勢い余って4Kを2画面導入。多画面マニアはついにフルHDディスプレイ15台分の解像度環境へ

 予告していた多画面環境導入期の詳細版の記事です。

IMG_6560.JPG
【(善)後不覚】勢い余って4Kを2画面導入。多画面マニアはついにフルHDディスプレイ15台分の解像度環境へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20141225139/

 AV WATCHの記事に対し興味深い意見を頂きました。

 1つは、4Kテレビ製品である東芝レグザ「40J9X」をモニタとして活用するのには無理があるのでは?…というものです。

 実は、40J9Xの場合は、映像エンジンによる画像処理を最低限にしたベースバンド映像をそのまま表示する「モニターモード」があるのです。

monitor_DSC_4897.JPG

 40J9Xの場合、直下型バックライトを採用しているため輝度均一性は、むしろ一般的なPCモニターよりも高品質なくらいです。

 そもそも4K解像度のPC向け液晶モニターで直下型LEDバックライトを採用している機種なんて殆ど無いですし…。



 そうそう。AV WATCHでの記事掲載後、40J9X購入について相談を受けるのですが、40J9Xの購入を考えている人は急いだ方が良いかも知れません。

 というのも、40J9Xは、もしかすると「40インチサイズ」「直下型バックライトシステム採用」「モニターモード搭載機」としては最初で最後になるかも知れないからです。東芝は後継機種としてJ10Xを発売しましたが、40インチモデルはラインナップから姿を消しています。

 40J9Xは、40インチの4Kテレビとしても使えますし、一部の店舗では14万円台にもなっていますし、コストパフォーマンス的にもお奨めです。

lg_calibration.png もう一つ、AV WATCHの記事掲載後、引き合いが強いのが、LGの31インチの「31MU97B」です。

 こちらは広色域IPS液晶採用モデルですが、バックライトはエッジ型です。

 しかし、プロユースにも耐えうる画質性能を実現するために、製造後、出荷前に一台一台、画質性能の公差調整を行っています。ちなみに、この写真は、ボクが導入した実機に付属してきた検査シートです。輝度均一性は全画面で誤差2%以内に収まっています。

 これはなかなか凄い拘りっぷりといえます。

 価格的にもプロ向け相当のIPS液晶パネル採用4Kモニターとしてはかなりコストパフォーマンスが優秀といえますので、こちらも4Kモニターとしてお奨めできます。



 あと、記事では、取り付けに際してどんなアームを使っていますか、という問い合わせにも答えています。

 詳細は記事の方を参考にして欲しいのですが、ボクはサンコー製のいわゆる格安品を使っています。



 強度について心配される人も多いようですが、今のところボクのところでは問題は出ていません。

 まぁ、心配な方も、価格も安いので、試しに導入してみるのはいいと思いますよ。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (3) | trackbacks (0)

モテない男を応援するブログに寄稿しました(笑)

 モテナイ系業界人達が次々にモテナイ系話を寄稿するオムニバス・ブログに寄稿しました。

非モテサバイバル日記
相手がいなければどうということはない

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://himotesurvival.hatenablog.com/

 ボクの寄稿エントリはこちら

こちらエージェントZより本部へ報告。クリスマスの阻止を完了した。オーバー! by 西川善司
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://himotesurvival.hatenablog.com/entry/2014/12/26/052439
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

「理想郷に到達」。2014年4K“多画面”ライフ by 西川善司

 AV WATCHの年末企画に、自分の4K多画面環境の紹介記事を寄稿しました。

 この話題の詳細版を4gamerに寄稿してあります。

 4gamer版の記事では、PC側の詳細や、ディスプレイを設置するにあたっての格安アーム製品の紹介を行っていますので、多画面環境構築に興味がある人はそちらもどうぞ。

zenji1.jpg
「理想郷に到達」。2014年4K“多画面”ライフ by 西川善司
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/pb2014/20141224_681049.html

 それにしても東芝「40J9X」とLG「31MU97-B」は4Kモニタとしてコストパフォーマンスがいいですね。EIZOのもだいぶ価格が安くなりました。

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

日産GT-R(R35)のマルチファンクションディスプレイ(MFD)にビデオ入力するためのケーブル

 日産GT-Rライフ連載「ドライブレコーダー編」の時に紹介したMFDにビデオ入力させるためのOASIS-NET製の格安ハーネスケーブルですが、その後、OASIS-NETが店を畳んでしまったらしく、入手できないという相談があったのでそのフォローを致します。

_SDI0104.jpg
【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第19回:GT-Rに防犯カメラ兼ドライブレコーダーを取り付ける【前編】

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130513_598775.html

 一応、調べてみた範囲では以下の製品が適合するようです。



 車両側の端子には左右どちらのものも適合しますが、ビデオ/オーディオ入力側の端子は、左側の製品はRCAオス、右側の製品はRCAメスとなっている点には注意して下さい。接続するケーブルに遭わせて選択しましょう。

