PlayStaion 4のローンチタイトル「Killzone Shadow Fall」プレイレポート。新世代機の試金石となるシリーズ最新作に迫る

 なんとか、東京ゲームショウの前に、E3のネタのフォローが終わりそうです(笑)

 E3では、PS4ローンチタイトル「Killzone Shadow Fall」をプレイしました。

 このタイトルは東京ゲームショウでも展示されるはずで、きっと(ワールドワイドでは)PS4のベンチマーク的タイトルになりそうです。

 この作品はメインメモリを4GBとして想定していた初期のPS4開発機時代から開発が進められていたもので、かなりの開発後期まで4GBメモリで動作できていたとのことです。

 圧倒的なジオメトリ量は、一見の価値ありですね。


[E3 2013]PlayStaion 4のローンチタイトル「Killzone Shadow Fall」プレイレポート。新世代機の試金石となるシリーズ最新作に迫る
http://www.4gamer.net/games/205/G020514/20130619048/

 そういえば、PS4の発売が、北米年内で、日本での発売日は翌年2月になったのは、表向きは「日本向けのタイトルが出揃うのを待つため」となっていますが、業界的には、マーケティング戦略的な意味合いも強いと言われています。

 日本ではその展開について全く未定となっているXbox Oneですが、北米では年内に発売されます。同時期に発売されるPS4に品薄感があるとまずいため、北米での安定供給を優先したようです。これまで北米はXbox360の支持率が高かったのですが、Xbox OneとPS4の世代では、PS4の支持率が高いようなので、一気に畳みかけたい戦略なのでしょう。

 最近は「ゲーム機は北米と同時期発売が当たり前」という風潮がありますけど、思い返すと、そういえば、PS1,PS2も北米同時期発売ではありませんでした。PS3は北米と同時期時発売でしたが、あの時、安定供給が出来ず苦労したので、SCEとしては、あの時のことを教訓として覚えているのでしょう。
(ご指摘ありがとうございました。世界→北米に直しておきました)

 それと、後藤さんがキャッチした情報によれば、PS4のメインメモリとして採用されているGDDR5メモリは、現状、供給元がサムスンからしかなく、そのサムスンが安定供給できていないことがPS4の量産性に影響を及ぼしている原因の1つ…とのことでした。今や液晶テレビにまで数ギガバイトが内蔵されるコンベンショナルなDDR3と比べて、GDDR5は性能こそ高いものの量産性ではまだDDR3には及ばないため、こうしたことになっているようですね。まぁ、量産効果なんてのは需要が高まればなんとかなるので、いずれ、短期的に解消される問題ではあると思います。

 今回もPS4は、ゲームソフトのリージョン縛りはゆるいし(ほぼなし)、ブルーレイも北米と日本は同一リレージョン括りなので、アメリカで11月15日に発売されるPS4は日本でもたぶん利用出来るはずです。11月15日にアメリカに行ったときには買って帰ると、いいお土産になるかもですね。日本で使えなくても責任は持ちませんが(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (3) | trackbacks (0)