西川善司のE3レポート(3)

rushing_10.jpg
「Uncharted 3:DRAKE'S DECEPTION」プレビューレポート
妥協無きパート3。驚愕の“想定外”シーケンスが、ゲーム慣れしたファンのドギモを抜く

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110612_452524.html

 PS3のGPUであるRSXはNVIDIA設計のGeForce7800GTXのデチューン版です。

 PS3発売時点の2006年末で既にPCはGeForce 8800GTX時代を迎えましたから、PS3は登場時点で最新から一世代前の旧式GPUを搭載していたことになります。

 実際、頂点シェーダの性能が低く、PS3時代初期は「どうするんだよ、これ?」という雰囲気が開発シーンに充満していましたが(当時、どの現場を訪れてもPS3のGPUの文句ばかりでした)、今ではCELLプロセッサのSPE(SPU)のパワー(というよりもEdgeパワー?)をグラフィックスに応用する技術が確立したおかげでXbox360と比較してもそれほど見劣りしないレベルにまで漕ぎ着けています。タイトルによっては、Xbox360以上の表現力を持ったタイトルも少なくなくなってきています。

 今世代でも、まだ、「ソフトウェア技術がハードウェアの限界を超えさせることはあるんだ」…ということを知らしめてくれた素晴らしい事例といえるかもしれません。

 そして、PS3のハイエンドゲームグラフィックスの集大成の1つがこの「Uncharted3」と言えるでしょう。

 来年のGDC2012では、このタイトルの技術セッションが多数予定されているそうなので、今から楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


deus_03.jpg
E3でスクエニ一押しの「DEUS EX:HUMAN REVOLUTION」ってどんなゲーム?
あの名作サイバーパンク・アクションRPGが新シリーズとして復活

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110615_453282.html

 2009年、スクエニはEIDOSを買収しました。

 この買収で両社の開発部門は互いに技術を持ち寄るようになり、今では、R&Dチームが新エンジンの開発に乗り出しています。

 あのスクエニの人材募集「鳥肌の立つ未来を創ろう」キャンペーンは、まさにこのプロジェクトのことです。

 その研究開発の成果は既に走っているプロジェクトにもフィードバックされていて、その応用タイトルの1つが、この「DEUS EX:HUMAN REVOLUTION」です。

 グラフィックス的にも見どころの多い、この作品。基本はワールドワイド向けのタイトルですが、日本でのヒットも期待したいところです。

 写真の彼は本作のプロデューサですが、主人公が彼に似ていますよね。

 実はこれには裏話が…。

 詳しくは記事の方をどうぞ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加



西川善司の3Dゲームファンのための「E3 2011」グラフィックス講座
マシンスペックを追い越した現行機の完熟ゲームグラフィックスに乾杯!

http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/3dcg/20110706_458457.html

 E3で見た3Dゲームグラフィックスの総括編です。

 タイトルとしては、「Gears of War3」、DirectX11版「CRYSIS2」、「TOMB RAIDER」、「DEUS EX」、「Uncharted3」、「Battlefield3」などをピックアップしています。

 EPIC GAMESの「Gears of War3」は自社Unreal Engine3の最新版を自社活用したタイトルですから、そのポテンシャルは相当なものです。UE3は高精度ジオメトリ削減ツール「Simplygon」を統合しましたが、GOW3はこれをフル活用していますから、その威力にも注目です。

 CRYTEKは、自社CRY ENGINE3をDirectX11フィーチャーに対応させました。その第一弾応用タイトルがDirectX11版「CRYSIS2」です。上の動画はそのテクノロジーデモの映像になります。

 「TOMB RAIDER」は「DEUS EX」と同様、スクエニ&EIDOS連動プロジェクトの産物の1つになります。良いのか悪いのか判断には困りますが、グラフィックスは相当なリアル志向になっていまして見どころは十分です。ただ、例によって、今度もシナリオは仕切り直しです。アマンダとの決着は? ララの母の行方は? あ、もちろんカーティスの生死も不明のままDEATH。

 「Uncharted3」は、E3会期中にNaughty Dog技術担当のChristophr Balestra氏と会話が出来たので、その内容を盛り込んでいます。CELLプロセッサのSPEを用いた先行ライティングなど、PS3ギチギチの最適化がなされているそうです。なぜ、Unchartedシリーズはイベントシーンがプリレンダーなのか…についてもBalestra氏が語ってくれています。

 「Battlefield3」は、レンダリング技術的には今世代で最も注目すべき「FROSTBITE2」エンジンを採用したタイトルです。特にPC版は、あえてGPGPUをレンダリングエンジンに組み込んだハイブリッドレンダリングシステムが話題を呼んでいます。それと、EAのCEOのJohn Riccitiello氏が「FROSTBITE2はWii Uで動く」と発言したことについても物議を醸しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン仕事 > GAMEWATCH | comments (0) | trackbacks (0)