[GDC 2013]AMD,クラウドゲームシステム向けグラフィックスカード「Radeon Sky」を発表。お久しぶりの「Ruby」もチラ見せ

 平常通り(笑)、遅れに遅れているとっくに掲載済みのGDC2013寄稿記事のフォローアップに戻ります。

 NVIDIAが、GPUサーバー向けのGPu技術として「GeForce GRID」「NVIDIA VGX」などを発表していますが、AMDも後追いの形になりますが「RADEON SKY」を発表しました。

013.jpg
[GDC 2013]AMD,クラウドゲームシステム向けグラフィックスカード「Radeon Sky」を発表。お久しぶりの「Ruby」もチラ見せ
http://www.4gamer.net/games/133/G013322/20130327110/

 まぁ、見た目に派手なのは、クラウド側のGPUサーバーでゲームが動く…っていうプレゼンテーションですが、まぁ、そこの是非論はおいておくとして、やはり、ワークステーション的業務を行うのにはクラウドによるGPUサーバーを利用するというのはなかなかのリアリティがあります。

 映画CG、ゲームグラフィックス製作、あるいはビデオ編集などにおいて、基本的な製作および編集作業はそこそこの性能のGPUを搭載したクライアントPCで行い、CGならばレンダリング、動画ならばエンコードといったGPU高負荷な処理は超高性能なハイエンドGPUアレイを搭載しているGPUサーバーで行う…。これは確かにコスト的にもエネルギー利用観点的にも効率が良いですからね。

022.jpg

 デモンストレーションでは、RADEON SKYベースのクラウド上でTOMBRAIDERを4800×2560ドット解像度で動かしてプレイするというのをやっていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)