CEDEC2014のメディア取材禁止セッションについて

 CEDECの事務局関係者がいたら伝えて欲しいんだけど、今年、やたらメディア入場禁止セッションが多い(下画像)

CEDEC2014当日取材不可セッション一覧0825.png

 これって、昨年までと同じで登壇者が「当日取材可否」の欄を、「否」としているためなんだが、登壇者によっては「当日の個別取材はダメ」の意味で捉えて返答してしまっているケースが多い。

Screen Shot 2014-08-30 at 10_39_08 AM.png

 実際、この聴講不可セッション一覧で「メディア入場禁止セッション扱い」になっている「Androidパフォーマンスチューニング実践」の講演者である松田白郎さんに直接聞いてみたところ松田さん自身も「なぜ、当日聴講禁止になっているのかよく分からない」と驚いていた。

 実際には「メディア取材OKだし、記事化もOKですよ」とのこと。この設問に対しては「当日個別取材は受けられない。その意味での返答だった」とのことだった。

 誤解されていたというわけだ。

 あの登壇者へのアンケートの設問のしかたは誤解されやすいから改善して欲しいと2010年から毎年言っているんだけど今年も直らなかった。

 今年はなんと30以上のセッションがメディア入場禁止扱いになっているんだけど(笑)、この設問の誤解が原因で誤解されているものが少なからずあると思う。

 ちなみに、大手ゲームメーカー、マイクロソフト、ソニー、Googleのセッションはかなりの割合で聴講不可になっている。

 KILLZONEとか、GDCと同内容のセッションとかが聴講できないとなっているし(笑)、今回もカプコンの「Deep Down」もダメになっている。

 かつてカプコンの「ドラゴンズドグマ」のセッションはメディア聴講禁止になっていたけど、実は、土壇場でこの誤解が判明して、開演直前覆ったケースがあった。で、たまたまその場所にいたボクだけが記事化したというラッキーな独占事態もあった。たぶん、今年の「Deep Down」もそうなんじゃないかなぁ。

 とにかく、毎年言っているんだから事務局はこの無意味な「引っ掛け問題」的な設問を改善して欲しい。

 この誤解が発生するのは、だれにとっても得しないし。

 事務局は、もう一度、登壇者に誤解していないかを再度、聞くべきだとおもう。
一般 | comments (1) | trackbacks (0)

FoxFiで日産カーウィングスが繋がらなくなったら?~「西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 」フォロー記事

 今年2月で2年間の連載を終了したCarWatchの「西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 」ですが、今回、ちょっとフォローしたいことがあったのでブログに記載します。

 第9回で紹介した「日産のカーウィングスをスマートフォンから利用する方法」ですが、スマートフォンのOS(Android)をアップデートしたらBluetoothテザリングソフトの「FoxFi」を使っての日産カーウィングスへの接続ができなくなったという報告事例が出ているようです。

Screenshot_2014-08-26-20-05-48.jpg また、最近のスマートフォン機種では記事で紹介したFoxFiが使えないということもあるようです。

 たまたま筆者のソニーの「Xperia Z Ultra」(SOL24)をAndroid4.4にアップデートした後に、FoxFiが使えなくなったので調査してみました。

 実は、話は簡単で、一部のスマートフォンでは、Androidアップデートの際(あるいは最新機種では)、FoxFiに相当するBluetoothテザリングソフトが標準搭載になり、同種アプリであるFoxFiと競合が起きていることが原因っぽいのです。

 ボクのスマートフォンのキャリアはauなので、その標準アプリというのは「カーナビデータ通信設定」アプリというものになります。

 カーナビとスマートフォンとをBluetoothペアリング設定でキャリアを選びますが、以前は「ユーザー設定」を選択していた方が無難でした。しかし、この標準アプリを使う際はまじめに対応キャリアを選んだ方がいいみたいです。

 ボクも、以前は「ユーザー設定」で動作していたのですが、今回の動作不具合遭遇時に「au」に選択しなおしたら動作するようになりました。

gt-r_DSCN4821.jpg

 さて、ボクのところでは、この「カーナビデータ通信設定」アプリが使えるようになってからはFoxFiとはおさらばしてしまいました。

 以前、FoxFiを使ってもうまく日産カーウィングスに繋げられなかった人は、FoxFiではなく、こうしたキャリア謹製の「カーナビデータ通信設定」アプリを使うのも手かと思います。
| comments (0) | trackbacks (0)

Tegra K1搭載の開発キット「Jetson TK1」を動かしてみた

 先月、GTC2014 JAPANに参加してました。

 NVIDIAからの要請もあって、TEGRA K1の開発ボード「TK1」に実際に触るセッションに参加してきました。


Tegra K1搭載の開発キット「Jetson TK1」を動かしてみた
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/244/G024410/20140719011/

 TEGRA K1は、192CUDAコア構成で365GFLOPSの演算性能が有るそうなので、GeForceでいうと336GFLOPSのGeForce GT630(GK107)と大体同じくらいと言うことになります。

 7月に発表されたNVIDIAの8インチ・ゲーミングタブレット「SHIELD TABLET」はこのTEGRA K1を搭載していますし、車載コンピュータなどの組み込み機器向けにも採用事例が増えているようなので、今後、面白いことになってきそうです。

