裸眼立体視対応で7800円。格安のUSBディスプレイを試してみる(前編)

 最近、オモシログッズ紹介が続いているこの連載ですけど、今回もそんな感じになりました。

 今回取り上げてたのは、アイオーデータ機器のブランド「挑戦者」から7800円で発売中の裸眼立体視ディスプレイ「RockVision3D」です。

 7インチ、800×480ドットで、3D立体視方式はアクティブ視差バリア方式で、400×480ドットの3D映像が得られます。視差バリアはスイッチで消すことができ、その際は800×480ドットの2D表示が行えます。

DSC_9525.JPG
【(善)後不覚】裸眼立体視対応で7800円。格安のUSBディスプレイを試してみる(前編)
http://www.4gamer.net/games/095/G009575/20120706065/

 USB接続なので、ノートPCでも3画面目として利用出来るのがポイントです。

 かなり割り切った製品なので、その「割り切り」を踏まえて使うと結構使えます。

 3Dコンテンツのプレビューディスプレイや、フォトフレームとして活用するのもありかと思いますね。ガジェット表示用としてもいいかもしれません。縦画面レイアウトにも出来ますが、縦画面状態時は立体視は出来なくなります。

024.jpg023.jpg

 どうやって活用できるのか、どう言った支援ソフトが使えるのかを記事ではまとめています。

 後編では、このディスプレイを使って裸眼立体視ゲーミングに挑戦します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (3) | trackbacks (0)