西川善司のInternational CES 2013レポート(6)

 大画面☆マニアのInternational CES特別編の最終回です。

 それまでの回にまとめ上げられなかったネタを一気に放出しているため、話題は色んな方面に渡っています。

 まずは、シャープの「スーパーブライト技術」から。

dg02.jpg
西川善司の大画面☆マニア第174回CES特別編
シャープの次世代クアトロンや韓国メーカーの有機EL
LG有機ELの白サブピクセルはなんのため?

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20130117_581973.html

 現地の説明担当が間違えていたということで、CES閉幕後の帰国後にシャープから修正依頼が入りましたが、まぁ、海外取材ものではよくあることです。現地の担当者も理解していないことが多いですからね...。

 それはさておき、スーパーブライト自体は面白い技術です。

 液晶特有の迷光低減を映像エンジン側でやってしまいましょう…みたいなテクニックです。

 スピーカー製品における「低音が弱いスピーカーに対して低音を増強して再生することで弱点を低減」みたいなイメージの処理を「映像で」「液晶パネルで」やってしまっている…と考えると理解しやすいかも知れません。

 シャープからはもう一つ。

 次世代QUATTRONの展示があったのでこれも取り扱っています。

quattron.jpg

 RGBで構成される一般的な液晶パネルよりも、RGB+Yで構成されるQUATTRONはサブピクセルが多いので、その多いサブピクセルを解像度向上方向にも活用しちゃえ…というのが次世代QUATTRONの新機能になります。

 いわゆる「サブピクセルレンダリング」技術ですね。

 展示されていたデモ機はやや偽色が出ていた感じがしたので、ここは要チューニングと言ったところでしょうか。

 この他、いよいよ発売されるLGの有機ELテレビの白色サブピクセルの秘密と、東芝レグザの映像エンジンの新機能「4K微細テクスチャー復元」と「4K輝き復元」について紹介しています。

dg21.jpg

kagayaki.jpg

 プロジェクタ関係の話題は、今回のCESではトピックが少なかったのですが、JVCの日本未発売モデルの話題や、カシオやパナソニック、LGなどが実用化してきたレーザー光源プロジェクションシステムについての紹介や解説をラストにねじ込んでいます。

dg55.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のInternational CES 2013レポート(5)

 この回では、パナソニックのプラズマの話題とソニーの新「TRILUMINOS」の話題を取り扱いました。

 「プラズマはもう終わる」と言われ続けながら、がんばっているのがパナソニックです。

DSC_2505.jpg
西川善司の大画面☆マニア第173回CES特別編
パナソニック新プラズマの底力と、ソニー「TRILUMINOS」の正体

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20130115_581656.html

 長らく「大画面はプラズマ」「中小画面は液晶」という戦略で進めてきたパナソニックも2012年は、自らその縛りを辞める決断をしました

 いよいよ、プラズマも終わりか…と思ったんですが、2013年モデルはなんとか正常進化モデルが投入されるようです。

 来年はどうなるか分かりませんが…

 今年もさらに良くなりましたね。

 記事で触れた「サブフィールドの追加」は革新的ですし、表示面ガラスの工夫も大したモンです。

 「プラズマ…いつ買うか」チキンレースもそろそろゴール地点が見え始めているかもしれません。

DSC_3316.jpg

 記事では、ソニーの新しい「TRILUMINOS」ブランドの解説も行っています。

 かつてのTRILUMINOSとは違い、今回のTRILUMINOSは多角的なブランド戦略となっています。

 1つは「白色LEDでRGB-LED相当の広色域を達成する技術」、もう一つは「ブルーレイソフトも絡めた広色域対応ソフト戦略」です。

 詳細は記事の方をどうぞ。

 2012年は、お家のテレビの「いつ使うんだ?」的機能の代表格「x.v.Color」が、ついに日の目を見る事になるかも知れませんね(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (1) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 第13回:フロントバンパーをイメージチェンジ

 今回のGT-R連載は小ネタです。

 自動車ライフの楽しみ方にボディ色の変化や、ボディにアクセントを与える…というジャンルがあります。

 ステッカーを貼る…というのがもっとも基本的な見た目の変化の楽しみ方でしょう。

 車体全体を塗り直すオールペンが究極形といえますが、コスト的に高く付きます。

 最近流行のラッピングというのも1つの手ですが、なかなか高価です。

 ということで、今回は部分ペイント(?)をやってみました。

250J0774.jpgCIMG1196.jpg
西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第13回:フロントバンパーをイメージチェンジ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130122_584381.html

