AMD,SoCになった新世代APU「Temash」「Kabini」を正式発表。Jaguar+GCNとなったそのアーキテクチャを丸裸にする

 5月も海外行きが多かったですが、6月も頭からCOMPUTEXとE3のハシゴでした。
一日だけ日本に戻ってその日だけ某所で講演して翌日また海外みたいなことやっていて体調が大丈夫か心配だったんですが、意外にモチました。

 台湾COMPUTEX2013は、今年はインテルの新Core iプロセッサ(Haswell)祭でしたが、自分はAMDやNVIDIA関連の担当で動いていました。

 下の記事はCOMPUTEX前に取材して、COMPUTEX会期直前に発表になったAMDの新APUの解説記事です。

045.jpg
AMD,SoCになった新世代APU「Temash」「Kabini」を正式発表。Jaguar+GCNとなったそのアーキテクチャを丸裸にする
http://www.4gamer.net/games/147/G014732/20130521047/

 PS4やXbox Oneといった次世代機に採用されているものと同世代のアーキテクチャのAPUですね。

 そういえば、正式発表はされていないですが、この世代のAPUからはDirectX11.2対応らしいですね。

 DirectX11.2はWindows8.1と同時にリリースされるようですが、開発者の間ではOSレベルでのバーチャルテクスチャ対応が目玉なのだとか。

 つまり、馬鹿でかいテクスチャを確保しても、実メモリに載らない分は仮想メモリ側に確保して、必要な時に必要分をスワッピングしてくれるらしいので、大きなシーンのテクスチャストリーミングとか、広大なシーンの環境光情報を3Dテクスチャ化して持っておくとか…と言うことをシステム側に面倒を見てもらえるようになるらしいです。

 この機能、PS4やXbox Oneでもサポートされるとかされないとかいうウワサが…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)