AMD RADEON HD6870/6850、徹底解説

 AMD(ATI)はRADEON HD68x0を発表しました。

 DirectX11世代GPUとしては、すでにAMDはRADEON HD5000系を投入していたので、今回の68x0シリーズは第二世代のモデルと言うことになります。

 この製品発表会は、台湾で行われました。10月下旬、台湾に行っていたのは、これのためでした。

rad_21.jpg
4Gamer.net ― 「Radeon HD 6800」徹底分析。HD 5800から何が変わったのか?このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.4gamer.net/games/016/G001684/20101105022/

 今回のRADEON HD68x0は、アーキテクチャ的にはほとんど違いはありません。

 まさにリファイン版という感じで、汎用シェーダの数が先代のHD5870/5850から減少しているので、ピーク性能的には、むしろ劣ります。

 では、一体もこの新製品投入にはどんな意味合いがあるのかというと、やはり価格ですね。

 型番が上がったのに安くなって、性能は(ピーク性能こそ劣るが)大体同じくらい…。

 AMD的には「1ドルあたりの性能が上がった」という表現を用いています。

 ではAMDはNVIDIAとの競争をあきらめてしまったのかというと、そういうことでもないようで、11月下旬には、ハイエンドクラスのRADEON HD69x0の投入を予告しています。

 先代のRADEON HD59x0はHD58x0のデュアル構成でしたが、今回のHD69x0は、シングルGPUで、ハイエンドのピーク性能競争をNVIDIAに対してけしかけるようです。
 
 ただ、NVIDIAも、黙っているわけもないわけで…。



オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)

似ている!

うっかり押してしまったアメリカンエクスプレスの広告バナー

これが何かに似ていると思い始めてから、仕事が手に付かない

amex.jpg

トイレで突然思い出した。

これだ!

hikaku.jpg

テリーのジャンプ大キック!!

たしか、ロバートのジャンプ吹っ飛ばし攻撃もこんな感じだったなぁ



んで、電撃的にXbox Live Arcadeで「KOF2002UM」配信開始を思い出したので、さっそくダウンロードするのであった。



お笑い | comments (0) | trackbacks (0)

書籍版「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」の内容は?

 度々告知させてもらっているGameWatchでの連載記事「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」の書籍化ですが、表紙デザインにはやはり賛否がありますねぇ(笑)

xga_3DG2_cover1101+.jpg

 「店頭で買いにくい」という意見もありましたが、編集部としては「人目を惹く」と言うのを最優先したのでしょう。

 さてさて。

 寄せられた質問で多かったのは「内容は?」「Web掲載版と何が違うの?というものでした。

 基本的にはリファイン版という位置づけです。

 Web連載時は、編集コストが掛けられないため、映像素材を見せているだけで、アルゴリズムの説明は文章だけで図解がまったくなかったんですよね。

 書籍版では、プロのイラストレータを起用しまして、これが補われています。

 イラストレーションは、ボクの連載ではお馴染みのデザイナーの岡本圭介氏です

 例えば「鬼武者3」の章で用いられた、「簡易的な影生成手法である丸影
をボーン形状に配置することでリアルに見せる」というオリジナルテクニックを以下のようなイラストで解説しています。

3D-II_ch02_3_ページ_6.jpg

 一部の図解は、前回本「ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術」のものを再掲しています。

 アルゴリズムの解説は前回本の方が圧倒的に詳しいので、今回の本でも、ただ「前回本を参照してください」という記述にはせず、前回本の図解を入れてフォローしています。

3D-II_ch04_3_ページ_04.jpg

 あとは、Web連載版には、各スタジオから提供頂いた画像を掲載させていただいていますが「各素材のどこを見たら何が分かるのか」という根本的な部分が分かりにくかったので、下のように、書籍らしく、見どころをクローズアップしたり、マークしたりしています。

3D-II_ch05_3_ページ_10.jpg

 逆に書面上の素材をもうちょっと細かく見たいという人は、この書籍側のクローズアップやマークを目安にして、Web版の生素材を参照する…という活用も出来ると思います。

 あと、Web連載版では、Web媒体の良さを活かして、静止画だけでなく、各スタジオから頂いた動画素材を見せていましたが、これも、一部の読者には、どこを見ればいいのか分からなかったようです。

 そこで、今回の書籍では、ページを贅沢に使って、元の動画から見どころをコマで切り取って連続で掲載しています。

3D-II_ch10_3_ページ_07.jpg

 「なにか書き下ろし部分はないの?」という質問もありましたが、そうですね、それほど多くはありませんが、新しい話題や重要な話題を新規ネタとしてコラムで挿入しています。

 下は、新しい大局照明技術「Light Propagation Volume」についての紹介を行っているコラムページです。

3D-II_ch07_3_ページ_23.jpg

 そうそう。

 Web連載時は、インタビュー色というか、臨場感を与える意味合いで、技術者側の台詞文を名前入りで挟み込んでいましたが、書籍版では、これが全て地の文に置き換わっています。

