【E3 2013】Qunatic Dreamネタ2本

 9月に入りましたが、自分が書いたE3記事のフォローを続けます。

 PS3専用シネマティックミストリーアドベンチャーゲームとして「Heavy Rain」として一世を風靡したQuandtic Dreamが、ついに新作「BEYOND TWO SOULS」を発売します。


[E3 2013]政府側で行動するジョディに驚いた「BEYOND: Two Souls」プレイレポート。“もう一つの魂”ことエイデンを使ったパズル要素も体験
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/168/G016807/20130614058/

 E3では、ブース展示はしても、あまり直近に発売されるタイトルを大きく扱うことはないんですが、「BEYOND TWO SOULS」は例外的にだいぶ丁寧な扱いを受けていました。それだけの期待作と言うことなんでしょう。


 
 PS3世代でリアルタイムに実践されるフェイシャルアニメーションとしてはトップクラスのテクノロジーが実践されており、キャラクター達の迫真の演技が楽しめます。ある意味PS4世代のグラフィックスを先取りしていると言ってもいいかもしれません。

 一方で、群集キャラとか背景グラフィックスとかは、そこまではいっておらず、現行スタンダードなクオリティです。ここがクオリティアップされるのはPS4で…と言うことなんでしょう。

 さて、そんなQuantic Dreamですが、彼らのPS4世代の次回作に用いるゲームグラフィックス技術をデモの形でまとめたものが今回のE3で公開されました。

 その技術バックグラウンドをまとめたのが以下の記事です。


http://www.4gamer.net/games/220/G022015/20130626081/
「BEYOND: Two Souls」「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」のQUANTIC DREAMが制作した技術デモムービー「THE DARK SORCERER」を徹底解説 - 4Gamer.net
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほとんど、CG映画クオリティですが、実際、QUNATIC DREAMが手がけるような、カメラやシーン、演出までが固定されるシネマティックタイプのゲームならば、このくらいのクオリティでまとめ上げるのは不可能ではないと言っていました。

 ここまでのクオリティで仕上がっていながら「むしろ、このデモは現行技術との継ぎ接ぎ状態なので、デキが悪いくらい。実際のゲームではここからさらに良くなる」と担当者が言っているので、さらなるジャンプアップが期待できそうです。

 ところで、昨今、こうした次世代技術を用いたリアルタイムデモの公開を行うゲームスタジオが増えてきましたが、QUANTIC DREAMはむしろその先駆け的な存在です。

 QUANTIC DREAMは、これまでにも、ゲーム制作前に必ずこうした技術デモを公開してきており、上の記事ではその変遷もまとめています。

 過去のデモ作品の一部には「不気味の谷」を越えていないものもあったりして、興味深いですよ。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

レグザ×『LOST PLANET 3』クリエイター×開発者 対談|液晶テレビ|REGZA:東芝

 先週、カプコンから「ロストプラネット3」が発売されました。

 「DmC:デビルメイクライ」もそうでしたが、今作も、海外スタジオがUnrealEngine3を使って開発したものになります。

 「DmC:デビルメイクライ」はビジュアルテイストが一新されたことで賛否がありましたが、ゲーム自体はかなりよくできていました。

 今回の「ロストプラネット3」も同様で、かなり従来作とはテイストの異なる、ハードコアなSFアクションゲームになっています。


 テーマは原点回帰だそうで、時代設定も初代「ロストプラネット」よりも過去の時代に設定されています。

 当然、主人公はイ・ビョンホンではありません。

 しかし! 今回の主人公はかなりニコラス・ケイジに似ています(個人的感想)。

 ニコラス・ケイジを連想してプレイするとゲームの楽しさが倍増しそうです(個人的感想)

 なお、PS3版、Xbox360版にくわえ、テクスチャ等がハイレゾ化されたWindows版も同時発売になっています。



 さて、そんな中、このロストプラネット3とレグザZ8Xシリーズの発売を記念して東芝とカプコンがコラボレーションキャンペーンを行っています。

 DmCの時もそうでしたが、今回も、東芝とカプコンのコラボレーションにより、ロストプラネット3最適画質が発表されています。

 対応機種は、Z8Xシリーズの他、Z7シリーズ、J7シリーズです。

 この公認画質発表にあたり、東芝のエンジニアとカプコンのプロデューサによる対談が行われました。

 今回も、この対談の司会進行役を任されまして、やってまいりました。

regzalopla3.jpg
レグザ×『LOST PLANET 3』クリエイター×開発者 対談|液晶テレビ|REGZA:東芝
http://www.toshiba.co.jp/regza/join/game/lostplanet3/talk_1.html

 今回は、ゲームモードの開発秘話とか「4Kとゲーム」といった話題の他、カプコン側から東芝に対して機能提案があったり…と、いつもと違った展開になっていて興味深いですよ。

 ロストプラネット3のグラフィックスの画角の話などは、豆知識として知っておくと、ゲームプレイがさらに楽しくなるかも知れません。

taidanlp3.jpg
 ちなみに、この対談原稿はボクが書いたものではなく、当日の3人の対談を元にして別の女性ライターさんが書かれています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 東芝 | comments (0) | trackbacks (0)