PS4対Xbox One。両陣営のE3発表を受け,西川善司が次世代ゲーム機における5(+1)つのポイントを勝手に斬る

 やっとE3の頃の記事のフォローに移れました。

 今年のE3は、任天堂がプレスカンファレンスを行わなかったので、やや寂しい会期スタートとなっていました。任天堂ブースの混雑も例年と比べると、やや落ち着いた雰囲気でしたね。

 ブースの混雑はソニーとマイクロソフトの方が凄かったですね。まぁ、これは両社が今年、次世代機を発売するから当然の流れではありますが。

ps4xbox.jpg
[E3 2013]PS4対Xbox One。両陣営のE3発表を受け,西川善司が次世代ゲーム機における5(+1)つのポイントを勝手に斬る
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130612111/

 E3レポートでも、PS4対Xbox Oneの構図の記事を書いています。

 今回は発表されたスペック、リークされたスペックを見ると、PS4の方が若干スペックは高いという印象です。

 もともと、PS4はメモリ4GBで仕様が確定していたのを、Xbox Oneが8GBだという情報を入手して土壇場で8GBに増量した…という話は有名な逸話ですが、まぁ、これは業界的には良かったですね。マルチプラットフォーム展開するサードパーティに余計なゲーム仕様変更を強要しなくて済みますし。

 ただ、Xbox OneのDDR3の8GBにくらべ、PS4のGDDR5の8GBは性能こそ高いですが、コストに大きくのしかかってくるので、ここはちょっとがんばりすぎている感もあります。

【追記】とほほ。なんか、ここが変に誤解されている(笑)ようなので補足を。
GDDR5ってのはDDR3と同容量でも2倍のコストが掛かるモンなんです。
だから、ここは文字通り、本当にPS4はがんばったという意味です。メモリのコスト事情については後藤さんの記事の方が詳しいです。

 そういえば、ファーストパーティのタイトルは初期のPS4仕様(4GBメモリ)で開発が進行していたおかげで、メモリをあまらせてしまっているとか。

 E3でも、Guerrilla Gamesの「KILLZONE:SHADOW FALL」の担当者やQuantic Dreamの「THE DARK SORCERER」の担当者が「これ、4GBメモリで動いてるんだぜ。」と自慢げに話していました。

 とにかく、今世代はサービスはともかく、本体ハード自体は、両社、兄弟機みたいなものなので、サードパーティスタジオは一安心ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (11) | trackbacks (0)