西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 第20回:GT-Rにドライブレコーダーを取り付ける【後編】COWON AC1の運用と活用

 COWON製のドライブレコーダーをGT-Rに取り付けたという話題の「後編」です。

 さて、後編では、ちょっとクセのあるAC1の設定方法や、実際に使ってみてのインプレッションや見えてきた課題などをレポートしています。

 AC1には後継製品としてAD1,AW1と言ったモデルも出てきていますが、こうした同系モデルの活用にも参考になると思います。


【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第20回:GT-Rにドライブレコーダーを取り付ける【後編】COWON AC1の運用と活用

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130627_601636.html

 記事で指摘した「見えてきた課題」というのは、AC1特有の問題というよりは、ドライブレコーターが抱える問題という感じのものです。

 その課題もいくつかあるのですが、たとえば1つ挙げるとすれば、現在のほとんどのドライブレコーダーは確かに明るさにも強いし、暗いところにも強いのですが、明暗が同居するシーンの撮影がことごとく苦手なんですね。


 例えば、このように夕暮れ時でも結構明るく映りますし、日中の正午くらいの明るい時間帯は当然明るい映像になります。

 しかし、ヘッドライトで照らされた相手車のナンバープレートは白飛びしてしまっています。


 逆に、上の動画のように、正午、日に照らされた車体はよく見えますが、日が当たっていない「陰」の部分のナンバープレートはこれまた階調が死んで黒に落ちてしまっています。

 肉眼ではこうした状況下でもちゃんと見えていますから、ドライブレコーダー側がなんとかしなくてはいけない課題というわけです。

 原因は単純で、HDR撮影ができていないことが理由です。
 これは単純なヒストグラムベースで基準階調を割り当てる設計にしていることから起きている弊害です。

 こうした問題への対策は幾つかやり方がありますが、最も単純なのは、いわゆるブラケット撮影をやる方法です。

 具体的には、メディアに書き込む記録スピードは60fps(ないしは30fps)でもいいのですが、撮影レートをたとえば120fpsにして、1フレーム目は暗いシーン用の露出にして、2フレーム目は明るいシーン用の露出にして記録するときには撮影した2つのフレームから視覚に近い映像を合成して記録すればいいんです。



 もちろん、合成処理には映像処理ロジックが必要になりますから、多少なりともコストは嵩みます。

 現在、残念なことにドライブレコーダーも不毛な低価格競争になってしまっているので、ただ携帯電話内蔵のカメラ程度の撮像素子で情景を撮ることだけができる製品が大半になってしまっているんです。

 もうすこし、ドライブレコーダーは本来の基本機能の洗練にもう少しまじめに取り組んでもらえたらいいな、と思っています。

 さて、掲載記事版では、諸事情で掲載できなかった、「助手席視点からの撮影動画」(上)と「セキュリティカメラとして動作させたときの動画」(下)を以下に示しておきます。


 実際の運転席からの視点ではバスの背面しか見えていないのですが、映像を見ても分かるようにちゃんと左側の車線が見えているのが分かります。これがドライブレコーダーを助手席側に付けるメリットです。


 前述したように明暗が同居するシーンは苦手ですが、全体的に暗いシーンであればこのように結構ちゃんと撮れます。セキュリティカメラとしては結構使えるはずです。(それでも、このシーンも逆光の屋外に階調が引っ張られてはいますね)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (5) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 第19回:GT-Rに防犯カメラ兼ドライブレコーダーを取り付ける【前編】

 うっかり、フォローするのを忘れていました。

 すでにGT-R連載の第19回が上がっていたんでした。

 この回では、ドライブレコーダーの取り付けを紹介しています。

 ただ、ドライブレコーダーとして活用するだけでなく、停車時には防犯カメラとして機能するように取付を行っています。

 また、ドライブレコーダーのリアルタイム映像をナビ(GT-Rの場合はマルチファンクションディスプレイ)の液晶画面に出力させることで、助手席側から見た左車線の様子を随時確認できるような工夫も盛り込んでみました。

 GT-Rユーザー以外にも普通に応用が利く話題なので是非ご覧下さいませ。

 自分でやるのが面倒な人は、この記事を印刷して、量販店とかディーラーに「これとおんなじにして」と頼めばやって貰えるはずです。

02.jpg
【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第19回:GT-Rに防犯カメラ兼ドライブレコーダーを取り付ける【前編】

