KINECTで人間の意識を動かしたら!?

 マイクロソフトのXbox360用のモーションコントロールシステム(MCS)の「KINECT」は、人体のボーンの動きをリアルタイムに取得して、ゲームキャラクターの動きに反映させることが出来る面白いシステムですが、これを使って人間を動かす…みたいな着想の映画が出てきています。

 映画のタイトルは「GAMER」

 近未来、死刑囚の死刑執行をエンターテインメントにしたゲームが人気を集めていました。この設定はシュワルツェネッガー主演の「バトルランナー」(The Running Man,1987)と同じです。

 この映画での"ゲーム"は、死刑囚同士に銃を持たせて実弾を撃ち合わせて生き残りゲームをさせる…という内容になっています。

 各死刑囚は各自の意志では動けず、遠隔地にいてこのゲームを楽しむプレイヤーの操作によって動かされるのです。

 まさに究極の一人称シューティング(First Person Shooter)ゲームという風情です。

 そして、このゲームのプレイインターフェースに使われるのがハンズフリーなモーションコントロールシステムで、まさにKINECTそのものになっています。

 プレイヤーが銃を構えれば死刑囚も銃を構えるし、プレイヤーが走れば、死刑囚も走る…といった感じの操作系です。

 面白いのは、主人公の無実のマッチョ死刑囚が、もう1人の主人公の少年プレイヤーに「オレに右を向かせろ」とか指示を出すところですね。

 プレイヤーキャラクターがプレイヤーに動きを促す…ってのは、ちょうどエクササイズ系ゲームでよく見られる要素です。

 丁度、今年、PS3もXbox360もモーションコントロールシステムを導入してくるので、かなりタイムリーな映画だと言えます。

 予告編はこちら。

 

 日本ではまだ未公開ですが、北米ではもう2009年に公開済み。

 北米ではもうDVD/ブルーレイがでています。

 日本でも、公開されますかね...
映画 | comments (1) | trackbacks (0)

【BD映画】フォースカインド、見た。ゲロ吐いて宙に浮きたい人は見るべし

 今週は「アバター」「カールじいさんの空飛ぶ家」などの大作ブルーレイソフトが目白押しですが、あえてややマイナー路線の今週発売作を購入して見ました。

 それは「THE 4TH KIND」( フォースカインド)ですこのエントリーを含むはてなブックマーク



 (以下、少々ネタバレを含みます)

 アラスカのノーム市で実際に起きた不可解な殺人事件と失踪事件を、実際の映像を織り交ぜながら、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の再現ドラマで綴ったSFスリラーです。

 簡単にいうと実話ベースの「X-ファイル」といったところですか。

 ノーム市では300人近い人々が「フクロウに見つめられる」という幻影に悩まされながら不眠症を患っているそうで、その患者を診ている精神科医(カウンセラー)というのがジョヴォヴィッチの役どころです。

 ジョヴォヴィッチが演じるタイラー博士というのは実在の人物だそうで、自分の夫が、自らが横に寝ている状況下で何者かに鋭利な金属で滅多刺しにされて殺害された…という異常体験の持ち主でもあります。

fourth_kind_jovovich3.jpg

 タイラー博士は不眠症に悩む患者達を催眠療法で時間退行を試みていきますが、患者達の催眠内時間がフクロウの記憶に差し掛かるところで患者は異様な行動をとったり、カウンセリングのわずか後に自殺をしてしまったり、はたまたカウンセリング中に目を疑うような超常現象すら起こるようになります。

 そうした異様行動や超常現象については、実際の記録映像が再現ドラマと横並びに再生され、リアリティと恐怖を同時に煽るという構成になっていて、これが本作の独特な表現方法になっています。

 真実を追い求めるタイラー博士は、ある晩、この一連の事件を口頭レポートとしてテープに吹き込んでいる際、テープレコーダーを録音にしたまま寝入ってしまいます。

 翌日、テープ起こしのために録音を聞いてみると、そこにはおぞましい音声と物音が記録されていたのでした。

Fourth_Kind_Pic_20.jpg

自分の夫の殺害事件も、もしかすると、こうした異常現象が関係しているのでは?

