西川善司の大画面☆マニア第241回~8Kだけじゃない! ブラックアウト回避やeARC、あなたの知らないHDMI 2.1の世界

 CES2018では、HDMIのプレスカンファレンス、HDMIブースとVESA(DisplayPort)ブースが地味ながら見応えがありました。

 そうしたHDMI2.1の地味な新機能を紹介したのがこちらの記事ですが、「へー、これいいじゃん」と思える機能がけっこうあります。

FormatDataRatetable.jpg
西川善司の大画面☆マニア第241回~8Kだけじゃない! ブラックアウト回避やeARC、あなたの知らないHDMI 2.1の世界
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/1100970.html

 あと、HDMI2.1のキーテクノロジーの1つである「DSC」についての実動デモを公開していたのもなかなか面白かったです。

 上の画像は、主要映像フォーマットの一覧表ですが、ご存じの方も多いように、HDMI2.1の伝送速度は48Gbpsに引き上げられますが、当初欲しかった帯域(144Gbps)に全然手が届いていません。なにしろ次世代映像規格は8K/120fpsまで定義しちゃいましたからね。

 で、どうするかというとHDMI2.1では「圧縮して送る」というアクロバットを導入することにしました。これがDSCと呼ばれる圧縮技術なのですが、なんと非可逆圧縮です。

 ついにHDMI2.1では「デジタル映像データをデジタル伝送しても劣化するフェーズに突入」するのです。

 どのくらい劣化するのかについても今回の記事でレポートしています。

 ちなみに上の画像の「Ultra#」と赤字で書かれたスピードモードにはDSCが強制介入します。
オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)