西川善司のCOMPUTEX2011レポート(1)

 5月下旬から6初旬までは海外行きが連続していたため、ブログなどの更新が滞っていました。

 そうです。COMPUTEX2011とE3 2011です。

 ここ数回のエントリでは、それぞれの会期中に寄稿したレポートの解説をしたいと思います



qualcomm004.jpg
[COMPUTEX]立体視表示に超音波ペン? Snapdragonでお馴染みのQualcommがプレスカンファレンスを開催
http://www.4gamer.net/games/128/G012876/20110531001/

 昨今のスマートフォン、タブレット端末ブームで追い風に乗りまくっているのが組み込み向けSoCの有力ベンダーQUALCOMMです。
 QUALCOMMの注目製品は次世代の第3世代Snapdragonです。
 これに搭載されているGPU「Adreno220」は、QUALCOMMが買収した旧ATIの組み込み機器向けGPUテクノロジが応用されていることで有名です。

 ATIの遺伝子が息づいているせいなのか、Adreno 220用に用意されたゲーム風テクノロジデモの主人公はRubyにそっくりだったりします(笑)

 そのムービーは是非とも記事の方をご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加



[COMPUTEX]NVIDIA,「Crysis 2」のDX11パッチ適用版を披露。Kal-El世代に向けた次世代タブレット用TPSのデモも(ムービー追加)
http://www.4gamer.net/games/049/G004964/20110601002/

 今回も話題の中心は、NVIDIAの組み込み向けSoC「TEGRA」の話題が多かったですね。
 次世代TEGRAといわれる「KAL-EL」に関しては実機デモが行われていました。
 PCファンとして「おっ」と思わせてくれたのは、CRYSIS2のDirectX11アップデートの予告映像が公開されたところでしょうか。
 ちなみに、このアップデートは北米時間の6月27日に正式リリースされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


mskinnect_001.jpg
[COMPUTEX]Microsoftの基調講演で公開された「KinectとWindows Phoneとの連携」
http://www.4gamer.net/games/092/G009280/20110603002/

 マイクロソフト基調講演はWindows8の話題が出るかと思いきや、色んな政治的な理由で(笑)、ほとんど触れられることはありませんでした。

 このタイミングで、本国アメリカでWindows8に関するアナウンスをやっていたからですね。ちなみに、翌日には、台湾でも別会場でひっそりと、Windows8にまつわるカンファレンスが行われました。これについては続く次のレポートでフォローしています。

 肩すかしを食らった格好のマイクロソフトの基調講演でしたが、1つだけ変なムービーが公開されました(MIXで既に公開されていたようですが)。

 それが記事中に紹介したスマートフォンでKINNECTを邪魔する謎のソリューション(笑)です。その紹介ムービーには関根勤似と辺見えみり似のアメリカ人が出てきます(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


win8_004.jpg
[COMPUTEX]Microsoft,x86とARMの両方で動作する「Windows 8」を披露。タブレット向けの新UIや一部ハードウェア要件も明らかに
http://www.4gamer.net/games/126/G012689/20110603003/

 COMPUTEX会場ではない、おしゃれな「Wホテル」でひっそり開催されたのが、こちらのWindows8をメインテーマにしたカンファレンスです。もともとはパートナー向けの製品説明会だったようですが、この開催に気がついたメディアだけ(笑)、行くことが出来ました。

 幸運にも自分は潜り込めたのでレポートしています。

 詳細は記事の方をどうぞ、という感じですが、興味深いのは、Windows8では、Windows7よりもさらに要求スペックが「下がる」ということですね。

 さらにインストール時には、ターゲットハードウェアの特質を自動判別して最適なインストールを行うと言うところも面白いです。たとえばタッチパネルありとなしのハードウェアではインストール後、デスクトップ画面などの初期画面も異なってくるようですし。

 心配なのはアップグレードインストールですよね。
 そうしたインテリジェント機能がちゃんと働いてくれるのかどうか。

 NVIDIAが、完全TEGRAベースのWindows8ノートパソコンを展示していたのも暗示的でした。

 2012年以降、Intel Outside…どころか、x86 OutsideなWindows8パソコンがいろいろと出てくることを予感させてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

【(善)後不覚】Wii UをPS3.5、Xbox480的な存在としたい任天堂のWii "U"RA(裏)戦略とは?

