今年もCEDECでパネルディスカッションをやります

 来週、日本のゲーム開発者会議としては最大級の「CEDEC」が開催されます。
 今年もCEDECでパネルディスカッションをやることになりました。

 今年も2テーマをやります。


西川善司の「CEDEC 2011」ゲーム開発マニアックス(物理シミュレーション編)
http://cedec.cesa.or.jp/2011/program/PG/C11_P0013.html

 このパネルディスカッションは昨年、評判がかなり良かったようで、今年も同一パネリストでの開催が決定しました。

 パネリストはSCE,ナムコ、コナミ小島プロ、カプコン、コーエーテクモ、AMDから、ゲーム物理・リアルタイム物理のエキスパートのお招きします。

 近年の「ゲーム用物理」の技術トレンドについて議論しつつ、次世代機で実現されるべき物理シミュレーションや、次世代機に繋がる物理シミュレーションはどうあるべきか、などを話し合います。

 また、今年は、近年重視されつつある「アニメーションと物理シミュレーションの関係性」についても触れていきたいと思っています。


西川善司の「CEDEC 2011」ゲーム開発マニアックス(グラフィックス編)
http://cedec.cesa.or.jp/2011/program/PG/C11_P0012.html

 今年はちょっと趣向を変えます。

 今年は3DSが発売され、PSVITAも登場しますし、スマートフォンは空前の盛り上がりぶりです。WebGLにより、Webプラットフォームにまでプログラマブルシェーダが載ってきます。

 そこで今年は、携帯ゲーム機、スマートフォン向けのゲームグラフィックスにスポットをあてることにいたしました。

 パネリストにはPSVITAのGPUメーカーImgainiation Technologies、3DSのGPUメーカーDMP、勢い増しているTEGRAを提供するNVIDIAからお招きしています。また、こうしたGPUに広く対応した国産ゲームエンジン「OROCHI」を提供しているシリコンスタジオの方もお招きします。


 両セッションとも会期初日、9月6日に行われます。
 今年もセッションあとには書籍のプレゼントをしたいと思っています。

 それと、今年はImpress Japanが物販をやるそうなので、会場でも書籍が買えるようです。ボクの書籍を買ってくれた人はサインしますよ。いらないでしょうけど(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
講演 | comments (1) | trackbacks (0)

裏CEDEC及びその関連情報

 最近忙しくてブログ更新が出来てないです。

 そんな中ですが、9月6日からパシフィコ横浜で行われるゲーム開発者会議CEDECの会期最終日の飲み会情報が出てきていますんで、そのあたりのお知らせをば。

 今給黎隆氏主催で行われてきた通称「裏CEDEC」と呼ばれてきた飲み会はこちらに情報が記載されています

 また、それ以外にも、このような飲み会情報が公開されています。

 各飲み会には定員があるようなので、参加表明はお早めに…。
一般 | comments (0) | trackbacks (0)

バンクーバーにいます

 SIGGRAPH2011のためにカナダ・バンクーバー入りしました。

 夏のほんちゃんSIGGRAPHとしては初めてのアメリカ国外開催だそうで。

 海外…というか北米は旅慣れているつもりでしたがバンクーバーは初めてなんで、緊張してます。

DSC_3520.JPG

 毎年、SIGGRAPHは一人旅なんで、他人に気を遣わない…という意味では気は楽ですけどね。

 毎年、SIGGRAPH取材は半分自腹を切った取材なので、コスト重視です。ホテルまでは、タクシーなぞ使わず、乗り合いシャトルを使います。タクシーの半額で行けますからね。

 ホテルに12時についても、チェックインが15時からとか言われて、やることがなかったので、コンベンションセンターを下見に行き、近くのフードコートでマクドナルドを食べました。

DSC_3487.JPG
 日本名「メガマック」、現地名「ダブルビッグマック」(メニュー写真右上)。

 見本と違うのは世界共通(笑)

DSC_3484.JPG

 コンベンションセンターは海に面していて、隣には大きな港が。

DSC_3469.JPG
 巨大豪華客船が寄港(?)していて、凄い迫力。

DSC_3401.JPG
 ホテルはそれほど高価なところではないんですが、景色は絶景でした。

 夜はここから海でやってる花火大会みたいなのを見られました。

DSC_3551x.jpg

 昼の最高気温が24°前後くらい。夜は長袖じゃないと寒いくらいの過ごしやすい気候です。

 そうそう。SIGGRAPH2011レポートは4Gamer.netに寄稿していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般 | comments (4) | trackbacks (0)

