AMD RADEON HD6870/6850、徹底解説

 AMD(ATI)はRADEON HD68x0を発表しました。

 DirectX11世代GPUとしては、すでにAMDはRADEON HD5000系を投入していたので、今回の68x0シリーズは第二世代のモデルと言うことになります。

 この製品発表会は、台湾で行われました。10月下旬、台湾に行っていたのは、これのためでした。

rad_21.jpg
4Gamer.net ― 「Radeon HD 6800」徹底分析。HD 5800から何が変わったのか?このエントリーを含むはてなブックマーク
http://www.4gamer.net/games/016/G001684/20101105022/

 今回のRADEON HD68x0は、アーキテクチャ的にはほとんど違いはありません。

 まさにリファイン版という感じで、汎用シェーダの数が先代のHD5870/5850から減少しているので、ピーク性能的には、むしろ劣ります。

 では、一体もこの新製品投入にはどんな意味合いがあるのかというと、やはり価格ですね。

 型番が上がったのに安くなって、性能は(ピーク性能こそ劣るが)大体同じくらい…。

 AMD的には「1ドルあたりの性能が上がった」という表現を用いています。

 ではAMDはNVIDIAとの競争をあきらめてしまったのかというと、そういうことでもないようで、11月下旬には、ハイエンドクラスのRADEON HD69x0の投入を予告しています。

 先代のRADEON HD59x0はHD58x0のデュアル構成でしたが、今回のHD69x0は、シングルGPUで、ハイエンドのピーク性能競争をNVIDIAに対してけしかけるようです。
 
 ただ、NVIDIAも、黙っているわけもないわけで…。



オンライン仕事 > 4gamer.net | comments (0) | trackbacks (0)