「ストリートファイター キャラクターメイキング-HOW TO MAKE CAPCOM FIGHTING CHARACTERS」の執筆に参加しました

01_o.jpgストリートファイターVのメイキング本/設定資料集の執筆に参加いたしました。

 自分が担当したのはまさにメイキングストーリーの部分です。

 2年もかけてプロトタイプを試作したところ「鉄拳」みたいな3D格闘ゲームみたいになってしまった話とか、なぜブラジル代表はブランカではなくララになってしまったのか、そしてなぜブランカは追加キャラクターとしてリリースになったのか…といった秘話のような話をたくさん詰め込みました。

 4Gamerの方の連載のやつはどちらかといえば技術的な話がメインでしたが、本書はどちらかといえば開発秘話の方がメインなので万人向けです。

 全ページカラーです。
 設定資料集パートはもちろんですが、「あやしい美術解剖図」パートは絵描き勢に相当参考になる資料になるかと思います。

 というのも、これ「ゲーム向けの人間キャラクター」をカプコンでデザインする際のカプコン社員向け作画ガイドラインの社内資料なんですよね。

 立ち読みしてもけっこう楽しい本かと思います。



 ちなみに、下が、自分が執筆を担当したパートのサンプルページです。

06_o.png07_o.png
書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」「ストリートファイターV」における高密度なノンフォトリアル表現,そのレシピを探る

 西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」の「ストリートファイターV」編がやっと完結しました。

 色んな連載を並行して進めていて、しかも週刊連載もいろいろ抱えている関係でどうしても、締め切りが緩い仕事は後回しにしてしまうことが多くて…。

 ただ、内容的には面白いものに仕上がったと思います。

 前編は既に春の時点で掲載していましたが、あらためてここでも前中後の3編をまとめて紹介しておきます。



sfv_1.gif
西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(9)「ストリートファイターV」における高密度なノンフォトリアル表現,そのレシピを探る・前編
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://www.4gamer.net/games/283/G028398/20180130049/

前編はグラフィックスのスペックの話がメインです。
ポリゴン数とか解像度とか、比較的分かりやすい数字の話ですね。
その他に、ストリートファイターVの制作秘話的な部分にも触れています。



西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(10)「ストリートファイターV」における高密度なノンフォトリアル表現,そのレシピを探る・中編
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://www.4gamer.net/games/283/G028398/20180714030/

中編はストリートファイターVが3Dグラフィックスを採用しながらも2D格闘ゲームとして成り立たせるための様々な工夫について触れています。
また、アニメーションなどの話題についても触れています。
あまり気が付かれていませんが、今作ではゲーム中にワザを出す際にワザ名をちゃんとクチパクでしゃべっています。


sfv_2.gif
西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(11)「ストリートファイターV」における高密度なノンフォトリアル表現,そのレシピを探る・後編
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://www.4gamer.net/games/283/G028398/20180714031/

後編はストリートファイターVの特徴的なイラストレーションタッチシェーダーの秘密の他、背景グラフィックスやカラーグレーディングの話などを取り扱っています。
カプコンが誇るグラフィックステクニックの秘密を説き明かしている内容で、アート志向の方には参考になる話題かと思います。



オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第249回~破格のリアル4Kプロジェクタ、ソニー「VPL-VW255」。18ギガ対応と上位機譲りの画質

 疑似ではないリアル4K解像度のプロジェクターの決定版とも言えるモデルがやっと登場。

 型番は先代から+10されただけだが、18Gbps HDMIに対応したことが大きなポイント。価格もほぼ据え置き。

745_so21_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第249回~破格のリアル4Kプロジェクタ、ソニー「VPL-VW255」。18ギガ対応と上位機譲りの画質
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1151657.html

 もちろん、レンズメモリー機能を搭載し、より明るく動的絞り機構を搭載したVPL-VW555の方が性能は上だが、ホームシアター機としてはVPL-VW255は十分に優秀だと思う。

 フルHD機からの買い換えとしては今期ベストバイとして推す。

 AVACでは50万円を割り込んでいて、おそらく早くしないと年内納入が難しくなること必至。買うなら急げ!

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)