 亡き夫の書斎を調べていくと、命を落とす直前まで、紀元前3000年近く昔のシュメール文明の調査をしていたことに気がつきます。

 タイラー博士は、この夫が残した情報を元に調査を進めていく中で、催眠治療中の患者の訳の分からない言動や、タイラー博士のテープレコーダーに記録されていた音声は、シュメール文明の言語であることを突き止めます。

 点と点だった事象が、糸で結ばれるようになり、驚くべき仮説が導かれ出し、こうして物語はクライマックスへと向かってゆくのです。

4th_img_761504_22888028_0.jpg

 ラストについては、賛否が分かれるはずです

 ガッカリという人もいるでしょうし、実話ベースだから仕方がないと納得する人もいるでしょう。

 逆に、ますます、ウソか本当か分からなくなったと感じる人もいるかも知れません。

 まさに、あの都市伝説お笑い芸人ハローバイバイ関が流行らせた名台詞「信じるか信じないかはあなた次第」が、この映画のキーワードになっているわけですが、実際、映画の最初と最後にジョヴォヴィッチが「What you believe is your decide」と言い放っています。

 制作予算の大半をジョヴォヴィッチが持って行ったかも知れませんが、低予算映画のわりにはかなり楽しめると思いますよ。

 そうそう。この映画を見たあとは、寝入る際には、テープレコーダーを回しておきたくなります(笑)
映画 | comments (2) | trackbacks (0)

きみがぼくをみつけた日「タイムトラベラーズ・ワイフ」を見たら

 今回、サンフランシスコで購入した米国版の「Time Traveler's Wife」のブルーレイを購入したら、なんと、普通に日本語字幕が入ってました。最新洋画ではこういうこと珍しい。

 日本での劇場公開時の邦題は「きみがぼくをみつけた日」という、なんとも女性向けを意識したタイトル付けがなされちゃってますが、原題を直訳すれば「タイムトラベラーの妻」です。

 この作品、恋愛をテーマに基軸に置くもののれっきとした「タイムパラドックス」ものになっていて、SFファンにもかなり楽しめる作品となっています。



「きみがぼくをみつけた日」
http://wwws.warnerbros.co.jp/thetimetravelerswife/

 主人公は、普通に自分が生きている基本時空はあるのですが、気を許すと、短時間だけ、未来や過去にランダム・タイムスリップしてしまう特殊な病気に悩んでいるイケメン男性です。

 男は、この症状については誰にも話さず、図書館で司書をして暮らしていますが、ある日、図書館に、美女が訪ねてきて「あなたに会うのを夢見てたわ」と話しかけられるなり、抱きつかれてしまいます。

 さらに「なんて若いの?」とうっとりした表情で顔を触られてしまいます。

 妄想系少年ラブコメの始まり方ですよ(笑)

 どうも、彼女は自分のことをかなり知っているようですが、イケメン男は彼女のことを知りません。しかし、次第に心を通わせていき、付き合ってすぐに結婚にまで至ります。

 「いい? これはアナタが考えた計画なのよ」という彼女。

 彼女はだれなのか、そして恐らく未来の自分が立てた計画の全貌とは?


 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「イルマーレ」を掛け合わせ、隠し味に「ベンジャミン・バトン」を加えたような不思議なラブストーリーで、SFファンに特にお勧めしたい一作(カップルでSFファンだったら最高に楽しめるかも?)

 で、2人が、一緒に住み始めて、初めてクリスマスを祝うシーンに、こんな勘違い日本ネタが!

DSCN7263.JPG

 キャンドル・ディナーの飾り付けが「クリスマス商戦!!

_DSCN7262.JPG
 今年のクリスマスの飾り付けはコレで決まり(ビシ!!)

