コワモテ・ハゲオヤジの体積比・数万:1冒険奇譚

 マイコミで「ゴッド・オブ・ウォーIII」(GOW3)のレビューをしました。

 世界最狂にして世界最恐のハゲオヤジ、クレイトスの「神殺しの冒険」もついに完結です。

gow3_056l.jpg
【マイコミジャーナル・レビュー】
クレイトス・サーガ最終章! PS3でシリーズ最大級のスケール感を実現 - PS3『ゴッド・オブ・ウォー III』
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/04/29/gow3/index.html

 前作まで、PSPやPS2がプラットフォームだったので、いうなれば、完結編となる今作はPS3向けゴッド・オブ・ウォーとして最初にして最後の作品と言うことになります。

 PS2の解像度の粗いグラフィックスから、PS3のプログラマブルシェーダーベースのハイビジョングラフィックスとなり、クレイトスの怖さにも磨きがかかりました。

 なにしろ、ゲームの主人公にして、この顔ですからね。

gow3_006l.jpg

 今作でスゴいのはグラフィックスだけではありません。

 圧倒的なスケール感も今作の見どころで、巨大な神々との戦いは、もはや体積比にして数万:1になっており、ゲームフィールド全体が敵だったり、その敵の身体の中や上で雑魚との戦闘が行われる…というようなPS2では難しかったエピックスケールなゲーム性が描かれています。

gow3_043l.jpg

 かつて、PS2最後期の名作「ワンダと巨像」のディレクター上田文人氏は、こんなことを言っていましたが

「これまでのゲームは剣対剣のような、同スケール同士の点対点の衝突を取り扱うものが主流でしたが、次世代機では『ワンダと巨像』のような広い面との衝突を取り扱うテーマが普通になると思うんです。」(上田氏)

GOW3は、まさにこの見通しに合致する作品だといえます。(上田氏の最新作、トリコも楽しみですね)

 そして、バイオレンス表現については、PS2:PS3性能比以上の過激さを増しています。

 お馴染みのケンタウロスは今作では内蔵ぶちまけられますし、太陽神ヘリオスに至っては首がひっこ抜れて、その生首が懐中電灯アイテム扱いになります(笑)

gow3_052l.jpg

 こうした超過激な表現は、もはや現実味を帯びていないので、気持ち悪いとか、グロテスク…といった次元を超えてしまっていて、多分、プレイしていて笑ってしまうことが多いはずです。

 ホラー映画とは違う方向性の残虐コメディというか。

 無理くり言うならば、DR.SLUMPのアラレちゃんが自分の首を抱えて走り回る表現とベクトル方向は近いというか。

 さて、現在公開中のファンタジーアクション映画『タイタンの戦い』も神殺しの冒険奇譚で、圧倒的な体積比の過激バトルはGOW3とよく似ていますね。

 そうそう、この映画「タイタンの戦い」の主人公ペルセウスは神と人とのハーフで、実はGOW2にてボスとしてクレイトスの前に立ち塞がります。

 さらさらヘアーのイケメン・ナルシストとして登場したペルセウスは、ハゲたクレイトスをバカにしますが、ああ、それが運の尽き。

 英雄ペルセウスの憐れな最期はこちらでどうぞ。



 ちなみにこの映像はPS2のGOW2です

 「タイタンの戦い」のサム・ワーシントンが、クレイトスにボコボコにされる姿を想像しながらあの映画を見ればもっと楽しめたりして??



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

【4gamer.net】 GeForce GTX 400アーキテクチャ徹底解説

 ブログの方で紹介するのを忘れていました。

 もう1ヶ月以上も前の掲載記事ですが、先日、デビューイベントもあったので、この機会に一応、掲載しておきます。

 前後編に分かれていて、前編ではオーバービューやスペック周りを、後編ではメモリシステムやテッセレーションエンジンなどの特徴について言及しています。

pic6.jpg
GeForce GTX 400アーキテクチャ徹底解説(前編)
"クアッドコアGPU" GF100の概要
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.4gamer.net/games/099/G009929/20100309044/

 前編では、今回の特徴であるクアッドコア的な構造についての解説を行っています。
 今回のGeForce GTX400シリーズでは、GPCと呼ばれる、それ単体がGPU的なコアが4基で構成されています。単純な未来予測をするならば、GPCをコピペ的に増やして、中間ジェネレーションの上位機を作り、GPCを削減してミドルレンジ以下の下位機を作るということなのでしょう。

