西川善司のCOMPUTEX2011レポート(3)

immersion_008.jpg
Immersion,フォースフィードバック技術「Haptics」の開発プラットフォーム「MOTIV」をAndroid向けに展開
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20110616043/

 Immersionという会社って知ってますか?

 実はゲーム好きならば結構お世話になっている会社です。

 ゲームコントローラに当たり前のように搭載されている、あの振動フィードバック機能は、Immersionが押さえている特許技術なんです。

 初期のPS3が振動フィードバック無しのゲームコントローラだったのは、PS3発売前後で、ソニーがImmersionと特許侵害の訴訟をやっていたためです。

 結果的にソニーとImmersionは和解し、ソニーはこの時、特許侵害延滞金などを含めてImmersionに90億円以上を支払ったといわれています。その後、PS3に振動機能付きゲームコントローラが復活したのは知っての通り。

 Immersionはマイクロソフトも特許侵害で訴えており、係争の末、和解し、マイクロソフトもImmersionにライセンス料を支払っています。

 このImmersionが、今度は、Androidベースのスマートフォンにやってきます(笑)

 え?

 Immersionは任天堂を訴えたのかって?

 そのあたりは記事でも触れていますので読んでみてくださいませ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


s3_007.jpg
[COMPUTEX]S3 Graphics,「Chrome 5400E」を製品化。デジタルサイネージ向けに事業展開開始
http://www.4gamer.net/games/111/G011162/20110605006/

 何となく目が離せないS3 Graphics。今年もCOMPUTEXに出展していました。

 完全にデジタルサイネージ向けGPUになってしまった感のあるChrome 5400ですが、細々と組み込みの世界で頑張っています。

 ブースではChrome 5400Eを2基1カード搭載した8画面同時出力可能なデジタルサイネージ向けグラフィックスカードを出品していました。

 そういえば、つい先日、S3 Graphicsの親会社のVIAが、S3 GraphicsをHTCに売却することを発表しました。

 HTCといえば携帯電話メーカーとして日本でも認知度が高い企業ですよね。

 そのうちS3 Graphics搭載のスマートフォントか出てくるんでしょうかね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


proj_004.jpg
[COMPUTEX]会場で見つけた3D立体視機器レポート。これが立体視の最前線だ
http://www.4gamer.net/games/038/G003884/20110605005/

 3Dテレビブームで始まった立体視ブームは、今やプロジェクタにも波及しています。

 ホームシアター機なんかでは、ソニーが発表した「VPL-HW30ES」がLCOS機の3D対応機でありながら37万円前後で「3Dプロジェクタの価格破壊!」など言われて人気を集めていますが、台湾ベンダーはさらに凄い価格破壊を仕掛けてきます。

 さすがにフルHDではなく720p解像度ですが、AcerのH5360BDは2500ルーメンという高輝度ぶりでHDMI1.4a方式の3D立体視に対応していて価格はなんと7万円未満。

 2500ルーメンは一般的なホームシアター機の2倍の高輝度性能なので、暗室状態が作りにくい環境にもよいかも知れません。

 低コストに3D大画面を楽しみたい人にはお勧めかもです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (2) | trackbacks (0)

西川善司のCOMPUTEX2011レポート(2)

xfx_004.jpg
[COMPUTEX]XFXは3画面スタンドやマウスパッドを披露。「正攻法じゃない」ところが面白い?
http://www.4gamer.net/games/110/G011065/20110603046/

 毎年奇抜な展示スタイルで楽しませてくれるXFXブースですが、今年もまた変わった展示を行っていました(昨年のテーマは世界征服(笑))。

 今年は裏格闘技場がテーマらしくて、ブース内には力試しのアーケードゲームなんかを置いていて、一見すると何のブースか分からなくなっていました。写真のような、薄着のロシア美女はウンドガールの設定のようです。

 XFXブースで、最も注目を集めていたのは3画面モニターの設置スタンドでした。

 詳しい内容は記事の方を参照して欲しいんですが、とても格好いいデザインで、機能的にも優秀なんですが、約6万円はちょっと高価すぎるかなぁ、とか思ったりも。

 サンコーの激安系スタンドだと6画面対応で18000円しませんからねぇ(下記)

 もちろん激安系と比較してはいけないんですけど、ただ一般ユーザーにモニタースタンドに6万円出せるかというと、そこはやっぱり…。


このエントリーをはてなブックマークに追加


power_002.jpg
[COMPUTEX]PowerColor,デュアルHD 6970カードを公開。「GTX 580より速くて安い」デュアルHD 6870カードも
http://www.4gamer.net/games/122/G012292/20110603077/

 PowerColorの目玉はシングルGPUではAMD系としてはトップハイエンドの「Radeon HD 6970」を2基搭載した「PowerColor HD6970 X2」でした。

 AMD純正の最上位モデルにも「Radeon HD 6990」という、デュアルGPUシングルカードがあるにはあるんですが、あれは熱容量と消費電力の観点から1基あたりのRadeon HD 6970の駆動速度に妥協が見られていました。

 PowerColor HD6970X2は正真正銘、2基のRadeon HD 6970をフル駆動させています。

 ただ、その代わりに電源供給がえらいことになっています。

 詳しくは記事の方をご覧下さい(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加



gaxay_008.jpg
[COMPUTEX]GALAXYブースレポート。映像エンジン&HDMI入力付きカードや5画面同時出力対応カードなど面白い製品が盛り沢山
http://www.4gamer.net/games/123/G012385/20110605002/

 GALAXYブースは、なかなかのネタ満載ぶりを発揮しておりました。

 HQVビデオプロセッサ「VHD1900」内蔵のGeForce GTX550 Ti搭載カードとか、ワイヤレスHDMIソリューションを提供するWHDI対応製品とか、アイディア満載の製品が並んでいたため、小さいながらも見応えがありました。

 特にボクが目を引いたのは1カードで最大5画面出力が可能なGeForce GTX560 Tiカードです。

 NVIDIAは、AMDとは違って、あまり多画面ソリューションには力を入れていないためか(一部の特定ビジネス用途向けのカードは除き)、1カードで出力出来るのは基本、2画面までです。

 ところが、GALAXYは、Integrated Device Technologyの「VMM1400」コンパニオンチップの力を借りることでこの制限を突破。同社の「GeForce GTX 560 Ti MDT X5」では、1カードでなんと最大5画面までの同時出力を可能にしています。

 とはいっても、実はVMM1400がやっているのは、GeForce GTX 560 Tiが出力出来る2画面のうちの1画面を最大4画面に振り分けて出力させることなんですよね(上の写真)。

 なので1つ重大な制約がついて回り、やはりAMDのEYEFINITYとくらべるとちょっと見劣りします。

 その制約とは…。

 それについては記事の方をどうぞ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)