「3DMark 11」登場。DirectX11専用でDirectX10未対応。

 業界標準の3Dベンチマークソフト「3DMark」の最新バージョンが公開されました。

 その名も「3DMark11」。

 "11"には2011年の年号略称を表しているのはもちろんですし、"DirectX11への対応を果たした"という意味も込められていそうです。

 先日書いた記事では、3DMark11の3つのエディションについての紹介、テスト内容の解説を行っています。

007l.jpg
【マイコミジャーナル】
Futuremark、DirectX 11完全対応の「3DMark 11」を正式発表
このエントリーを含むはてなブックマーク
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/09/073/index.html

 先ほどDirectX11対応といいましたが、実際には、DirectX11専用です。

 DirectX10世代のGPUでは動作させることが出来ません。

 別に3DMarkが全てを決める…というわけではないですけど、3DMarkがDirectX11専用になってDirectX10を足切りしたことで、なんとなく、DirectX10時代が終わった…という実感がしてきますね。

 そういえば、DirectX10は、2006年末リリースのWindows Vistaと同時に提供されました。

 で、DirectX11は、2009年末リリースのWindows7と同時に提供されました。

 ということは、DirectX10の全盛期って言うのは3年程度だったんですね。

 なんかDirectX10の時代ってすごく短かったと感じるんですけど、DirectX9が2002年末リリースだったので実質4年の全盛期間とすれば「DirectX10が極端に短命だった」というわけでもないんですよね。

 なんで短命だったと感じるんでしょう?

 DirectX10に積極対応したゲームやアプリケーションがそれほど出てこなかったからでしょうかねぇ。

 なにはともあれ、3DMark11が出てきたことで、PCゲーミング環境は一気にDirectX11スタンダードにシフトしていきそうです。

 ちなみに、3DMark11のレンダリングエンジンはDeferred Renderingベースとなりました。

 この3DMark11のエンジン自体の詳しい解説は改めてやるつもりです。
オンライン仕事 > マイコミ | comments (3) | trackbacks (0)