3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウムにて講演します

 来週の火曜日の12月13日に開催される「3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム」にて講演します。

 自分は立体視とゲームに関してここ最近の動向をまとめるようなお話をします。

 ぶっちゃけ、今年、各方面に書いてきた色んな記事を総括するような内容になるかと思います。

3dcons.jpg
3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム
http://www.3dc.gr.jp/jp/info/111213.html

 参加費は無料。会場は東京農工大小金井キャンパスです。

 詳細は下記を参照してください。


■日 時: 2011年12月13日(火)13:00~16:30 ※受付開始 12:20~

■会 場: 東京農工大学 小金井キャンパス新1号館1階 講義室(L0111)
〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16
http://www.tuat.ac.jp/access/

※JR中央線「東小金井駅」下車徒歩約10分、JR中央線「武蔵小金井駅」下車徒歩約20分
http://www.tuat.ac.jp/basic_information/access/koganei/campus_map/index.html
(キャンパスマップ 14番の建物)

■共 催: 3Dコンソーシアム(3DC)、社団法人映像情報メディア学会立体映像技術研究会

■テーマ: 「3D映像技術の今と将来」

■プログラム

12:20~ 受付開始

13:00~13:10 主催者挨拶  3Dコンソーシアム運営事務局長 今井 孝一
   立体映像技術研究会委員長 高木 康博 氏


13:10~13:50 「立体視コンテンツ制作の新たなパラダイム」/早稲田大学/河合 隆史 氏
 ・立体視(3D)映像の安全性や快適性に関する最近の知見や動向は、従来の固定概念を変革する可能性を示唆している。本講演では、3Dコンテンツ制作の視点から、当該分野の最新の状況や筆者らの取り組みなどについて紹介する。

13:55~14:35 「ゲームグラフィックスと立体視の最新事情」/トライゼット 西川 善司 氏
 ・近年のゲームを取り巻く立体視事情についてハードウェア、およびソフトウェアの視点から総括する。

14:35~15:05 休憩

15:05~15:45 「スカパーにおける3D番組制作と技術動向」/スカパーJSAT株式会社 今井 豊 氏
 ・スカパーにおける3D番組制作の考え方や管理思想、海外の放送事業者による3D制作状況などを紹介する。

15:50~16:30 「裸眼立体表示技術」/東京農工大学 高木 康博 氏
 ・裸眼立体表示の基本原理について説明し、将来の立体表示技術まで紹介する。

16:30 閉会

16:45~17:15 東京農工大学・立体映像研究室見学(電気電子・高木研究室)<定員制/事前登録者のみ>



このエントリーをはてなブックマークに追加
講演 | comments (0) | trackbacks (0)