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130513_598775.html

 ところで、ボクが選択したドライブレコーダー「AC1」は、ドライブレコーダーとしての基本機能だけでなく、停車時のセキュリティカメラとして使え、走行時はリアルタイム映像も出力できる優れものだったんですが、自分が購入した直後に、より進化した後継モデルが発売されて、ちょっと悔しい思いをしています(笑)

 新発売となったのは無線LAN対応の「AW1」、後方カメラが付属する「AD1」です。

 AW1は、リアルタイム映像を無線LANでスマートフォンに飛ばせるだけでなく、設定変更もスマートフォンからできるようです。…うらやましい。



 ところで、中国、韓国、ロシアではドライブレコーダーの装着率が高いらしいです。

 なんでもロシアでは酒酔い運転が多いらしく、自営のために必須だとか。

 先日のロシアでの隕石襲来の様子が至る所で撮影されていましたが、たしかにどの映像もドライブレコーダーによるものでしたっけ…(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 第18回~120台のオーナーカーが集結したR35GT-Rオーナーズミーティングリポート

 GT-R連載です。

 予告していたドライブレコーダー編は次回に回し、今回は、4月中旬に開催された全国オーナーミーティングのレポートを書きました。

 120台のGT-Rが集まったり、開催にあたっては16社の企業が協賛し、ブースを出展したりするなど、ユーザー企画イベントとしては、相当に規模が大きいモノになっていました。

 多くのユーザーの皆さんがボクのこの連載を読んでくれていることがわかったり、日産関係者などとお話ができたことが、とても貴重な体験となりました。

DSC_0270.JPG
西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 第18回
120台のオーナーカーが集結したR35GT-Rオーナーズミーティングリポート

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130430_597178.html

 GT-R開発責任者の水野和敏氏が、2013年3月末に日産を突然退社してしまったことは多くのメディアで報じられましたが、もう一人のミスターGT-Rであられる宮川和明氏も日産を退社されてしまったことはあまり報じられていません。水野氏が開発側のミスターGT-Rならば、宮川氏は生産側のミスターGT-Rです。

 日産は2014年モデルの開発にあたっては、これまで開発ドライバーとして貢献してきた鈴木利男さんも、水野さんの退社とシンクロしてか、外されてしまったようです。もともと鈴木利男さんは、日産社員じゃなくて外部の契約ドライバーでしたし、水野さんのイチオシで開発に組み込まれていたようなので、流れ的には予想されていたことでしたが…。

 当初、2014年モデルの開発のために抑えていた2013年内の国内外のサーキット占有予約も全てキャンセルされてしまったようで、今後は、一般車種と同じく、各開発部門ごとに作業を分担しての縦割り組織による開発になるようです。事実上、水野さんを中心にして行われてきた「GT-R開発チーム」は解散されてしまったと見てよいでしょうね。

DSC_1315.jpgDSC_1327.jpg

 ベストカー誌などの情報によれば、2014年モデルは外観デザインを変更し、7速仕様にしてのビッグマイナーチェンジとなるようですが、マイナーチェンジというよりはほぼモデルチェンジに近いことになりそうで、その意味では、2013年モデルが現行型の最終になりそうです。一部のスクープ誌ではハイブリッド化を予測している記事もありましたが、もし、そこまで手が入るとなるとバランスが崩れないか心配です。

 慣例的に、こうした最終型の販売にあたっては特別仕様車を設定するものですが、日産としては「マイナーチェンジを行うに過ぎない」という立ち位置なので、そうしたスペシャルモデルの設定の可能性は低いとみられます。ただ、nismoバージョンの発売の予告がなされましたから、もしたかしたら、それが、そうした位置づけになるのかもしれませんが。

 いずれにせよ、2013年モデルは、完熟の現行型最終モデルとなるので、購入を検討されている方は、早めに動いた方がいいと思います。情報筋によれば「現行型は早ければ8月にもオーダーストップになる」という話もあるそうですし…。

【おまけ】

DSC_0196.JPG

 今回のオーナーズミーティングでは、光岡オロチがひっそりと停まっていたのですが、これ、なんでも関係者の愛車だとか。間近で本物を見たのは初めてです。

 そうそう。
 水野和敏さんが、Webサイトを立ち上げられました。最近、ボクもチェックしているんですが、ブログ形式なのに、以前のエントリが予告無しで突然削除されたりするので(日産からの注意が入った??)、GT-Rファンは要チェックですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第17回:広角ミラーを組み込んで、ワイドな後方視界に

