「人喰いの大鷲トリコ」発売、おめでとうございます。そしてありがとうございます。

IMG_20161207_025728.jpg12月某日、伝説のゲームクリエイター、上田文人氏から直筆のメッセージ付きで贈り物が届きました。
ついに、この日が来たのです。
おめでとうございます。
そしてサンプルの方、ありがとうございます。
とても感慨深いですね。

上田文人氏はゲームクリエイターですが、ご自身の出自はアーティストでありアニメーターでもあることから、独特な世界観を構築するだけでなく、「その世界のビジュアル」、そして「その世界で生きる者達の動き」に関しても独創的なアイディアを盛り込んでいます。そしてそうしたアイディアを実現するために、その時代のハードウェアの限界を超える必要が毎回出てきてしまうのでした。

 第一作の「ICO」はもともと初代PSで制作が進められていた作品でした。この作品はNPCを守りながら戦いつつ、ゲーム世界の謎(パズル)に挑む、というゲームメカニクスが主題ですが、圧倒的なスケール感とビジュアル表現を実現するのには初代PSは性能が足りませんでした。その後に登場した次世代機のPS2でも性能が足りないくらいでしたが(笑)、PS2の限界を超える形で完成。PS2時代に疑似HDR的ビジュアル表現を具現化し、さらにセルフシャドウ付きの影表現をも実践していたのでした。この作品以降、他のPS2作品でもHDR表現が流行します。そして、最新のPS4で今年、やっと本物のHDR表現が可能になったのです。いわば、上田氏は、初代PSの時代から15年先取りしてゲームの映像表現にHDR的手法を取り入れようとする発想があったというわけです。おそろしや。



 そして第二作「ワンダと巨像」。この作品以前は、デカいボスはその見た目がでかいだけで「弱点を撃て!」みたいなものが主流でした。しかし、「ワンダと巨像」では動き回る巨大な敵を、よじ登って直接攻撃するという斬新なゲームメカニクスが導入され、敵と自キャラの体積比1000:1のエピックスケール・インタラクションを実感させられる表現手法を実用化したのでした。この作品で実用化された「アニメーションと物理シミュレーションを統合」させる「加算モーション」の考え方は、後に登場する次世代機のPS3時代の技術を先取りするものでした。また、この作品では、ビルボードパーティクルを頂点単位で疑似ライティングすることで実践する疑似ボリュメトリックレンダリングの実用化、プログラマブルシェーダーがないPS2で疑似ファーシェーダー的表現や、疑似短毛シェーダーの実践などを導入しています。これらを実機に実装したのは開発チーム内の優秀なプログラマ達ですが、その根幹アイディアの多くは上田氏自身の発案によるものです。このあたりの詳細はこちらをどうぞ(下記)

3dwa68.jpg
西川善司の3Dゲームファンのための「ワンダと巨像」グラフィックス講座
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20051207/3dwa.htm

 今作、「人喰いの大鷲トリコ」についての見どころや技術ポイントなどについては、いずれ自分の連載記事等で紹介できたらいいなぁ、と思っています。
 ゲームそのもののインプレッションはこちらで述べていますので興味があれば、どうぞ。

008.jpg
[E3 2016]「人喰いの大鷲トリコ」をさっそくプレイ。これぞ血統書付きの上田ワールドだ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/305/G030592/20160616139/

 そうそう。
 「人喰いの大鷲トリコ」の発売にあたって、ソニーが面白いYouTubeを公開しています。
 実際に発売されることは喜ばしいのに、なぜか、「トリコ・ロス」的な風情が感じられる映像が多くてほんのり切なく、そしてクスっと笑えます。
 我々も、もしかするとこんな気持ちなのかも知れません。


 








 上田氏の過去作である「ICO」「ワンダと巨像」はもともとはPS2向けに発売されたものですが、PS3へのリマスター移植版が発売されていて、なんと3Dテレビ対応となっています。これから上田ワールドを楽しみたい人は、PS3版をプレイするのが良いかと思います。

ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)