 これは、書籍としての読みやすさに配慮した…というのもあるんですけど、実は、もう一つ隠れた理由があるんですよ。

 それは、役職が変わってしまった人、既にそのスタジオを辞めて退社してしまっている人に配慮する…という意味合いです。

 スタジオによっては「退社した人は記事から省いて欲しい」という要望を出されるところもあるくらいなので、結果、台詞を地の文に書き換えて、あえて"人物色"は省くことにした次第です。 なので、誰がどんな発言をしたのか…については、Web連載版を参照して欲しいと思います。



このエントリーを含むはてなブックマーク
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (8) | trackbacks (0)

書籍版「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」の表紙デザイン

 GameWatchにて連載中の「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」が書籍化されます。

 340ページでオールカラー。

 ページ数は増えてますが、価格は前回本から据え置きの4200円。

 まぁ、安くはないんですけど、今回も印税率よりもオールカラーを選択していますので(笑)、見栄えは相当いいです。

 ちなみに、一冊、売れてもボクの懐には、最安値の牛丼も食べられない金額しか入りません(笑) 

 さすがに、連載全部を収録することは出来なかったので、CEDECにノミネートされたPS2時代の名作達、プログラマブルシェーダ3.0を当時、誰よりも使い切ったアーケード作品、そして日本の技術力が海外に追いついたと実感させてくれたビッグタイトルの数々、ニンテンドーDSのグラフィックスを極めたあの作品などなど、全10作をピックアップしました。

 今回のが好評であれば、定期的に書籍化を続けられたらいいなぁ、と思っています。

 さて、気になる表紙ですが、編集部側の意向でこうなりました(笑)

xga_3DG2_cover1101+.jpg

 目立ちますねぇ

 エイプリルフールだったら信用してもらえなさそうですよね

 まずは手にとってもらおうという事でしょうね。

 発売日は11月25日です。

 気になる「その内容」ですが、基本的にはWeb掲載版のリファイン版という位置づけです。

 Web連載時は、編集コストが掛けられないため、映像素材を見せているだけで、アルゴリズムの説明は文章だけで図解がまったくなかったんですよね。

 書籍版では、プロのイラストレータを起用しまして、これが補われています。

 イラストレーションは、ボクの連載ではお馴染みのデザイナーの岡本圭介氏です

 例えば「鬼武者3」の章で用いられた、「簡易的な影生成手法である丸影
をボーン形状に配置することでリアルに見せる」というオリジナルテクニックを以下のようなイラストで解説しています。

3D-II_ch02_3_ページ_6.jpg

 一部の図解は、前回本「ゲーム制作者になるための3Dグラフィックス技術」のものを再掲しています。

 アルゴリズムの解説は前回本の方が圧倒的に詳しいので、今回の本でも、ただ「前回本を参照してください」という記述にはせず、前回本の図解を入れてフォローしています。

3D-II_ch04_3_ページ_04.jpg

 あとは、Web連載版には、各スタジオから提供頂いた画像を掲載させていただいていますが「各素材のどこを見たら何が分かるのか」という根本的な部分が分かりにくかったので、下のように、書籍らしく、見どころをクローズアップしたり、マークしたりしています。

3D-II_ch05_3_ページ_10.jpg

 逆に書面上の素材をもうちょっと細かく見たいという人は、この書籍側のクローズアップやマークを目安にして、Web版の生素材を参照する…という活用も出来ると思います。

 あと、Web連載版では、Web媒体の良さを活かして、静止画だけでなく、各スタジオから頂いた動画素材を見せていましたが、これも、一部の読者には、どこを見ればいいのか分からなかったようです。

 そこで、今回の書籍では、ページを贅沢に使って、元の動画から見どころをコマで切り取って連続で掲載しています。

3D-II_ch10_3_ページ_07.jpg

 「なにか書き下ろし部分はないの?」という質問もありましたが、そうですね、それほど多くはありませんが、新しい話題や重要な話題を新規ネタとしてコラムで挿入しています。

 下は、新しい大局照明技術「Light Propagation Volume」についての紹介を行っているコラムページです。

3D-II_ch07_3_ページ_23.jpg

 そうそう。

 Web連載時は、インタビュー色というか、臨場感を与える意味合いで、技術者側の台詞文を名前入りで挟み込んでいましたが、書籍版では、これが全て地の文に置き換わっています。

 これは、書籍としての読みやすさに配慮した…というのもあるんですけど、実は、もう一つ隠れた理由があるんですよ。

 それは、役職が変わってしまった人、既にそのスタジオを辞めて退社してしまっている人に配慮する…という意味合いです。

 スタジオによっては「退社した人は記事から省いて欲しい」という要望を出されるところもあるくらいなので、結果、台詞を地の文に書き換えて、あえて"人物色"は省くことにした次第です。 なので、誰がどんな発言をしたのか…については、Web連載版を参照して欲しいと思います。



このエントリーを含むはてなブックマーク
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (2) | trackbacks (0)

ヤマダ電機で一時間待ち!?~どうなる3Dの未来!?

