格安板金を試してみる→ネクスト自動車~さよならRX-7

 ちょっと前の話題になりますが、8月頃に遠出のドライブをしたときのこと。山梨の真っ暗な細い道でリアバンパーをこすってしまいました(笑)

DSCN1216.JPG

 細かい擦り傷や飛び石の傷は放置かあるいはタッチペンでの対応をしていたのですが、さすがに今回のは目立つので直そうと決意。

 FRP製なので、修復はFRP繊維を張り直したり、あるいはパテで埋めたり…とか、いずれにせよ面倒そうで安く直せるかどうか不安だったのですが、まず、いつもお世話になっているスーパーオートバックス戸田で見積もりを取ったところ「バンパー全体を取り外して全補修を掛けて全塗装になるので約15万円になります」と言われてしまいました。ゲゲゲ

 ちょっと高いので、最近よく話題に上る「格安板金」に依頼してみることにしました。

 自分が選択したのは、ネット上でもなかなか評判の高い池内自動車ネクスト自動車で見積もりを取ったところ、池内自動車が33,000円、ネクスト自動車が34,000円という見積もりを返してきました。

 見積もりは来店の必要はなく、Webサイトの見積もりフォームに、傷の写真を添付して連絡先を記入するだけで簡単でした。

ikeuchiji.jpg
nextjido.jpg

 池内自動車、ネクスト自動車ともに金額だけ比べるとスーパーオートバックス戸田の4分の1以下で、だいぶお安い見積もりです。

 ただ、スーパーオートバックス戸田の名誉のためにいっておくと、スーパーオートバックス戸田は、バンパーの内部の割れまでを完全に直す見積もりだったようで、一方、池内自動車とネクスト自動車の方は、構造上は割れたままで、目に付く外側部分を補修して塗装する内容になっていました。

 実際問題、格安板金は、基本料金も安いことは安いのでしょうが、それだけでなく、バンパーを完全には取り外さず、部分補修塗装で対応する工程のシンプルさも安くできるキモになっているような気がします。

 まぁ、自分としても目に付く外装部分だけ直れば十分なので、格安板金の方にお願いすることにしました。

 池内自動車かネクスト自動車、どちらでも良かったのですが、入庫と納期の日程の関係でネクスト自動車を選択。

 入庫は予約を入れれば、なんと無料で家の前まで取りに来てくれます。

 ここも格安板金の凄いところですよね。

 なんでも、引き取り、納車の専属のアルバイトさんがいるそうで、ボクの車を取りに来てくれた人も「かなり忙しいです」と言ってました。

 みんなぶつけまくってるんですかね(笑)と、引き取りの方に聞いてみたところ「スポーツカーが多いです。峠とかサーキットとかやってる風な。セブンとかシルビア、180SXとかは多いですよ」とのこと。な、納得…。

 担当さんに、ブログで紹介したいので補修過程の写真を下さい、といったところ、ちゃんと写真を送ってきてくれました。

!cid_part1_06090900_04050609@nextjidousha.jpg!cid_part2_01050900_04050501@nextjidousha.jpg!cid_part4_06090105_00030509@nextjidousha.jpg!cid_part5_06090702_09050303@nextjidousha.jpg

 カメラの色あいの関係で妙に赤がピンク色に写ってしまっていますが、うちの車です。

 かなり綺麗に直っていますし、元々のバンパーの色と、補修箇所の色との境界線のようなものは全く判別できません。

 見た目だけを直すのであれば、確かに、格安板金で直すのもアリかも…と思いました。

 ちなみに納車も無料で、ちゃんと洗車もしてありました。なかなかのサービスですね。

 さてさて、今回をもって、RX-7ネタは最後になります。

 2011年はRX-7(FD3S)が1991年にデビューして満20年を迎えた年でした。

 自分の愛車は、新車で2001年に購入した最終6型だったので、今年で10歳になったのでした。

 この10年目の節目に…というわけでもないのですが、2011年12月をもってRX-7を降りることになりました。今思えば、上記の板金補修をしたのが9月でしたから、直さなくてもよかった気がしなくもないですが…。

 そうそう、最近、左の耳下腺に腫瘍が見つかりまして、2012年の2月に手術することが決まりました。周りの方達は、RX-7降りることと耳下腺腫瘍の手術とを結びつけようとするのですが、実際のところは、何の関係もございません(笑)
 全くの独立事象です。

 2012年6月でRX-8が生産を終えることが発表され、ロータリーエンジン搭載車がひとまずの歴史を閉じることが決定したこととももちろん無関係です。

 むしろ、今後もRX-7(FD3S)に乗り続ける人を応援していきたい気持ちが一杯です。

 生産終了後10年近く経って未だに新刊ムックが刊行され続ける車種なんてそうはないですからね(下記:12月17日に発売された新刊ムック)。



 RX-7、今まで10年間ありがとう! 
 さようなら。

【おまけ】

 損保ジャパンのマイカー新車ローンのページで見つけたRX-7。

sonpojpn.jpg
 新車購入ローンって(笑)

 もう売ってないんですけどね。

こんなページのイメージカーに選ばれるのもRX-7ならではのカリスマがあってこそ
| comments (5) | trackbacks (0)