 今回のGT-Rライフのネタは、ドアミラーのカスタマイズです。

 スポーツカーはどれもそうですが、R35 GT-Rもご多分に漏れず後方視界がよくありません。

 それを補うためにバックカメラなどを装着してきたわけですが、後方側面はドアミラーで確認する必要側あります。

 確かに、サイドビューモニターを付けるアイディアも有効ですが、たかだかWVGA解像度の液晶モニターでは、後方視界と側面視界を同時表示するには力不足ですし、モニタースイッチャーなどを装備するのも面倒です。

 こういうときはアナログ的な対処の方が有効だろう…ということで、よりワイドな視界が得られるワイドミラーに置き換えることにしました。


【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第17回:広角ミラーを組み込んで、ワイドな後方視界に

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130408_594633.html

 多くの場合、こうしたワイドミラーは純正状態のミラーに両面テープで貼り付けておしまいなのですが、それでは「芸がない」ということで、ちゃんと純正ミラーから置き換えて、さらに曇り防止機構のミラーヒーターも移植するDIYに挑戦してみました。

 これは他の車種にも応用が利くネタだと思うので参考にして貰えればとおもいます。

 このミラーのおかげで後方フェンダーの位置がよく見えるようになり、側面の幅寄せがやりやすくなりました。

 ただ、ブルーじゃなくて、普通のミラーが良かったな(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第16回 R35 GT-R開発ドライバー・鈴木利男氏にGT-Rの話を聞く

 今回のGT-R連載は、シリーズ始まって以来、初のインタビューものです。

 お相手は、GT-R開発ドライバーの鈴木利男さんです。(写真左)

0001.jpg
西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第16回
R35 GT-R開発ドライバー・鈴木利男氏にGT-Rの話を聞く

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130321_592272.html

 ドライバー目線の鈴木氏の言葉には重みがありますね。

 特に、後半のメッセージは、GT-Rユーザー向けというよりはスポーツカー好きはみんな真剣に受け止める必要があるでしょう。

 確かにGT-Rは、改造/カスタマイズを奨励しない風潮がチューニングカーファンの間からは批判されました。しかし、簡単にパワーが出てしまうからこそ、ユーザーが、より、気を使って車体に接していかなければならないということですね。

 鈴木氏は、特に「タイヤとブレーキ」について注意して欲しいと言っていますが、この二要素は、自分の命だけでなく、他者の命を守る部位でもありますからねぇ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第15回:実はGT-Rに適合するOBD2対応レーダー探知機は存在した

 今回のネタはレーダー探知機です。

 今では、「レーダー探知機」というよりも、「スピード超過取り締まり装置「オービス」の位置警告装置」の意味合いの方が強くなっていますが、こうした装置とGT-Rにまつわる調査と実験をまとめてみました。

DSCN5569.JPG
西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第15回:実はGT-Rに適合するOBD2対応レーダー探知機は存在した

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130219_587976.html

 現在、レーダー探知機は、自車位置を正確に把握するために、故障診断用ののOBD2ポートを使用して車速+αの情報をクルマから取得する手段に対応しています。

 このテクノロジーにいち早く対応したのがユピテルだったんですが、R35 GT-Rには、ずっと対応してくれなかったんですよね。

 ところが、2012年の夏、COMTECがGT-Rに対応するモデルを出してきました。

 まぁ、細かい経緯があって(詳細は記事をどうぞ)、対応していないとされるユピテルのレーダー探知機のOBD2対応状況を検証してみよう…とやってみたのが、今回のネタです。

 結果は、小さな失敗と大きな成功があり(これまた、詳細は記事の方をどうぞ)、結論としては、ユピテルのレーダー探知機をGT-RにてOBD2ポート接続で動かすことが出来ました。

 それにしても、NISSAN GT-Rという車名なのに「ホンダ車の設定」が正解だったとは…(笑)




 これで、トンネル内のオービスカメラについても正確な警告情報を得られるようになりました。C2トンネル内を実際に走ってみた感じでは、オービスカメラの位置を的確に警告してくれていました。