【買うなら今しかない】電波新聞社/マイコンソフトのスキャンコンバーター「XRGB-mini」が生産終了に

 アーケードゲーム基板、レトロゲーム機、レトロパソコンの映像などを最新のHDMI信号に【超】低遅延で変換するスキャンコンバーターの名機である「XRGB-mini:FRAMEMEISTER」が、メインプロセッサのディスコンにより近く製造終了となる事が発表されました。

 後継機の予定の目処が立っていないとのことなので、これまで「あとでいいや」と思っていた業界関係者は、なるはやで購入をした方が良さそうです。

 Amazonでの正規価格の販売は行われておらず、今はダイレクトショップが一番面倒のない購入方法かと思います。

 ボクも紹介記事を書いたことがありまして、今でもNEOGEOを使うのに愛用しています。

xrgb-mini_z01.jpg
「ゲーム志向」のスキャンコンバータはレトロゲーマーを救うか
マイコンソフト XRGB-mini

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20120227012/

 
ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)

あれにそっくりなこれ

VRカノジョかあ。
「我々、Illusionは、バンダイナムコに宣戦布告する!」
といって出すのかな。



ちなみに、メインテーマとなっているこの曲、フリー素材なのね。
なかなかいい曲。

バルーン written by カワサキヤスヒロ
https://dova-s.jp/bgm/play5135.html
ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)

「UNTIL DAWN」をプレイしました

 「UNTIL DAWN」をプレイしました。



 ソニー・コンピュータエンタテインメントのファーストパーティSUPERMASSIVE GAMES社のタイトルで、実在する俳優をモデリングして制作された書き下ろしシナリオのミステリー・ホラーなアクションアドベンチャーです。

 アクションアドベンチャー…といっても、「UNCHARTED」シリーズのようなアクションゲームではなく、どちらかといえば「HEAVY RAIN」「BEYOND TWO SOULS」のようなQTE(クイックタイムイベント)主体の現代スタイルのアドベンチャーゲームです。

 本作のストーリーは、パクリとかそういうのではなく、確実に90年代中期から後期にかけて流行した「ティーンエイジ・スタイリッシュ・ホラー」を再現しようとする意図が見え隠れして楽しげです。

 「ティーンエイジ・スタイリッシュ・ホラー」とは、ハリウッドで売り出し中の若手のイケメン俳優、美少女女優を一堂に集めて互いを疑心暗鬼にさせたシチュエーションでもてあそぶスタイルのホラー映画です。日本でいうところのアイドル映画ですが、そこはハリウッド、シナリオはしっかりしているので純粋なホラーとしてもちゃんと楽しめます。

 「ティーンエイジ・スタイリッシュ・ホラー」の代表作と言えば「スクリーム」や「ラストサマー」でしょう。



 「誰が誰を好き」「誰と誰がもともと付き合っていた」みたいな設定があって、その特定の男女だけになるとすぐセックスを始めてしまう盛りの付いた若者達に容赦ない殺人シチュエーションが襲いかかるのです。

 で、登場人物を一人また一人と殺していく殺人鬼は、物語の中盤までは、伝説の怪人扱いだったり、心霊現象的なモンスターとして描かれていくのですが、最後の謎解きシーンで実は、登場人物の若者の一人だったり、過去の事件にゆかりのある親族だったりするどんでん返しがあって「うっそー。そのオチの発想はなかった」と驚くのが定番の楽しみ方でした。

 「ファイナル・デスティネーション」も「ティーンエイジ・スタイリッシュ・ホラー」に分類されますが、これは殺人鬼(?)が最初から超自然現象であることを最初からネタバレしておいて、その「殺しのルール」を欺こうとするイケメン・美少女達の無駄な努力が描かれます。

 セックスしようとすると殺されガチなのは「13日の金曜日」以来のホラー映画でのお約束です(笑)



 前置きが長くなりましたが「UNTIL DAWN」というゲームは、この「ティーンエイジ・スタイリッシュ・ホラー」が好きな人には文句なくオススメできる作品です。

 物語のシチュエーションや展開は、オマージュと言ってもいいくらい、かなり「ラストサマー」に似ています。

 「ラストサマー」では馬鹿騒ぎして車を暴走させていたイケメン美少女グループが、見知らぬ人を路上で轢き殺してしまって、人里離れた山奥だったので「みんな、これナイショな」といって「死体を遺棄」。しかし、翌年のこの事件の日に「昨年の夏、お前達が何をしでかしたか知っている」という謎の手紙が届き、事件関係者が一人一人殺されていく…という内容でした。