【補足】ちなみに、彼女は前衛美術のアーティストという設定なので、横に描かれている謎の緑の落書きと共に、これは彼女の作品である可能性が高い。

time.jpg
映画 | comments (0) | trackbacks (0)

ディズニーが「プリンス・オブ・ペルシャ」を実写映画化

Prince_of_Persia_poster.jpg あの古典的名作ゲームの「プリンス・オブ・ペルシャ」が実写映画になるそうです。

 しかも制作はディズニーが担当で、プロデューサーはパイレーツ・オブ・カリビアンのJerry Bruckheimerなので気合いが入ってます。

 「ゲームの映画化作品は駄作ばかり」のジンクスは打ち破れるのか…。期待したいところです。

公開は2010年5月を予定。

ちなみに、ベースとなるのはUbi Soft版のプリンス・オブ・ペルシャの旧三部作だそうで、映画の正式タイトルは「Prince of Persia: The Sands of Time」となり、旧三部作の一作目と同一です。

 つまり、時間を巻き戻すことができる宝剣を巡ってのアドベンチャーになるというわけですね。

 予告編の映像はこちら



 ええ。大丈夫です。旧三部作がベースとなるので、成海璃子が棒読み吹き替えをすることはないと思いますよ(笑)

 成海璃子の衝撃的な棒読み吹き替えを知らない人はこちらを参照のこと

映画 | comments (1) | trackbacks (0)

「ザ・キング・オブ・ファイターズ」がハリウッドで映画化

 チュンリーがホームレスになってしまったという驚嘆の設定でドギモを抜いたハリウッド映画「ストリートファイター・レジェンド・オブ・チュンリー」もかなりショッキングでしたが、ハリウッドは暴走を止めません。

 今度の犠牲者は「ザ・キング・オブ・ファイターズ」です。

 下にインタビュー・トレイラーを示しますが、わずか2分間の間に10以上の突っ込み所があります(他にもあるかな?)



 以下に突っ込み所(ある意味トレイラーの見どころ)を示します。

■草薙京が普通のアメリカ人
 (パール・ハーバーでちょい役を務めた男性モデル)

■草薙京のローマ字表記が変 → KYO KASANAGI カサナギ!?

■草薙京が拳じゃなくて刀剣振ったり、投げたりしてる

■ヒロインが不知火舞で結構な年増女。
(ダイハード4で怪演を見せたMaggieQが演じているので、映画の質感アップには貢献しているともみなせるか)

■不知火舞のローマ字表記が変 → MAI SHARANUI シャラヌイ!?

■ボス・ルガールが30代そこそこのチンピラ風情
 (山崎竜二としてだったらまだよかったか?)

■テリー・ボガードが普通のオッサン
(さらに自信満々に「ゲーム版が好きならばこの映画も好きになるはずだよ」とコメント(笑))

■しかも、テリーはCIAのエージェントという設定

■八神庵がアイスホッケープレイヤーでジェイソンみたいな役どころ

 まぁ、でも、こういうネタを大予算使って作ってくれることに逆に感謝したい気持ちもあったり。

 ただ、各俳優さん、出演オファーを受けた際に、「断る勇気」も見せて欲しい気はする。特にテリー役…!!

 公開は2010年。

 もちろん、笑いネタとして見に行きまっせ! ボクは。



映画 | comments (0) | trackbacks (0)

ホームレスになったチュンリーの映画を見た

 ストリートファイター・レジェンドオブチュンリーのブルーレイを買って見ました。

 買った以上は言いたいことをいいます(笑)
 ちなみに【基本ネタバレ】です

 オープニングのピアノコンサートの背景の観客が「一枚絵」なのに気がついて「わ、やばい。思ったより低予算だ」と気がついたのですが、その通りでした。

 「これ、よくカプコンがOKしたな…」と思う出来映えです。

 なんというか、基本的には低予算の任侠カンフーアクションの佳作映画なのですが、ここに「ストリートファイター」ブランドのマジックワードを盛り込むことで、なんとか格上の作品に見せたいという意図をひしひしと感じます。

sfc_08120301_Street_Fighter_The_Legend_of_Chun_Li_02.jpg

 好意的に解釈するならば、この映画は、そうしたストリートファイターのキャラクター達の同姓同名の別人達が、たまたま、一箇所に集まって起きた別イベント…と捉えるべきだと思います。

 まぁ、あえていうならばコンセプトとしては「ドラゴンボール・エボリューション」と同じ匂いがします。

 映画を見ていて、むしろ、ストリートファイターのキャラ名が出てくると嬉しくなってしまうほど、みんなさわやかにストリートファイターになっていません(笑)