XFXブランドの3画面対応ディスプレイスタンドを使ってみる

 XFXの高級(?)3画面ディスプレイスタンドのレビューを致しました。



 3画面スタンドというと各画面にサポートの支柱みたいなものが付く製品が多いのですが、この製品は、中央の1本の支柱と単一の台座で3画面を全て支えるという思い切った設計になっています。

 左右の画面はアームでのみ支えられているので、片手で自由に位置を変えられる利便性が特長となっています。

 ただ、やはり大きな画面であればあるほどアームに掛かる負荷は大きくなるようで、今回の評価では3画面の高さをキッチリ合わせることができませんでした。

 ただ、解決策はあります。そのあたりは記事の方をどうぞ。

026.jpg
XFXブランドの3画面対応ディスプレイスタンドを使ってみる
XFX Triple Display Monitor Stand

http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20110804105/

 基本はディスプレイスタンドのレビューですから、組み立てて、ディスプレイを付ければ終わりなんですが、それだけじゃつまらないので、3画面でなにかをやってみよう…ということで、いろいろ考えたんですけど、結局、機材調達の関係上、またFORZA MOTORSPORT3の3画面プレイになりました(笑)

 FORZA MOTORSPORT3の3画面プレイって、3台のXbox360とソフトが三本必要なんですけど、ULTIMATE EDITIONと通常エディションを混合させては3画面プレイが出来なくなっていました。たしか、以前は出来たような気がしたんですけど、ファームウェアアップデートしたため?? …確認しようがないですけど、とにかく、現時点ではできませんでした。

 私物では通常エディション2本、ULTIMATE EDITION1本という構成だったので、この事実が発覚した評価終盤、慌てて、通常エディションを送付するよう編集部に依頼したのでした。



 使用した3台のBENQ製ディスプレイが3D VISION対応だったので、Geforce GTX590(デュアルGPU搭載)を使って3画面立体視のCRYSIS2プレイでもやろうかと思って、3D VISIONとGeForce GTX590を編集部やNVIDIA用意してもらったんですが、私物の電源ユニットが750W出力対応どまりでGeForce GTX590をうまく動かせられませんでした(笑)

(我々の業種は、最新のものに触れられる機会は多くても、みんな1~2週間で返却してしまいますから、私物のハードは意外に貧乏くさい古いものが多いんですよ)

025.jpg

 750W電源でもGeForce GTX590を使っての3画面Windowsデスクトップ画面までは問題なく表示出来ますし、CRYSIS2も起動することまでは出来るんですが、ゲーム画面になると、3秒くらい経つとバチンと電源が落ちてしまうんです。普段、RADEON HD5850やGeForce GTX280は動作できているマシンなので、原因は電源の出力不足で間違いないでしょう。

 ちなみに、GeForce GTX590の奨励電源は「750W以上」なので大丈夫だろう…と思っていたんですが、甘かったようです。まぁ、1000W級を用意すべきだったんでしょうね。私物で持っている電源ユニットとしてはこの750Wのものが最大で、たしか、これも2万円くらいしたような…。

 (ちなみに、ビデオカード4枚差しの8画面原稿書きマシンの電源は500Wです)

 ノートPCはCore i7とかCore i5を使っていますが、デスクトップPCは、Core2DuoとかCore2Quadどまり。そろそろ考えないとかなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の大画面☆マニア第147回:偏光方式の3D立体視の今

 今回の大画面☆マニアはレビューではなく、技術動向レポート、技術解説編の内容になっています。

 お題は「偏光方式の3D立体視」です。

lg3.jpg
西川善司の大画面☆マニア第147回:偏光方式の3D立体視の今
~なぜ偏光なのか? 各社の差異やその可能性を探る~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20110804_464605.html

 ブーム冷めやまない「3D立体視」ですが、結局、テレビ放送で3D放送がほとんどないため、最近は3Dテレビの使い道は「ゲームかブルーレイ」という方向に向きつつあります。

 これが転じて、「3Dはカジュアルなお遊びで」「結局、映像鑑賞は2Dでじっくりと」というユーザー動向が台頭しつつあり、テレビメーカーやディスプレイメーカーは「2Dテレビのおまけ機能的に付けるならば、偏光方式の3D立体視でいいんじゃない?」という動きを見せ始めました。