 「UNTIL DAWN」では、恋する地味っ子ハンナが、イケメン・美少女ばっかりの友達大勢を冬山の別荘地に招き、タイミングを見てお目当ての男子に告白してキスを迫るも、この告白の一部始終は全て仲間たちに見られていて、しかも、告白相手の男もグル…という最悪の結果を迎えます。地味っ子は友人にからかわれたショックから、泣きながら雪降る雪原に駆けだして行き、そのまま行く不明になってしまいます。

 そして翌年の同じ日、地味っ子ハンナの兄ジョッシュが、行方不明になった妹を弔うべく、当時のメンバーを同じ別荘に招くのです。
 この仲間が再集結したその日、この山麓を凶悪な殺人鬼が徘徊しているという報道があり、不安になる面々。

 しかし、怖いものなしのお年頃の若者達はそれぞれが好き合う男女でペアになってしっぽり楽しもうとするのでした。

 その後、あるカップルは殺人鬼の脅威に怯え、あるカップルは不可思議な心霊現象に脅かされるようになることも知らずに…。



 ラストサマーとかの「ティーンエイジ・スタイリッシュ・ホラー」ファンならば黒幕は早々に想像が付いてしまうわけですが、「UNTIL DAWN」では、そのあたりもよく考えられていて、もう一段深い真相を用意しています。なので、一段目の黒幕を早々に目星を付けてしまっていたボクも、ちゃんとストーリーを楽しめました(笑)。

 物議を醸しているのは、日本版は残虐シーンを暗転でカットしてしまっているところですね(下の動画)。



 これは、さすがに残念でした。

 この手のホラーは、イケメン・美少女が無残に殺されていくのもお楽しみの1つなので、映画ではそうしたシーンがちゃんとみられるのにゲームになるとカットされてしまうのはどうかと思いましたね。

 某人物が殺されるシーンの暗転カットに非難が集まっているようですが、それよりも、ボクとしては最後の方の「死体だらけの炭鉱」シーンが全暗転されてしまうのにはまいりました。このシーンはいわばある種、一連の恐怖の根源の種明かしの部分なので、そこが暗転されてしまうのは、種が明かされるどころか「え、なになに?」と謎が深まってしまうのでまいりました。

 そこ以外は、総じて楽しめます。
 英語が分かる人ならば北米版を購入した方がよいかもですね。

 もし、一度、日本版をプレイした人で、暗転カットシーンを確認したい人は、こちらの動画で該当シーンを確認するといいでしょう。



 海外の実況プレイ動画配信者による動画で、ベストエンディングではなくジェシカが死亡しているとおぼしき展開ですが、問題となっているシーンは一通り確認できます。

 これで確認すると、暗転カットシーンは、それほど神経質にならなくてもよかったのではないかなぁ、とか思いました。

ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)

Project Morpheaus向けのゲームとして

うーん。

Projecty Morpheausに、OMEGA BOOSTってテーマとして最高なんじゃないだろうか。



マルチロックオン。
360°バトル。

ポリフォニーデジタルか、SCEJAに直訴しようかな...




ゲーム | comments (1) | trackbacks (0)

STEINS;GATEをプレイしてました

実は、ラスベガスから帰国直後、体調を崩し、病床に伏しておりました。

ほとんど眠っていたのですが、起きている間はベッドの中でPSVITA版「STEINS;GATE」をプレイしてました。

アドベンチャーゲームの「ゲーム」としては賛否がありそうだけど、タイムパラドックスもののライトノベルとしては完璧。秀逸でした。



過去を変えたときにパラレルワールドができるのではなく、その可能性がある世界に「世界線」が分岐してしまうという概念が面白かったです。

だからいくらでも過去は書き換えが可能…という大胆な解釈。

「世界線」とは「常に存在する世界は1つだが、世界のぶれる可能性がつねについて回り、観測した結果としてその世界が存在することが確定する」という量子論的な概念。

それと、主役2大アイテムが万能なタイムマシンではなく、「過去にメールが送れる」「知識だけを過去に送れる」という非常に使い勝手の悪い時間跳躍アイテムとして存在していたことが物語を面白くしていました。

世界線の分岐と収束のために「人の生き死にが確定する」という発想も、「人間の運命」ってそれで説明できるかも…とか思わせられたり。

一方で、「観測者」の存在が、その主観的な世界線の行く末を確定させるのであれば、それを逆手に取ることで「運命を騙す」ことすら出来る…という物語の着地地点も、希望に満ちあふれていて素晴らしいですね。

それと、物語に、常にX68000が重要な脇役として常に出ているのもよかったなーと(笑)。

オススメ!!




