3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウムにて講演します

 来週の火曜日の12月13日に開催される「3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム」にて講演します。

 自分は立体視とゲームに関してここ最近の動向をまとめるようなお話をします。

 ぶっちゃけ、今年、各方面に書いてきた色んな記事を総括するような内容になるかと思います。

3dcons.jpg
3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム
http://www.3dc.gr.jp/jp/info/111213.html

 参加費は無料。会場は東京農工大小金井キャンパスです。

 詳細は下記を参照してください。


■日 時: 2011年12月13日(火)13:00~16:30 ※受付開始 12:20~

■会 場: 東京農工大学 小金井キャンパス新1号館1階 講義室(L0111)
〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16
http://www.tuat.ac.jp/access/

※JR中央線「東小金井駅」下車徒歩約10分、JR中央線「武蔵小金井駅」下車徒歩約20分
http://www.tuat.ac.jp/basic_information/access/koganei/campus_map/index.html
(キャンパスマップ 14番の建物)

■共 催: 3Dコンソーシアム(3DC)、社団法人映像情報メディア学会立体映像技術研究会

■テーマ: 「3D映像技術の今と将来」

■プログラム

12:20~ 受付開始

13:00~13:10 主催者挨拶  3Dコンソーシアム運営事務局長 今井 孝一
   立体映像技術研究会委員長 高木 康博 氏


13:10~13:50 「立体視コンテンツ制作の新たなパラダイム」/早稲田大学/河合 隆史 氏
 ・立体視(3D)映像の安全性や快適性に関する最近の知見や動向は、従来の固定概念を変革する可能性を示唆している。本講演では、3Dコンテンツ制作の視点から、当該分野の最新の状況や筆者らの取り組みなどについて紹介する。

13:55~14:35 「ゲームグラフィックスと立体視の最新事情」/トライゼット 西川 善司 氏
 ・近年のゲームを取り巻く立体視事情についてハードウェア、およびソフトウェアの視点から総括する。

14:35~15:05 休憩

15:05~15:45 「スカパーにおける3D番組制作と技術動向」/スカパーJSAT株式会社 今井 豊 氏
 ・スカパーにおける3D番組制作の考え方や管理思想、海外の放送事業者による3D制作状況などを紹介する。

15:50~16:30 「裸眼立体表示技術」/東京農工大学 高木 康博 氏
 ・裸眼立体表示の基本原理について説明し、将来の立体表示技術まで紹介する。

16:30 閉会

16:45~17:15 東京農工大学・立体映像研究室見学(電気電子・高木研究室)<定員制/事前登録者のみ>



このエントリーをはてなブックマークに追加
講演 | comments (0) | trackbacks (0)

PS Vitaで採用されるGPUコア「PowerVR SGX543MP4+」のImaginationに聞く「+」の意味。PowerVRは次世代ゲーム機への採用も目指す!?

 今年後半は組み込み系の取材が続きました。

 一連のARMがらみの取材の最後を締めくくったのは、Imagination Techonologiesへのインタビューです。

 Imaginationといえば、ご存じ、PowerVRの会社です。

 ImaginationはARMとは関係のない独立した組み込み向けグラフィックスIPのベンダーですが、iPhone,iPadに始まり、カーナビ、PSVITAに至るまでがARM+PowerVRという構成ですから、今やPowerVRは業界のデファクトスタンダート的存在といえます。

007.jpg
PS Vitaで採用されるGPUコア「PowerVR SGX543MP4+」のImaginationに聞く「+」の意味。PowerVRは次世代ゲーム機への採用も目指す!?
http://www.4gamer.net/games/144/G014402/20111125078/

 記事の形態としては、Imaginationのいつものフロント二人へのインタビューになっています。

 まず、聞いてみたのは、PSVITAに採用された「PowerVR SGX543MP4+」の「+」の意味ですが、結論から言えば「詳しいことは言えない」ということになりました。

 一応の説明としては「ゲーム機向けの最適化を深いレベルで行った」ということのようです。一説によれば、PSP互換のための追加機能とかが「+」にあるのではないかと言われていますが、よく分かりません。

 Imaginationといえば、もう一つホットトピックがあります。

 それはDirectX11世代のテクノロジーに対応したPowerVR6シリーズ(開発コードネーム:ROGUE)です。

 NVIDIAのTEGRA3を超えたパフォーマンスを有し、いうなれば前日のエントリで紹介したARMのMali-T600シリーズと競合する新世代グラフィックスコアになります。