 上の写真の片方が純正状態、もう片方が部分ペイント後です。

 どこが違うか…って写真で並べられれば一目瞭然ですが、実際に単体で存在すると意外と気づかれなかったりします。

 先日、日産のディーラーに行ったときも「フロント…イメチェンしたんですけど」といったんですが、担当営業マンは「どこが変わったか分からない…え?…どこか変わってます?」と首をかしげる始末。

 ちなみに、上の写真ですが…

 左側の中央真っ黒が純正状態(Before)。

 右側が今回の部分ペイントの結果(After)です。

CIMG1189.jpg

 自分ではエレガントになったと満足していますが、GT-R開発ドライバーの鈴木利男さんに見せたところ「カワイイ」と言われてしまいました(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (2) | trackbacks (0)

西川善司のInternational CES 2013レポート(4)

 2013年、各メーカーが4K2K(3840×2160ドット)に本腰を入れてきました。

 なお、最近では4K2Kとは呼ばずに4Kと呼ぶようになり、欧米圏ではUltra HDとかUHDとか呼ぶようになっています。

 というわけで、大画面☆マニアのCES特別編の4K編パート2は、各社の4Kへの取り組みをまとめてみました。

 CES括りで行けば、今年の最大画面サイズの4Kテレビはサムスンの110インチでしたね(写真下)。

DSC_3907.jpg
西川善司の大画面☆マニア第172回CES特別編
4Kに見る映像の未来【2】~日本メーカーと韓国メーカー、それぞれの姿勢

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20130111_581537.html

 2013年は、かつての3Dテレビのように4Kテレビ製品ラッシュが相次ぐことでしょう。

 この状況をみて「ソフトがないから流行るとは思えない」という見方はありますが、すくなくともディスプレイモニターとしての4Kの要求は強まっていくはずです。

 テレビメーカーの思惑としては、「50インチオーバーの大型サイズには4Kを」という感じなのですが、PCユーザーからは「30インチ前後でも4Kが欲しい」というニーズが高まっているので、意外に広い画面サイズレンジにおいて4K製品が登場してくるかも知れません。そういえば、今回のCESで、パナソニックは20インチの4KタブレットPCを出していましたね。

 思い返せば、90年代後半…「ノートパソコンなんて1024×768ドットとか1280×1024ドットで十分、それより上の解像度なんて不要」といわれていました。

 しかし、いまやモバイルノートPCクラスはもちろん、スマートフォンでも1920×1080ドットの画面が当たり前ですし、画面サイズに関わらず、高解像度の画面に抵抗がなくなっています。

 同じく90年代後半、100万画素クラスのCCD搭載デジカメが台頭してきたときに「そんなに画素数いるか?」っていう議論が盛んでしたっけ(笑)

 現在ではデジカメは1000万画素が当たり前ですからね…。

 1000万画素のコンパクトデジカメに対し「画素数多すぎ」という人はほとんどいなくなり、それどころかいまや一般ユーザーですら画素数で製品選びをしていたりもするわけで…。

 そのうち、ディスプレイの解像度についても「高解像度すぎる」なんていうことは誰も言わなくなるかも知れません。

DSC_2294.jpg

 上の画面は東芝ブースで、同社の4Kレグザで動かされていたPCゲーム「DiRT SHOWDOWN」の設定画面です。

 4K(3840×2160ドット)の設定がなされているのが分かります。

 PCゲームにおいては4Kへの対応は簡単ですから、仮に4KのPCディスプレイ製品が色々出てきたとしても、コンテンツ不足っていうことにはならなそうですね。

 NVIDIAが今回のCESで発表した携帯型ゲーム機も4K出力対応でしたし、4Kの牽引コンテンツはゲームなのかな、と思ったり…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (4) | trackbacks (0)

〈レグザ〉×『DmC Devil May Cry』クリエイター×開発者 対談|液晶テレビ|REGZA:東芝

 先週、17日、「DmC:デビルメイクライ」が発売されましたね。
 自分も週末に第5章までプレイしてみましたが、これまでのシリーズよりもさらにアクション性が高められていて、ハードコアゲーマーにはたまらない内容となっていました。

 基本アクションは[A][B][X][Y]ボタンで出せるのですが、局面によっては左トリガ押し(エンジェル)、ないしは右トリガ押し(デビル)、ないしはトリガ押さず(ノーマル)を組み合わせてアクションを出す必要があり、多彩なキャラクターアクションを連続で出すことの面白さに重きを置いたゲームデザインになっています。

