【西川善司のモバイルテックアラカルト】第14回: スマホで楽しむ簡易VRへのいざない(後編)

 スマホをはめ込んでの簡易VR体験は、なにもサムスンGalaxyシリーズだけのものではありません。

 せっかくリコーTHETA Sを自腹購入したので、中華スマホVRゴーグルを購入して、360°全天全周映像(360°動画)をVR的に楽しむためのテクニック、手順、そして中華格安スマホVRゴーグルの紹介までをまとめました。

gd65935_-15.jpg
【西川善司のモバイルテックアラカルト】
第14回: スマホで楽しむ簡易VRへのいざない(後編)
このエントリーをはてなブックマークに追加
https://gamedeets.com/archives/65935

 スマホVRゴーグルとして市販されているものは2000円~4000円前後といったところで意外に安いです。

 どうせ購入するのであれば、両眼距離調整やピント調整に対応しているものがお勧めです。

 下記のものが該当商品になります。



 これらのものは5.7インチくらいまでのスマホならば入ります。
 6インチはギリギリ入らないのですが、ちょっと加工すると使えます。

 アプリはタオ360を使わせて頂きました。
 詳細は記事の方をご欄下さいませ。
オンライン仕事 > GameDeets | comments (2) | trackbacks (0)