上野公園に愛車を展示!?

6月1日まで上野の国立科学博物館で開催中のロータリーエンジン40周年記念展ですが、27日はロータリーエンジン車のユーザーカーが博物館前の敷地に展示されました。
トータルで80数台あったようです。

うちのもこんな感じで並べさせてもらいました。(右端)
DSC_0040.JPG

セブン系はFD,FC,SAとバランスよく並べられていましたね
DSC_0038.JPG

ルマンカーの787Bも展示され、その甲高いエンジン音のデモンストレーションも行われました。
DSC_0018.JPG
あまりの音量に上野公園の鳥たちがギャーギャー騒ぎ出すという珍現象が起こりましたけど、これがファンファーレのような感じで上野公園を散歩していた人々の足を国立科学博物館に向かせることにもなっていたようです。

旧車勢もかなり集まりました
DSC_0052.JPG
ロータリーエンジン車というと、今でこそスポーツカーがイメージされますけど、当初は普通の車種にも搭載していたんですよね。

年配の方達に人気だったのはコスモスポーツですね。
DSC_0021.JPG
ロータリーエンジン車の記念すべき第一号ということもあって博物館の正面に並べられました。

博物館内の展示はこんな感じです。
DSC_0056.JPG
エンジンの解説パネルにはお父さんが、ミニカー展示コーナーには子供がかじりついていました。
屋外には実車が勢揃いしていた関係で、ミニカーを欲しがる子供が多かったようです。物販コーナーでミニカー売ればよかったのにね。

ロータリーエンジンの解説付き分解ショーも行われました。
DSC_0076.JPG
マツダ本社のロータリーエンジン先行開発部隊のスタッフが自ら実演するという貴重なショーです。合間合間に入る解説がとても興味深かったです。これはお勧め。
ちなみに彼らは新型ロータリーエンジンの「16X」の開発に携わっているスタッフでした。16X開発にはCAEによるシミュレーションも効果的に利用されているそうで40年前のロータリーエンジン開発の時とは違ってかなり理詰めな設計が行われている模様です。期待できそうですよ。

午後にはマツダの常務執行役員の羽山信宏氏、うちのRX-7(FD3S)の生みの親である元RX-7開発主査の小早川隆治氏などの講演も行われました。
DSC_0137.JPG

ボクは初めて聞いた話ばかりだったのでかなりいい体験をさせてもらいました。

午後6時には博物館が閉館となるため、午後5時からはユーザーカーの移動が始まりました。
DSC_0236.JPG
色とりどりのコスモスポーツがライトを点灯させながら博物館前を走り去っていく姿はなかなか壮観で、公園の散歩客もものすごい数が集まりこれを見守りました。
ボクのセブンもこの中を走り去ったわけですが、ぼくの車もフラッシュをばしゃばしゃとたかれてなんかえらくなったような不思議な気分を味わいました。

787Bは自走で退去できないのでキャリアのトラックに乗せての移動になりました。
DSC_0267.JPG
車幅がでかいのでキャリアの荷台ギリギリでしたね。

夜は懇親会が行われたのですが、常務の羽山氏、元セブン開発主査の小早川氏と、名刺交換をさせてもらいました。やったー!

懇親会が終わった夜九時の博物館前には、MAT仕様のコスモスポーツがあるのみ。
DSC_0290.JPG

このユーザーカー展示、ロータリーエンジンの解説付き分解ショー、ロータリーエンジン関係者の講演はまた5月31日も行われます。

興味のある人はぜひ、次回参加を!

■「ロータリーエンジン車発売40周年展」の実施概要
開催期間: 2008年4月22日~6月1日(休館日は月曜日。ただし、日・月曜が祝日の場合は火曜日)
場所: 国立科学博物館(上野本館)
〒110-8718東京都台東区上野公園7-20 ◇ ハローダイヤル:03-5777-8600
アクセス:http://www.kahaku.go.jp/visitor_info/ueno/access.html
開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)。ただし、金曜日は9:00~20:00(入館は19:30まで)。また、4月26日~5月6日の期間は9:00~18:00(入館は17:30まで)。
入場料: 一般・大学生:600円(20名以上の団体は300円)、小・中・高校生:無料。


| comments (0) | trackbacks (0)

善司、マイクロソフト・サイト・デビュー(笑)

Windows Vista(Ultimate)のマニア系ユーザーの環境が続々紹介されていくというマイクロソフトのサイト内の「WINDOWS ULTIMATE STYLE」コーナーにボクが登場することになりました。