 地形の各所に隠されたシークレットは結構複雑なアクションを連続で紡いでいかないととれないものがあったりして、結構チャレンジングです。

 海外ではPC版も出ているようですね(下右端)



 アクション性の高いゲームだからこそ、表示遅延が重要になると言うことで、東芝レグザがDmCの公認テレビとなったようです。

 両社は、現在、このタイアップキャンペーンを実施しており、その企画の1つである「東芝の画質設計者×カプコンのDmC開発担当者の対談」の司会を担当させて頂きました。

 「ゲーム好き+画質マニア」と言うことでの抜擢かな(笑)

dmcregza.jpg
〈レグザ〉×『DmC Devil May Cry』クリエイター×開発者対談|液晶テレビ|REGZA:東芝
http://www.toshiba.co.jp/regza/join/game/dmc/talk_1.html

 今作DmCの開発を担当したのはカプコン自身ではなく、NINJA THEORY社。

 そう。PS3のローンチタイトルながらその完成度で名を馳せた「Heavenly Sword」の開発元として一躍有名になったイギリスのスタジオです。

 ゲーム冒頭で過去作のダンテの銀髪ヘアスタイルを間接的に「だせぇぜ!!」と罵ってみたりするシニック・スタイルはいかにも英国センスという感じですが、グラフィックステイストも液晶テレビ泣かせな独特な色あいで作られています。

regzasettei.jpg そこで、今回、東芝は、明暗のコントラストを正確に表現しつつ、赤とオレンジの色あいをリッチに見せるチューニング(設定)をレグザZ7,レグザJ7に公開しています。

 これでプレイするとDmCのグラフィックスが120%堪能できる…というわけですね。

 今作のゲームエンジンはカプコン内製のMTフレームワークではなく、EPIC GAMESのUnreal Engine3です。

 その意味でも、注目の作品と言えるかも知れません。

 この後、出てくるニコラス・ケイジ似の馬面マッチョが主人公の話題作「ロストプラネット3」も、米Spark Unlimited社の手でUnreal Engine3ベースで開発が進められていますよね。

 カプコンとしては、海外スタジオ制作のものはUnreal Engine3を推していくのかもしれません。

 ただ、カプコンは、MTフレームワークは2.0(バイオハザード6,ドラゴンズドグマ)で打ち止めとして、次世代エンジンの開発を進めていることをほのめかしていますので、内製プロジェクトはそちらにシフトしていく戦略なんでしょう。

 そっちはそっちで楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 東芝 | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のInternational CES 2013レポート(3)

 今年のInternational CESの映像系のキーワードは「有機EL」と「4K2K」立った様に思えます。

 その両方を実践してきたのが、韓国系ではなく日本のパナソニックとソニーでした。

 特にソニーの56インチの4K有機ELテレビは、非常に美しく、昨年、電撃的に発表されたCLDと同様に、テクノロジー的に斬新でありながらも、画質的に完成度も高く、とても感心させられました。

143.jpg
西川善司の大画面☆マニア第171回CES特別編
4Kに見る映像の未来【1】~パナソニック、ソニー56型4K有機ELの秘密

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20130110_581344.html

 ソニーの56インチの4K有機ELテレビは、非常に開示されている情報が少ないため、取材した内容を元に推測しつつ、発表されている近年の論文などを調査して調べて記事化するしかなく、その内容がこの回の大画面☆マニアになっています。

 取材して、夜、ホテルに戻って僅か数時間で原稿をあげなければならないので、結構大変でしたね…。

 有機EL画素を駆動するTFTは酸化物半導体とのことですが、これはIn-Sn-Zn-O半導体だと予測されています。ソニーはSID2010にてITZOベースの有機ELパネルを公開したことがありますし。

001.jpg そうそう。
 In-Sn-Zn-Oの別名であるITZOを記事中に記したら「ISZOじゃないのか」という突っ込みがTwitter等に入っていましたが(笑)、スズは元素記号でSnですが、英語ではTinなので業界では「T」で表されます。

 例えば、液晶パネルなどにとても古くから使われている透明電極に酸化インジウムスズがありますが、これは(Indium Tin Oxide)の頭文字を取って「ITO」と呼ばれます。左の図版はソニーの論文発表での有機ELパネルの構造図ですが、ここにもITOは使われていますね。

