感想)。

 ニコラス・ケイジを連想してプレイするとゲームの楽しさが倍増しそうです(個人的感想)

 なお、PS3版、Xbox360版にくわえ、テクスチャ等がハイレゾ化されたWindows版も同時発売になっています。



 さて、そんな中、このロストプラネット3とレグザZ8Xシリーズの発売を記念して東芝とカプコンがコラボレーションキャンペーンを行っています。

 DmCの時もそうでしたが、今回も、東芝とカプコンのコラボレーションにより、ロストプラネット3最適画質が発表されています。

 対応機種は、Z8Xシリーズの他、Z7シリーズ、J7シリーズです。

 この公認画質発表にあたり、東芝のエンジニアとカプコンのプロデューサによる対談が行われました。

 今回も、この対談の司会進行役を任されまして、やってまいりました。

regzalopla3.jpg
レグザ×『LOST PLANET 3』クリエイター×開発者 対談|液晶テレビ|REGZA:東芝
http://www.toshiba.co.jp/regza/join/game/lostplanet3/talk_1.html

 今回は、ゲームモードの開発秘話とか「4Kとゲーム」といった話題の他、カプコン側から東芝に対して機能提案があったり…と、いつもと違った展開になっていて興味深いですよ。

 ロストプラネット3のグラフィックスの画角の話などは、豆知識として知っておくと、ゲームプレイがさらに楽しくなるかも知れません。

taidanlp3.jpg
 ちなみに、この対談原稿はボクが書いたものではなく、当日の3人の対談を元にして別の女性ライターさんが書かれています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 東芝 | comments (0) | trackbacks (0)

〈レグザ〉×『DmC Devil May Cry』クリエイター×開発者 対談|液晶テレビ|REGZA:東芝

 先週、17日、「DmC:デビルメイクライ」が発売されましたね。
 自分も週末に第5章までプレイしてみましたが、これまでのシリーズよりもさらにアクション性が高められていて、ハードコアゲーマーにはたまらない内容となっていました。

 基本アクションは[A][B][X][Y]ボタンで出せるのですが、局面によっては左トリガ押し(エンジェル)、ないしは右トリガ押し(デビル)、ないしはトリガ押さず(ノーマル)を組み合わせてアクションを出す必要があり、多彩なキャラクターアクションを連続で出すことの面白さに重きを置いたゲームデザインになっています。

 地形の各所に隠されたシークレットは結構複雑なアクションを連続で紡いでいかないととれないものがあったりして、結構チャレンジングです。

 海外ではPC版も出ているようですね(下右端)



 アクション性の高いゲームだからこそ、表示遅延が重要になると言うことで、東芝レグザがDmCの公認テレビとなったようです。

 両社は、現在、このタイアップキャンペーンを実施しており、その企画の1つである「東芝の画質設計者×カプコンのDmC開発担当者の対談」の司会を担当させて頂きました。

 「ゲーム好き+画質マニア」と言うことでの抜擢かな(笑)

dmcregza.jpg
〈レグザ〉×『DmC Devil May Cry』クリエイター×開発者対談|液晶テレビ|REGZA:東芝
http://www.toshiba.co.jp/regza/join/game/dmc/talk_1.html

 今作DmCの開発を担当したのはカプコン自身ではなく、NINJA THEORY社。

 そう。PS3のローンチタイトルながらその完成度で名を馳せた「Heavenly Sword」の開発元として一躍有名になったイギリスのスタジオです。

 ゲーム冒頭で過去作のダンテの銀髪ヘアスタイルを間接的に「だせぇぜ!!」と罵ってみたりするシニック・スタイルはいかにも英国センスという感じですが、グラフィックステイストも液晶テレビ泣かせな独特な色あいで作られています。

regzasettei.jpg そこで、今回、東芝は、明暗のコントラストを正確に表現しつつ、赤とオレンジの色あいをリッチに見せるチューニング(設定)をレグザZ7,レグザJ7に公開しています。

 これでプレイするとDmCのグラフィックスが120%堪能できる…というわけですね。

 今作のゲームエンジンはカプコン内製のMTフレームワークではなく、EPIC GAMESのUnreal Engine3です。

 その意味でも、注目の作品と言えるかも知れません。

 この後、出てくるニコラス・ケイジ似の馬面マッチョが主人公の話題作「ロストプラネット3」も、米Spark Unlimited社の手でUnreal Engine3ベースで開発が進められていますよね。

 カプコンとしては、海外スタジオ制作のものはUnreal Engine3を推していくのかもしれません。

 ただ、カプコンは、MTフレームワークは2.0(バイオハザード6,ドラゴンズドグマ)で打ち止めとして、次世代エンジンの開発を進めていることをほのめかしていますので、内製プロジェクトはそちらにシフトしていく戦略なんでしょう。

 そっちはそっちで楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 東芝 | comments (0) | trackbacks (0)

『ドラゴンズドグマ』公認テレビ〈レグザ〉。圧倒的な映像美の魅力に迫る!