Microsoft Windows Vista Ultimate: 新感覚 Web サイト Ultimate Style
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/editions/ultimate/style/

Silverlightがないと見られないという、かなりツンデレなサイトの作りになっています。

ms9395374_3359498180.jpg

PCゲームファン代表としてフィーチャーされました。

マニアックな環境紹介はともかく、うちに来て撮影していたカメラマンと、同行してきた編集者さんが、ボクを撮影した写真のプレビューを見ながら大爆笑していたわけが分かりましたよ。

これですからね。

ms9395374_4125168353.jpg

もうちょっと、かっこよく撮って欲しかった...。
なんか「ニートだけど将来不安はないです」といっている重度ニートみたいな感じでやだなー。

え? そりゃ、ニートが気、悪くするって?

ほっとけ!

あるいは「Tシャツの数字が3の時だけアホになります」ってやってるみたい?

そっとしておいてくれ!

オンライン仕事 > マイクロソフト | comments (1) | trackbacks (0)

3Dマニア第14回、法線マップ編(1)

前回でパイプライン編が終了して、今回から「法線マップ」編スタートです。
GPUの歴史、パイプラインときて、ここからは3Dゲームグラフィックスとかで使われている技術を一つずつ見ていきましょう、という感じになります。

normalmapping.jpg

西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス
微細凹凸表現の基本形「法線マップ」(1)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/014/index.html

法線マップの次には視差遮蔽マップとかそのあたりの話にも触れていきます。
なるべく、図を一杯使って概念的に解説をしていきたいと思っています.

オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

そのときカメラは見ていた!

某月某日。
日光へ愛の逃避行をしてきました(笑)
華厳の滝もいかず、釜飯食ってきて帰ってくるだけのドライブ。

画面に向かっての仕事ばかりだったので、中禅寺湖の景色は癒されましたね
DSCN1840.JPG

「ああ、現実世界の水面のさざ波も結構パターン反復してるように見えるねぇ。テクスチャメモリけちってる?(笑)」
「太陽だけじゃなくて湖面に映ってる太陽のグレアもハイダイナミックレンジ!!」
とかつぶやいてたら一緒に行った人が嫌な顔してましたが、ゴールデンウィーク前の平日だったもので湖の周りにも誰もいません。
湖にもだれも…。アレ!?

DSCN1841.JPG

スワンボートが出てる。
どんな物好きが乗っているんだろう?

デジカメの光学10倍ズーム、デジタルズーム4倍機能でで試し撮り(趣味ワル)

DSCN1843.JPG

おー。カップル。昼間からお熱いねぇ。このー。

でも、よく撮れるね。これ。
上の写真からここまでズームイン出来るってすごくね?
デジタルズームも入れちゃっているからピクセルエッジが甘くなるんだけどなかなか楽しめるね。
手ぶれ補正機能もうまく働くし。

日中で液晶のプレビュー画面はよく見えなくて、なにが撮れているのか実はよく分からず、このスワンに対して3枚ほどシャッターを切ったんだけど、帰宅して写真データのプレビューをしたらびっくり。

偶然こんな写真も撮れてたYO。

DSCN1844.JPG

キスしてる!

ニコン COOLPIX S10の機能 すげえ(違う)
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

CAPSULEとPERFUME

中田ヤスタカが率いるCapsuleが好きなので、彼がプロデュースするテクノポップ・アイドルユニット「Perfume」の「GAME」を聞いてみた。

中田ヤスタカ節炸裂で音楽性は高いし、いうなればCAPSULEのボーカルチェンジな感覚で聴ける。

ボーカル・トラックは全面ピッチチェンジャーを通したあのサウンド。

Perfumeの生歌はまったく知らないんで、あくまで一般論としていうんだけど、このボコーダーというかピッチチェンジャーエフェクトを通せはどんな音痴でも音の外しはなくなるわけで、アイドルの音楽制作の方策としては今後、主流になったりする? (冗談です)

一般 | comments (3) | trackbacks (0)

全国初のエロBDの摘発

ブルーレイ関連の検索をしていたら遭遇したニュース。
一ヶ月前のニュースなので知っている人も多いんだろうけど、読んでみて笑ったのは捜査関係者のコメント。

newscrm0803070839001-p1.jpg
「ブルーレイの時代でっせ」と勧められ…エロBD初摘発
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080307/crm0803070839001-n1.htm

「画質がいい。毛穴まで見える」
という生々しいコメントもおかしいけど、「…と、うなるほどの高画質だった。」の記者の締めの文が面白い。

しかし、「無修正で摘発」ってことは、じゃあ、この捜査関係者の言ってる「毛穴」ってのはどこの毛穴なのか…(笑)