 4gamerの連載コラムで、Wii Uにまつわる「信じるか信じないかはあなた次第」的な"半分お笑い、半分本気な"お話を書きました。

 任天堂は、Wii Uを、ディスプレイ付きコントローラによって新しいWiiの楽しみ方を提供するWiiの後継機として訴求していますが、それ以外にも裏戦略が隠されているかも…というお話です。

wii_ura_014.jpg
【(善)後不覚】Wii UのGPU性能と新型コントローラに秘められた「コアゲーマー求心」の裏戦略
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20110624034/

 Wii Uは、PS3やXbox360を大きく引き離すほどではないにしろ、PS3,Xbox360
を上回るポテンシャルを持っていそうだということは、搭載GPUのスペックなどを見ても徐々に分かってきています。

 実は本体だけでなく、新型のディスプレイ付きコントローラも、PS3やXbox360の標準ゲームコントローラ的な機能を持たされており、逆の見方をすると「PS3やXbox360のゲームコントローラにタッチ機能付きのディスプレイを付けて、各種センサーを付けたものが、Wii Uの新型ディスプレイ付きコントローラである」…と言うことが出来そうなんですね。

 これまでPS3,Xbox360の両方に提供されてきたマルチプラットフォーム展開のゲームタイトルでは、現行Wii向けは半ば仲間はずれ状態と言うことが珍しくなくなっていました。

 出たとしても操作系が必然性無しにWiiリモコン対応になっていたり、グラフィックスがショボくデチューンされていたりと、そのゲームの現行Wii版を選択する意味合いが薄くなっていたと言えます。

 しかし、Wii Uになるとこの状況が一変します。

 PS3,Xbox360向けのマルチプラットフォーム展開されるゲームタイトルは、グラフィック性能的にも、操作性においても、Wii Uに妥協なく持ってくることが出来るようになります。それどころか、新型コントローラ側のディスプレイや、タッチ機能、各種センサーを活用したプラスαの要素を盛り込むことが出来ます。

 つまり、Wii U登場以降は、マルチプラットフォーム展開されるソフトでは、Wii U版がビジュアル面でも、操作系においても、プレイ体験においても、最上位スペックの"出来映え"となる可能性があるのです。

 E3における岩田聡・任天堂社長の「Wii Uで離れてしまったコアゲーマーを再び取り戻したい」という発言は、こうした裏戦略のことを言っているのかも知れません。

 Wii Uの"U"は"YOU"の意味だと説明されていますが、もしかしたらコアゲーマー再獲得のための裏戦略の頭文字"U"だったりして(それはないか(笑))



このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (6) | trackbacks (0)

ハリウッドで「プラレス三四郎」を実写化!?

 いや、「REAL STEEL」というオリジナル作品なんですけどね。

 で、こっちはボクシングだと。



 ネタ映画と思いきや、結構真剣みたい。
 ヒュー・ジャックマン主演。ドリームワークス製作。

 日本での公開は2011年12月らしい。

 日本への変なリスペクトがあるのか、主役メカ(ではないらしい。後述)のボディペイントが「超悪男子」ときた。

rsrobo.jpg

 これは必見だ。

rs-wp-1200-001.jpg

 色んな意味で。

 ちなみに、主役メカは、下記の予告編によれば、オーバーホールされたスクラップのスパーリングロボとなるようだ。



 ストーリー的にはロッキーのような復活サクセス・ストーリーみたいな感じ?

映画 | comments (0) | trackbacks (0)

スカイライン-征服

 「スカイライン」と言っても車じゃなくてSF映画です。

 日本では本日から公開ですね

 アメリカでは2010年に公開されているので北米版のブルーレイをこの間の出張で買ってきて見たのですが



 「インディペンデンスデイ」とか「宇宙戦争」と同じ着想で、突然エイリアンがやってきて地球上を破壊しまくるという内容で、ストーリーとしてはそれ以上でもそれ以下でもないです

 面白いのは、エイリアン軍が人間を、青い光で呼び寄せて(まるで虫扱い(笑))、掃除機のように吸い込んでしまう兵器をもっているところ。
 巨大生態ロボみたいななのも持っていて、デザインは、なんだかGears of Warみたいで親近感を覚えます。

