音のビームに囲まれてみる。YSP-2200

 アメトークの家電芸人特集の時にチュートリアル徳井がやった形態模写が有名にしたバーチャルサラウンド系ホームシアターシステムのYSPシリーズの最新モデル「YSP-2200」を評価しました。

DSC_0035.jpg
ヤマハ YSP-2200・西川善司&西田宗千佳レポート
音質向上はテレビ画質の品格を上げることに相当する!
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://blog.watch.impress.co.jp/yamaha1012/2010/12/post-1.html

 別体型のサブウーファユニットとセットになった製品で、指向性の強い音のビームを室内に反射させてバーチャルに7.1CHサラウンドサウンドを再現します。

 HDMI1.4aにも対応しているので3D映像も流せるのもウリになっていて、「今、ブームの3Dテレビとご一緒にどうぞ」という製品になっています。

 定位感はなかなかのもので、左右の音像はとても広がりますし、後部サウンドは左右の肩口方向から聞こえます。

 評価ではリビングのテレビにセットしてみたのですが、室内に音が充満するためか、それほど音量を上げなくても、リビングのとなりにあるカウンター越しのキッチンにいてもテレビの音がよく聞こえるのが面白い体験でした。



オンライン仕事 > AV WATCH | comments (0) | trackbacks (0)