 ざっとスペックを見た感じでは、GDDR5を採用したとはいえ、ビデオメモリバス幅が先代よりも狭くなった点が気になる点ではあります。GDDR5はGDDR3の倍のデータレートがあるとは言え、それはバースト転送時のことですからね。

 それ以外は、まさに巨大母艦的な、NVIDIAらしいモンスターデザインです。

 いまだにNVIDIAが、こうしたデザインができるのはHPC市場を開拓したおかげだと言えます(おなじGPUコアでも、HPC分野では十倍以上の価格で売れる)




19.jpg
GeForce GTX 400アーキテクチャ徹底解説(後編)
久々に感じられる"NVIDIAの本気"
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.4gamer.net/games/099/G009929/20100324060/

 後編ではメモリシステムやテッセレーションエンジンについての詳細に言及しています。

 今回のメモリシステムで贅沢なのはキャッシュシステムにライトバックキャッシュ機構を取り入れたことでしょうか。GPU内のメモリの読み出しだけでなく、書き出しまでがキャッシュされることになり、複雑なシェーダがより高速に動かせることになります。なによりDirectCompute、CUDA、レイトレーシングなどのGPGPU分野では、このアーキテクチャは効果的に恩恵をもたらしそうです。

 テッセレーションエンジンは、贅沢にも各GPCに4基ずつ、GeForce GTX480では総計16基のテッセレーションエンジンを内包します。競合のRADEON HD5800シリーズはGPU全体でテッセレーションエンジンは1基しかありませんから、テッセレーションステージをヘビーに活用をした場合にはパフォーマンスの違いが出てきそうです。

 DirectX10黎明期では逆に、RADEONと比較してGeForce8のジオメトリシェーダのパフォーマンスは芳しくなかったわけですが、今回は逆の構図となりそうです。

 今回も抜きつ抜かれつのGPU戦争が続いているので、傍観者の立場としては楽しい限りです。



オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

NVIDIAイベント、登壇してきました

 4月25日の日曜日、NVIDIAのGeForce GTX480/470デビューイベント「NVIDIA GeForce GTX 480/470 Debut」にて登壇してきました。

DSCN7301.JPG

 23日に発売されたばかりのパナソニックの立体視対応VIERAのVT2の50インチが早々と展示されており、GeForce 8以降のNVIDIA GPUと組み合わせて立体視が出来るデモを公開していました。

 当日のイベントで、ホットトピックとしての一番はこれだったと言えます。

 これは、NVIDIAのGPUと立体視対応テレビ、そしてNVIDIAのオリジナルソフトウェア(ドライバー)「3DTV PLAY」を組み合わせることで、テレビ側のメーカーを問わずに立体視でPCゲームを楽しめるようにするものです。

 このソリューションではこれまで「NVIDIA 3D VISION」として発売されてきたNVIDIA側の立体視眼鏡と立体視トランスミッターが不要であり、立体視システムとしてはテレビ側のものを応用するという点が特徴となっています。

 立体視テレビシステム以外で必要なのは、3DTV PLAYというドライバーソフトウェアとGeForceの2つです。

 立体視テレビが発売されたはいいものの、立体視コンテンツが乏しい期間がしばらく続きそうですが、とりあえず、PCゲームを楽しむ…と言うのがいいかもしれません。

 …とはいうものの、このNVIDIA 3DTV PLAYですが、発売は夏だそうで(予価US$39)、結局、少々待たされることにはなりそうです。

 ボクのプレゼンテーションでは、「GPUってなに?」「DirectX11ってなに?」みたいな基本的な内容を紹介しました。

 下記の各メディアにその模様が簡単に紹介されています。

nv16.jpg
【GAMEWATCH】NVIDIA、パナソニック「3D VIERA」での大画面3D立体視環境をデモ
「NVIDIA 3DTV Play」で、PCが汎用3Dコンテンツ再生機に早変わり!