 アニメにもなっていたり、ゲームストーリーの後日談の物語が劇場版映画になっているんですね。今度、ブルーレイ・ボックスでも購入して見てみようと思います。
ゲーム | comments (3) | trackbacks (0)

Wii 生産終了へ。Wii Uがんばれ。

 スプリンターセル・ブラックリストをWii U版で購入。
プレイして最後まで到達。

 この種のアイテムセレクトの多いゲームはWii U GAMEPADでのプレイは好感触だった。

 PS3,Xbox360のマルチタイトルは、今後も、実験的な意味合いを込めて、Wii U版を買ってみようかと思った。

 チューニングが徹底されずにフレームレートが低いタイトルもあるようだけど…まぁ、そこは、割り切って。



 それはそうと。

Wii生産終了へ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASHD0102N_R01C13A0000000/

 なるほど。

 海外では、1万円未満に値下げされた廉価版のWii Miniが出ているけど、


http://www.nintendo.com/wiimini/?country=CA&lang=en

Wii Uにもこんな感じの新版の導入が必要なのかも。

 例えば、GAMEPADの画面サイズを小さくして、価格の安い新版Wii Uとかでてきたらいいかも。

 現状、Wii U GAMEPADって、前述のスプリンターセル・ブラックリストもそうだったけど、マップ画面とかアイテムセレクト用途に使うケースが多いので、それだったら3-4インチのGAMEPADで十分だし、その方がゲームが遊びやすいことも多いし。

 もちろん、従来の画面サイズの大きいGAMEPADも、ゲームによっては使いやすいんで、Wii U Miniが万が一、出てきた時も併売されるべきだとは思うけど。



 確か、以前、任天堂は、Wii Uはファームウェアアップデートで、もう1台までのGAMEPAD接続に対応する…といっていたので、現行GAMEPADいずれ単体発売もあるはずで。それだったらこの機に、価格を抑え込んだWii U Miniみたいなのが、手できたらいいなぁ、と思ったのでした。



 ちなみに、ピクミン3もクリアしました。
 ほぼ全てのトライアルもプラチナでクリアしたけど、アメニュウドウだけがゴールドどまりです。

 もう少し、Wii Uの人気が出てくれるといいのになぁ。

 ゼルダHD版も買いに行かなければ。

ゲーム | comments (3) | trackbacks (0)

2014年はオメガブースト、生誕15周年記念イヤー

来年2014年は「オメガブースト」生誕15周年イヤーなんです。
しってましたか?

ボクはこの作品の大ファンでして、ポリフォニーデジタルはPS4用のグランツーリスモの前に、こっちの新作を出してくれるんじゃないか…と勝手に期待しており、東京ゲームショウでの新作発表があるかも…と今からドキドキしています。

今、そんな期待感を盛り上げるために、オメガブースト・サントラを大音量で連日流して仕事しております。



ちなみに、「オメガブースト」はグランツーリスモの開発元として知られるあのポリフォニーデジタルが開発した初代プレイステーション用のハードコアSFロボットアクションゲームです。

初代プレイステーション用ロボットゲーのロボットのボディに初めて環境マッピングが適用された記念碑的な作品として覚えていらっしゃる業界人も多いことでしょう(笑)


プレイ映像


オープニング映像

サウンド、ビジュアル…今、見ても、実にカッコイイしセンスがいい。
15年前の作品とは思えない!!

山内さん…待ってますよ!

