液晶テレビ<レグザ>でゲームこそサイキョーだ! プロゲーマーももち VS 大画面マニア 西川善司 ストリートファイターVでガチバトルも!!

 ついに「ストリートファイターV」が発売となりました。

 格闘ゲームのトップブランドである「ストリートファイターV」と低遅延性能を追求してきた東芝レグザとのタイアップ企画が発足。

 微力ながら、そのお手伝いをしてまいりました。

 ついに東芝レグザは、表示遅延0.05フレームを達成したんです。

img_main.jpg
液晶テレビ<レグザ>でゲームこそサイキョーだ! プロゲーマーももち VS 大画面マニア 西川善司 ストリートファイターVでガチバトルも!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://game.watch.impress.co.jp/topics/regza1602/

 まあ、補間フレーム挿入/倍速駆動の場合は、原理的に0.5フレーム遅延が免れないので、0.05フレーム遅延が実現される状況は限定的になりますが、そのあたりの詳しい解説とどの機種でどんな表示遅延になるのかは記事にまとめていますので参考にして下さい。

 「フルHD機で1080p/60Hz入力時に0.05フレーム遅延」ということであれば、「レグザJ10」「レグザV30」がお勧めです。「4K機で1080p/60Hz入力時に0.05フレーム遅延」ということであれば「レグザG20X」「レグザJ20X」がお勧めです。




 さて、下は記事でも示しているもので、格闘ゲーム世界チャンプのももち氏に12フレーム遅延を与えて、ボクはレグザの低遅延状態で対戦した動画です。



 表示遅延の大小で、ここまで実力が縮まるものなんです。
 あ、ちなみに、両者、遅延なしでプレイした状況は記事の方をどうぞ。
 ボコボコです(笑)

 というわけで、テレビ選びの際には表示遅延にも気を配ってみて下さい。


オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (2) | trackbacks (0)