 ちなみにITZOのTFTについてはこちらの論文を参考にされると基本的な情報が分かると思います。

 「酸化物半導体」で検索すると今では、「シャープのIGZO」関連ばかりが出てきてしまいますが、1年ほど前は、色んな大学の最新研究論文が出てきました。調べ物をする側からすると最近の状況はちょっと迷惑だったり(笑)。

 酸化物半導体は最近では研究テーマとしてホットな様でSIDなんかでも酸化物半導体についての研究が色々発表されていますね。

 昨年のCLDと違って、今年のCESでは、ソニーの有機ELテレビの回りには柵がしてあって近づけない様になっていたので、画素の写真を撮るのが大変でした。11倍望遠で身を乗り出して撮影したんですが、完全に変態ですね(笑)。

 そんな変態行為の甲斐あって(?)、ソニーの有機ELは、サブピクセル構造がとても変わっていることが分かりました。そのあたりについては記事の方で解説しています。

154.jpg

 それにしても、白が綺麗な有機ELでした。
 綺麗な白って有機ELでは出すのが難しいんですよね。
 ソニー側もそのあたりを見て欲しかったみたいで、だいぶ白が強調されたコンテンツを見せていました。(写真上)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のInternational CES 2013レポート(2)

 今年のAV WATCH取材チームは、人数が少なかったので、今回は映像機器関連の取材だけに集中するわけにいかず、久々にブースレポートを行いました。

 パナソニックのブースは毎回展示が面白いので気がついたら3時間以上も見ていました。

 日本の開発スタッフ自身が説明担当になっていたりするので話が面白いんですよね。

 なお、映像系のネタは後の大画面☆マニア詳しくやる関係でブースレポートではそのあたりのネタは軽いウォークスルー的な内容にとどめています。

DSC_3000.jpg
パナソニック、4Kタブレットなどブースレポート
家族を認識するTV。アクションカメラ参入

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130109_581190.html

 IT関連で注目度が高かったのは、20インチの4Kタブレットですね。

 タブレットといっても、Windows8ベースです。

 実際に触れてみると、20インチで4Kという画面サイズは意外とタブレットと相性がいいですね。

 「20インチというA3用紙相当の広さ」「4Kという印刷レベルに迫る解像力」はタブレットという機器に、新たな使い方を見出させてくれそうです。

DSC_2456.jpg

 現地来場者から関心を集めていたのは、パナソニックの小型アクションカムです。

 ソニーもこの分野に昨年参入したばかりなので「どっちがいいか」みたいな視点で見比べている人が多かった様に思えます。

 ただ、この分野ではGoProの支持率が圧倒的でなかなか苦戦を強いられそうです。

 パソナニックはカーナビ製品も持っているので、カーナビとの連携機能が実現出来たら面白いと思うんですよね。

 例えば、車載セキュリティカメラとかドライブレコーダー的にも併用できるとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司のInternational CES 2013レポート(1)

 今年も世界最大級の家電ショー、ラスベガスのInternational CESに行ってまいりました。

 例年通り、AV WATCHの取材チームとしての参加です。

 今年は小寺信良氏が不参加で編集部側の人間も一人だったので、コアチーム(?)は二人だけでした。なので、去年まで編集部側の人間が担当していたプレスカンファレンスやブースのレポートもボクがやっています。

 会期前日のプレスカンファレンスのレポート記事はこちら2つになります。

1749.jpg
LG、55型有機ELテレビを3月に米国発売。約100万円
Google TV第3世代や、100型レーザーテレビも発表

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130108_580838.html

 LG,サムスンの韓国メーカーは、北米では、一般ユーザーの人気の面では、今や、日本メーカーを凌いでしまっているので、そのプレスカンファレンスへの入場は大変です。
 LGのプレスカンファレンスは1時間待ちで、サムスンのプレスカンファレンスになると2時間待ちで入場ギリギリというレベルでした。

DSC_1745.JPG

 今年のLGは、スマート家電をテーマとしていましたが、映像系でのメイン商材はやはり4Kテレビと有機ELテレビでしたね。

 55インチの大型サイズの有機ELテレビについては「LGに限らず大型サイズの有機ELパネルの歩留まりはかなり良くない」というのが業界関係者からよく聞く噂ですが、LGは赤字を覚悟してでも発売に踏み切るようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