 インディペンデンスデイとは違って、今回のエイリアンは、人類最大の兵器、核攻撃への耐久力まではないのですが、自己修復能力で人類に挑んできます。

 エイリアンは、回収した人類をどうするかというと、脳みそだけ摘出して身体とかの方は破棄してまうんですね。油とかヒゲとかだけとって、肉とかは破棄してしまっていた西欧の捕鯨なんかを思い起こさせます。

 エイリアンが人間の脳にだけ固執する着想は「ヒドゥン」とにていますが、あっちのエイリアンは脳内麻薬云々の話だったのに対し、こっちのエイリアンは脳そのものを思考パーツとして再利用する設定です。

 一般市民の視点で逃げ回るだけのパニック映画なので、雰囲気は「クローバー」とよく似ています。というか、主人公達は、高層マンションから観察するばかりで、結局、最後まで一歩も外に出ないので(笑)、映画史上類を見ない「引きこもり系宇宙戦争パニック映画」ですね。斬新。

 エンディングについては「クローバー」ほど「置いてけぼり」感はなく、本当のラストのラストには希望もある…が「2」は作られまい…といった感じ。

 物語を重視する人にはお勧めしませんが、こういうエイリアンがやってきたらこうなるだろうなー…という良い意味で冷徹なシミュレーション映像として楽しむにはいい感じ。制作側が、主役を務める俳優陣に全て無名俳優を起用したのはそのためだでしょう。

 で、面白いのは、このスカイラインを手がけたストラウス兄弟が、同じロサンゼルスを舞台にした宇宙戦争物を並行製作してしまい、これが、訴訟問題にまで発展してしまっているところです。

 その問題の映画がこちら「世界侵略:ロサンゼルス決戦」



 先に製作されたのはスカインラインの方。

 ただ、それよりも先に「世界侵略」の制作費を出したのがソニー・ピクチャーズで、その資金やら、「世界侵略」の製作過程で作られた創作物(CGとかセットとか?)などを、スカイライン製作に流用していただろ…と契約違反で訴えられているみたい。

 ちなみに世界侵略の方は日本では、今から3ヶ月後に公開されるみたいですね。

 また、世界侵略の方は、スカイラインとは違って有名俳優が出るヒロイック映画になっているみたいです。

 なんか、話題作りという気がしないでもないけど、こっちも見てみたい…と思った人はボクだけではないはずです(笑)
映画 | comments (0) | trackbacks (0)

LGエレクトロニクスの新製品テレビの発表会で登壇しました

 5/28に台湾いりしてCOMPUTEX/台湾、6/3に台湾から帰国して、6/4からE3/ロサンゼルスへ…。やっと今週、半月ぶりに日本に帰国しました。

 その直後、6月15日は、LGエレクトロニクスの新製品テレビの発表会で登壇しました。

 AV WATCHではさっそく記事が上がっていますね

lg35.jpg
LG、偏光3D/新IPSの「CINEMA 3D」など新液晶テレビ
-最上位「NANO FULL LED」は直下型LEDで最薄8.8mm

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110615_453130.html

 最近は、三菱のRDT233WX-3Dのレビューもやりましたし、偏光方式の3Dの新製品の登場が目立ちますね。東芝のレグザZP2も偏光方式です。ZP2については、月内に大画面☆マニアでご紹介出来るかと思います。

 「善司さんは、偏光方式推進派なの?」という質問を受けたのですが、そもそもボクは新技術と技術の進化に興味があるだけなので、別に何々信者とか何々推進派というのはないですね。

 愛車歴を言えばホンダの次、マツダですし、パソコンの機種歴もソニー、デル、富士通、とメーカーにはこだわりはないですし。まぁ、X68000のイメージが色濃く残っている自分としては「シャープ派?」の印象が強い人もいるでしょうけど(笑)、あの時代でも実はPC88/98やらEPSON互換機まで持ってましたからね。

 まぁ、コンサルティングとかマーケティングとか、そっち方面の仕事をしてらっしゃる方は分かると思うんですが、クライアントの商材の良さを引き出すための論調を生み出すということは、こういう仕事では必須なんです。
 その意味では、プラズマテレビの暗さを「プラズマは明るすぎない」というセールストークでカバーする術をうみだした人は天才だと思います。広告代理店とかは、ほんと、その手の天才はたくさんいますよね。

 ボクには、そこまでの才能はないですが、今回はクライアントが三菱→LG…と偏光方式3Dに関連した仕事が続いたので、偏光方式の良さについてあの手この手の手段のアピールを用意して、それが連続しただけのことです。