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100426_364016.html




sxevb3.jpg
【AKIBA PC HOT LINE】NVIDIAがGTX 480発売イベント実施、
「大画面で3Dゲーム」が可能な3DTV Playを披露

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100424/etc_nvidiaev.html




4g_010.jpg
【4gamer.net】NVIDIA,GeForce GTX 400シリーズのデビュー後初のエンドユーザー向けイベントを開催
http://www.4gamer.net/games/099/G009929/20100425003/





オンライン仕事 > NVIDIA | comments (0) | trackbacks (0)

【BD映画】フォースカインド、見た。ゲロ吐いて宙に浮きたい人は見るべし

 今週は「アバター」「カールじいさんの空飛ぶ家」などの大作ブルーレイソフトが目白押しですが、あえてややマイナー路線の今週発売作を購入して見ました。

 それは「THE 4TH KIND」( フォースカインド)ですこのエントリーを含むはてなブックマーク



 (以下、少々ネタバレを含みます)

 アラスカのノーム市で実際に起きた不可解な殺人事件と失踪事件を、実際の映像を織り交ぜながら、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の再現ドラマで綴ったSFスリラーです。

 簡単にいうと実話ベースの「X-ファイル」といったところですか。

 ノーム市では300人近い人々が「フクロウに見つめられる」という幻影に悩まされながら不眠症を患っているそうで、その患者を診ている精神科医(カウンセラー)というのがジョヴォヴィッチの役どころです。

 ジョヴォヴィッチが演じるタイラー博士というのは実在の人物だそうで、自分の夫が、自らが横に寝ている状況下で何者かに鋭利な金属で滅多刺しにされて殺害された…という異常体験の持ち主でもあります。

fourth_kind_jovovich3.jpg

 タイラー博士は不眠症に悩む患者達を催眠療法で時間退行を試みていきますが、患者達の催眠内時間がフクロウの記憶に差し掛かるところで患者は異様な行動をとったり、カウンセリングのわずか後に自殺をしてしまったり、はたまたカウンセリング中に目を疑うような超常現象すら起こるようになります。

 そうした異様行動や超常現象については、実際の記録映像が再現ドラマと横並びに再生され、リアリティと恐怖を同時に煽るという構成になっていて、これが本作の独特な表現方法になっています。

 真実を追い求めるタイラー博士は、ある晩、この一連の事件を口頭レポートとしてテープに吹き込んでいる際、テープレコーダーを録音にしたまま寝入ってしまいます。

 翌日、テープ起こしのために録音を聞いてみると、そこにはおぞましい音声と物音が記録されていたのでした。

Fourth_Kind_Pic_20.jpg

自分の夫の殺害事件も、もしかすると、こうした異常現象が関係しているのでは?

 亡き夫の書斎を調べていくと、命を落とす直前まで、紀元前3000年近く昔のシュメール文明の調査をしていたことに気がつきます。

 タイラー博士は、この夫が残した情報を元に調査を進めていく中で、催眠治療中の患者の訳の分からない言動や、タイラー博士のテープレコーダーに記録されていた音声は、シュメール文明の言語であることを突き止めます。

 点と点だった事象が、糸で結ばれるようになり、驚くべき仮説が導かれ出し、こうして物語はクライマックスへと向かってゆくのです。

4th_img_761504_22888028_0.jpg

 ラストについては、賛否が分かれるはずです

 ガッカリという人もいるでしょうし、実話ベースだから仕方がないと納得する人もいるでしょう。

 逆に、ますます、ウソか本当か分からなくなったと感じる人もいるかも知れません。

 まさに、あの都市伝説お笑い芸人ハローバイバイ関が流行らせた名台詞「信じるか信じないかはあなた次第」が、この映画のキーワードになっているわけですが、実際、映画の最初と最後にジョヴォヴィッチが「What you believe is your decide」と言い放っています。

 制作予算の大半をジョヴォヴィッチが持って行ったかも知れませんが、低予算映画のわりにはかなり楽しめると思いますよ。

 そうそう。この映画を見たあとは、寝入る際には、テープレコーダーを回しておきたくなります(笑)
映画 | comments (2) | trackbacks (0)

【NVIDIAイベント】4月25日、秋葉原でトークセッションをします

 NVIDIAが秋葉原にてGeForce GTX480/470のデビューイベントを開催します。

【追記】当日、拙著「ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術」を3名にプレゼントできることになりました。セッション後、じゃんけんをします

untitled.jpg
NVIDIA GeForce GTX 480/470 Debut - 【nvidia】
http://www.nv-event.jp/

タイトル : NVIDIA GeForce GTX 480/470 Debut
開催日時 : 2010年4月25日(日) 12:30~18:00
会  場 : カフェソラーレリナックスカフェ秋葉原
主  催 : エヌビディア ジャパン
参 加 費 : 無料 ※フリードリンクあり


