東京ゲームショウのステージイベントに来てくれた方々ありがとうございました。

 東京ゲームショウのステージイベントに来てくれた方々ありがとうございました。

zenaver_12038237_905247206222336_6329002796410098843_n.jpg
【TGS 15】AVerMediaとMad Catzの新製品セミナー―テクニカルジャーナリスト西川善司氏が解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.gamespark.jp/article/2015/09/19/60350.html

 最初に訂正をしておきます。

 ステージ最後の質疑応答の際の回答が1つ誤っておりました。
 ごめんなさい

 USB3.0対応のHDMIキャプチャの「Live Game EXTREME:LGX」(GC550)は、ハードウェアエンコーダーは内蔵していません。
 内蔵しているのは、PCレスの単体録画モードがあるモデルだけで、PC接続前提のモデルはハードウェアエンコーダーは非搭載です。
 ただし!
 最近のGeForceやRADEONなどに搭載されているGPU内蔵のハードウェアエンコーダーが使えます。なのでCPUパワーが非力でもGPUの世代が新しければ低負荷で録画は出来ます。



 逆に、PCレス録画に対応しているAVT-C285/AVT-C875にはハードウェアエンコーダーが搭載されています。



 それと、2年ほど前のステージイベントで「非圧縮AVIで1080p/60fpsをキャプチャできるモデルはないのか」という質問も頂きましたが、あれからしばらくして「できるモデル」が登場しています。

 それは「CV710」というモデルです。



 ただし、「Adobe Premiere Pro CS6」「Sony Vegas Pro」などの対応キャプチャリングソフトを用いる必要があります。
 なお、このモデルは分配(HDMIパススルー)機能は無いのでゲームプレイをしながらキャプチャするためには別途HDMI分配器が必要です。

 「GC550(LGX)」はいわば「CV710」にHDMIパススルー機能を付けたようなモデルなワケですが、「GC550(LGX)」には非圧縮AVIでのキャプチャには対応していない点に注意してください。

 以上、Q&Aコーナーのフォローアップでございました!
講演 | comments (0) | trackbacks (0)