【バイオニックコマンドー】飛んで、跳ねて、掴んで、投げて

 6月末に発売された「バイオニックコマンドー」のゲームレビューをマイコミに書きました。

 バイオニックコマンドーは、伸縮可能なワイヤーアームを発射できる腕「バイオニックアーム」を左腕に移植されたサイボーグ(?)な主人公を操作して、ゲームフィールドを縦横無尽に飛び回りながら、敵を打ち倒していくアクションゲームです。

 高層ビルをスパイダーマンのようにスウィングして飛び渡っていく爽快感はかなりのものです。

 また、バイオニックアームは敵を掴んで投げたり、岩や車のような重量物を掴んで投げて敵群衆をまとめて撃退することもでき、いわゆるアメコミ・ヒーロー的なダイナミズムに富んだゲーム性が魅力となっています。

Bionic_Commando_Preview_642.jpg
飛んで、跳ねて、掴んで、投げて、沈んだ気持ちを吹き飛ばせ! PS3/Xbox 360『バイオニック コマンドー』
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/07/21/bionic/

 このゲーム、操作系にちょっとクセがありますが、そこを含めてとてもチャレンジングなゲームで面白いんですが、いまひとつ高い評価が得られていないのは、やはり、キャラクターが立っていない、とってつけたような強引なドラマ展開(ストーリー展開)の部分でしょうかね。

 バイオニック技術に秘められた驚愕の事実と、キーパーソンの突然の裏切り…みたいな衝撃的などんでん返しがあるんですけど、途中までのドラマ展開にイマイチ深みがないので、あまり驚かされないんですよね。

「え? 突然、そんな展開にされましても?」というような。

 このゲームの着想というか、原素材は素晴らしかったと思うんですが、もうちょっと日本側でちゃんとしたプロデュースをしてあげれば1段上の格の作品になったのではないかと思います。

 ちなみに、北米では5月中旬に先行発売されたのですが、5月末時点で2万7000本だったそうで、かなり苦戦していた模様です。

バイオニックコマンドー アメリカでの発売初月の販売本数は2万7000本
http://www.xbox-news.com/e7220.html

 また、6月末に発売された日本では、初週にPS3,Xbox360版、両方合わせても販売本数が1万本に到達できなかったようで、日本でも、かなり苦戦しているようです。

憧れのカプコンに入社しファミ通レビューで殿堂入りしたものの…
http://getnews.jp/archives/20901

 上記記事によれば、バイオニックコマンドーは開発費に20億円をかけたそうで、その結果としてはあまり芳しくない現状のツケをさっそく払わされてしまっています。

『Bionic Commando』の開発スタジオGRINで100名以上の大量解雇?
http://gs.inside-games.jp/news/189/18905.html

 そう、開発元のスウェーデンのGRIN社において社員の半数を解雇するリストラが敢行されたらしいです…。恐ろしい。

 このあとはPC版の発売が控えているので、なんとか、再評価されて欲しいですね...



オンライン仕事 > マイコミ | comments (3) | trackbacks (0)

3Dマニア第72回 3Dモデルの変形までが可能な動的PRT(1)~3Dモデルの変形に対応した動的PRT技術の台頭

 CEDEC2006で元ピラミッド、現シリコンスタジオの田村氏が発表したPRTの講演復習編も終局編になります。

 最も基本となる「固定シーンのPRT」から、「オブジェクトは変形しないが動けるPRT」にまで話が展開したわけですが、次はついに「オブジェクトが動くし、自身が変形する動的PRT」の話題に到達します。

 いわばほぼ完全な動的なPRTということになります。

 完全動的なPRT…とはいえ、基本的な考え方は、前回までの「オブジェクトは変形しないが動けるPRT」と同じで、PRTの計算の単位を球体にしてしまい、変形するオブジェクトは、大小の球体の集合体として見なして近似して計算するのです。


西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第72回
3Dモデルの変形までが可能な動的PRT(1)~3Dモデルの変形に対応した動的PRT技術の台頭

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/072/index.html

 球体はどう向いても球体ですから、前回までの「オブジェクトは変形しないが動けるPRT」における考え方の基本だった「他者へのPRT」「自身へのPRT」についても単純化できます。

 最新技術や応用技術も基礎技術をどう工夫して使っていくかの積み重ねなんですねぇ。そういう技術の発想の仕方にも「へぇ」と感心させられます.