 このイベントで西川善司が1時間ほどのトークセッションを行うことになりました。

 僕の持ち時間は15時からの1時間です。

 ものすごーく基本的なプレゼンを依頼されたので「GPUってなあに?」的な話と、「テッセレーションはすげえぜ」みたいな話をする予定です。

timetable.jpg

 午後17時からは笠原一輝氏のトークセッションもあります。

 あの未発売のPC版「ロストプラネット2」を3画面で立体視プレイが楽しめるかも知れない…とのウワサや、発売直後の50インチの3DプラズマVIERAで立体視ゲームプレイが出来るかも…との情報も漏れ聞こえてきています。(あくまでウワサです。)

 僕のトークセッションでは、ただプレゼンをするだけでなく、来場者の代わりにNVIDIAスタッフに厳しい質問を浴びせる「Q&Aタイム」も設けさせてもらうことになっていますので乞うご期待(笑)。

chusen.jpg

 4月16日以降、25日当日までにGeForce GTX200/400シリーズを購入した人はその伝票を持って行くと、マザーボードや液晶モニタ、PC本体などがあたる抽選会への参加ができます(オンラインでの購入も対象)

 では当日お会いいたしましょう~



オンライン仕事 > NVIDIA | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司が最速検証 LGエレクトロニクス E2350VR - LG 液晶モニターマニアックス

 LGエレクトロニクスの液晶モニター「E2350VR」を評価しました。

 E2350VRはTN型パネルを採用していますが、視野角は上下160°/左右170°、応答速度5ms(最速時)と必要十分で、なによりバックライトにエッジ導光型の白色LEDを採用しているところが特長となっています。

 パネル解像度は1920×1080ドットのフルHD対応。

 DVI-DとDSUBの2系統のPC入力の他、HDMI端子も実装されているのでゲーミングモニターとしてのポテンシャルが高い製品です。

 ゲーム映像、ビデオ映像を高品位に表示させることができる「超解像技術」をも搭載しているのでPCモニター「+α」の活用を考えている人にはお勧めです。

 搭載されている超解像技術は、簡易的なものですが、その代わり、適用時においても表示遅延が発生しないのがウリです。

 これはゲーミングモニターとしては嬉しいポイントですよね

e2350vruntitled.jpg
西川善司が最速検証 LGエレクトロニクス E2350VR - LG 液晶モニターマニアックス - Impress Watchこのエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.watch.impress.co.jp/lgmonitor/lg01/index.htm

 ボク自身が一番気に入ったのは薄型軽量という部分です。

 モニター部の最薄部は16mmで薄く、重量はわずか3.1kg。

e2350vr_014.jpg

 スタンド無しでのフォトフレームライクな設置にも対応しているので、本当に3.1kgの本体だけで利用が出来るんです。

 スタンド無しの設置は「ノートPCと並べて設置したときに、ノートPC側の画面と表示位置がずれない」…という機能として訴求されていますが、個人的には、手軽にひょいひょい移動出来るところが気に入りました。

sameline.jpg

 いつかチャンスがあれば、出張時にトランクに詰めて行き、出張先で多画面環境を利用する「出張多画面マニア」を実施したいと考えています(笑)

 23インチ「E2350VR」が2.6万円、22インチ「E2250VR」が2.5万円(2010年4月下旬現在)で、かなりお求めやすいのも魅力。

 超解像技術無しモデルならば23インチ「E2350V」で2.2万円、22インチ「E2250V」で1.9万円という値段(2010年4月下旬現在)。

 多画面環境を構築したいならば、メイン画面を超解像ありモデル、左右に置くサブ画面を超解像なしモデル…という構成がオススメかも。




オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

【(善)後不覚】3D立体視談義その2~立体視に適したテレビは液晶とプラズマのどっち?