 まず、ゲーム世界では悪の魔神、ベガは、この映画では終始、ブランドスーツを着こなしたダンディな中年白人男性で、ロシア系(?)マフィア「シャドルー」を組織して、タイで地上げ屋をしています(笑)
 映画では赤い軍服は着ませんし、サイコパワーも使いません。しかも、ここぞというときに使うとっておきの必殺技は「正拳突き」でした(笑)

 この映画でのバイソンは黒人なので、ある意味最もゲームに近いイメージを持っていますが、ボクサー崩れという設定はなく、ベガに従順な普通の用心棒です。
 バルログもこの映画では鉄仮面を被っている設定が受け継がれているのでゲームに近いと言えますが、なんとネイティブアメリカンっぽい不細工ちゃんになっています。ナルシストな美形なスペイン人ではなく、逆にしゃべることができない野人ぽい殺人鬼的な役回りになっており、そう…すばしっこいジェイソンという感じになってます(笑)

jas024.jpg 鉄仮面もどこかの原住民の儀式で用いるようなデザインです。ゲームでバルログを使っている自分としてはかなり残念なキャラになってました。たぶん、鉤爪を振りまわして「ヒョー」とか「ヒャウ」とか叫ぶところからインスパイアされたんでしょうね。

 ガイルは登場しませんが、ゲームではガイルの友人という設定になっていたナッシュが、映画ではインターポールの職員として登場します。ゲームキャラではワンポイントとなっていた眼鏡は、映画キャラでは掛けていませんし、ましてやゲームキャラでは外観上の特徴だった鋭角の前髪はない…というか若ハゲです。何というか、喩えるならば若作りしたニコラス・ケイジみたいになってます。

 映画のチュンリーは白人母と中国人父のハーフで元ピアニストのホームレスという凄い設定変換が行われています。腹を空かせたチュンリーが、屋台のおばちゃんから春巻きを恵んでもらってそのうれしさのあまり涙を流すシーンでは、ボクの方が泣きたくなりましたよ。
 突き出た高い鼻は、ゲームのイラストに出てくる顔立ちに似ていなくもないですが、お団子ヘアー×チャイナドレスのあの出で立ちでの登場のファンサービスはありません。

sfc_img_280767_39183805_0.jpg ゲームでも、映画の中でもチュンリーの師匠的な立場となっているゲンは、ゲーム中では病を抱えた拳の達人の老師という感じでしたが、この映画ではちょっとクールなイケメン中年カンフーマスターになっています(笑)

 ゲームではベガのサイコパワーの天敵という位置付けのはすだったローズに至っては、ベガの愛娘という驚きの新設定も盛り込まれていました。

 ボクはある意味あのハリウッド版ドラゴンボールがとても原作に忠実に思えてきましたよ?

 ストリートファイターシリーズのゲームファンは、この作品、友達と集まってワイワイヤジを飛ばしながら是非見て欲しいです。

 めちゃくちゃ笑えました。オススメ。



【おまけ】

 一本の映画として評価すると、ダメなのは編集ですね。
 ここをなんとかすれば、任侠映画としてもうちょっとクオリティが上げられたはず。
 話がうまく繋がっていないところが多いんです。
 例えば、ナッシュがバイソンを尾行して撒かれてしまうシーンがあるんですが、この顛末については、何も語られません。尾行の顛末をカットするならば、この尾行の始まりのシーンもカットすべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画 | comments (2) | trackbacks (0)

ベンジャミン感染列島

同時期に発売された2つの映画のブルーレイ/DVD

ビックカメラに行ったら、同じ場所にポスターが「新作!」として横並びに貼ってあって、しかも新作コーナーに両者のパッケージが並べられてて一瞬混乱した。


benjamina51a80c8.jpgkansen.jpg

邦画と洋画の違い、映画のジャンルのちがいもあるけど、「え!?」と思わされた。

わざとか!?

もちろん買ったのはベンジャミンの方だけどさ


映画 | comments (0) | trackbacks (0)

【映画】日本未公開ホラー「THE UNINVITED」見た!