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

【自腹編】大画面☆マニア第119回「DLA-HD350」編

 大画面☆マニア、自腹編です

 既に第一報はお伝え済みですが、7月、愛用していたソニーのVPL-VW60を売り払って、ビクターのDLA-HD350に買い替えました。



 例の擬似輪郭は映画を見ている限りはあまり気にならないですね。
 フィルムジャダーの効果の方が大きくて、そちらにあまり意識が廻らないというか。

 元々プラズマの駆動方法とは違うんで最初期のプラズマよりは全然気にならないですし、サブフィールド法とはいっても3板式ですから単板式DLPのような色割れにまでは行かないです。

dg17.jpg
西川善司の大画面☆マニア第119回
自腹でビクター「DLA-HD350」購入の巻
~“中の上”を狙い、LCOS+輝度+価格で選択~

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20090717_302757.html

 ソニーのVPLに対して優れているのはやはり、レンズ解像力ですね。
 これは見事としかいいようがないですね。レンズシフトしていてもけっこうびしっとフォーカスが決まりますし、色収差も最低限です。

 ここ1,2週間使ってきて、何となくVPLとDLAの画質の違いが分かってきた気はします。

 DLAはやはりコントラストをとにかく重視している感じですね。色はナチュラル系…というかモニタ系。

 VPLは階調のアナログ感としっとり感重視。そして色はウケのいい液晶テレビ(ブラビアっぽい感じ?)のような感じがします。色域ワイドモードはボクはけっこう好きでしたよ。

 どちらも特長があっていいと思いますが、たぶん、自分は今のDLAに見慣れると、きっと今度はVPLが恋しくなりそうな気はしますね(笑)

 あと、昔と違って、超高圧水銀ランプの色がよくなりました。
 VPL-VW60もかなりよかったですけど、DLA-HD350は人肌がさらに綺麗です。

dg15.jpg

 そうそう。
 記事では、SANUSのユニバーサル天吊り金具「VMPR1」を使っての設置の話も結構詳しく書いてまして、いかにも自腹編ぽい雰囲気を漂わせていますよ...



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

30インチWQXGAディスプレイが欲しい

 インプレスのPC WATCHにて、100台限定特売で30インチのWQXGA(2560×1600ドット)ディスプレイの3008WFPが、なんと128,000円で販売されている。

3008WFP.jpg

 うーん。かなり欲しい…。

 外形寸法が幅が約70cm、高さが約50cm。

 高さはいいんだけど、ボクの仕事机のレイアウトがこんな感じなんで、

dt4609.jpg
(ちなみに、現在はFlexScan HD2452Wが真ん中正面に来ているレイアウト)

 左右にラックを立てている関係で正面の開口部が幅55cmくらいしかとれないんだよな。

 これでも机は幅W180cm×D80cmのロングタイプなんだけど、なにしろ左右に置いているラックが幅60cmあるので、180-60-60=60ということで、幅70cmのディスプレイは置けても、画面の左右端付近にラックの足が画面上を縦断することになってしまう。これでは意味無し。

 ちなみに左右のラックは奥行き方向は40cmなので、これの置き方を90°回転させれば、正面のクリアランスは稼げる。具体的には180-40-40=100ということで幅70cmのディスプレイも余裕で置けるじゃん。

 ちょっと待てよ。

 正面に30インチを置くとしても、今度は左右においたラックの開口部が40cmになってしまうので、これはこれで、今度は左右にWUXGAの24インチのディスプレイが置けなくなってしまう。(置いても画面上をラックの足が縦断することに。同じこと)

 八方ふさがりだ。

 打つ手としては、もっと長い机を買い直すか(無理)、ラックを買い直すか(もったいなさすぎ)ということになって、結局、ポチっとできないのであった。

 早いところ、売り切れちゃってくれ。

 あきらめつくからさ(笑)



一般 | comments (0) | trackbacks (0)