 先週発売されたばかりのカプコンの新作アクションRPG「ドラゴンズドグマ」は、東芝レグザを公認テレビとして選択したことはご存じでしょうか。

 今回、そのキャンペーンサイト向けのコンテンツがらみの仕事をやりました。

 具体的には、ドラゴンズドグマの開発チームと、レグザ開発チームの異業種対談の司会進行役です。

 ボクが原稿を書くと小難しい内容になると言うことで、下記の対談記事は、ボクではなく、対談に立ち会われた女性のライターさんが書かれています。

 ただ…対談自体は、普通に小難しい話になってしまいましたけどね(笑)

dd_intv.jpg
-〈レグザ〉× 『ドラゴンズドグマ』 スペシャルコラボ-
『ドラゴンズドグマ』公認テレビ〈レグザ〉。圧倒的な映像美の魅力に迫る!

http://www.toshiba.co.jp/regza/detail/game/dd_special.html

 こういうコラボサイトやキャンペーンを展開することからも分かるように、最近の東芝レグザシリーズは、ゲーム映像の表示にすごく力を注いでいますよね。

 東芝レグザのゲーム関連機能の開発には、ボクもアイディア出しの形で絡んでいる部分があるのでひいき目に見ている…といわれそうですが、実際問題として、ここ最近のレグザシリーズは、もっともゲームプレイに適したテレビ製品だといえると思います。

 モニター製品(ディスプレイ製品)になるとナナオや三菱などなど、このテーマに真剣に取り組んでいる競合他社は結構いるのですが、テレビ製品の分野になると、他のテレビメーカーは「ゲームなんて…」という目線になりがちで、あまりゲーム機を接続することや、ゲームプレイに気を配って貰えないんですよね。

dd_intv2.jpg

 特に機能差で顕著なのは、表示遅延にまつわる部分です。

 最近、業界最速は、表示遅延0.1フレーム(60Hz)を達成した三菱のRDT234WXになりましたが、今でもレグザZP2の0.2フレーム(60Hz)はテレビ製品としては最速です。

 現在でも、一部のメーカー製品では潜在的にパネル駆動部分で1フレーム遅延が強制発生している機種があって3フレーム以上遅れている機種はざらにありますし、「ゲーム」モードというモードが搭載されている機種でも「目に優しくするために輝度を落とし、映像を見やすくするために暗部階調を持ち上げた」だけの製品もあったります。

 レグザでは、ZP系以外の最速ではない他モデルでもゲームモード時の表示遅延の公称値を公開しているのも潔いと言えます。この辺りもゲームファンに一目置かれている理由になっているのかもしれませんね。

DSC_7013.JPG それと、実際にお話を伺っていて「へえ」と思ってしまったのは、低遅延以外の理由でも、カプコンのゲーム開発プロジェクトの多くで、開発上のリファレンステレビとしてレグザを用いているというエピソードです。

 この辺りについては、是非とも記事の方を参照してくださいませ。

 そういえば、最近は、東京ゲームショウのブースに設置される、試遊台やプレゼン用テレビモニターも、レグザが採用される傾向が強まっています。

 思い立って、ここ数年の東京ゲームショウの自分のブース取材写真を見直してみたのですが、今回、フィーチャーされたカプコンのブースは当然として(左の写真)、コナミ、スクウェアエニックスなんかもレグザを採用していたことがわかりました。

DSC_0714.JPG
スクウェアエニックスブース


DSC_0737.JPG
コナミブース


 開発側でもレグザを使っているというスタジオは、カプコン以外にも多いのかも知れません。

 さすがにソニー系スタジオはブラビアだとは思いますが…。
 任天堂社内はどうなんでしょう? やっぱりVIERAかな? だれかこっそりおしえて!



このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 東芝 | comments (0) | trackbacks (0)