「Oculus Rift」に対抗!? NVIDIAがサングラススタイルの立体視対応HMDを披露

 E3の記事のフォローが終わってやっとSIGGRAPHの記事フォローに移れます。

 今年のSIGGRAPH2013はアナハイムで行われました。バリバリの観光地だったので治安は良いのですが、物価がとても高かったです。ディズニーリゾートの本場ですからね、仕方ないですが。

 SIGGRAPH2013の第一弾レポートとして寄稿したのはNVIDIAが開発したヘッドマウントディスプレイ(HMD)です

004.jpg
[SIGGRAPH]「Oculus Rift」に対抗!? NVIDIAがサングラススタイルの立体視対応HMDを披露
このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20130722041/

 HMZ-TシリーズやOculus Riftの大人気ぶりで、HMDへの関心が高まりつつありますが、NVIDIAの開発したHMDはこれまでとのものと少しモノが違います。

 「Near-Eye Light Field Displays」と命名されていることからも分かるように、ライトフィールドを再現するHMDなのです。

 詳しい原理については記事の方に書いたのでそちらをご覧下さい。

 簡単に言うと、カメラで撮影した2Dフレームとしての映像を見せるのではなく、目に届く光を全て見せようとするのが、このNVIDIAのHMDのコンセプトです。

 例えば、このNVIDIA HMDで、「ある情景」をユーザーが見た時に、手前の花にピントを合わせて見ることもできるし、遠方の山にピントを合わせて見ることもできます。

 その目に到達する光の情報を全て再現するから「Light Field」Displayというわけです。

 Light Field Cameraも研究が進んでいて、既に「Lytro」などが製品化されていますが、あれのディスプレイ版…ともいうべきものがこのNVIDIA HMDになります。



 まぁ、現状はプロトタイプと言うこともあって、案の定、解像度があまり高くないんですが、この点については小型の4Kパネルなどが開発されれば改善されるだろう…とのことでした。
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)