 今、話題の「立体視」にまつわる雑談のパート2です

 4月12日、シャープは立体視に対応させた大型液晶パネルの発表を行いました。

 シャープはここで、「中型までのパーソナルユースの液晶パネルについては裸眼立体視を推進し、それ以上の大型ではフレームシーケンシャル方式の眼鏡装着型の立体視を推進していく」という方針を発表しました。

 今世代の立体視ブームにおいて、フレームシーケンシャル方式を一番乗りに推進してきたのがプラズマを推進するパナソニックだったので、「立体視はプラズマが最良である」という認識が浸透しつつあります。

 これに対して、今回、シャープは、今回の発表会にて、「そんなことはない。むしろフレームシーケンシャル方式は液晶の方が有利」という反論を展開したのでした。

DSC_0034.JPG
【(善)後不覚】3D立体視談義その2~立体視に適したテレビは液晶とプラズマのどっち?このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20100416061/

 ちなみに、フレームシーケンシャル方式では

(1)瞬間的に最高輝度に発光できること → 明るい立体像表示
(2)瞬間的に消光できること → 低いクロストークの実現

という2点がポイントになります。

 今回の「(善)後不覚」では、この2点に焦点を絞った上で、フレームシーケンシャル方式において、液晶が優位なのか、プラズマが優位なのか…についての考察を行っています。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (4) | trackbacks (0)

HEAVY RAINを買おうとしたら

 かなり面白いと聞いたので、PS3の「HEAVY RAIN」を昨日、意を決して、買いに行ったら、店舗に在庫がなかった。

 店員に聞いてみると、重大な不具合(セーブデータやシステムデータの破損)が認められたため、売りきりで新入荷分は控えているのだとか。

 確かに、ネットをあたってみるとソニーのオフィシャルコメントにも不具合を認める告知がある。

 リコールでの回収…ということではなく、不具合が発生した場合にはそれぞれ対処していく…という方針のようだ。

 ネットでアップデートが効くとは言え、初期ロットは避けたいというのが消費者心理というもの。

 初期ロットかどうか見極める方法は果たしてあるのか。

 ちなみに、こちらによれば不具合の発生率は低いらしいので、だったら流通在庫を買ってもいいかな~とも思ってみたり…。

 ただ、うちのPS3は、2月末のタイマー不具合が発生した初期型だからなぁ…。

 ソニーさん、はやくお墨付きで「もう大丈夫」のコメントを下さい~
一般 | comments (3) | trackbacks (0)

「サムライスピリッツ閃」のレビューをした

 発売されて結構経ってしまったタイトルですが、気になったタイトルなのでレビューをさせてもらいました。

 ネオジオファンとして、ネオジオワールドの格闘ゲームの新作は気になってしまいます。

 ええ、ちゃんと昨年の「KOF XII」は買いましたよ(笑)

 んでもって、この「サムライスピリッツ閃」(サムスピ閃)は、一応、正統なサムスピシリーズの続編なんですが、KOF XIIが2Dを維持したのに対して、こちらは3D化されました。

024l.jpg
ネオジオファンが挑む21世紀の3Dサムスピ - Xbox 360『サムライスピリッツ閃』このエントリーを含むはてなブックマーク
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/04/14/samuraispirits/index.html

 3D化されたサムライスピリッツといえばアーケードのハイパーネオジオ64のものを思い出す人が多いと思いますが、このサムスピ閃も実はアーケードで稼働していたタイトルなんですね。

 埼玉では、一度もアーケードで稼動していた筐体に遭遇できずじまいだったので、今回のレビューで初対面という感じでした。

 実際のプレイ・インプレッションはレビュー記事を参照して欲しいのですが、このサムスピ閃は、普通の21世紀型3D武器格闘になっていました。

 2Dサムスピは劇画風の荒唐無稽感が良かったのですが、サムスピ閃は緻密なプレイが要求されるテクニカルな3D格闘になっています。

 縦斬り、横斬り、軸移動は3D格闘らしいシステム拡張がなされ、3D格闘のお約束でもある空中コンボも積極的に採用されていました。

 サムスピには、ストリートファイター4的な、見た目だけを3Dにしたタイプのゲームプレイが似合っていると思っていたのですが、やっぱり、時代はこういうテクニカル系3D格闘が求められているんですかねぇ。



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

弾丸取材ツアー

2泊三日の中国、韓国、弾丸取材敢行中!!

HI3G0009.JPG

初日は南京に飛び、某社の工場を視察し

HI3G0010.JPG翌日夜には韓国でおいしい焼き肉をいただいているという急展開。

HI3G0029.JPG

韓国ではジェネシスクーペに遭遇

HI3G0027.JPG

2リッターターボのFRで韓国産のシルビアとも言われているやつ。

ちなみに、韓国はミニバンではなく、SUVブームなのだとか。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)