 ちなみにこのRogue6シリーズ、今年1月にPSVITAが発表された時とほぼ同時期に発表されました。

 そういえば、PS3の時も、PS3発表直後にNVIDIAがGeForce8を発表しましたっけ(PS3のGPUはNVIDIAのGeForce7ベース)。

 ソニーハードはそういうタイミングの運に恵まれないところがありますね。

 最後に「ドリームキャストの時みたいに、次世代ゲーム機への採用を狙うか?」という冗談めいた質問を投げてみましたが、これに対し彼らは予想外な返答を返してきました。

 そのあたりは記事の方をどうぞ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

携帯電話でDirectX 11世代の機能を動作させる新GPU「Mali-T600」シリーズの秘密

 組み込み向けCPUとして絶好調のARMは、実は近年、グラフィックスコアの開発にも力を入れています。

 ARMは、2006年にノルウェイのグラフィックスコアIPメーカーのFalanx Microsystems社を買収しており、彼らが持っていた「Mali」ブランドをそのまま取り込む形でARM純正グラフィックスコアを展開してきています。

 下の記事はこの辺りの話題をまとめたものです。

 記事ではいきなり、「ノルウェイのMali」というダジャレ小見出しを決め込んだのですが、世間的には完全スルーされました(笑) 

008.jpg
携帯電話でDirectX 11世代の機能を動作させる新GPU「Mali-T600」シリーズの秘密
http://www.4gamer.net/games/137/G013737/20111114025/

 11月、ARMは新世代のハイエンドグラフィックスコア「Mali-T658」を発表しました。

 詳しいアーキテクチャの話は記事の方を参照して欲しいのですが、組み込み向けのGPUのわりにはとてもハイスペックで、テッセレーションステージ対応でDirectX11対応、GPGPU対応、64ビット倍精度浮動小数点対応…と、ライバルのNVIDIA TEGRA3やImagination PowerVR5を引き離します。

 2012年には早くも採用製品が登場する予定だそうで、今年はTEGRAがハイエンド組み込みグラフィックスのブランドとして認知度を上げましたが、2012年ではPowerVRも6シリーズに移行しますし、勢力図が書き換わるかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

東芝「レグザ」,パナソニック「ビエラ」など,最新テレビの映像エンジンを支えるARMのCPUコア

 ゲーム畑でもIT畑でも、ARMをもう無視できなくなってきた(笑)…ということで、ARMのテクニカルカンファレンス「ARM Technical Symposia 2011 Japan」に初めて参加してきました(笑)

 PSVITAがクワッドコアのARM(CORTEX-A9)ベースだとか、来年発売予定のWindows8がARM対応と言うこともあってか、非常に盛り上がっておりました。

 幾つかのレポートを4Gamer.netに寄稿しましたが、まずはこちらのテレビ関連のARM話から紹介します。

017.jpg
東芝「レグザ」,パナソニック「ビエラ」など,最新テレビの映像エンジンを支えるARMのCPUコア
http://www.4gamer.net/games/143/G014356/20111114064/

 東芝のレグザ、パナソニックのVIERAのシステムロジックが実はARMベースという話題です。

 まず、東芝ですが、CELLプロセッサを搭載したCELLレグザの進化系の映像エンジンとして「CELL EVOLUTION」の略から命名された「CEVO」エンジンが現行世代のレグザには搭載されています。このCEVOは、実はARM CORTEX A9のデュアルコアベースです。

 「CELLの進化系がARM」と聞くと、T社やS社やI社の技術者達が遠吠えしそうですね(笑)

 最近のレグザのメニューのUIレスポンスが劇的に速くなったのはCEVOになってからなので、「CORTEX A9のデュアルコアは、1基のCELLプロセッサよりもパフォーマンスが上である」という目線に行きがちですが、CELLレグザのウリの機能であった8チャンネル同時デコードを行ってのマルチ8画面機能は、CEVOエンジンではパフォーマンスが足らず、実装を断念しています。やっぱり、CELLプロセッサのSPEは偉大なようですね。

 パナソニックは、自社家電製品に自社開発のUniPhierというプラットフォームを採用していますが、昨今のAndroidブームへの対応を視野に入れてか、こちらも来年のVIERAからは、フルカスタムプロセッサのUniPhierプロセッサに加えて、ARM CORTEX A9のデュアルコアをも搭載するようです。

 AndroidとUniPhierの両方をサポートする(上写真)というのは、ちょっと無駄があるように思えますが、パナソニックの場合、テレビ以外の家電もUniPhierを採用しているので、ARMとUniPhierの混載は互換性維持のために必要不可欠なのかもしれません。

 2012年以降のカーナビには、デュアルコアのARM CORTEX A9搭載というだけでなく「DirectX11世代グラフィックス」を搭載した、やたらハイスペックなものもでてきそうなのですが、そのあたりの話はまたいずれ…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)