 毎年、日本でのCEATECよりも、ラスベガスでのCESの方が毎年気合は入りまくっているソニーですが、今年もソニーのブースは気合いの入った展示を行っていましたね。

 ソニーも映像系では4Kと有機ELに気合いを入れていました。

 ソニーの4Kテレビは、55インチ、65インチ、84インチの全てでLGパネルを採用しており、画質的には55インチ、65インチの方が良くなる見込みです。この辺りについては大画面☆マニアの別記事を参照下さい

DSC_1997.jpg
ソニー、平井社長が4つの“4K世界初”アピール
CESプレスカンファレンスレポート

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130108_580980.html

 ソニーの56インチ有機ELテレビは、今回のCESの目玉というか飛び道具的な存在で、56インチという大きさもさることながら、4K解像度ということでビックリさせられました。

 しかも、解像感もさることながら、有機ELの割には色がかなりいいんですね。

 憧れの対象となっている有機ELですが、実は青の有機EL材がパワー的にも寿命的にも弱いといわれます。しかし、今回のソニーが見せていた56インチの4K有機ELテレビはそのあたりの不安が全くありませんでした。

 昨年のCLDと同様、「直近で商品化できるものではない」(ソニー関係者)とのことですが、確かに未来は感じられました。

DSC_2037.jpg

 ただ、運がないもので、せっかくのプレスカンファレンスの本番では、なんと映像が映らないという失態をやらかしてしまいました。

 裏方スタッフの話では、実は映っている2号機もスタンバイされていたとのことですが、舞台監督のストップが入って入れ替えが出来なかったとか。

 でも、ブースに平常展示されていたものは、会期中、ずっと問題なく動いていましたよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

ラスベガスより:リンゴ何個分ですか

International CESの取材のためにラスベガスに来ている。

エンターテインメントの本場の都市、ラスベガス…。

宿泊しているホテルの向かいの道で、たぶんアレだとおもわれるキャラクターがPlease give me change. …と、道行く人に小銭をせびっていた。

DSCN5241.JPG

中国のニセモノに引けを取らぬほどの低クオリティぶりがすごい。

DSCN5241.JPG

道行く人が誰一人、近づいていかないシュールさもすごい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑い | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第170回ソニー4K BRAVIA「KD-84X9000」

 東芝の裸眼立体視対応の4K2Kパネル採用のレグザ55X3に続き、今度はソニーが84インチの4K2Kブラビア「KD-84X9000」を発売しました。

 2012年の大画面☆マニアとしては最後の回に、このKD-84X9000を取り上げました。

 さすがに重くてでかいので、1週間の貸し出しのために引っ越しレベルの運送業者を起用するのが難しかったため、ソニーのショールームでの評価となりました。

 普段の大画面☆マニアでは、大体2-3日かけて評価しますが、今回はそういうわけで数時間の評価での記事執筆となっています。写真は色々撮影したのですが、ボクのデジカメのSDカードが撮影後に死んでしまったため、記事中に埋め込んだ写真のほとんどは、評価に同行した編集者のカメラで撮影したものになっています。

 今回、大画面☆マニア定番の写真素材がないのはそうした理由からです。

dg04.jpg
西川善司の大画面☆マニア第170回
ソニーの4K BRAVIA登場「KD-84X9000」~4Kの魅力は3Dか? 脅威の臨場感

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20121227_580453.html

 KD-84X9000は、裸眼立体視には対応せず、立体視は偏光方式での対応となり、むしろ2Dの4K2K画質に重きを置いた製品になっています。

 後発なだけあり、30Hz/24Hzに限定されますが、別体オプション無しで3840×2160ドットの4K2KのHDMI接続が可能になっているのが東芝レグザ55X3に対するアドバンテージです。

 できれば4K2K/60Hzの伝送が可能なDisplayPort1.2にも対応して欲しかったところですが、KD-84X9000はテレビ製品と言うことで採用が見送られたようです。

 84インチ/4K2K/168万円が高いか安いかと言えば、絶対的には高いわけですが、プロジェクタクラスの大画面を直視型ディスプレイで実現できて、しかも4K2K表示能力もあるとなると、オンリーワン的な存在なので「その価値はあるのかも」という印象を持ちます。

 マイホームを持つタイミングならば、設備費として住宅ローンに組み込んで買ってしまうのもテかも知れませんね。

 なお、写真はふざけているように見えますが(実際ちょっとふざけてますが)、伸長175cmのボクが手を広げた長さよりも画面がでかいと言うことを表したつもりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)