ヤマダ電機に「トイ・ストーリー3」のブルーレイを買いに行ったら、放送で

「本日は、ヤマダ電機にご来店、ありがとうございます。本日はテレビ売り場が大変混雑しておりまして、担当スタッフのご案内の順番待ちのための整理券を配布しております。現在のところ、目安として1時間ほどをお待ち頂いております。

ヤマダ電機のスタッフの順番待ちが1時間!!

耳を疑ったが、10分に一回放送していたので間違いないと思う。

何だ、そりゃ、と思ったが、どうやら、昨日もニュースなんかで報道された、これの影響らしい。

家電エコポイント、12月から半減 需要増に財源足りず
http://www.asahi.com/business/update/1008/TKY201010080267.html

で、この人出のせいか…お目当てのトリロジーパックが売り切れ!



地元のヤマダ電機、普段ならば、ブルーレイなんかほとんど売り切れになんかならないはずなのに。

でも、今回発売のトイ・ストーリーは3D未対応だからな...。

ヤマダ電機のこの人出も異常だが、ブルーレイ3Dのソフトの出なさ加減も異常だ。

ちなみに、来年2011年末までの発売確定のブルーレイ3DのラインナップをAV WATCHの映像ソフト発売検索システムで検索してみたら...

3dbd.jpg

むこう、1年先、ブルーレイ3D、発売本数10本!!

少なすぎじゃ~!!

しかも、期待されていた、11月末に再発売する「アバター ブルーレイ版 エクステンデッド・エディション (本編3種類収録) 初回生産限定3枚組」も3D未対応だし…。



3Dテレビのユーザーは何を見てるんだろうか

BS11の3D私鉄紀行か(笑)
一般 | comments (2) | trackbacks (0)

色再現だけじゃない!~低消費電力に貢献する4原色パネル「Quattron」

 久々の再開となったQuattron Watchは消費電力の話です。

 結構地味な話題ですが、UV2Aパネルになって20%、開口率が向上し、それに白色LEDのエッジライト方式が採用になってから、消費電力はかなり低減されています。

qua_pict02.jpg
AQUOS Quattron Watch 第5回
色再現だけじゃない!~低消費電力に貢献する4原色パネル「Quattron」
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.watch.impress.co.jp/aquoswatch/truestory/101027/index.htm

 記事ではプラズマのことは話題に出してませんが、最近は、省電力性能に磨きを掛けてきたプラズマも、同じ勢いで液晶が頑張ってしまうので、結局、「同画面サイズで液晶の方が消費電力が半分」という関係は変わらないんですよね

 プラズマは、ボクなりに、そのプラズマなりの画質のよさを指摘して応援をしてきたつもりなんですけど、そろそろ、瀬戸際という感じです。

 パイオニアは早々と撤退してしまいましたし、プラズマ仲間だったはずの日立も2008年に自社プラズマ生産から撤退して、しばらくパナソニックのプラズマパネル供給でやりくりしてましたけど、今年から明らかにメインストリームを液晶にシフトしてきて、液晶陣営に寝返ってしまいました。

 まさにパナソニックの孤軍奮闘状態のプラズマ。

 その今後の未来は…?


液晶陣営関係者達が「ポジティブすぎるにもほどがある!」と、みんな腰を抜かして仰天したと言われる伝説のTVCM。
「プラズマはまぶしすぎない」と、弱点を美点に言い換えたその発想の転換力は、今でも語りぐさに。


 プラズマは眩しすぎなくてもいいですから、せめてプラズマの未来だけは明るくチューニングして欲しいですね…。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」書籍化!! 11月25日発売!!

インプレスのGameWatchにて連載中の「3Dゲームファンのためのグラフィックス講座」が、読者の方達の多数のリクエストもありまして、めでたく書籍化されることになりました。

発売日は11月25日です


バイオハザードからラブプラスまで、最新のゲームグラフィックス技術を詳細解説! 「GAME Watch」の人気記事が待望の書籍化
http://direct.ips.co.jp/book/Template/Goods/go_BookstempGR.cfm?GM_ID=2951&SPM_ID=1&CM_ID=004000S35&PM_No=&PM_Class=&HN_NO=00400

表紙は編集部の意向もあって、けっこう衝撃的なものになっています。

笑う人、けなす人、賛否あるかもしれません...

最初はボク自身も、びっくりしたのですが、まぁ、その方が、人目につくのでいいかな(笑)、とも思い、OKを出させていただきました。

(のちのち、ここで公開していきます!)

そうそう、今回も340ページ、オールカラーです!!
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (2) | trackbacks (0)