【西川善司】4Kテレビをディスプレイとして選ぶときに理解しておきたい「倍速駆動」の話。「多画面環境2017」の話題を添えて

 7画面仕様のメイン画面ディスプレイとして東芝の4Kレグザ「40M510X」を導入した話を書きました。



 40インチの4Kテレビは、ドットバイドット表示にすると丁度よい大きさで、いわば20インチのフルHDディスプレイをベゼルレスで「田」の字的に並べた状態と同じになるためワイドなデスクトップを使いたい人にはお勧めです。

 これ以上大きくなると、視距離50-70cmで使うにはやや大きすぎると思います。


003.jpg
【西川善司】4Kテレビをディスプレイとして選ぶときに理解しておきたい「倍速駆動」の話。「多画面環境2017」の話題を添えて
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20170912110/

 そして、今回は「倍速駆動テレビの遅延が遅いのはなぜか」「"非"倍速駆動テレビの方が低遅延なのはなぜか」についての記述的解説を行いました。

 記事中にあるこの図について編集部から「液晶ディスプレイはラインごとに表示されているわけではないのでは?」という疑問が寄せられましたが、確かにその通りで、この図は概念的な説明をしています。

012.jpg

 実際の液晶ディスプレイは、1フレーム分の映像がたまったときに一気に表示を仕掛けます。

 しかし、それでも、結局、HDMIケーブルを流れてくる映像データは一次元的なストリームデータ(いわばスキャンライン相当の映像情報)です。

 ブラウン管ではこのスキャンライン分のデータをもらったそばから表示を仕掛けますが、これを液晶ディスプレイでは溜め込んでから表示します。

 しかし、いずれにせよ、120Hz倍速駆動の液晶ディスプレイでは、バッファにたまった映像を8.3msごとに表示してしまうので、16.67msかかってやっと1フレームの映像が伝送し終わる60Hzの映像表示とはタイミングが合わないのです。だから、この図のように60Hzでいうところの0.5フレーム分、8.3msの遅延を与えて、60Hzの半分の映像データが届いてから表示を開始するのです。なお、このメカニズムを採用していることは某テレビメーカーにも確認済みです。

 まあ、東芝レグザは、倍速駆動モデルでも、この理論値に近い0.5フレーム遅延を実現しているので、低遅延にこだわるゲームファンでも問題ないとは思います。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (3) | trackbacks (0)