西川善司の大画面☆マニア第249回~破格のリアル4Kプロジェクタ、ソニー「VPL-VW255」。18ギガ対応と上位機譲りの画質

 疑似ではないリアル4K解像度のプロジェクターの決定版とも言えるモデルがやっと登場。

 型番は先代から+10されただけだが、18Gbps HDMIに対応したことが大きなポイント。価格もほぼ据え置き。

745_so21_o.jpg
西川善司の大画面☆マニア第249回~破格のリアル4Kプロジェクタ、ソニー「VPL-VW255」。18ギガ対応と上位機譲りの画質
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1151657.html

 もちろん、レンズメモリー機能を搭載し、より明るく動的絞り機構を搭載したVPL-VW555の方が性能は上だが、ホームシアター機としてはVPL-VW255は十分に優秀だと思う。

 フルHD機からの買い換えとしては今期ベストバイとして推す。

 AVACでは50万円を割り込んでいて、おそらく早くしないと年内納入が難しくなること必至。買うなら急げ!

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)