【(善)後不覚】6画面の原稿書きマシンを新調した話

 久々の4Gamer向けの連載コラムです。

 ネタは、原稿書きマシンの新調です。

 原稿書きマシンは、システムの入れ替えをやっていると時間がもったいないので、かなり長きの間、マシンの仕様を変えずに使い続けます。パーツの故障等でパーツの入れ替えはありますが、マザーボードとCPUはほぼ5-6年サイクルでの入れ替えです。

 同一仕様で5-6年粘るってほとんど据え置きゲーム機の世界です(笑)

009.jpg
【(善)後不覚】6画面の原稿書きマシンを新調した話
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20130525011/

 相変わらずの多画面環境なのですが、幾つか、読者からの質問があったようなので答えてみることにします。前に頂いた質問と同じ気がしますが…

【Q】なぜ、ディスプレイの型番がバラバラなのですか? 多画面環境にこだわるのであれば同一メーカー、同一サイズで統一すべきかと思うのですが。

 それは、いうまでもなく経済的な理由です。
 一度にババンと買うことはできなくて、その都度、気に入ったディスプレイを導入していったり、別のマシンで使っていたディスプレイをこっちに引っ張ってきたり…ということをやっているから、こんな感じになっているのです。

 このPCではゲームをプレイするわけでもないですし、複数画面をまたぐようなコンテンツを表示することもありません。1つのPCから複数のデスクトップが出力されていることだけが重要なので、各画面がピッタリくっついていなくても不便はありません。

 ちなみに、8K4Kくらいの解像度で80インチくらいのディスプレイが10万円位で買えたら、それ1枚の環境にしてもいいかな…とは思っています。

【Q】AMDのシステムに、NVIDIAのGeForceはいいとして、なんでGeforceの型式版がバラバラなのですか?

 これも上とほぼ同じ理由ですが、ちょっと違う部分もあるので補足しておきます。

 実は、うちには、この原稿書きマシン以外に、別にPCゲーム用マシンも稼動させています。さらに、取材ビデオの編集用マシンもあったりします。今回の記事で紹介している6+1画面システムの"+1"の画面はこのビデオ編集マシンです。

 PCゲーム用マシンには、やはり所有している最上位のGPUを搭載したグラフィックスカードを搭載しています。で、これが世代的に古くなってくると、ビデオ編集マシンや、原稿書きマシンに降ろしていく…というローテーションをやっているんですね。

 つまり、原稿書きマシンは、所有GPUの吹きだまり場所なんですね(笑)
 ただ、あまり性能が低いと困るんで、ある程度のスペックのものを挿しています。

【Q】多画面環境って原稿書きに必要ですか?

 自分としては必要ですし、本当に活用しています。

 技術系の記事を書くときは、論文PDFを複数画面に出していますし、メールソフトがいつも1画面をほぼ占有しています。Webでの調べ物も多くなるのでWebブラウザ画面も少ないときでも20サイトくらいは開いていますから、それがバラバラと各所に表示されています。写真やビデオファイルのやりとりやコピーも多いのでファイラーのFileVisorもいつも数個は開いています。上の写真は意外にリアルな作業画面の再現になっています(実際はもっとごちゃごちゃしている)。

 ちなみに、海外出張も多画面でないと作業がしづらいので、22インチの液晶モニタをトランクに詰めて持って行くのが常習化しています(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)