 東芝のレグザZP2なんかはまさにそうです。
 ZP2はハイエンドクラスの画質エンジンを搭載した3D対応、2番組同時録画に対応した意欲的な製品ですが、3Dは偏光方式です。

 余談ですが、このZP2、価格が、7月中旬に大画面☆マニアで紹介した時から4万円も値下がりしちゃって、空前のお買い得商品になりつつあります。

 3D対応でタブル録画対応で、業界最速低遅延のゲームモードを搭載してこの値段は…。儲け出てますか?東芝さん(笑)



 で、今回は、色んなネタを盛り込んでいますが、特にホットトピックだと思われるのがLGエレクトロニクスの偏光方式の「解像度を半減させない偏光方式3D」技術の解説です。

 あ、Active Retarderではないです。

 これは倍速120Hz駆動液晶パネルを使い、時分割で1920×540ドットの映像を2回に分けて表示するというActive Retarderよりもシンプルな発想のものです。(詳しい解説は記事の方をどうぞ)



 この技術は、既に実用化済みで、現在日本でも発売中の3Dテレビ、LW5700シリーズに搭載されています。(発表会にはボクも映像機器評論家の立場で登壇しました)

 実際には、この技術にも一長一短があり、そのあたりは記事の方で解説しています。

 ただ、期待の技術として注目されているActive Retarderよりも追加コストが少なく、「カジュアルに3D立体視を楽しむ」という向きにはこのくらいの対応で十分だろうという気はしています。

 ちなみに、記事ではActive Retarderについても解説していまして、その長所と新たに抱えることになる課題について触れています。

 ボク的にはActive Retarderはユーザーのためにならない(?)という気がしてますが、そのあたりの理由についても記事の方をどうぞ。

fpd70.jpg

 そうそう、互換性の高い偏光方式3Dの3Dメガネですが、他機種の3Dテレビに流用した方から「西川さんの言うとおり、見えることは見えるけど、純正の3Dメガネの方が質がいいですよ」という報告が来ています。

 偏光フィルタの特性、液晶画素の配列の相違によって、流用した3Dメガネでは見え方に違いが出ることがあるようですね。

 「おたくんところのテレビにX社の3Dメガネ使ったら画質悪いんだけど?」と問い合わせる剛力系のツワモノ消費者なんかも出てきたりしているそうですが、さすがに、そのあたりは自己責任でしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (1) | trackbacks (0)

「インターフェース」誌で映像インターフェースがらみの記事を書きました

 CQ出版のInterface誌の現在発売号、2011年9月号は「TV放送のアナログ放送終了・完全デジタル移行化」に触発されてか、デジタル映像インターフェースの特集が組まれているのですが、そこで特集のプロローグとして「映像インターフェースの完全ディジタル化への動き」と題したコラムを書かせて頂きました。



 話題としてはDVI、HDMI、DisplayPortなどの定番のデジタル映像インターフェースに始まり、WHDI、WiressHD、WiDiなどのワイヤレス映像インターフェースにも触りつつ、Thunderbolt、USB3.0のような映像用途に応用されることもある汎用インターフェースの最新形なんかも紹介しています。

IFsept.jpg

 実際、2011年モデルのブルーレイ機器はすでにハイビジョン画質をD端子から出力できなくなっていますし、2011年モデルのテレビ製品も、一部のモデルでは、もうすでにアナログの入力端子を搭載していないものも出てきてたりするんで、テレビ放送だけでなく、関連機器やそれらに付随するインターフェース群もどんどんデジタル化が進んできています。

 そのスピードは予想外に早いという実感があります。

 デリケートで面倒なアナログ端子を減らせられることはメーカー的にもコスト削減になるんで御の字なんでしょう。もう、それこそ躊躇なしにAV機器からアナログ端子が削減されています。

 新しい機器はいいとして、既に所有しているアナログ出力しか持たないクラシックなゲーム機、ビンテージなAV機器が、もう今後発売されるディスプレイ製品やテレビ製品と繋がらなくなってしまうというのはちょっと怖いですよね。

 今のうちアナログ端子付きのディスプレイ製品やテレビ製品は買っておいた方がいいのかも!?
雑誌仕事 > インターフェース | comments (2) | trackbacks (0)