 上の動画は、うちにあるJetson TK1で実際にデモプログラムを実行してキャプチャしたものです。これが組み込み機器向けのプロセッサで動いているのですから驚かされます。

 競合のARMやQualcomm、Imaginationも同等性能のものを打ち出してきますが、そのあたりの話題はいずれまたの機会に。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (1) | trackbacks (0)

大野功二さんの著書「3Dゲームをおもしろくする技術」を頂きました

DSCN7213.JPG オープランニングの大野功二さんの著書「3Dゲームをおもしろくする技術」を頂きました。

 プログラムコードをあえて排除して概念やアルゴリズムを解説した書籍です。

 取り扱いテーマは「プレイヤー制御」(第1章)、「敵キャラ制御」(第2章)、「レベルデザイン」(第3章)、「衝突判定」(第4章)、「カメラ制御」(第5章)という構成で、実際に各テーマにおいて優秀なゲームタイトルを挙げ、「なぜこのタイトルがこの分野について優秀なのか」を分析し、知識として吸収できるように解説されています。

 プログラマにとって参考になりそうなのは当然として、プランナーやデザイナ、アーティストがエンジニアとゲームメカニクスやその他の細かい仕様について議論する上での中間言語として役に立ちそうな本だと思いました。

書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

ディズニー映画の3D版単品を2160円で買う方法

 ディズニー日本法人は映画ブルーレイの3D版を、ぬいぐるみとかフィギュアとかその他のおまけ/付録を同梱させた数量限定のオールインワンセットにだけ付属させる販売方式を取り始めています。



 これらはAmazonなどでも予約できますが、発売日後は入手性が困難になりますし、そもそもそういうおまけに興味がない「3D版ブルーレイだけ欲しい人」にとっては「余計なおまけを買わせられてる」感が強くあまりいい印象が有りません。

 しかし、数量限定のオールインワン版を購入せずに3D版ブルーレイを購入する方法はあります。

 通常版【2D版】を購入し、封入されている3D版特別通販サイトのURLにアクセスし、通販で3D版を購入することができるようになっています。

 価格はどのタイトルも2160円(税込、送料無料)です。

 海外ではこういう販売方法をとっていないですし、はっきり言って二度手間です。

 ディズニー日本は、「モンスターズ・ユニバーシティ」あたりからこの販売方式をとっていますが、Amazonのレビューやその他のネットの反応を見る限り、これに対してかなり批判が噴出しています。でも、ディズニー日本はこの販売方式に手応えを感じているようで、変えるつもりはないようです。

 ただ、実は、この3D版特別通販サイトは、クーポンコードなどの入力も求めてこないので(もともとそんなものはないですが)、通常版2D版の購入者でなくてもアクセスができ、普通に3D版を単品で2160円で通販購入できます。

 3D版はテレビやプロジェクタ側で3D表示をキャンセルすれば、2D版としても楽しめますし、2160円は店頭売りの2D版パッケージよりも安いのでお得です。

 こんな感じで「アナと雪の女王」も3D版が2160円で単品購入できます。

anayuki.jpg
アナと雪の女王 3D
http://www.disneystore.co.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=VWBS5333

 このサイトの見つけ方ですが、Googleなどで

「タイトル名 3D MovieNEX購入者限定商品」

と検索すると見つかります。

 基本的にディズニーの公式サイトのトップページからはリンクされていないようなので、この方法を使わなければたどり着けないようです。

 でも、既発売タイトルならば、この方法で普通に見つかります。

モンスターズ・ユニバーシティ 3D
http://www.disneystore.co.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=VWBS1498

マイティー・ソー/ダーク・ワールド 3D
http://www.disneystore.co.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=VWBS2917

プレーンズ 3D
http://www.disneystore.co.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=VWBS1525

キャプテン・アメリカ /ウィンター・ソルジャー 3D
http://www.disneystore.co.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=VWBS2922


 この販売スタイルは、考え方によっては、安価に3D版だけを購入できるので、むしろディズニー日本としては3Dファンに対する心遣いなのかも知れません。

 今後も続けていって欲しいとさえ思えますね。

 以上豆知識でした(笑)
映画 | comments (9) | trackbacks (0)

「マクラーレンP1」のトップ開発ドライバーが「Forza Motorsport 5」をプレイ。難関コース ニュルブルクリンクに挑んだ感想は?

実物のマクラーレンP1のトップ開発ドライバーが、Xbox Oneの「Foza Motorsport5」でマクラーレンP1を運転してニュルを走るデモランを見てまいりました。

マクラーレンP1で昨年、ニュルブルクリンク、6分台を出した張本人、Chris Goodwin氏です。


「マクラーレンP1」のトップ開発ドライバーが「Forza Motorsport 5」をプレイ。難関コース ニュルブルクリンクに挑んだ感想は?
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/217/G021715/20140725122/

0km/hスタートで、障害物ライバル車あり、コースの解説をしながらで周回タイム8分そこそこはすごい。

しかも、Forza5をこの日、初めて触ったというからさらに驚きです!!

それだけForza5は、実車に近いということでしょうか…。

本人も、「ほぼ、P1の実車の経験だけで運転できた。すごいね」と述べておりました。

 レーシングゲームをメーカーの実車の開発ドライバー本人に乗ってもらうって、ゲーム側にとって相当なプレッシャーになるかと思うんですが、うまくハマれば、いいプロモーションですよね。

オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (3) | trackbacks (0)