西川善司の大画面☆マニア第209回~液晶を忘れる映像体験。一新の4K画質「REGZA 58Z20X」

 久々の大画面☆マニアは、4Kレグザの最新モデル「Z20X」を取り上げました。

dg01.jpg
西川善司の大画面☆マニア第209回
液晶を忘れる映像体験。一新の4K画質「REGZA 58Z20X」
地デジ画質に感動。1080/120Hz対応でゲーム対応も進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20151204_732748.html

 詳細は記事を参照して欲しいですが、個人的に注目ポイントをまとめるとこんな感じです。

(1)映像エンジンが刷新。
→これまで品質面で難があった倍速駆動用の補間フレーム生成の品質が向上。やっと常用レベルになった

(2)直下型バックライトの駆動方法にアナログ技術を導入。
→これまでPWM式であったために暗く光らせることが苦手だったが、これが改善。
おそらく他社製を含めて、もっとも暗部階調が優秀なバックライト制御になった

(3)1080p/120HzのHDMI入力が可能に。
→PCゲームなどでフルHD解像度の120fpsの表示が可能となる。
ゲーム専用モニター的な活用が可能に。

 これらの機能は、レグザでもZ20Xの専用機能になっています。
 今後の展開も楽しみです。
 個人的にはモニター的に活用できる40インチ台のモデルも欲しいですねぇ。

オンライン仕事 > AV WATCH | comments (2) | trackbacks (0)