 まあ、一般的なビデオ機器を直接接続するならば左側、ビデオケーブルを介して接続するならば右側の方ですかね。

 なお、基本的にこのケーブルは、2007年製の初期モデル以降、全ての年式に対応できるはずですが、日産側の仕様変更があった場合には適合できないかも知れません。
| comments (0) | trackbacks (0)

剛体から流体まで,セガのプログラマーが語る「位置ベース物理シミュレーション」の最前線

 CEDEC2014の記事のフォローの続きです。

 ゲームの世界では、位置ベースの物理(PBD:Position Based Dynamic)を採用するケースがスタンダードになりつつあります。

 PBDとは、簡単に言うと<速度情報を持たずに現在位置、前状態の位置、そしてフレーム更新時間(60fpsならば16.67ms)で物理計算をしていく手法です。

 ゲームに採用事例が増えてきているのは、シンプルな構造で実装でき、GPGPUなどとの相性も良いからですが、正確性に欠けるという弱点もあります。ただ、ゲームの場合、「信じがたい真実」よりも「それっぽいウソ」のほうが歓迎されるくらいですので、この弱点はゲームでは許容範囲とされます。

Unified Particle Physics for Real-Time Applications - SIGGRAPH 2014 from Miles Macklin on Vimeo.


[CEDEC 2014]剛体から流体まで,セガのプログラマーが語る「位置ベース物理シミュレーション」の最前線
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20140904089/

 最近では、流体もPBDで実装していく試みが行われており(上の動画)、水、煙、炎などの表現がよりリアルになっていくことが期待できます。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

簡易設置型新型移動式オービス

みんな大好きオービス情報(笑)

10月から試験導入された、2台の簡易設置型新型移動式オービス

さいたま市北区別所町46

川口市 戸塚東の通称けやき通り 百歩ラーメン東川口店前

だそうです。

ちなみに、レーダー波を出しているので市販のレーダー探知機はうなるらしいです。

それにしても、全国初の物騒(?)な実験を埼玉、しかもバリバリ地元でやんないでください…といいたい(笑)



この動画はさいたま市北区別所町に設置されたもののようですが、昨日、実際に見てきたらもうなくなっていました。

新たな実験場に移されたのかも知れませんね
| comments (0) | trackbacks (0)

新世代レンダリングエンジン「Mizuchi」をシリコンスタジオ開発陣が解説。「ほぼ実写」のリアルタイムCGを動かすためのポイントは?

 シリコンスタジオが、新世代機向けのレンダリングエンジンを開発して話題になりましたね。

 その名は「Mizuchi」

 OROCHI(オロチ)に続く、和テイストのモンスター名のエンジン名ですね。

 今世代のゲームグラフィックスのスタンダードは全て搭載されている風情で、開発チームはあの川瀬さんや安田さんらを含むシリコンスタジオの精鋭チームが従事しているだけに今後の展開も楽しみなところです。

 下の動画はその技術デモ映像になります。

 ついに、このレベルの映像がリアルタイムで動くようになったんですねぇ。


[CEDEC 2014]新世代レンダリングエンジン「Mizuchi」をシリコンスタジオ開発陣が解説。「ほぼ実写」のリアルタイムCGを動かすためのポイントは?
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/272/G027254/20140903039/

 CEDECの時には、今世代の標準的なレンダリングメソッドである「物理ベースレンダリング」を採用するにおいて直面した問題点についての言及がありました。

 詳細は上記記事を参照して欲しいのですが、かいつまんでいうと「時間方向のエイリアシング」が問題になることが指摘されています。

 時間方向のエイリアシングは、前世代から存在した問題なんですが、新世代機時代においては「無視出来なくなってきた」(気になる)と言うことなんでしょう。

 Unreal Engine4の「Infiltrater」デモでも、同じ問題に直面したようですが、時間方向のアンチエイリアシングを実装することでうまく回避しています。

 新世代機では、この「時間方向のエイリアシング」の大小は評価の注目ポイントになってくるかも知れませんね。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

任天堂、フィリップスと和解

任天堂、フィリップスと和解。予定調和のクロスライセンスで軟着陸。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ02HRK_S4A201C1TJ1000/

 もともと、これ、フィリップスのモーション入力関連の特許を任天堂がWii/Wii Uで侵害している…とフィリップスがサブマリン訴訟(数年間寝かしておいてドンと大金請求)を起こしたもの。

 数年後、もしかすると、こんなかんじで、今話題のVR(仮想現実)がらみのパテントトロール的訴訟も起きるかも?

 ところで、2014年は、任天堂にとって、ことしはちょっとした厄年でしたね。

 年のはじめには、3DSの「立体度制御技術に関する特許」侵害訴訟にも敗訴して元ソニーの富田誠次郎氏に3DS、1台あたり約300円程度(?)の特許使用料の支払いが認められたようだし…。

「3DS」で元ソニー社員の特許侵害 任天堂に29億円賠償命令
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1403K_U3A310C1000000/

 そんな任天堂に思いを馳せて、年末はスマブラ(Wii U版)でも遊んで過ごします...