一般 | comments (0) | trackbacks (0)

ロータリーエンジン車発売40周年展

上野の国立科学博物館にて「ロータリーエンジン車発売40周年展」が行われる。

そしてユーザーのロータリーエンジン搭載車の展示イベントが4月27日が行われるらしく、展示車は応募者の中から抽選で選出されるらしい。
選出された車両はなんと上野公園内の展示スペースに展示してもらえるらしいのだ。(ただし4月27日の一日だけ)
いい記念になりそうなのだし、面白そうなので、自分も応募してみた。
果たしてどうなるか…。

re080416b.jpg

■「ロータリーエンジン車発売40周年展」の実施概要
開催期間: 2008年4月22日~6月1日(休館日は月曜日。ただし、日・月曜が祝日の場合は火曜日)
場所: 国立科学博物館(上野本館)
〒110-8718東京都台東区上野公園7-20 ◇ ハローダイヤル:03-5777-8600
アクセス:http://www.kahaku.go.jp/visitor_info/ueno/access.html
開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)。ただし、金曜日は9:00~20:00(入館は19:30まで)。また、4月26日~5月6日の期間は9:00~18:00(入館は17:30まで)。
入場料: 一般・大学生:600円(20名以上の団体は300円)、小・中・高校生:無料。

| comments (0) | trackbacks (0)

3Dマニア第13回、パイプライン編(5)

今回はレンダーバックエンド部についての解説になります。

入門的な内容なので、Zバッファとかの話も入れてあります。

3d_005l.jpg

西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス
3Dグラフィックスの概念とレンダリングパイプライン(5)

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/013/index.html

今回でパイプライン編の最終回になります。
アンチエイリアスとかのはなしはまた改めて。

次回からは実際の3Dゲームグラフィックスでよく使われる技術などを紹介していく内容になります.

オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

誤変換

漢字変換ミスコンテストの最優秀作品
「うまくいかない画像サイズになった」→「馬食い家内が象サイズになった」
はうまいなぁ。感心。

漢字検定協会の年間変漢賞
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008041600958

たぶん、X68000のASK68Kあたりを使うとけっこう傑作がうまれるんじゃないかね。

ボクはX68000時代、ASK68Kで毎回悩まされていたのは

ちゅうしゃくぎょう (正解は注釈行)



注射苦行

という誤変換。

それ、どんな修行じゃ
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

miniSD→SD→CF

自分の愛用のデジタルカメラは2003年に買ったニコンのD100で、起動も速いし別に写真作品を録っているわけではないので、全然機能的に不満がないために使い続けている。

使い込みすぎてレンズ側面の赤いゴムの滑り止め部分が撮れてしまった以外に大きな故障もなし。何回かCCDのクリーニングに出したことはあるけど。

D100は記録メディアがCF(コンパクトフラッシュ)なんだけど、最近、買ったノートPCはPCカードスロットがExpressカードスロットになってしまっていてCFがささらない。mini/SDカードスロットは付いている。

CFリーダーは持っているのでまったくCFが読めないわけではないけど、外付けのCFリーダーを使うのもなんかバカらしいし、取材先で外付けのCFリーダーをカバンから出して接続して使うのもどうも取り回しが悪いしスマートじゃない。

2GBのminiSDカードは携帯電話のデータバックアップ用に買って持っていたので、これをCFに変換できれば、D100でも使えるし、撮影データはminiSDを直接ノートPCに読み込ませることで行える。

ということで地元のヤマダ電機やビックカメラでmini/SD→CFのコンバートを探してみたのだが売ってない。

調べてみるとSD→CF変換アダプタはSDの本家パナソニックが出しているのが有名のようだが、大容量に対応していないせいか、あまり人気商品ではないらしい。
人気があるのはPhotoFastのSDHCにも対応しているやつ。
近所の店では見つけられなかったので仕方なく通販で約3000円で購入。

そしてものが届いたのだが、よく考えたら、これ、SDカードをCFに変換するものでminiSDは直接挿せないんだった。
今度は慌ててminiSD→SD変換カードを約500円で購入。

結局、なんとか、miniSD→SD→CFという2段変換を行ってD100で使うことができるようになったのであった。

DSCN1827.JPG

3000円も出せば4GBのCFが買えるのに、仕方ないとはいえ、たかだか2GBのminiSDを使うために3500円の出費。

なんとなく淡く損した気分になる…。

一般 | comments (0) | trackbacks (0)