 E3の時にアメリカから買ってきたブルーレイの「THE UNINVITED」を見てみました。サイコスリラー系のホラー映画です。

 ネタ不足に悩むハリウッドは(アメリカから見ての)外国映画のリメイクに明け暮れていますが、とくにホラー分野はリメイクが目立ちますね。

 実は、この「THE UNINVITED」も韓国ホラー映画「箪笥(たんす)」のハリウッドリメイク版です。

 日本でもそろそろ公開予定になるはずですが、一足先に見てしまいました。

 原作は見てないのでよく知らないのですが、感想を端的に言うと、低予算さを全く感じさせない素晴らしいデキでした。終わったときに「ほほー」と手を打ってしまったほどです。

 ジョン・キューザックの「アイデンティ」、ニコール・キッドマン「アザーズ」、ブルースウィリスの「シックスセンス」、ロバート・デ・ニーロの「ハイド・アンド・シーク」など、あの系統のどんでん返し系ホラーが好きならば大満足なはずです(笑)

09011303_The_Uninvited_01.jpg

 病気の母親を火事で亡くしてしまった主人公の少女、アンナは、そのショックで、心に傷を負ってしまい、火事の晩の悪夢を何度も見てしまうため、その治療のために精神病院に入院していました。
 しかし、悪夢と向き合うことが出来るようになったアンナは退院することができ、めでたく姉と父親と暮らせるようになります。

 湖の畔のお屋敷に着いて、10ヶ月ぶりに姉アレックスと再会し、自室に戻り安堵の息をつくアンナでしたが、お屋敷には「招かれざる人」(THE UNINVITED)が住み込んでいました。

 それは、病気の母親を看病していた住み込みの若い看護婦レイチェルです。
 母親の死後、父親に取り入って、完全に母親気取りで住み込んでいるのです。父親は母親の死から1年も経っていないのに、完全にこの看護婦レイチェルの美貌にメロメロなのです。

 アンナは家に戻ってから、母親の幽霊を見るようになり、それは母親を死に至らしめた火事がレイチェルの仕業だということをほのめかすのでした。また、見知らぬ三人の子供の幽霊を見るようになり「次に殺されるのはおまえだ」という警告のようなメッセージも受けるようになります。

09011303_The_Uninvited_13.jpg

 アンナの幽霊話に耳を貸さない姉アレックスも、レイチェルが偽名を使っていることを知ってからは、レイチェルの陰謀説に耳を傾けるようになり、姉妹は父親をたらし込んでいる看護婦レイチェルの秘密を暴くために力を合わせるのです。

 母親の霊は何を訴えているのか。
 三人兄弟の子供の霊の警告の意味とは?
 母親を死に至らしめた火事の真相は?
 美しくも怪しい看護婦レイチェルの正体は?

 なんだか、見ていると、ホラー要素を組み込んだ素人探偵映画なのかと思い始めるのですが、実は全然違っていて、中盤からグググっと物語が急展開していきます。

 最後のどんでん返しは、「なるほど…オープニングのフリはこれか!?」と、驚かされるものの、かなりすっきりさせられます。

 物語はちゃんと結末を迎えるのですが、このときアンナ視点で見るとすがすがしく、一方で俯瞰視点で見るととても後味が悪い、というとてもユニークな物語の収束の仕方をしています。

09011303_The_Uninvited_10.jpg

 サイコスリラー系でありがちな、無理矢理な合成甘味料的な余韻ではなく、起承転結がしっかりした物語が完璧に完結したときに生まれる、腰のある余韻が素晴らしいと思いましたね。

 出てくる女性達がティーンから年増女まで、全員とても可愛いのでそこも見所ですかね(笑)



映画 | comments (2) | trackbacks (0)

トランスフォーマー・リベンジを見てきた

 封切り直後のわりには、なんか、けっこう空いてた…。

 世界観を説明するためのオープニング戦闘シーンが既にクライマックス級にド派手で、ブルーレイになったときには接客デモには最適だなぁ、とか、考えていた(笑)

bb26f0282e4e42dda99ff53d29ccdd46.jpg

 ストーリー的には、前作から少しだけ時間が経っていて、主人公サムが高校を卒業して全寮制大学に入学するところから始まる。
 サムは、最新カマロに変身したバンブルビーと、不良少女の恋人ミカエラとも離ればなれになり、トランスフォーマー騒ぎから離れて普通の大学生活を送りたいが、バンブルビーとミカエラはやってくるし、寮のルームメイトはトランスフォーマー騒ぎのスクープを捉えたいオタクグループの一員だし、という出来すぎたコメディシチュエーション。
 同時進行で、ワルモン・ディセプティコンは地球上の「何か」を探して、そのヒントがサムにあると確信してサムを相変わらず付け狙う…という前作のデジャブが繰り返される。
 コンボイ率いるイイモンのオートボット達は前作での唯一の理解者でありハンサム軍人のウィリアム大尉と共にディセプティコン残党の殲滅にあたっているという設定。