 ユピテルのサイトには「加速度センサーとかジャイロセンサーとかを駆使した自車位置予測精度が凄い」と書かれてはいるんですが、車速情報をOBD2ポートからとれなかった以前は、トンネル内に入ると結構、自車位置がけっこういい加減でした。今では、屋外にいるときとほとんど変わらない精度の自車位置が出ています。

 都心高速やトンネルの多い地区の走行機会が多いユーザーは、このOBD2ポート機能の活用はかなりオススメですね。

DSCN5520.jpg

 OBD2ポートから取得した情報のうち、レーダー探知機が本来の目的で活用するのは車速くらいだと思われますが、それ以外の取得した車両情報も、レーダー探知機のディスプレイ面に表示させることが出来ます。

 これが、意外に侮れない…というかけっこう便利でした。

 GT-Rの純正マルチファンクションメーターは、ピークホールドの機能がないですし、ロギング機能もほぼないに等しいんですよね。

 OBD2ポート接続したレーダー探知機では、そうした各種パラメータの最大値、平均値を表示出来るんでとても便利なんです。

 「今回のドライブの最高時速は?」とかはもちろん、「今回のドライブのアイドリング時間は総ドライブ時間に対して何%?」みたいな高エコ意識な情報まで表示出来て、自分のドライブを振り返ることもできますから…。

250j1517.jpg

 ボクの設置ケースでは運転席のAピラー側の天井に備え付けています。

 ここは位置的にも運転者の顔面近いため、細かい情報表示もちゃんと読み取れるので結構オススメです。

【2013年2月23日追記】
読者の方から追加実験報告がありました。

●2009年モデル いずれの設定も不可(SpecVでの報告)
●2011年モデル ホンダ車設定でOK
(ただし、nismoスポリセで不可だったとの報告もあり)
●2012年モデル ホンダ車設定でOK
(ノーマルECU,nismoスポリセの双方で確認)
●2013年モデル ホンダ車設定でOK
(ノーマルECU,nismoスポリセの双方で確認)
●2014年モデル以降 いずれの設定も不可

ご参考まで。

引き続き追加情報をお待ちしています

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第14回:スポーツリセッティングコンピュータを取り付けてみた(後編)

 一回、別ネタで間をあけましたが、nismoのスポーツリセッティングコンピュータ装着編の後編になります。

01.jpg
【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第14回
スポーツリセッティングコンピュータを取り付けてみた(後編)

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130205_585419.html

 新車で購入した車両ですが、ステアリング周りから異音が出たり、ドア周りの初期不良に遭遇したりしてきましたが、今度はnismoのスポーツリセッティングコンピュータの初期不良に遭遇してしまいました。

 「nismoから送られてきたものをそのまま装着したんですが、全く動かないんです。こんなことはうちでは初めてです」と装着を担当したメカニックの方から言われたとき確信しました。

 うちのGT-Rは「悪魔のGT-R」だと(笑)

 本当はショップに2往復すれば装着できるはずのスポーツリセッティングコンピュータが、ボクの場合は3往復になってしまいました。

 今回の一連の作業は、GT-R開発ドライバーの鈴木利男さんが主宰するショップ「ノルドリンク」で行ったのですが、その鈴木さんが、深々とボクに頭をさげてくれまして、「いや、悪いのはnismoですから…」とボクが逆に恐縮してしまいました。

 nismoさん、ちゃんと出荷前に検品しましょうね…。
 GT-R開発ドライバーに頭を下げさせちゃダメですよ!

 それと…ワタクシの運勢って一体どうなっているんでしょうか(笑)

dsc_1400.jpg

 3度目の正直、3回目のノルドリンク来店時には無事動作するものが取り付けられましたが、効果は上々ですね。

 そのあたりのインプレッションは記事の方をご覧下さい。

 記事中盤には、ノルドリンクで展示公開中のV35スカイラインベースのGT-Rプロトタイプの話題を盛り込んでいます。

 GT-Rは「羊の皮を被った狼」と言われますが、コイツは文字通り「V35スカイラインの皮を被ったR35」でした。詳細は記事の方をどうぞ。

 ノルドリンクではいつかサーキットで走らせることを計画しているようですよ。

z001.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ 第13回:フロントバンパーをイメージチェンジ