(プレゼンは、まずまず好評だったようで、LGエレクトロニクスの李揆弘社長から直々に「社員教育に転用したい」という、直々のご挨拶まで頂きました)

 フレームシーケンシャル(アクティブシャッター3Dメガネ)方式には、そっちはそっちでその長所、美点がありますから、そっち方面から依頼を受ければ、その優位性を訴えることは出来ます。

 LGエレクトロニクスとしても、「あっちが悪くてこっちが良い」という主張はしたくないようで、対等の目で見て、ユーザーには、どっちか好きな方を選んで欲しいというのが本音だと言っていました。

 要するに不当な先入観で見て欲しくない…ということですね。

 そういえば「アクティブシャッターメガネには偏光板がないだろ」とかなり強い論調で訴えている方がおられるようですが、アクティブシャッターメガネにも偏光板は入っています。

 そもそも、液晶シャッターメガネの液晶はTN型です。この方式では液晶分子自体に遮光特性はありません。なので偏光方向が直交する偏光板を光の入射側と出射側に配して液晶層を挟み込んでいます。
 もし、信じられないようでしたら、一番分かりやすい確認方法がありますよ。
 アクティブシャッターメガネを2つ持っていたらメガネの電源オフ時でいいので、2つのレンズを90°直交させて重ね合わせてのぞいてみてください。黒くなります。偏光板が入っている証拠ですね。

 ソニーのブラビアの3Dモデルもメガネはアクティブシャッター方式です。これには偏光板がない!と言い張っている人がいますが、実はそうではないです。
 ブラビアは、液晶パネル表示面側に3Dメガネの偏光板に相当する偏光方向の偏光板を取り付けた工夫をしているんですね。ですから、ブラビアの3Dメガネの出射側には、これと直交する偏光方向の偏光板の偏光板を付けています。ブラビアの3Dメガネも前述の2つのメガネを直交させて覗く実験をしてみましょう。暗くなるのが分かります。偏光板が入っている証拠です。

 僕の話が信じられないというひともいると思うので、フレームシーケンシャル方式のアクティブシャッターメガネを採用するシャープのプレゼンを示しておきましょう。偏光板が採用されていることを記載しています

 それと、「偏光方式の解像度情報が、フレームシーケンシャルの二倍あるなんてウソだ」という指摘が先ほどの指摘に書かれていますが、その通りです。ボクも二倍とは言っていなくて、実は、解像度情報はフレームシーケンシャルR100:L0で、偏光方式R50:L50で、両方とも言ってみれば同一時間軸上では半分なので等価だよね…という論調をいいました。

 まぁ、実は、フレームシーケンシャル方式に限らず、DLPとかプラズマとかもそうですが、時間積分的なアルゴリズムでは時間方向に人間の視覚の残像効果を応用します。ですから静止画としての解像度は確かにフレームシーケンシャル方式の方が上です。

 未来の話をしますと、偏光方式は、Active Retarderというフル解像度の偏光方式を実現する技術の用意がありますが、その前にもう一つ、中間段階の技術が1つ2つあります。

 これらは、いずれ、機会を改めて何かの記事でまとめたいと思っています。

 それと、ボクは、暗算はとても苦手ですが、理系です(笑)
(文系の人はもっとうまい文章が書けます)
講演 | comments (14) | trackbacks (0)

Wii Uのディスプレイ付きコントローラの液晶パネル解像度

うーん。6.2インチの液晶パネルだが、パネル解像度は、720×480ドットの横長の長方画素可能性が出てきたな。

推測していた800×480ドットも横長の長方画素になる計算だが、水平解像度はもうちょっと少ないのかもしれない。

次回、実機を見る機会があったら、定規と虫眼鏡を持っていって、まじめにドットを数えてみよう(笑)

1cm分くらい、数えれば、あとは計算出来るし。

システム根幹部分の設計もまだ謎は多い。

メモリバスシステムはどうなっているのか。UMAなのか、ディスクリートなのか。さらに、UMAだとしてメモリはCPUとGPUとどっちのバスにぶら下がるのか。Xbox360的にGPUバスにぶら下がる可能性が否定出来ないが...。

話は違うが、後藤さんは1T-SRAMは、これまで通り、そのまま載せるに違いないると予測していたな。
一般 | comments (5) | trackbacks (0)