CEDEC2009にてラウンドテーブル「3Dゲーム開発マニアックス」を受け持つことになりました

 日本最大のゲーム開発者会議のCEDEC 2009にて、ラウンドテーブルの進行役をやることになりました。

 なんと、あのIMAGIRE DAYの中に組み込まれます。

 IMAGIRE DAYの講演者はもちろんのこと、最先端の3Dゲームグラフィックス開発に携わる著名開発者をお招きしてのフリートークを行います。

cedeclogo.jpg
IMAGIRE DAY 3Dゲーム開発マニアックス
http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/program_HS.html#hs3

 業界の荒くれ者、いや、グラフィック・モンスター達のおしゃべりをどう導いていけばよいのか…、今から不安です(笑)

 実は、先週末、我が家で、このメンバーに集まっていただき打ち合わせをしたのですが、6時間、ずっと、みんなしゃべりっぱなしでした...

 このときの会話の内容を全部録画しておけばよかったと後悔しています(笑)



講演 | comments (1) | trackbacks (0)

おっぱいエンジン??

 イギリスの国会で「けしからん」として取り上げられたエッチゲームを作っているメーカーのIllusionですが、表ページからのリンクは途絶えているものの、同社のゲームで使われているエンジンの解説ページがあって、これがなかなか面白いです。

20050311_yaroi.jpg
ILLUSIONテクニカルニュース
http://www.illusion.jp/technicalnews/index.html

 技術的にも興味深いのですが、なにしろテクノロジー名がハイセンスで面白いんです。

 詳しくは上記サイトを見て欲しいのですが(上記リンクサイトにはおっぱいがあります。ご注意ください(笑))

 例えばですが、

 胸揺れシミュレータ「Nuvra(ヌブラ)」

 おっぱいスライダー 「無限(MUGEN)」

 服を半透明処理で動的にすけすけにするクロスシースルーシミュレータ「Skeletonプロシージャ」

 汗ばんだ艶っぽい肌を表現する「skin wetプロシージャ」

 などなど。

 2005年の段階でプロシージャル技術(笑)を実践導入しているところも凄いですね…。

 惜しむらくは2006年8月で更新が止まっていることです。

 それとは別件ですが…TOEって何ですか(笑)



ゲーム | comments (1) | trackbacks (0)

3Dマニア第71回 限定条件付き動的PRT(2)~PSF技法におけるライティング

 オブジェクトが変形しない限定条件付きの動的PRTの話題の最後です。

 この方法では、「自身へのPRT」と「相手へのPRT」を切り分けて考えることがポイントでしたが、問題となるのは、それぞれ座標系の異なるそれぞれのPRTを、どうやってつじつまを合わせて計算(≒統合)するかという部分です。

 今回はそのあたりの話題を取り扱っています.

3dm71_001l.jpg
西川善司の3Dグラフィックス・マニアックス第71回
限定条件付き動的PRT(2)~PSF技法におけるライティング

http://journal.mycom.co.jp/column/graphics/071/index.html



オンライン仕事 > マイコミ | comments (0) | trackbacks (0)

【続】HDMIを録画する方法

Intensity ProなどでPS3の映像をHDMIで録るにはこう言うのも必要になるのかな?



一見、ただのディスプレイ切換機だが、下記によると実はHDCPをキャンセルする機能が備わっているらしい。

gs_41iJpYefVnL__SS500_.jpg
ハイパー、PS3をHDCP非対応液晶で利用するDVI切替機
-PS3のHDMI出力をDVI変換。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070518/hyper.htm

こいつ、なんか違った方面で話題を呼びそうだが...
一般 | comments (2) | trackbacks (0)

HDMIを録画する方法

 ゲーム映像(画面ショット)を取得する場合、PCだとFRAPSやHyperSnapといった画面キャプチャーツールが定番となるわけだが、家庭用機だとそういうツールはないのでナニか別の手を打たなければならない。

 特に今世代機はwiiを除けば、出力映像はハイビジョンなので、ハイビジョンをそのまま録画することをかんがえなければならないんだけど、これが色んな意味で難易度が高い。

 まぁ、賢い前人達が、この分野のノウハウを蓄積しているわけなんだけど、自分なりに調べてみた。

●ハイビジョン映像をHDMI経由、コンポーネントビデオ経由の両方で録画できること

●ゲーム機からの映像を録画しつつも、その映像はテレビ等にパススルー接続できること。つまり、ゲーム機からのリアルタイム映像を遅延無しで表示しつつ録画できる能力があること。