【おまけ】
 ちなみに5年前の2009年、生誕10周年記念イヤーの時も、一人でラブコールしてましたが、願い叶わず(笑)
ゲーム | comments (2) | trackbacks (0)

ニンテンドー3DSの「3D ギャラクシーフォースII」を買った

g03.jpg
ニンテンドー3DSの「3D ギャラクシーフォースII」
http://archives.sega.jp/3d/gf2/

ニンテンドーeショップの残高が数百円あまっていたので試しに買って見たら、これが大当たりでした。

BGMも含めて、移植度はパーフェクト。
3D立体視も、ドンピシャにいい感じにはまってる
800円は安い。

 難易度下げてエネルギー最大にして、BGMをヘッドフォンで音量大きめで聴きながらプレイするとほとんど3Dビデオドラッグとして楽しめる。

 オススメ。

 検索してみたらインタビュー記事も上がっていた。

裏技もあるのね。

 今、サントラを引っ張り出して聴きながら仕事してます。

【おまけ】
その昔、Z-MUSICシステムなんてモノを作っていた時代に、学生時のワタクシがデモ曲の1つとして打ち込んだギャラクシーフォースの楽曲「Beyond The Galaxy」がこちら(MP3)
よかったら聞いてみて下さい。
ゲーム | comments (3) | trackbacks (0)

プレステ5?の夢を見た

 PS4で盛り上がっている最中、ニューヨークでPS5の夢を見た。

 くだらないけど、とても面白い夢だったので書いておこうと思う。

 夢の冒頭はおぼろげなので、覚えている範囲で書いておく。

 まず、据え置き型プレステと携帯型プレステとの境目がなくなっていた。

 ただ、機能が高い分、やはりある程度の大きさになっているようで、かつてのソニーのエンターテインメントロボットのAIBOかQRIOの技術を使ってなのか、PS5は、自ら歩けるようになっていた。

qiboqrio.jpg

 2モデルがラインナップされているようで上位モデルはストレージ8TBで2速歩行。下位モデルは4TBで4速歩行だった。

 両モデルともテレビに接続して大画面でのゲームプレイができるようだったが、外出先でのゲームプレイは、驚きの方法で実現させていた。

 なんと、上位下位モデルとも、腹に「HMZ」シリーズ譲りのHMDが付いていて、電車の中とかで使う際には、エイリアンのフェイスハガーのように頭にまとわりつくのだ。

 通勤電車やバスの車内には、顔に四つ足や2つ足のPS5をくっつけた人が、モバイルゲーミングをしていた。顔にPS5を付けたまま、独り言を言っている人もいたので、たぶん、携帯電話の機能もついているみたいだ。

hagger.jpg

 夢の中の自分が家に帰ると、自宅には二足歩行のPS5と四足歩行のPS5の両方がいた。

 どうやら未来の自分は好き者なので両方入手したらしい。ありそうなことだ。

 並んだ状態で見比べると四足歩行のPS5は、二足歩行のものよりもボディが大きい。

 なんのためにボディの大きさが違うのかと思ったら、四足歩行のPS5には、どうやらロボット掃除機の機能が付いているようだ。

 四足歩行PS5の背中にある、吸引したゴミやチリを溜め込むダストバッグが満タンになってしまっていたようで、これを二足歩行型PS5が、器用に交換を行っていた。

 四足歩行PS5だけでも、お掃除ロボット機能は使えるようだがダストバッグ交換は手動になるみたいだ。なるほど、そのあたりの2台連携機能にも惹かれて未来の自分は両方買ったらしい。

 どんなゲームが遊べるのか、ソフト棚を見たら、「大鷲のトリコ」があったので「おおっ」と思い、「PS5用に出たんだ」と喜び勇んでパッケージを手に取るが、ケースの中味には何もなし。

 しかし次の瞬間、PS5の目が光り、パッケージを読み取っているようだった。

 ゲームソフトの実体はクラウド側にあって、パッケージはただの、認証カードの役割を果たすだけのようだ。じゃあ、ストレージはなんのために使うんだろう。

 テレビの電源がパチンと自動的に入り、ゲーム画面が映し出されそうないいところで、「ガンガンガン HOUSE KEEPING!」というホテルのベッドメーキング・スタッフのノックに起こされてしまった。

 今、ニューヨーク時間で午後2時。

 今日の午後6時に発表される次世代PSが楽しみである。
ゲーム | comments (0) | trackbacks (0)