西川善司の3DGE:AMDによる主張「NVIDIA製GPUは,DirectX 12の優位性を活用できない」を考察する

 AMDとNVIDIAと言えば、「赤いきつね」と「緑のたぬき」の戦いとして、時々面白いことをやってくれますが、今回は、赤いきつねの方が緑のたぬきにもの申す!…をやっています。

 AMD側のメッセージとしては「グラフィックス描画とGPGPUの同時並列実行(Async Shader)が出来るのはAMDのRADEONだけ!」ということのようです。


西川善司の3DGE:AMDによる主張「NVIDIA製GPUは,DirectX 12の優位性を活用できない」を考察する
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/302/G030238/20151027103/

 まぁ、実際には、NVIDIAの方も第二世代Maxwellから対応しているはずなのですが、ドライバの問題なのか機能していない…というのが現状のようですね。

 こうした争いは不毛は不毛ですが、結果的には、GPUアーキテクチャや先進機能への理解が深まるので悪いことではないかも知れません。

 ちなみに、PS4,Xbox OneでもAsync Shaderは利用でき、実際のゲームではけっこう普通に活用されています。ちなみに、PS4のAPUでは、通常グラフィックス描画とGPGPU実行に加え、システム用の高優先度グラフィックス描画も並列実行できる設計になっています。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)