 今回のGT-R連載は小ネタです。

 自動車ライフの楽しみ方にボディ色の変化や、ボディにアクセントを与える…というジャンルがあります。

 ステッカーを貼る…というのがもっとも基本的な見た目の変化の楽しみ方でしょう。

 車体全体を塗り直すオールペンが究極形といえますが、コスト的に高く付きます。

 最近流行のラッピングというのも1つの手ですが、なかなか高価です。

 ということで、今回は部分ペイント(?)をやってみました。

250J0774.jpgCIMG1196.jpg
西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第13回:フロントバンパーをイメージチェンジ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130122_584381.html

 上の写真の片方が純正状態、もう片方が部分ペイント後です。

 どこが違うか…って写真で並べられれば一目瞭然ですが、実際に単体で存在すると意外と気づかれなかったりします。

 先日、日産のディーラーに行ったときも「フロント…イメチェンしたんですけど」といったんですが、担当営業マンは「どこが変わったか分からない…え?…どこか変わってます?」と首をかしげる始末。

 ちなみに、上の写真ですが…

 左側の中央真っ黒が純正状態(Before)。

 右側が今回の部分ペイントの結果(After)です。

CIMG1189.jpg

 自分ではエレガントになったと満足していますが、GT-R開発ドライバーの鈴木利男さんに見せたところ「カワイイ」と言われてしまいました(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (2) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第12回:スポーツリセッティングコンピュータを取り付けてみた(前編)

 あけましておめでとうございます
 本年度もよろしくお願いいたします。

 といっても本ブログは年末年始関係無しのマイペース更新でございます。

 2012年最後のGT-R連載記事は、第12回目になりました。

 当初の予定は全24回の予定ですので、丁度半分の回数を迎えたことになります。

 ちなみに、CarWatchでは高橋敏也さんがトヨタ86の連載を開始しました。「まさかのプリウスからの乗り換え」「まさかのオートマ仕様選択」というダブルまさかの展開に今後も目が離せません。

 こちらも負けじと「まさかの展開」を心がけていきたいと思っています。

14.jpg
【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第12回:スポーツリセッティングコンピュータを取り付けてみた(前編)

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20121227_580518.html

 さて、今回のネタは、コンピュータチューニングの話題です。

 日産は、子会社のNISMOからGT-R用のスポーツコンピュータをリリースしており、これを利用する場合に限りは、コンピュータチューニングを行っても車両保証が維持されます。

 今回はこのNISMOスポーツリセッティングコンピュータがどんなものなのか…を紹介する回となっています。

 契約、取り付けのためにGT-R開発ドライバの鈴木利男さんのショップにお邪魔しましたが、鈴木氏とのやりとりについては次回以降にお届けしたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)

西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ第11回:しらさぎ祭リポートから戦闘ロボットGT-Rまで紹介

 今回は肩の力を抜いた小ネタ集的な内容です。

 メインで紹介しているのはGT-Rの組み立て工場でもある日産栃木工場で行われた「しらさぎ祭」でのオーナーズミーティングの模様です。

DSC_7923.jpg
【連載】西川善司の「NISSAN GT-R」ライフ
第11回:しらさぎ祭リポートから戦闘ロボットGT-Rまで紹介

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20121121_574089.html

 オールペンさながらの完成度のハイセンスな配色のラッピングGT-Rや、GT-Rの内装を7インチ・デュアル画面にしてしまったツワモノのオーナーカーなんかは、GT-Rが嫌いでもクルマ好きならば必見です。

 ボクは思わず「その発想はなかったわ」とのたまってしまいました。

 そして、今回の記事で「まさに小ネタ!」といえるのが、ジャイロゼッターの紹介ですかね。

DSC_5201.jpg

 実は、ゲームとアニメのメディアミックス展開している「超速変形ジャイロゼッター」には、主役ロボのライバル兼相棒の準主役ロボがGT-Rなんです(笑)

 日産も乗り気で、グローバル本社のショールームが今夏はこんな感じ(写真上)でした。

 この変形GT-R、オモチャも出ています。
 


 そうそう。このジャイロゼッター。
 スクウェアエニックスの製作スタッフの女性アシスタントプロデューサが「美人過ぎる!」と話題になりましたっけ。



 脱線ついでに。

 変形ロボのGT-Rと言えば、実は、トランスフォーマーにもあるんですよね。

 ただ、GT-Rのフロントエクステリアが前期型デザインになっています。



 肩にドアっていう発想…凄いですね。

 次回、小ネタ集をやるときには、実際にこのオモチャを買ってのレビューにしてみますかね(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > CAR WATCH | comments (0) | trackbacks (0)