 前作を見ていなくても楽しめると思うが、前作のキャラクター達が俳優を変えずにそのまま出演しているので、前作を見ていると理解が深まるはず。


(オイラ、前作はHD DVDで持ってるわ (笑))

 ミカエラ一筋を誓うサムにブロンド美女接近とか、口先ばかりのオタク・ルームメイトのドジぶりとか、セクター7のシモンズのなれの果てとか、コメディ部分のクオリティやキャラクタの使い回し術はお見事。賛否はあるが、いわゆる「2」もののジンクスをものともせず、続編ものの「しがらみ」をよい方向に活かしている演出と物語の構成力はお見事。

 気になるILMが陣頭指揮をとったトランスフォーマー達との戦闘シーンも素晴らしかった。相変わらず戦闘しながら、変形しながらの立体的なカメラの回り込みの連続に、見ている視界の天地がわけわからなくなるが、そこはそれ、ブルーレイが出てからじっくり楽しむとして、初見の時はグッと視点をひいて全体を見た方が楽しめる。

 今回、進化しているなぁ、と思ったのは、屋外のアクションシーンでの実写とCGキャラの合成。人物キャラもフレームインしている状態で、さっき言ったみたいな天地がワケ分からなくなるような大胆なカメラワークがあっても、人物もCGキャラも背景も破綻せずに動いている。

 上映時間は150分と長いけど、あまり長いと感じなかったし、コストパフォーマンスの面でもいいかも。トイレには注意だ。
 
 映画の内容としてもよかったし、映像体験としても楽しかったんで、もう一回、アイマックスシアターとかで見てみたいかも

 そうそう、パンフレット買うときに注意(笑)

店員「特別版と通常版の2種類がございます」

 特別版は通常版+αではなくて別物で、実は映画の解説がなくて、オモチャカタログになっているぞ(笑)。
 映画の内容についての解説だけならば通常版だけでOK。
映画 | comments (3) | trackbacks (0)

地球が静止する日、見た(ネタバレあり)

 大画面マニアの評価の一環でキアヌ版「地球が静止する日」を見た。



 上位の知的生命体に、自然保護の一環で人類が排除されるという設定は面白いんだけど、宇宙人と地球人のインターフェースであるキアヌはラストシーンで「どうして」「どうやって」「なにをしたのか」がさっぱり分からず、唐突にエンドクレジット。

 「え!?」

 最近のハリウッドSF大作映画はモーガン・フリーマンの「ドリームキャッチャー」以来、尻切れトンボが少なかったとおもうんだけど、どうだろ? この「地球~」の尻切れ感は。

 ジェフ・ゴールドプラムの「インディペンスデイ」、トムクルーズの「宇宙戦争」だって幼稚なストーリーだったけど終わりには「結」があったよなぁ。

 変に余韻を意識しちゃったのかな
 「インディペンデンスデイ」「宇宙戦争」みたいに、ドリフ的な"お約束"を紡いだだけの幼稚なストーリーだけど、迫力と気合いで最後まで押し切ったお話のほうがよかったのではないか。

 ちなみに、いい意味で余韻がのこった尻切れSF映画としてはジョディ・フォスター「コンタクト」を挙げておきたい。

 宇宙人インターフェースのキアヌは、やっぱ、あれかね。
 ジェニファ・コネリーが子持ちの30代後半の白人にもかかわらず、かわいらしすぎたので、グっときて地球人救っちゃったのかね。

 あんなまなざしで「お願い、私たちにチャンスを」なんていわれたらねぇ。
 一応、ボク的にはそう理解しておきます(笑)

jenifer.jpg
映画 | comments (0) | trackbacks (0)