沖縄で発表会に参加

 人生初の沖縄。
 某社が沖縄で発表会を開催したのであった(笑)
 初インドの次が初沖縄とは...

 で、勢い余って変なTシャツを買ってしまい、日替わりで着ています。

 左がシーサーウィッチ、右がシーサー・メカニック・ブラザーズだそうです。
 どっかで見たことあるのは気のせい…じゃない!!

ceaserjibanyan.jpgceasermario.jpg
お笑い | comments (0) | trackbacks (0)

SIGGRAP2014レポート集(4)

 大分遅れ気味の記事フォローですがSIGGRAPH2014編を続けます。

 SIGGRAPHの展示セクションではNVIDIAやAMD、インテルといったPCユーザーに同じ美奈メーカーのブースもあります。

 NVIDIAブースでは、のちのGeforce GTX970/GTX980発表時に「Voxel Global Illumination」(VXGI)と改称される「GI WORKS」の展示を行っていました。

 下記がそのデモ映像です。


[SIGGRAPH 2014]NVIDIAがゲーム向けのリアルタイム大局照明,IntelはHaswell用DX12ドライバのデモを一般展示セクションで披露
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20140823008/

 VXGIは、Unreal Engine4が採用したものの、そのままお蔵入り機能としてしまった「Sparse Voxel Octree Global Illumination」(SVO-GI)に変わる軽量版のリアルタイム間接照明ソリューションとして訴求されています。

 まぁ、業界の見方では「PS4/Xbox Oneでのゲームでの採用はちょっと負荷的に難しいかも」という声もあるようですが「PCゲーム向けとしては十分使える」という意見も同時にあるようです。

 PS4やXbox Oneにおける間接照明は、「Image Based Lighting」(IBL)と「Realtime Local Reflection」(RLR)、そして「Parallax Corrected Cubemaps」(PCC)の組み合わせが定番化するのではないか…という見方が強いようですね。基本的には静的なソリューションですね。

 記事では、インテルブースやAMDブースもレポートしています。

 インテルも内蔵グラフィックス向けにDirectX12対応ドライバを提供するようで、そのデモンストレーションを行っていました。

 AMDは、独自のOpenCLベースのレイトレーシングエンジン「Fire Render」を発表し、これをブースで初公開していました。筆頭開発者はAMDの原田隆宏さん(写真左。Senior Member of Technical Staff,AMD)です。ボクのCEDECでのパネルディスカッションでは幾度となくパネリストをしてもらっている方です。

028.jpg

 Fire Renderは今後、Solid Angleのレイトレーシングレンダラ「Arnold Renderer」への採用が決定しているとのこと。ちなみに「Arnold Renderer」はハリウッドでの採用事例も多く、直近有名作では「ゼロ・グラビティ」があります。日本人のエンジニアが開発したものが、このように業界の先端に採用されていくのはワクワクさせられますね。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

変形しません

10157122_736083553138703_3486889033269321257_n.jpg 秋葉原ソフマップにて。
 よっぽど買おうかと思ったけど、思いとどまった。

 値段、意外に高いし。



 アマゾンだと安いな。
 でも買わない(笑)

 にしてもトランスフォーサーってどういうスペルなんだろうか。
 英単語にないよね。
映画 | comments (0) | trackbacks (0)

日本でもSHIELD TABLET発売

 日本でもNVIDIAのSHIELD TABLETが発売されました。

 先代のSHIELDは結局、日本では未発売でしたが、今回は日本のユーザーにも受け入れられやすそうなタブレット製品と言うこともあってNVIDIAも本気のようです。

DSC_2552.JPG
 自分も1台ゲットしています。

 内蔵されるプロセッサはNVIDIAのSoC TEGRA K1です、GPUの性能値は約365GFLOPS。

 ついにPS3の224GFLOPSやXbox360の240GFLOPSを上回るタブレットが出てきたんですね。

 当面は、最高性能タブレットとして君臨しそうです。



 ゲームファンからすれば、PS3の1.5倍以上の演算性能を活かしたタブレットゲームが出てくるのが待ち遠しいところです。

 まだタイトルは明かせないようですが、PC用のゲームの移植も行われているようです。たしかに、Unreal Engine4(UE4)が動作できるタブレットですからね。

 上の動画はSHIELD TABLET上で動作するUE4のリアルタイムレンダリングデモになります。



 そうそう、ELECOMさんから、SHIELD TABLET用の保護フィルムを頂きました。

 映り込み低減タイプの「スーパースムースフィルム」と指紋痕低減タイプの「指紋防止フィルム」の2ラインナップが出ています。ディスプレイでいうと前者はノングレアタイプ、後者はグレアタイプみたいなイメージです。

DSC_3240.JPG
 天井照明下での映り込みの少なさを重視するならば「スーパースムースフィルム」がお奨めですね。手触り感も「スーパースムースフィルム」の方が良好です。

 一方、メディア視聴がメインで画質を重視するならば後者の方がいいかもです。黒の締まりもこちらの方が優れています。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

SIGGRAP2014レポート集(3)

 SIGGRAPH2014の展示セクションレポートは毎年、最終日に一気に取材して書いています。

 まあ、細かいネタは色々あったのですが、製品展示関連で一番、目を惹いたのは、LYTRO社のライトフィールドカメラの新製品「LYTRO ILLUM」ですかね。

 ライトフィールドカメラは、その空間の光を全て記録してしまうカメラです。

 ピント合わせという概念がなく、近景から遠景まで、撮影レンズの画角範囲の全ての光を記録することが可能です。

007.jpg
[SIGGRAPH 2014]組み込み機器向けGPUがGPGPU用途にも広がりを見せる。SIGGRAPH 一般展示セクションレポート
このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20140820123/

 ライトフィールドカメラでは撮影した後に、ピントを合わせたり露出を変えたりすることができます。

 新型のILLUMでは、4000万本の光線が記録できるようになり、2D写真として現像した場合は2450×1634ピクセルの解像度になります。

 下は、そのライトフィールド写真を分かりやすくデモンストレーションしたものです。

 撮影した任意の箇所をクリックするとその箇所にピントが合うようになります。

 これはライトフィールド写真から、そのクリックした位置にフォーカスが合う写真をレンダリングして構成しています。




 このカメラ、OSがAndroidベースで、ライトフィールドの処理をGPGPUで行っています。プロセッサはARMのSnapdragon 800で、GPUは「Adreno 330」になります。

 Androidベースなので、アプリを動作させることができます。現在は、本体上で基本的な写真閲覧をしたり、レタッチをするようなアプリしかないようですが、そのうちライトフィールド写真を面白く活用するアプリが出てきたりするんでしょうか。

 そういえば、Androidベースのデジカメと言えば、最近、パナソニックから「LUMIX CM1」が発表になりましたね。

 今後、こういうデジカメも増えてくるのかも知れません。

オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)