【追記】

3DSの特許侵害については再審請求をしたようですね。
今後の動向に注目です。

任天堂への賠償命令差し戻し 米、3DSの特許で連邦地裁に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09HOG_Z01C14A2TJ2000/
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

将棋の4K放送画質に驚愕! “本物”の4Kテレビ。REGZA「58Z10X」

 業界初の4Kチューナー内蔵4Kテレビ、レグザ「Z10X」を評価しました。

 4Kチューナー…というか、実際にはスカパー!プレミアムチューナーが内蔵されているだけなんですけどね。ただ、キャッチコピーとしてはけっこう響きますよね。

 外観がZ9Xとそっくりなことからも分かるように、Z10Xは、4Kチューナーを内蔵させたZ9Xのリファイン版という感じの製品です。

 普通のリモコンにマイクをビルトインさせて音声入力に対応させたのもホットトピックです。

regza01.jpg
将棋の4K放送画質に驚愕! “本物”の4Kテレビ。REGZA「58Z10X」
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20141121_676186.html

 じゃあ、画質周りはZ9Xと同じか?というとそんなことはなく、Z10Xでは、Z9Xから画質設計方針が微妙に変更されています。

 Z9Xでは、「直下型バックライト採用」「エリア駆動対応」「ハイダイナミックレンジ復元機能搭載」というトピックがあったためにフレーム毎のピーク輝度を重視した画質設計でした。

 なので、Z9Xは、明部の伸びを楽しむ液晶らしい画質だったのですが、今回のZ10Xでは、エリア駆動の際の駆動ブロック単位の平均輝度を基軸にした明暗分布を再構成するので、暗部の保全がZ9Xよりも優ぐれています。

 どちらが優れているというよりは、好みの違いですね。
 「暗室で映画鑑賞を楽しむ」とかならばZ10Xですし、「蛍光灯照明下でバラエティやスポーツ中継を見る」というのであればZ9Xの方がマッチするかもです。



 いうまでもなく、2560×1440ピクセル解像度の入力対応とか、倍速駆動パネル採用機の液晶テレビとしては業界最速の低遅延性能ぶりとかは、Z9Xからそのまま継承されています。

 そうそう。ボクも4Kモニタとして活用している40インチ4Kレグザの「40J9X」ですが、ついに15万円台に突入しました。対するパナソニックの40インチ4Kビエラ「TH-40AX700」はついに12万円台突入です。



 4Kテレビも40インチ台だと結構現実味がある価格になってきましたね。
 ちなみに、両者の価格差は、40J9Xは直下型バックライト、TH-40AX700はエッジ型バックライトという構造上の違いが大きいと思われます。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

格闘ゲームはもちろん普段使いにも! ベンキューの液晶ディスプレイ「RL2460HT」実力を試してみた

 格闘ゲームのために開発されたというBENQのRL2460HTを評価しました。

 画面サイズは24インチ。液晶パネルは高速応答性を重視してのあえてのTN型採用となっています。


 
 応答速度を高めるオーバードライブ回路機能、低遅延機能を搭載しており、低遅延性能は業界最速レベルの東芝26ZP2と比較しても差がなかったので本当に低遅延だと思います。オーバードライブ回路に関する評価は動画を示していますので、記事の方を参照してください。

 「格闘ゲーム向け液晶モニタ」ということもあって画質設計には、様々な格闘ゲームを得意とするプロゲーマー、Justin Wong氏が関わっているとのこと。


格闘ゲームはもちろん普段使いにも! ベンキューの液晶ディスプレイ「RL2460HT」実力を試してみた
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://news.mynavi.jp/kikaku/2014/11/28/004/

 「格闘ゲーム」向け…かどうかはともかく、このRL2460HTの注目の機能はHDMI分配機能です。

 ゲーム機からの映像を映すだけでなく、その映像信号を外部にパススルーできるのです。

 なので、上の動画のように、1台のゲーム機から同じ画面を2台のテレビやモニターに出力できます。



 パススルーした映像信号をHDMI録画デバイスで録画することで、低遅延でRL2460HT本体でゲームをプレイしつつ、そのゲームプレイ映像を録画することができるわけです。

 上の動画では、AverMediaのAVT-C875を使用しています。



 こうしたゲーム録画はこのAVT-C875のような「PCいらず」の単体でSDカードに録画できるHDMI録画機器が便利です。

 最近では、ゲーム機に強いマイコンソフトのXCAPTURE-MINIも出てきていますので、そちらを選ぶのもありだと思います。



 AVT-C875がスマートフォンくらいの大きさで、XCAPTURE-MINIはさらに小さく、ほとんどガラケー並の大きさです。

 両者共にH.264(MPEG4-AVC)対応のハードウェアビデオエンコーダが搭載されています。
オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)