大体このあたりの条件を設定して調べてみたところ、以下の2候補が挙がった。

1つはLancerlinkの「HDMI入力フルハイビジョンHDレコーダー HD-VR80G

lancer_516b1AxphcL.jpg

 80GBのハードディスクを内蔵していて、HDMI入力やコンポーネントビデオ入力から単体でH.264録画できるという優れもの。

 当然、入力映像のパススルーに対応しているので遅延無しで、映像を見ながらの並行録画ができる。



 価格は14万8000円。まぁ、半業務用機器だから価格はこんなもんか…。

 もう一つは、PCに挿して活用するキャプチャカードタイプのBlackmagic
Designの「Intensity Pro

intensity-pro-L.jpg

 こちらはPCI-Express x1スロットに挿すことになり、録画品質は完全にホストPCの性能に依存する。つまり、エンコーディングチップは搭載されていない。

 とはいえ、こいつは、



 約2万円という価格の安さが魅力。

 狭いブラケットながら、HDMI、アナログの全系統のパススルーに対応。凄い…。

 ただし、既に運用している前人達からは「RAID0のハードディスクじゃないと録画がきつい」という報告がある。

 なんかこれ専用にPCを組むとすると、結局、前出のLancerlinkのHD-VR80Gと同じくらいの値段になりそう…(笑)


 そうそう。これとはちょっと話はずれるが、最近は、E3などのプレスカンファレンスでは、放送局向けにハイビジョンのオフィシャルカメラ映像のお裾分けをするようになってきている。
 ボクはSD録画機材(DV録画機)しか持っていないので、こうしたプレカンではコントロールにお邪魔して、パッチベイにSDラインを繋いでもらって録画させてもらっているのだけど、大手放送局は既に当たり前だけど、HD録画機材を持ってきて接続してもらっている。今年のE3はソニーもマイクロソフトもHD-SDIラインを開放していた。

 ちなみに、こうした放送局向けのハイビジョンラインはHDMIではなく、HD-SDIできているので、前出のような機材では録画できない。

 携帯型のHD-SDI録画機という括りで行くと、たぶん、いまは、パナソニックの「メモリーカードポータブルレコーダー“P2ポータブル” AG-HPG20」これだけなんじゃないかな。

30962904_230631305.jpg

 録画メディアはP2カード(SSD)。

 さすがにプレカンの録画だけのために60万円は散財できないので、当面は手持ちのSD録画機だけで頑張るけど。ただ、プレゼントされたら嬉しい商品かも(笑)
一般 | comments (2) | trackbacks (0)

7月7日、RX-7イベント行ってきました

 7月7日(火)はRX-7の日。

 …ということで、筑波サーキットで開催されたイベントに行って来ました。
 平日ですし、独り身ゆえ、1人で(笑)

 平日開催と言うことと、不況の直撃を受けた自動車業界の影響もあってか、若干、地味目な開催となっていました。

DSC_0129.JPG

 まぁ、もともとサーキット倶楽部が主催した走行会に色を付けた感じのコンセプトだったので、運営側としては想定内だったのかもしれませんが。

 パドック内のブース出展も結構地味でしたし、トークショー的なイベントも特になく、時間枠で区切られた走行枠主導で進行していた感じです。

DSC_0161.JPG

 まぁ、でも、年々減っていくであろうRX-7の姿を一度に見られる機会はそうはないので、その意味では十分価値はあったと思います。RX-7マガジンも休刊しましたし、今後はユーザー同士、そして各チューニングショップとのコミュニケーションだけで、この車種を支えていかなければならないですからねぇ。

DSC_0123.JPG
プロレーサーはショップデモカーレースのドライバーとして来てました。写真はイケメンドライバーとして人気の高い谷口信輝選手。彼は、頭文字Dの世界を地でいく人で峠出身のレーサーなんですよね。

 とはいえ、参加して見て楽しめるイベントでもなかったので、写真だけ適当にとって早々に引き上げてしまいました。本音をいうと、天候に恵まれたのはよかったんですけど、1人で行っていたし、めちゃくちゃな暑さに耐えられなくなったからなんですけど(笑)

 まぁ、そういうわけで、会場で見かけた印象的なセブンたちを適当に紹介します。

●ブースデモカー

DSC_0023.JPG
横浜タイヤブースのデモカー(?)
基本はC-WESTのエアロ仕様です。

DSC_0041.JPG
とてもカロッツェリアな風情のタモンデザインのエアロ。
とてもかっこよくてすてきなエアロなのですが、ワイドフェンダー、ボンネット、バンパー、サイドステップ、リアバンパーなどのトータルコンセプトなので260万円もします。

DSC_0135.JPG
スクートのガルウィング仕様のデモカー。
DSC_0100.JPG
この固定式ライトはとても昆虫的で格好いいんですけど、雨宮の製品のワンオフ改造品で市販化はしないんだとか。

DSC_0137.JPG
M7 JAPAN。ドリフト・セブン。丸目固定式ライトがプリティ。

DSC_0146.JPG
BN SPORTSのデモカー。色が凄い。

DSC_0145.JPG
雨宮ブースにあった「魔法少女リリカルなのはStrikerS」ペイントの痛車。エアロはRE雨宮ベース。

●有名チューニングショップデモカー

DSC_0079.JPG
埼玉のロータリー大御所の1つ。レボリューションのタイムアタック号。もはやセブンの面影が薄くなっているほどの車両です。まぁ、もう、レーシングカーですね。

DSC_0086.JPG
左は同じくレボリューションのRX-8デモカー。
レボリューションは最近ではRX-8に凄く力を入れています。
欲目を凝らしてみるとドライバーが青木社長(笑)

DSC_0132.JPG
お馴染み。神奈川FAM SPEEDのメタリックグリーンのセブン。
ブースでは中古品の販売が人気がありましたね。
ナイトスポーツのデュアルのフロントパイプが8000円とか、結構破格で販売してました。

DSC_0133.JPG
こちらもお馴染み。神奈川Rマジックのピンク号。

●走行会に参加していたセブンたち

DSC_0004.JPG
RE雨宮エアロのスマートな赤パンダセブン。走行会に参加していました。

DSC_0126.JPG
RE雨宮エアロにグリーン塗装。固定式ライトも新型。
DSC_0127.JPG
内装も緑でした。

DSC_0167.JPG
"眼力"(めぢから)を感じる赤RE雨宮エアロセブン。前置きインタークーラーが印象的。

DSC_0169.JPG
シアングリーンな丸目セブン。とてもエレガントなたたずまい。

●ドレスアップコンテスト

OPTION2誌主催のドレスアップコンテストも行われていたのですが、エントリーはわずか8車。最近、この手のヤツは常連組が多く面白味に欠けるという声もあるのですが、とはいえ、いなきゃいないで寂しいので、最近は「いてくれてありがとう」みたいな感じですかね。

DSC_0005.JPG
常連の迷彩塗装ガルウィングセブン。基本はRE雨宮エアロですね。

DSC_0009.JPG
ピンクRE雨宮セブン。

DSC_0014.JPG
水色RE雨宮セブン。

DSC_0120.JPG
シルバーRE雨宮セブン。ドレスアップコンテストは雨宮エアロ以外ダメなのかというくらいの寡占ぶり(笑)
DSC_0109.JPG
このシルバーのヤツは実は内装がウリでその電装の充実ぶりは凄かったですね。

●駐車場で見かけたセブンたち

DSC_0204.JPG
RE雨宮のGTレプリカエアロ仕様の赤いセブン。固定式ライトはC-WESTかな。面白い組み合わせ。

DSC_0201.JPG
あれ?あんなエアロあったっけ? と遠目に見ていて近づいていったらNSXだった。忘れていた。NSXも初期型はリトラクタブルライトだったのだ。

DSC_0206.JPG
最近は減ってしまったマツダスピードのGTコンセプトエアロ(中央)。かっこいい。

DSC_0208.JPG
RE雨宮のエアロは確かに固定式ライトの方がかっこよく見えるな。

DSC_0203.JPG
ほぼノーマルな赤セブンとサンアイワークスのエアロ仕様の黄色パンダセブン。サンアイの方はバンパーのアンダーパネルを組んでいる

 果たして来年は、この種のイベント、開催されるのか。
 マツダも軽く協賛すればいいのにねぇ。



| comments (0) | trackbacks (0)